ヨーロッパのマーケット商品④

リントンズのオンラインショップ限定!
4月11日(土)開催スタートの「ヨーロッパのマーケット」!!

週末は、ヨーロッパ日常で楽しまれているマーケットを
皆様にもぜひ楽しんでいただきたいと思います。

アンティーク・ヴィンテージグッズは全て1点モノです。


20150406marketplace - コピー


リントンズ代表自らイギリスやベルギーで探した、出逢った、
本当に貴重なリントンズグッズから、アンティーク・ヴィンテージグッズ、
現地の素敵なショップ限定の商品等、100点以上大放出の
盛りだくさんのマーケットです。

今日はアンティークやヴィンテージの雑貨をご紹介します。

代表がベルギーのアンティークマーケットで見つけたものには、
美しい額絵や絵葉書もあります。

この額絵は、ベルギー・ブリュッセルのギャラリーで
販売されていたものらしく、
額の裏にギャラリーの住所が書かれています。
時代は1940年代、フランスのものだと思われます。

フランスらしいお洒落なアンティークのファッションイラストです。
貴婦人の仕草や表情、お洋服の素材まで、
とっても丁寧に描かれているので、見ていて魅了されてしまいます。
モノクロに、ドレスやリボン、柄の一部分だけブルーで色をつけてあり、
ブルーとモノクロのコントラストがとっても素敵なんです。

この絵画のために特注したと思われるアンティーク額も
一緒に楽しめてしまうのも魅力です。

ヨーロッパのインテリアのように、色々なサイズの額と組み合わせて、
壁に掛けてももちろん楽しいですが、ただチェストの上や椅子、
床、窓辺など、目がとまるところにそっと置いてみてください。
存在感があり、素敵なインテリアのポイントになるはずです。


48雑貨14


額絵はもう一つ、デザイン違いであります。
こちらは額が少し剥げていますが、これもアンティークの味わいです。
むしろ私達は古い額の剥げた感じが魅力に思ってしまいます。
額は色を塗って補修してありました。それだけ大事にされていた証です。

実際このような絵は、日本市場では、額に入っていないイラストだけでも
とても価値があるもののようで、額に入っていないものもありますが、
この額絵は、イラストの雰囲気に合うアンティークな額に入っていて、
美しいタッチの絵も生き生きしているように思えます。


48雑貨3


こちらもベルギーのアンティークマーケットで見つけた
フランスアンティークの薔薇の彫刻オブジェです。

フランスのアンティークは、
このような金属の彫刻オブジェに素敵なモノが多いです。

一輪の薔薇のレリーフは、
フラットな装飾ではなく、花の膨らみや葉脈などが
くっきりと凹凸ずけられ、エンボスされていますので
立体感があり、とても美しい、動きのある表情です。

新しい年代に見られる、キラキラとした輝きよりは
アンティークに相応しい色合いがまた素敵なオブジェです。
そして、薔薇が釘付けされた歴史ある表情の木も味わい深いモノ。

絵画のように、お気に入りの場所へ。


48雑貨2


アンティークの絵葉書(冊子)もあります。
フランスやベルギーのさまざまな街でつくられたポストカードセット。

クラシックな色合いが良い雰囲気なので、
実際に葉書として使うというよりは、1枚1枚を切りはなして
絵画のように飾って、インテリアにしてほしい葉書です。
冊子になり、同じテイストで1冊に何枚かついているのも魅力的。
額飾にしてカフェやショップのディスプレイにしても。


48雑貨1


イギリスのアンティークマーケットで出逢ったブリキ缶もご紹介します。

写真は、1970年代のフォートナム&メイソンのビスケット缶です。
デザインがとてもクラシカルで素敵です。
同じデザインの紅茶缶はアンティークマーケットでもたまに見かけますが
(それでも最近は希少だとか)、こちらは珍しいビスケット缶です。

1707年に創業した、ロンドンにある高級百貨店フォートナム&メイソン。
アン女王のフットマンだったフォートナムと、
その大家だったメイソンによる共同経営で始まったそうです。

興味深いことに、アン女王に仕えるフォートナムは、
当時、毎晩新しいキャンドルに火をつける習慣のあった王室から、
大量にでる半分だけ残ったキャンドルを再製したキャンドルを
転売したことで、成功したそうです。

そして、もう一つ、St.Jamesマーケットや小さなお店を持っていた
大家のメイソンが共にグローサリー(食料店)を始めたことで、
1700年代半ばの東インド会社からの紅茶の輸入でも成功し、
高級百貨店フォートナム&メイソンの現在に繋がっているのです。

ビスケット缶には、そのストーリーが描かれています。
フットマンの衣装を着たフォートナム(右)の片手にはキャンドル、
そしてメイソン(左)の片手にはティーポット&カップ(紅茶)があります。

ストーリーを感じられる、楽しいデザインのビスケット缶です。


48雑貨13


1940~1960年代のアンティーク・ヴィンテージの缶と思われます。
もともとはお菓子が入っていた缶なので、フタの絵が可愛いモノが多いです。

左上の馬車柄の缶は、よーく見ると全体がバスケット柄なんです。
そして留め口も変わっていて、凝った作りです。

花柄の缶は、英国のお菓子の缶らしく、飽きない可愛さです。

ブリキ缶は時代と共にシャビーな雰囲気に変わり、
アンティークマーケットでも人気が高い商品です。
小物入れや裁縫箱として使ったり、インテリアとしても素敵です。

今回出逢ったアンティーク缶はどれも素敵なモノばかりです。


48雑貨12


お次は、布の手仕事。イギリスのアンティークマーケットで見つけた
リネン(麻)に刺繍されたティーコジーです。

丁寧に刺繍された、古き良き時代の英国式ティータイムを
偲ばせるティーコジー(ティーポット・カバー)です。
刺繍のモチーフは、イギリスの刺繍の定番、
イングリッシュ・ブーケの花達です。裏面にも刺繍付き。

中綿が無い為、ティーコジーとしての保温性は期待できません。
でも何かのホコリ避けなど、工夫次第で色々お使い頂けると思います。


48雑貨15


ベルギーといえば、ベルギーレース!
アンティークマーケットではレースもいくつか掘り出したようです。


48雑貨4


そして、いままで、アンティークやヴィンテージの商品を中心に
ご紹介してきましたが、「ヨーロッパのマーケット」では
ヨーロッパの“いま”の日常もお届けします!

ベルギーの人気雑貨屋さん「ディル&カミーユ」や
UKスーパーの可愛いエコバッグもご紹介します。
こちらの商品は全て新品です。

人気の雑貨屋さん「ディル&カミーユ(DILLE&KAMILLE)」。
オランダ生まれの雑貨屋さんで、オランダ・ベルギーにのみ
店舗があります。パリジェンヌもパリには店舗がないということで、
わざわざ足を運ぶという国内外問わず、いま大人気のショップです。

プラスティックを使わず、全ての商品が天然素材を生かしたもので作り、
ずっと変わらず、いまもこのコンセプトを守り続けている雑貨屋さん。


ディル正面


このお店で購入した、1泊旅行やピクニック、キャンプ等に使えそうな
布製の限定バッグと、ディル&カミーユ限定シールをセットで販売。

ヨーロッパのお洒落ショップ、日本未上陸のショップのバッグ。
この機会をお見逃しなく!


48雑貨7


シールは、これを一枚無地の箱や缶に貼るだけでも素敵ですし、
ラッピングに使ってもお洒落だと思います。たっぷりありますよ~!


48雑貨シール


続いては、UKの人気スーパー「TESCO」のジュート製バッグです。
イギリス日常では、街でマーケットで持っている人をよく見かけます。

これはTESCOの新作“クラシックシリーズ”の
昔なつかしいビスケットのパッケージをモチーフにしたジュートバッグ。

持ち手がいままでのジュートバッグと違い、
平たい布のような持ち手になっているので、かなり持ちやすいです。

マチもたっぷりで、中も撥水加工されているので、
レジャーにショッピングに重宝します。
明るいブルーがこれからのさわやかな季節にピッタリ!


48雑貨8


こちらも創業から95年ということで、新作“クラシックシリーズ”で
創業当時のパッケージや、写真をモチーフにしたエコトートです。
モノクロにハイヒールと持ち手が“赤”というのがGOODです。


48雑貨10


イギリスの高級スーパーマーケット「Marks&Spencer(M&S)」の
エコバッグです。M&Sもクラシックシリーズがトレンドのようです。
軽いのに沢山入るので、我が家も定番です。

バッグにある「St. Michael」のロゴ。
イギリスのアンティークマーケットでも「St. Michael」のロゴを見かけます。
これはM&Sの創業者であるマイケル・マークス(Michael Marks)にちなみ、
M&SのPB商品に「St. Michael」のブランド・ネームをつけたものだそうです。

イギリスの中でも、先取りしてPB商品を販売していたのが
マークス&スペンサー(M&S)だとか。

スタートは衣料品から、後に食品事業へも拡大しました。
写真は半世紀前の「St. Michael」のクラシックデザインのようです。


48雑貨11


こちらは珍しい!M&Sオリジナルの保冷バッグです。

書いてある文字は、イギリスが第二次世界大戦時に使用した
スローガン「KEEP CALM AND CARRY ON」を捩ったもの。
第二次世界大戦時のプロパガンダ用ポスターだったとか。
イギリス内で長らく存在が忘れられていたものですが、
2000年に再発見され、イギリス国民の間で爆発的に広がりました。

数年前からポスターをはじめ、マグカップ、ポストカードなどなど、
あらゆるグッズへの使用が広がり、現在ではイギリス内どこでも
見かけられるようになった人気デザイン。
特に、この商品のようなパロディ版が人気です。

男性が持ってもお洒落な保冷バッグなので、
お買い物だけでなく、運動会やレジャーにも大活躍します。


48雑貨9


最後は、とっても貴重なリントンズの布製バッグのご紹介です!
著名人による紅茶スローガンが書かれています^^
すでに完売商品で、新品の状態でGETするのは難しい商品です。
とってもレアな商品ですよ。


48雑貨5


ご紹介した商品はすべて、4月11日(土)~開催される
「ヨーロッパのマーケット」で販売します!


ブログでご紹介した以外にも、沢山の素敵な商品が並びます。
アンティークのリントンズグッズは簡単に出逢えるモノではなく、
こんなに揃って登場するのは、貴重なことだと思います。
他にも、リントンズのオンラインショップで完売してしまった
入手困難なレア商品も登場しますので、お楽しみに!!

※「ヨーロッパのマーケット」開催前の電話・FAX等での
 商品のお取り置きやご注文等はご遠慮いただいております。
 御了承いただけますよう宜しくお願い致します。



7161907缶
【ヘリテージなデザインが素敵!1907ティーキャディー】
完売していた1907ティーキャディー(紅茶缶)再入荷しました!
1907ティーキャディーは、リントンズ最高級茶葉ブレンドの
ケニアゴールド紅茶が100杯分入って、たっぷり楽しめます。
アルミパック1袋が40包80杯分から50包100杯分に変更になり、
中身の紅茶が20杯分、増量されています^^


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、英国の家庭で代々飲まれている“我が家の紅茶”です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR