シンガポールの紅茶

チェンマイへのトランジットで寄ったシンガポール。
シンガポールの紅茶と言えば、TWGやラッフルズの紅茶が有名です。

イギリス領だったこと、インド系も多く住む多民族国家であること、
シンガポール日常の紅茶はとても気になっていたので、
地元スーパーをのぞいてみました。

紅茶の品揃えは本当にすごいものでした!
横幅8mの棚、8台に
イギリス、インド、スリランカ、マレーシアなどの紅茶がビッシリ!
中でも英国テトリー社の紅茶は、種類多く、
チャイ用ティーバッグまでありました。
チャイ用ティーバッグは英国で売っているのでしょうか??

種類が多すぎて、選びきれないので、
家のディスプレイに使えそうな、
パッケージが可愛いものを買ってみました。

「Mlesna」というスリランカでは有名な紅茶屋さん。
やはりパッケージデザインの評価も高い紅茶屋さんだそうです。
布の巾着に入った緑茶のフレーバーティーと、
エキゾチックな花柄缶のダージリンティー。


IMG_0360.jpg


「AKBAR」、こちらもインド・スリランカでは有名な紅茶屋さん。
缶に1907年とあり、リントンズと同じ「1907年創業」に運命を感じ購入。
それと紅茶棚で悩んでいたら、インド系の方に「これが絶対美味しい」と
淹れ方までレクチャーされながら、激しく勧められました。
このAKBARといえばセイロンだ、とも言っていました。
ミルクティーに合いそうなCTC茶葉でした。


IMG_0362.jpg


他にもマレーシアのBOHティーなど生産量が少なく、
国外に出ることはないと言われている
幻?の紅茶も隣国だからか売っていました。
華人も多いシンガポール、中国茶も沢山の種類売ってありました。

紅茶の種類からも、その国の歴史が感じられます。


Ringtonsの歴史も分かる
リントンズのHP・オンラインショップはこちら♪


※随時「入荷連絡を希望」を受け付けておりますが、
 こちらは予約やお取り置きではございません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR