柄違いのカップ&ソーサーの魅力

リントンズが提案する、「イギリスの美味しい紅茶」を
日本の日常で気軽に楽しんで欲しい!という思いと共に、
「イギリスで見つけた素敵な日常」も楽しんで欲しいと思っています。
日本と同じ茶文化のある、イギリスの日常に溢れているものは、
私達のライフスタイルにも取り入れやすいものがいっぱいです。

今日のテーマは「柄違い(デザイン違い)」。

数年前からイギリスのトレンドでもある
ヴィンテージ皿をデザイン違いで組み合わせたケーキスタンド。
リントンズでも何回かご紹介させていただき、
「ケーキスタンドのマーケット」として販売していたこともありました。
嬉しいことに、毎回すぐ完売となります。


63ケーキスタンドイメジ


実は、カップ&ソーサーもデザイン違い!もトレンドなんです。
我が家でも、このデザイン違いのカップ&ソーサーは定番になりました。
昔は、カップもソーサーも同じものと当たり前のように思っていたのですが、
イギリスの日常で見つけて、自由で楽しい感じが面白く、
帰国してから、わざと違うデザインのものを組み合わせてみたら、
これがすっごく楽しい!ってことに気が付きました^^
意外なベスト・マッチが生まれたり、じわじわ来る組み合わせもあり。
常識や流行にとらわれることなく、
自分が好きなスタイルで楽しむ感じがブリティッシュらしいです。

写真はスコットランド・エディンバラの人気ティールーム「エチケット」で
ティータイムした時のヴィンテージのカップ&ソーサーです。
このティールームも全て柄違いカップ&ソーサーでした。


519柄ちがい


普通にカップもソーサーも同じものを使うこともありますが、
こんな風に、イギリス流に、自由に楽しくおもてなしすることで、
ゲストの方にもリラックスして、楽しんでほしいと思う日は、
柄違いのカップ&ソーサーだったりします。またはマグカップだったり。

一番嬉しいことは、もしカップorソーサーのどちらかが
割れてパートナーがいなくなってしまったとしても、
デザイン違いの相棒を見つけ、まだまだ現役で輝き続けられます。
物を大切にするのが伝統でもあるイギリス日常で生まれた
素敵な素敵なアイディアです。

この楽しさが“柄違いカップ&ソーサーの魅力”だと思います。

3月に代表が楽しいお土産を買ってきてくれました。
まさに!柄違いのカップ&ソーサーです!!

イギリス北部のアンティークマーケットで見つけたそう。
大きなカゴに、色々なデザインのカップやソーサーがいっぱい、
どれもセットになっていないものばかり。
ただのガラクタにしか見えない人も多いと思います。

我が家では、このデザイン違いのカップ&ソーサーも定番なので、
代表は、柄違いのカップ&ソーサーを合わせる楽しさを
その場で味わいながら、その楽しいエピソードと共に、
何点か見つけてきてくれました。
柄違いのつもりで買ったら、同じ柄だった、というものもありましたが^^
カップやソーサーはロイヤルドルトン等の英国製のものばかりです。


520柄ちがい


英国のお洒落なティールームのトレンドでもある
柄違いカップ&ソーサーにご興味がある方は、まず一度、
ご自宅にあるカップ&ソーサーをデザイン違いで合わせてみては?

ちょっぴり子どもの頃の“いたずら”みたいな気分になり、
ワクワクするかも知れません^^



529con100.jpg
リントンズ№1の万能紅茶!【コノシュア】ブレンド。
しっかりとした紅茶の香りと味が楽しめます。
ストレートティーでお薦めのブレンドですが、実は
ミルクティーにしても美味しい紅茶です。
美味しい茶葉は、どんな風に飲んでも美味しいのです^^

リントンズ専属ティーブレンダー・ジェームズも
コノシュアのミルクティーが大好きなんだとか!
アイスティーやミルクティー、ストレートティーと
たっぷり楽しめる万能紅茶です。

【コノシュア】100包200杯分(茶葉300g) 税込2,100円!!

おまけ記事!専属ティーブレンダー・ジェームズのインド紅茶便り!
★「インドから紅茶便り」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、英国の家庭で代々飲まれている“我が家の紅茶”です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR