英国アンティーク商品 ②  

リントンズのオンラインショップ限定!
8月20日(木)開催スタートの「英国アンティークマーケット」!!


「英国アンティークマーケット」では、全て英国で探した、出逢った、
貴重なリントンズグッズから、アンティーク・ヴィンテージグッズ、
現地のショップ限定のグッズ等が100点揃うマーケットです。

イギリス日常で楽しまれている夏のアンティークマーケットを
皆様にもぜひ楽しんでいただきたいと思います。

アンティーク・ヴィンテージグッズは全て1点モノです。
ご紹介するものは、すべてマーケットで販売します!


マーケット告知原ブログ


今日ご紹介するのは、「英国アンティークマーケット」の中から
アンティーク・ヴィンテージのジュエリーです。

英国ジュエリーにもホールマークは存在しますが、
アンティーク・ヴィンテージジュエリーの場合、
ホールマークや刻印が入っていないジュエリーも多く見かけます。

ホールマークや刻印がまったく入っていない
アンティークジュエリーがある理由として、
刻印が打てない程小さくてデリケートなジュエリーや
オーダーメイド品だったりすると刻印を最初から打たなかったりします。
そして、もともと小さなジュエリーの小さな刻印のため、
経年により薄れてしまった、サイズ直しにより刻印が消えてしまった、
など理由も数え切れないほど様々です。

英国のアンティークマーケットで見つけてきたジュエリーは、
どれも好きなテイストで、ただ、それだけで見つけてきたモノなので、
刻印は入っていたり、入っていなかったり、あまり気にしていません。

ただ、ジュエリーは石が揃っているか等見る部分も多いので、
一つ一つ時間をかけて探したものです。

アンティークというと“手の届かない”、とても高価なイメージがありますが、
リントンズの「英国アンティークマーケット」に登場するものは、
英国人のように、日常で楽しんでいただきたいものばかりです。
そのため、アンティークマーケットで買い付けたジュエリーは
1点モノですが、どれも買いやすい値段設定にしています!

もしかしたら掘り出しモノがあるかも知れません^^
そんなトレジャーハンティング気分も味わっていただけたら嬉しいです。



英国アンティークマーケットで見つけたブローチ ①

英国アンティークマーケットのなかでも、
アンティークやヴィンテージのブローチは素敵なものが多いです。
洋服に限らず、スカーフやマフラー、バッグ、ポーチに、
付けようと思えば、どこにでも付けれるのが「ブローチ」です。

フラワーモチーフのリースのような可愛らしい形のアンティークブローチ。
永遠を示すと言われている輪の形は縁起の良いものとして
アンティークブローチの中でも、人気がある形でもあります。
石も彩色も無い、ゴールドだけのデザインですが、
そこがまた魅力的で、ブローチとしても合わせやすいです。

小花を繋ぎ合わせた形に、真ん中を丸く潔く切り抜いた感じが
なんとも言えず、素敵です。


813ジュエリー12


英国アンティークマーケットで見つけたブローチ ②

同じように、リースのような可愛らしい形のアンティークブローチ。
こちらはタイガーアイの石と葉っぱモチーフを繋ぎ合わせ、リースの形に。
葉脈の細かい葉っぱモチーフも印象的です。

タイガーアイはネーミング通り、光の反射によって
縞模様が虎の眼のように見えることから、古くより虎の眼のごとく
『すべてを見通す眼』と考えられてきました。
そして、金運や仕事運を高め、願望の達成をサポートしてくれる石
として高い人気があるそうです。

タイガーアイの色が、強いイメージもありますが、
優しいリーフと丸みをおびたリースと、
よーく見ると隠れているハートのモチーフが合わさることで、
甘さも加わり、とても上品で女性らしいブローチです。


813ジュエリー2


英国アンティークマーケットで見つけたブローチ ③

ダイヤモンドをちりばめたような、光輝くラインストーンが
美しいアンティーク・ブローチです。

ゆらゆら揺れるチェーン状のラインストーン(連爪チェーン)の
フリンジの付いているのが、デザインのポイント。
どちらも下方が揺れるデザインで優雅です。

一粒一粒、ラインストーンがしっかりと爪留されていており、
一石の欠落もなく、丁寧な仕事が見られます。

ルースカットも色彩も現代のラインストーンとひと味違うので、
身につけた時にとても品があります。


813ジュエリー9


英国アンティークマーケットで見つけたブローチ ④

ブリリアントカットを施したチェコのラインストーン一色を
花束に仕立てた、シルバートーンのブローチ。

大小、形も異なるラインストーンが、一粒一粒しっかりと爪留されていており、
一石の欠落もなく、丁寧な仕事が見られます。

1940年代のアールデコ時代を思わせる、気品あるブローチです。


813ジュエリー1


英国アンティークマーケットで見つけたブローチ ⑤

よくアンティークジュエリーでも見かける
アイビーの葉かブドウの葉のモチーフを表していると思われます。

黄鉄鉱を六面体にカットしたマーカサイトを埋め込んだブローチです。
マーカサイトは昔、ダイヤの代用として使われた素材で、
1920年頃のロンドンの宝石商のショーウィンドウを埋め尽くすほどの
人気があったそうです。特に古いものは粒が細かく、仕事もデザインも繊細。
暗いところでも独特な輝きを放つのも特徴です。

何気なく、このブローチ一つに、アンティーク感が詰まっています。
カジュアルにも特別な日にも使える便利なアイテムです。


813ジュエリー10


英国アンティークマーケットで見つけたブローチ ⑥

ヴィンテージの英国コスチュームジュエリーのようです。
イギリスで1930年代から流行りだしたという、
マルチカラーのラインストーンのブローチです。

大きめですが、さりげない輝きの綺麗なラインストーンが付いています。
このラインストーンが全て色違いのパステルカラーというのが、
ちょっと変わっていて惹かれたそうです。


813ジュエリー4


英国アンティークマーケットで見つけたブローチ ⑦

ピンクラインストーンとクリアラインストーンのバランスが絶妙で、
ラブリーなフラワーブローチです。

フラワーモチーフと言っても、花弁があるわけではないので、
凛とした雰囲気があります。
それがピンクストーンなのに、甘さ控えめで、
洗練されたシンプルな魅力となっています。

アンティーク感ある、さりげない輝きの素敵なブローチです。


813ジュエリー11


英国アンティークマーケットで見つけたブローチ ⑧

レースのような細工のフィリグリー(filigree)。
前回の「ヨーロッパのマーケット」でも同じようなものを
ベルギーのアンティークマーケットで見つけ、紹介しました。
今回は英国のアンティークマーケットで見つけたものです。

職人が、コンマ単位の銀線から作り上げたその細工は、
まるで本物の糸を編んだかのようなレースのような繊細さ。
機械で作った大量生産品では絶対にありえない、
優美な美しさで、初めて見た方は驚くほど、と言われています。

フィリグリーという技術は、古代エジプト文明に発明された技法で、
その後、数千年かけて世界各地に伝わったという由緒ある職人技術。
見れば、見るほど、気が遠くなるほどの技術です。

ただ、このような繊細なフィリグリーは、近世までの
アンティークジュエリーでしか見られないと言われ、
アンティークマーケットでも絶滅寸前の幻のアイテムだとか。

繊細な一輪花のフィリグリーブローチは、
カジュアルに日常でつけても素敵ですが、
特別な日の装いにも上品な印象をプラスしてくれそうです。


813ジュエリー6


英国アンティークマーケットで見つけたネックレス

アンティーク・ヴィンテージの流行でもあった
マルチカラーのラインストーンが可愛らしいネックレスです。

大きめの輝きの綺麗なラインストーンが付いています。
このラインストーンがさまざまな色違いのパステルカラーというのが、
ちょっと変わっていて惹かれたそうです。

マーケットでは、1950年代のネックレスだと言われました。
ネックレスは、アンティークジュエリーによく見られる
付けた時に調度首周りを囲むほどの短いサイズ感です。

とくに1950年代前後は、パステルカラーのラインストーンを
何色も使った特徴的な色づかいの作品は有名だそうです。


813ネックレス


ジュエリー関連のモノで、
素敵なジュエリーボックスも登場します~!

英国のアンティークマーケットで見つけた
優雅で美しい、立体的なエンボス加工で細工された
アンティークのシルバープレートのジュエリーボックスです。

蓋にも側面にも、銀細工で彩られた凝った作りです。


813ジュエリーBOX


英国のアンティークマーケットを訪れ、売られているブローチで
ちょっと手に取ってみたものでも100年前のものだったり、
新品同様に美しいものでも1950年代前後だったり、
英国ジュエリーの歴史の古さを感じます。

訪れるたびに、見たこともないデザインに出逢え、
小さい中にそれぞれストーリーが詰まっています。

だから英国アンティークマーケットのなかでも、
ブローチ等のジュエリーは毎回探してしまうのかもしれません。

ご紹介した他にも、アンティークマーケットで見つけた
ジュエリーはまだまだ沢山登場しますので、お楽しみに!

明日は、英国陶磁器や雑貨を中心にご紹介していきます。
「英国アンティークマーケット」は明後日16:00~開催です。

※「英国アンティークマーケット」開催前のメール・お電話・FAX等での
 商品のお取り置きやご注文等はご遠慮いただいております。
 御了承いただけますよう宜しくお願い致します。



718Rstrawberry.jpg
8月中はオンラインショップでお買い物をした方対象に抽選で、
英国限定の「ストロベリー&クリームティー」のプレゼント企画も実施中!
アンティークマーケットのお買い物ももちろん対象となります。
8月はリントンズの貴重なグッズが手に入るWチャンスです!!!

★「イギリス限定紅茶プレゼント!」の詳細ブログはこちら♪


11051907tinnew.jpg
リントンズでも人気の紅茶缶。
現在発売中の「1907 Tea Caddy」はリントンズの創業年1907年や
リントンズのシンボルでもある馬車がデザインされた大き目の缶です。
中には最高級のブレンド「ケニアゴールド」が50包100杯分入っています。
ケニアゴールドはアイスティーにしても美味しい紅茶です。
在庫も残りわずかとなっておりますので、気になる方はお早めにどうぞ!

★数量限定【1907 紅茶缶+ケニアゴールド50包100杯(150g)セット】


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、英国の家庭で代々飲まれている“我が家の紅茶”です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR