発表!2015年新作リントンズ紅茶缶

シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?
気候の良い季節なので、あちこちに出かけたくなってしまいますね。

今日はリントンズから2015年の紅茶缶の発表です!

英国からとっても素敵な紅茶缶が届きました。
英国でも発売されたか、されていないかというホヤホヤの新商品です。
リントンズティーの魅力の一つとして有名なのが、
毎年、あらゆるデザインで登場する、限定発売の紅茶缶。

リントンズは紅茶缶のデザインも楽しいのです。

2015年の紅茶缶のテーマは“ティータイム”。
その名も“ティータイム・キャディー( Tea Time Caddy )”です。
意味としては“ Make Time For Tea ”です。


922ティータイムキャディー2


お茶の時間を楽しめるように、
なんと!紅茶缶に「時計」が付いているんです!!

時計はもちろん!本物の時計です。
紅茶缶としても、インテリアとしても、
ティータイムのテーブルに置いても、それだけで素敵な紅茶缶です♪

ただの時計ではなく、
リントンズの紋章のブランドロゴが入った貴重な時計です^^
こだわって作っています。

こんな紅茶缶、探してもなかなか出逢えません!!!


923時計1


リントンズティー等の文字もエンボス加工されており、高級感あります。

優雅なデザイン、エンボス加工、ブランドロゴ入り時計等、
普通の紅茶缶と比べ物にならないくらい、コストのかかるものです。
それが毎年デザインを変え、数量限定の生産となると尚更です。

それでも、リントンズは英国紅茶でティータイムを楽しむことを
いつも真剣に考えて、手間がかかっても作り続けています。
リントニアンが毎年楽しみにしているものでもありますから。

よくありがちな、紅茶缶にシールやラベルを貼っただけのものとは
存在感が違います。

リントンズの紅茶缶は、大きさも、デザインも、特別な紅茶缶です。
一般的な紅茶缶サイズ(リントンズのクラシック缶)と並べて撮ったものです。
今回のティータイム紅茶缶の大きさがだいたい分かると思います。
高さ18.5センチといままでの紅茶缶の中でも高さがあります。

予測不可能なデザインで登場する紅茶缶は魅力的で、
これが英国の紅茶好きにコレクションにしたい!と
愛される理由でもあります。


923時計3


紅茶缶だけの販売ではありません!

紅茶缶の中には、「グレート・テイスト・アワード2015」を受賞した
リントンズの紅茶ブレンド【エクストラフレッシュ】が入っています。
ティーポット用ティーバッグ50包(茶葉150g)100杯分の
本場英国の紅茶がたっぷりと楽しめます。

イギリスでは信望のある、英国高級食品小売業組合が主催する、
「グレート・テイスト・アワード(Great Taste Awards)」という、
“食のオスカー”とよばれる食品の国際大会があります。

日本で有名な食品の国際大会と言えば「モンドセレクション」。
「モンドセレクション」が主に製品のパッケージ表示や技術的水準を
審査する大会であるのに対し、「グレート・テイスト・アワード」は、
商品の品質はもちろん、重要とされるのは、シンプルに味のみという審査会。
消費者にとっても一番大事なのは、美味しいかどうかですから、
そういった意味でも興味深い大会です。

2015年は審査員として一流シェフや料理研究家から
ハロッズやセルフリッジ等のトップバイヤーも集められ、
本気で美味しいものを選ぼうという趣旨の食の国際大会でした。

そして、2015年はリントンズのエクストラフレッシュも受賞!!
リントンズは英国の日常で愛され続けている紅茶ですが、
その美味しさが確かであることの証です。

リントンズの【エクストラフレッシュ】は、名前の通り「とにかく新鮮!」。

数十年の取引のある信頼のおける厳選契約農園にこだわり、
茶葉を摘採後、48時間以内に真空パックされます。
いくら上質な茶葉を育てても、茶葉を摘採後、
その保存方法、輸送方法を徹底的に管理しないと、
茶葉酸化を防ぐことはできません。

その後、英国に輸送された茶葉は、そこから48時間以内に、
専属のティーブレンダーによる熟練の技術でブレンドされ、
ニューカッスルにある工場にて、素早く加工、パッキングされます。
そのパッキングも窒素充填や、外気をシャットダウンする為に
最適なアルミパックを使用しています。

厳選農園での茶摘み、新鮮茶葉輸送、ブレンド、パッキング(新鮮保存)、
すべてがリントンズが長年培ってきた、大きなこだわりなんです!!

新鮮で美味しい茶葉で淹れた紅茶は驚くほど飲みやすく、
雑味や渋みを感じません。茶葉のフレッシュで芳醇な香りが広がります。


922exイメジ


リントンズ紅茶は長年のレシピをもとに、専属ティーブレンダーにより
ブレンドされた、正真正銘、100%英国ブレンドの紅茶です。

いま、英国ブランドの紅茶メーカーがコスト削減の為に、
ブレンド・加工工場を海外に移設する動きが増えている中、
リントンズはあくまでも MADE IN ENGLAND にこだわっています。
英国の紅茶ブランド、英国の紅茶好きは、
日本人が思っている以上に、この“英国ブレンド”に誇りを持っています。


820Tasting-Room.jpg


日本人が持つティーバッグのイメージとは全く違う存在が、
リントンズのタグ無しティーポット用ティーバッグです。

紅茶が大好きで、一日に何杯も楽しむ英国人のために、
とにかく上質な茶葉を新鮮な状態でティーバッグに加工し、
ティーポットに1包入れるだけで、リーフティーに負けないほど、
美味しい紅茶が淹れられるという紅茶なんです。

おかげで、慌しい朝もティーポットから紅茶を楽しめるので、
紅茶の国・英国で愛され続けています。

英国リントンズ社では、リーフティーもたくさん販売しています。
そのリーフティーも美味しいですが、ティーバッグも美味しいです。
そして、英国リントニアンのほとんどが、
いまリントンズジャパンで取り扱っているブレンドティーバッグを
愛飲しています。それはおもてなしでも、日常でも。

英国人の96%がティーバッグで紅茶を飲むというのは、真実です。
ただ、日本人がイメージするティーバッグではありません。

英国人には格安のリーフで濃い目に作った紅茶に、
たっぷりのミルクや砂糖を入れて、マグでガブガブ飲む人もいれば、
タグ無しのティーポット用ティーバッグをティーポットに入れて、
優雅に紅茶を楽しむ人もいます。その逆もあります。

英国では、リーフ、ティーバッグ、どちらが良いという話ではなく、
“自分にとって美味しい紅茶は何か?”がとても大切なのです。

どちらも必要とされているから存在し、
その中で英国人の96%がティーバッグで紅茶を飲むという事実は、
それが英国日常のティータイムに必要とされている証なんだと思います。


84リントンズティーバッグ


英国ではこんなにも日常の紅茶なのに、
日本では知られていない、珍しい存在なのかもしれません。

毎年発売される、リントンズの紅茶缶に入っている紅茶はいつも
英国で愛され続けているティーポット用ティーバッグです。
紅茶缶の中身がリーフティーだったら、
長年の英国リントニアンに怒られてしまうのかもしれません^^

そのくらい紅茶の国・英国の日常で愛されている紅茶を
日本の日常でも楽しんで欲しい!と思っています。

きっと、毎日が美味しい紅茶で溢れてしまう、
ティータイムが楽しくなる、不思議な紅茶です^^

私達も毎朝ティーポットでリントンズの【エクストラフレッシュ】を淹れて、
ミルクティーにして楽しんでいますが、飽きることない美味しさです。

慌しい朝もそうできるのは、リントンズ紅茶に出逢えたからです。
朝目覚めるのが楽しみなくらい、ずっと変わらず、大好きな紅茶です。


20150122淹れ方8


新発売のティータイムキャディー(Tea Time Caddy)は、
ブランドロゴ入りの時計付き紅茶缶+紅茶50包100杯分(150g)が
たっぷり入って、2,800円(税込3,024円)です。
紅茶は英国リントニアンに一番人気の【エクストラフレッシュ】です。

阪急百貨店の「英国フェア2015」での先行販売となります。

英国でも数量限定、本当はもっともっと発注したかったのですが
無理だったので、また追加で入荷できるか分からない紅茶缶です。


922ティータイムキャディー1


日本で一番早く先行販売されるのが、博多阪急「英国フェア」です。
博多阪急は、来週の9月30日(水)~10月4日(日)に開催されます。

次の阪急うめだ本店「英国フェア」は、10月7日(水)~13日(火)ですが、
今年から一部延長となり、リントンズの馬車やショップがある
9階祝祭広場のみ15日(木)まで開催されます。

新商品のティータイムキャディーは、阪急「英国フェア2015」の
広告やサイトでも紹介されていますが、数量限定販売となります。

●博多阪急「英国フェア」 80個限定!

●阪急うめだ本店「英国フェア」 1日100個限定!※7~13日まで。


※9月30日(水)から阪急オンラインショップでも数量限定となりますが、
ティータイムキャディーをご購入いただけます!
阪急百貨店「英国フェア」に足を運べない方はこちらをチェックしてください!



919Book1.jpg


早く実物を見ていただきたい、お洒落な紅茶缶です。
女性だけでなく、男性もワクワクする紅茶缶だと思います。
阪急「英国フェア2015」にて数量限定&先行販売となります。
ぜひ「英国フェア」でGETしてください!



910basha6.jpg

リントンズの馬車が日本上陸!
“リントンズ”といえば、馬車のロゴがトレードマーク。
1907年創業当時から半世紀に渡り、
馬車で各家庭に紅茶をお届けしていました。

馬車での配達に幕を閉じてから、50年という時を越えて、
なんと!そのリントンズの馬車が英国から日本にやってきます!!

実際に各家庭に紅茶をお届けしていた本物のリントンズ馬車を
少しでも多くの方に見ていただき、
リントンズが馬車で紅茶を宅配していた頃に想いを馳せて、
1900年初頭の英国へタイムトリップしていただけたら嬉しいです^^


921新聞JS72265889

今回、阪急「英国フェア2015」で、リントンズ馬車が日本に初上陸することが、
英国の新聞で記事になっています!

★英国新聞の「リントンズ馬車初上陸!」の記事はこちら♪


914サイモン&スー

サイモン・スミス氏が来日します!
阪急「英国フェア2015」には、リントンズの本物の馬車と一緒に、
代表サイモン・スミス氏も来日することに決定いたしました。
さらに!サイモン・スミス氏は奥様のスー・スミス氏を連れて、
「英国フェア」の会場に登場します。

“How to make a Ringtons cup of tea by Mr&Mrs.Smith”という、
スミス夫妻直伝の淹れ方が聞ける紅茶イベントも開催されます!
無料のイベントとなっておりますが、10月3日午前10時~
阪急「英国フェア」WEBサイトでの事前予約制です。


リントンズの馬車もスミス夫妻も
英国のリントニアンでもなかなか出逢う機会もないですが、
会場でいつでも会える、話ができる
阪急「英国フェア」はやはり特別な場所です。


博多阪急「英国フェア2015」
2015年9月30日(水)~10月4日(日)●8階催場

924英国フェアpre_brand
★博多阪急「英国フェア2015」のサイトはこちら♪


阪急うめだ本店「英国フェア2015」
2015年10月7日(水)~13日(火)●9階催場・全館
2015年10月7日(水)~15日(木)●9階祝祭広場
※リントンズ馬車は、阪急うめだ本店「英国フェア」9階祝祭広場に登場!
※スミス夫妻は阪急うめだ本店のみの来日となります。

919Book2.jpg
★阪急うめだ本店「英国フェア2015」のサイトはこちら♪


【リントンズから大切なお知らせです】

平素よりリントンズのオンラインショップをご利用いただき
誠にありがとうございます。
リントンズでは、阪急「英国フェア」期間をオンラインショップの
お問合せ対応と配送業務の休業とさせていただきます。

●「英国フェア」出店のため、配送休業期間
2015年9月30日(水)~10月16日(金)

なお、休業中も24時間ご注文は受付けておりますが、
配送は土日祝を除いた対応となりますので、
この期間のご注文は、10月19日(月)以降順次対応となります。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。



20150903kenyangold新
ケニアゴールドは、「地球上で一番美味しいティーバッグ紅茶」です。

そのように、英国リントンズ社代表のサイモン・スミス氏も
自信を持ってお薦めするリントンズ最高級ブレンド「ケニアゴールド」。
フレーバーティーの香りとは全く違う、新鮮な茶葉の芳醇な香りが魅力です。

ケニアゴールドは、2014年度「グレート・テイスト・アワード」受賞!!!
イギリスで信望のある英国高級食品小売業組合が主催する、
「グレート・テイスト・アワード(Great Taste Awards)」という、
“食のオスカー”とよばれる食品の国際大会は、
シンプルに味のみが審査対象。一流シェフや料理研究家により、
本気で美味しいものを選ぼうという趣旨の食の国際大会です。

★Ringtons 【KENYAN GOLD ケニアゴールド】 100包200杯分 300g


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、英国の家庭で代々飲まれている“我が家の紅茶”です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR