素敵なティーカップバスケット

先月開催された阪急うめだ本店「英国フェア2015」に来日していた
英国RINGTONS代表サイモン・スミス氏や奥様のスー夫人。

お二人から「英国フェア」開催前に届いたものは沢山ありました。
「一緒に英国フェアを盛り上げよう!」とあれこれ考えて送ってくれました。
それは、貴重なリントンズのミュージアムグッズだったり、
お揃いのポロシャツだったり、宅配に使われている本物のハンパーだったり。
開催前のショップブログでも一部ご紹介していました。

★「英国フェア」準備の裏話 ①

★「英国フェア」準備の裏話 ②


20151117simonsue コピー


英国フェアでは、期間中、1日に2回、
サイモン氏&スー夫人によるティーレッスンが行われる予定だったので、
「ティーレッスンのテーブルに置いたら素敵かも!」と届いたものは、
「ティーカップ・バスケット(Teacup Basket)」です。

その名の通り、ティーカップの形をしたバスケットです。
この形のバスケットって、ありそうでないんです!
形が珍しいだけでなく、使いやすさと可愛さにメロメロです。


20151124teacuphamper.jpg


紅茶=ティーカップなので、これが一つあるだけで、
ティータイムのテーブルが楽しくなります。
お菓子を入れたり、ペーパーナプキンを敷いて、パンを入れたり、
袋菓子の中身をそのままガサッと入れても可愛いんです^^

そして、ティーカップ・バスケットの中に深皿や鉢を入れ、
フラワーアレンジをしても、素敵です。
実際イギリスのフラワーショップにあるそうです。

サイモン・スミス氏とスー夫人のティーレッスンが行われた
阪急百貨店「英国フェア2015」のテーブルにもずっと飾っていました。


20151105ミュージアム4


ティーカップの形のバスケットは、
日本のショップを探しても、なかなか見つからないんです~。
さすが紅茶の国・イギリスから届いたバスケットです^^

今週は、クリスマスにぴったりのBIGな!お知らせを準備中です!!
お楽しみに、またショップブログへちょこちょこ遊びに来てくださいね。



20151105yoyogi.jpg
今週末の日曜日、東京・代々木で開催される
ブリティッシュマーケットに出店します!
素敵な空間で開催される英国のマーケットへぜひ遊びに来てください!

代々木VILLAGE「GOOD SUNDAY MARKET」
開催日:11月29日(日)
開催時間:10:00-16:00
開催会場:代々木VILLAGE by kurkku

★代々木VILLAGE「GOOD SUNDAY MARKET」の詳細はこちら♪

★リントンズ「GOOD SUNDAY MARKET」のブログはこちら♪


20151029newkennew100big.jpg
RINGTONS社代表のスミス夫妻が英国のご自宅で
普段にもおもてなしにも愛飲している「ケニアゴールド」
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで飲んでほしいとスミス夫妻はいつも言っています。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR