英国のミルクティーに合う紅茶

“英国式ミルクティー”や“英国流ミルクティー”というと、
形式的で、淹れるのが難しそうなイメージですが、
紅茶の国・英国の日常では、95%以上の紅茶が
ミルクティーで飲まれていることから、
“英国=ミルクティー”のイメージが強いようです。

実際は英国人の97%がリーフではなく、ティーバッグで淹れています。
ミルクもあたためたりせず、とっても気軽に楽しく、
英国流ミルクティーを愛しています。

ミルクを入れれば美味しいミルクティーに出逢えるわけではなく、
美味しい茶葉とミルクティーに合う茶葉選びが重要になります。

英国RINGTONSは創業から100年以上美味しい紅茶に拘り続けた
老舗の紅茶商です。英国紅茶の歴史を常に見てきた存在です。
その英国RINGTONSで現在一番人気のブレンドは、
「エクストラフレッシュ(ExtraFresh)」という
ミルクティーに合う茶葉をブレンドした紅茶です。

英国の日常で、いまもこの時間“ミルクティー”で楽しまれている紅茶です。


210エクストラ新鮮1


リントンズのエクストラフレッシュは、名前の通り「とにかく新鮮!」。

英国RINGTONS代表のサイモン・スミス氏は、
「どんなに上質な茶葉を育てても、茶葉を摘採後、新鮮な状態で
保管・輸送・パッキング出来なければ、美味しい紅茶に出逢えない」
と言っています。大切なのは「Fresh tea is better tea」であると。


20151016blog3.jpg


そのため、リントンズは、数十年の取引のある
信頼のおける厳選契約農園にこだわり、
茶葉を摘採後、48時間以内に真空パックされます。
リントンズは農園の間でも茶葉選定が厳しいと有名な企業です。
ですが、これが長年培ってきた、大きなこだわりなんです!


20151104tanzaniateatasting.jpg


英国に輸送された茶葉は、そこから48時間以内に、
専属のティーブレンダーによる熟練の技術でブレンドされ、
ニューカッスルにある工場にて、素早く加工、パッキングされます。
そのパッキングも窒素充填や、外気をシャットダウンする為に
最適なアルミパックを使用しています。

英国のティーバッグ紅茶にしては、珍しい程のこだわり様です。
新鮮な茶葉で淹れた紅茶は驚くほど飲みやすく、
雑味や渋みを感じません。


20151104Ringtonsteatasting.jpg


専属ティーブレンダーにより、ミルクティーに合うようブレンドされた
エクストラフレッシュは、インド産のアッサム茶葉と
ケニア産のナンディヒルズの茶葉をブレンドしています。

茶葉についても通常ティーバッグには使われない様な、
一番良いアッパーの部分だけを贅沢に使用している
非常にクオリティーの高い紅茶です。

パッケージにある茶葉の描かれたマークは、
上質な茶葉の一番良いアッパーの部分だけを贅沢に、
新鮮な状態で使用している証拠です。

アッサムのコクと甘み、ケニアのまろやかで芳醇な香りが、
ミルクティーにすると、さらに際立つ美味しさが魅力です。

我が家も毎朝エクストラフレッシュのミルクティーを飲んでいます。
10年以上飲み続けても、全く飽きません。
飽きないどころか、日々美味しく感じる不思議な紅茶です。


210エクストラ新鮮2


これだけミルクティーに合う紅茶だとご紹介しているのに、
実は、「英国フェア」等の催事イベントでの試飲は、
エクストラフレッシュを“ストレートティー”でお出ししているんです。

皆さんに、“ミルクティーに合う紅茶”と言ってしまうと、
ミルクティーで飲まなくちゃいけないとか飲んだほうが良いのかな、
と素直に思ってくださるようで、それではもったいないなぁと思ったので、
あえて、ミルクティーブレンドをストレートで淹れていました。

簡単に言うと、美味しい茶葉は、美味しい紅茶は、
ストレートティーでもミルクティーでも本当に美味しいんです!!

実際、試飲を一口飲んだだけで、すぐ「美味しい!香りがいい!」と
仰る方ばかりで、中には「普段ストレートしか飲まないけれど...
この味が気に入ったから、ミルクティーブレンドでもこちらをいただくわ!
たまにミルクティーにもしてみますね!」という方も沢山おられました。


922エクストラ


ただ、エクストラフレッシュはミルクティーにしたら、
より味わい深い紅茶であることは確かです。

その場合淹れ方も変わりますが、
紅茶の国・英国で大切なのは、「マイカラー(My Colour)」です。
自分が好きな紅茶の味は、自分が好きなカラーになります。
なので、何杯か淹れていると、好きな紅茶の水色が分かってきます。
リントンズみたいに1袋に200杯分の紅茶がたっぷり入っていたら、尚更。
ミルクティーの色(牛乳の量)も好きな茶色がそれぞれにあるはずです。

私は、エクストラフレッシュをストレートティーで飲む時は、
【1包で400cc、3分蒸らし】が好きなマイカラーです^^
ミルクティーで飲む時はもっとザックリしていて、
【1包で250cc、4分以上蒸らし】のストロングティーでも好きです。
皆さんの“My Colour”もいつか聞いてみたいです。

英国では紅茶の淹れ方よりも
“毎日のお気に入り紅茶=The Perfect Cuppa”の見つけ方を
レクチャーしていたりもします。その中に“My Colour”もあります。

★「“The Perfect Cuppa”の見つけ方」のブログはこちら♪


BLOG-POST-HEADERSのコピー


もう一つ「エクストラフレッシュがストレートでも美味しい」こと以外に、
驚かれることが多かったのは「アールグレイのミルクティー」です。

アールグレイはストレート、と思っている方が多かったようです。

確かに、人工フレーバーが強いアールグレイだと、
ミルクを入れた時に、香りだけ際立ってしまうことはよくあります。

リントンズのアールグレイの最大特徴は、
その強すぎないフレーバーです。

リントンズは茶葉の美味しい紅茶なので、
普通のフレーバーティーより
フレーバーの着香度をあえて低く設定しています。
フレーバーも天然のベルガモットのみです。
その分、茶葉本来の風味も楽しんでいただけるアールグレイです。

茶葉はエクストラフレッシュにも使われている
ケニア産のナンディヒルズの茶葉の
一番良いアッパーの部分だけを贅沢に使用しています。

そのため、ミルクティーにしたら、茶葉もしっかり濃く出て、
ケニアのまろやかさと芳醇さ、ほのかにベルガモットのフレーバーが香り、
「アールグレイのミルクティー」の美味しさがわかります。
アールグレイが苦手だったという方でも、好きになる方も多いです。


819アールグレイ


今日は「英国のミルクティーに合う紅茶」をご紹介しましたが、
英国フェアでもよく聞かれた「なぜ?」にもお答えします。
引き続き、アールグレイの話でもあるので...

①「なぜ、アールグレイは半分の50包入りしかないのですか?」

サイモン氏いわく「英国では、毎日ブラックティーしか飲まない。
アールグレイ等のフレーバーティーはたまにしか飲まないから、
この量なんだ」ということでした。
フレーバーティーは日常では頻繁に飲まないから、
ブラックティーの半分の量で、ちょうど良いのだそう。
確かにそうなんです。
我が家もエクストラフレッシュとケニア、アールグレイを常備している
ことが多いのですが、どれも同じようなタイミングでなくなります。
やはり、毎日はブラックティー、たまにアールグレイなので...
※因みに、コノシュアのアイスティーは一年中毎日作っています。


4newearl.jpg


②「なぜ、リントンズは1袋の中に、アルミ2パックに分けているのですか?」

ティーバッグがたっぷり100個も入っているリントンズ紅茶。
それを50個ずつに分ける事で、開けていない方をできるだけ
空気に触れないようにして新鮮に保てるように考えられているからです。
また、開封した方も、特別に開発されたアルミパックのまま
保管するとより鮮度が保たれます。
そのため、毎日いつでも、最後の1滴まで、
より新鮮で芳醇な紅茶を楽しんでいただけるようになっています!!


silverpack1020.jpg


③「トラディショナルとエクストラフレッシュの違いは何ですか?」

英国RINGTONSのロングセラーは「トラディショナル」です。
その長年の英国の味を守るために、代々伝わる長年のレシピを
基にブレンドしています。最近では、新しくきれいな土壌で、
若い茶木から上質な品質の茶葉が採れる
アフリカの茶葉を中心に、ブレンドされています。
このブレンド感が“英国らしくって好き”という方も多いです。
「エクストラフレッシュ」はより英国のミルクティーに合うように、
アッサム茶葉とケニア茶葉に限定しブレンドされています。

余談ですが、「トラディショナル」は一番伝統のあるブレンドでもあるので、
英国リントニアンには、何十年と「トラディショナル」を飲んでいる
家庭も多いのです。逆を言えば、頑なな英国人らしく、
「トラディショナル」しか飲んだことのない方も多いのです。
英国RINGTONSからは時代と共に、「エクストラフレッシュ」や
「ケニアゴールド」のようなブレンドも登場していますが、
リントンズ以外は飲まないどころか、他のブレンドも飲まない!
という家庭もあるのが、英国らしいお話ですよね。


922伝統3


このブログを書いていて、
以前、紅茶を半世紀以上飲み続けているというお客様が、
「紅茶好きの行き着く先は、必ず“ミルクティー”よ」と
仰っていたことを思い出しましたが、
もしかしたら紅茶の国・英国の長い歴史で行き着いた先が
“美味しいミルクティーブレンド”であったのかも知れません。

リントンズのティーバッグ紅茶はブレンド紅茶が主流です。
100年以上の歴史の中で培ったレシピを基に、
リントンズ専属の熟練の職人が妥協無くブレンドしています。
このブレンド力が英国紅茶の真髄でもあります。

英国でも軟水地域・ニューカッスル発祥のリントンズ紅茶。
お茶には軟水が良い、と言われています。
古くから茶の湯の文化がある日本も軟水です。
英国100%ブレンドの美味しい紅茶を
日本のお水でも味わえる、希少な紅茶です。

リントンズ紅茶の美味しいミルクティーで、
日常にホッとするような、あたたかい時間がありますように☆



2015112伊勢丹
3日(祝)から開催中の伊勢丹新宿店「英国展」!
代表がエクストラフレッシュをストレートティーで淹れて、
リントンズショップでお待ちしております^^

【伊勢丹大創業祭「英国展」】
日時:11月3日[火・祝]- 9日[月]最終日午後6時終了
開催:伊勢丹新宿店本館6階・7階=催物場

★伊勢丹大創業祭「英国展」のホームページはこちら♪


20151029newkennew100big.jpg
RINGTONS社代表のスミス夫妻が英国のご自宅で
普段にもおもてなしにも愛飲している「ケニアゴールド」
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで飲んでほしいとスミス夫妻はいつも言っています。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR