オーガニック発祥国・イギリス

英国リントンズ社からの荷物と一緒にチョコレートが届きました。
イギリス限定販売のオーガニック・チョコレートだとか。
今日のオフィス・ティータイムのおやつです^^

1920年創業のイギリス老舗「BEECH'S」。
伝統の製法で、上品に仕上げたチョコレートバーです。
自然製法で作られ、健康やアレルギー対策、
合成化学品を一切使用せずに作られた有機チョコレート。
グルテンフリーのチョコレートです。

日本はまだグルテンフリーに関する情報や基準が少なく、
お菓子などにもあまり明記されていませんが、
海外ではかなり厳格に基準を設け、書かれています。

最近、アメリカで全面禁止となった「トランス脂肪酸」も
日本ではまだ何も規制はないのですが、
イギリスでは、20年前から規制が始まり、10年前には
「トランス脂肪酸」が含まれたマーガリン等の
食品の販売は禁止になっています。
「トランス脂肪酸」はマーガリンやショートニング、お菓子など
多くの加工食品の原料となっています。

そんな食品基準の厳しいイギリスは、オーガニック発祥国。

イギリスのオーガニック製品は、EUの一般的なオーガニック基準よりも
項目が細かく、多岐にわたっていて、1つ1つの項目自体も厳しく、
審査が厳しいことでも有名です。
それだけ厳しい基準があっても、イギリスのスーパーで売っている
チョコでも食材でも、当たり前のように“オーガニック”であることが多いです。
意外と思われる方も多いかも知れませんが、
“リアル・フード(本物の食材)”のこだわりは、イギリスの日常なのです。

この100年近い歴史のある「BEECH'S」のチョコレートも、
チョコ好きのイギリス人の生活になくてはならない存在の
原材料にこだわった、高品質のチョコレートだそう。


615リントンズチョコ


「BEECH'S」の工房は、イングランド北西部のランカシャーにあるようです。
ランカシャー周辺の大きな街というと、マンチェスターやリバプール。

代表も訪れたことがありますが、その時はやはり、
マンチェスターやリバプールへブラブラ遊びに出かけたそうです。
この辺の水もやや軟水で、リントンズのバン配達地域でもあるので、
リントニアンも多い地区です。

リントンズも100%自然製法、100%英国ブレンドの紅茶です。

イギリス日常で、いまもこの時間、
「BEECH'S」チョコレートと「RINGTONS」紅茶のミルクティーで、
体に優しいティータイムをしている家庭も多いことでしょう^^



新エクストラ
英国で1番人気のブルーパッケージ!エクストラフレッシュ!!
日本でもリピート率№1のブレンドです。
お得な100包200杯分(茶葉300g)入って、2,000円!
大きなマグカップに淹れて、1杯10円なので、
本場の英国紅茶をデイリーに楽しめるのが魅力です♪
我が家が毎朝ミルクティーで楽しむ“お気に入りの一杯”です。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、英国の家庭で代々飲まれている“我が家の紅茶”です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR