リントンズハウス型ティーポット

阪急百貨店「英国フェア2015」のリントンズショップ前に展示していた
【リントンズの小さなミュージアム】。

リントンズは、紅茶だけでなく、素敵なグッズを販売していくのも伝統。
グッズにはありとあらゆるものがあるようで、そうではなく、
リントンズに関するもの、紅茶にまつわるもの、
英国にまつわるもの等一貫しています。

今回展示された貴重なミュージアムグッズをご紹介しています!
ますますリントンズと英国アンティークの歴史が興味深くなるものばかりです。


フェア10092


今日は、「リントンズハウス型」のグッズです。


1113ミュージアム家形ポット


英国RINGTONSはWade Ceramics社とも、
たびたびコラボレーションしています。

Wade Ceramics社(ウェイド社)は、1810年創業の
ストーク・オン・トレントにある、英国の陶磁器メーカーです。
1950年代に小さい陶器製の動物シリーズを発売し、
これが大ヒットし、英国には動物シリーズのコレクターも沢山います。

以降、その巧みな技術をもって、コミックスやテレビ番組の
ミニフィギュアを次々に製作・販売しています。
その技術は欧州でも他に類をみないほどの美しさと言われているほど。

そのWade Ceramics社とコラボレーションした、リントンズのティーポットです。
写真は“リントンズ・ハウス”というシリーズです。
英国の街にリントンズがある日常が描かれています。

この「リントンズハウス型」のティーポットは、
1920年代のリントンズが馬車で紅茶をお届けしていた風景を描いた、
希少なコレクターズティーポットです。両面ともとっても繊細なデザイン。


20151118リントンズハウスポット


ティーポットとお揃いのマグカップもあります。
マグカップは宅配バンで紅茶をお届けしていた時代が描かれています。

写真左奥のマグカップは、1980年代の紅茶宅配バンがある風景、
写真手前にマグカップは、1960年代の風景です。
バン(車)のデザイン等、時代を感じられる楽しいアイテムです。

日本ではティーセットというと、ティーポットとカップ&ソーサーですが、
英国では、ティーポットとマグカップのセットが定番です。
ほとんどの英国人がマグカップで紅茶を飲むのが日常です。
エリザベス女王も普段はマグカップで紅茶を楽しんでいるそうですよ。


20151118リントンズハウスマグ


この“リントンズ・ハウス”シリーズは、他にもデザインいろいろ。
デザインというより、時代いろいろ。
集めて、インテリアとして飾りたくなる可愛さです~。

リントンズはコラボレーションする陶磁器メーカーにより、
テイストは変わるところが面白く、魅力なんです。
上品系からカジュアル系まで、
どんなテイストでも“リントンズらしさ”があるのも魅力です。


R2014グッズ6


英国人は、アンティークやヴィンテージは、
全部揃えるというより、少しずつ出逢い、少しずつ集めるのを
楽しんでいる方が多いです。

それでも、リントンズグッズははまってしまい、
オークションハウスでリントニアンのお家から出品されたものを
買い占める!というアンティーク愛好家もいるそうですよ^^

日本でもリントンズグッズをキッカケに、
アンティークやヴィンテージの世界に興味を持って、
日常にワクワクが増えたと言っていただくこともあり嬉しいです。

ストーリーがあり、興味深いものが多いので、
まだまだ楽しく、素敵な【リントンズのミュージアムグッズ】をご紹介します。



20151029newkennew100big.jpg
RINGTONS社代表のスミス夫妻が英国のご自宅で
普段にもおもてなしにも愛飲している「ケニアゴールド」
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで飲んでほしいとスミス夫妻はいつも言っています。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR