「英国紅茶ティーポットセット」本日から発売!

2015121淹れ方1


急須やティーポットでお茶を飲む機会が減り、
ペットボトルでお茶を飲むことが増えた慌しい現代ですが、
せっかく日本には美しい茶の湯の文化があるので、
茶器でお茶を楽しむティータイムの時間が増えたらいいですね。

2015年、リントンズジャパンでは、
気軽に英国紅茶でティータイムが楽しめちゃう
リントンズの魅力をもっともっと皆様にお伝えしたいと思っています。

まず“ティーポット用ティーバッグ”について♪


17ティーポットブログ1


日本で多くの人が考える紅茶文化とは、
ティーポットで茶葉から淹れる優雅なイメージ、または
日常で楽しむなら、マグカップにそのままティーバッグを入れるという
イメージが多いのではないでしょうか?

そのため、リントンズのように“ティーポット用ティーバッグ”というのは
日本では、なかなか馴染みのない商品のようです。

紅茶の国・イギリスの日常で、多く楽しまれているのは
実はこの“ティーポット用ティーバッグ”。
街のティールームや家庭のおもてなし紅茶でも、当たり前のように
ティーポットの中にティーバッグが入っていて、
イギリスに旅行された方は、これに驚く方も多いようです^^

イギリスのティールームで、茶葉で淹れないからといって、
さぼっているわけでも、手抜きしているわけでも、
マグカップ用ティーバッグを入れているわけでもなく、
きちんと“ティーポット用ティーバッグ”が存在するのです。
紅茶の国・イギリスの日常に出会えただけです。
それだけ、英国製のティーポット用ティーバッグのレベルが高く、
紅茶を一日に何回も飲む習慣がある日常が存在するのです。

イギリス人は美味しい紅茶でなければ、日常ティーにしません。


2015121淹れ方2


イギリス家庭の日常ティーとしても、100年以上愛され続けている
英国リントンズ社は本国で、沢山の種類の茶葉も販売しており、
茶葉も自信を持って言えるくらい「美味しい!」です。
ただ、イギリスの多くのリントニアンが愛飲しているのは、
いま日本でも販売している“ティーポット用ティーバッグ”なのです!

だから日本でも“ティーポット用ティーバッグ”に
こだわって販売しています。
イギリスと同じく、日本にも茶の湯の文化が古くからあり、
美味しいお茶が大好きなDNAが日本人にはあると思うからです。

私達も紅茶を茶葉から淹れて、作法を楽しむ時もあります。
マグカップにティーバッグを入れるだけの時もあります。
さらに、リントンズ紅茶のようなティーポット用ティーバッグで
“美味しい英国紅茶を日常で気軽に楽しめる”という
ティータイムの選択肢が増え、ティータイムの時間も増えたら
本当に嬉しいことだなぁと思っています。

リントンズの紅茶パッケージに書かれている文字
“ TWO CUP TEA BAGS ”は、
ティーポットに1包入れて、大きめのマグカップ2杯分の紅茶が
淹れられるという意味の“ティーポット用ティーバッグ”です。

そのため1袋100包入っているので、マグカップなら200杯分、
ティーカップなら300~400杯分淹れられる紅茶が入っています!

イギリス人のように、1日に何回も紅茶を飲む習慣があると、
これだけの量が入っていても、あっという間になくなってしまいます。


201517twocup.jpg


リントンズ紅茶を飲んでいると、
気取らず、気軽に、ナチュラルに紅茶を淹れて楽しむことが
自然と日常に溶け込むのです。

こんなに気軽に、こんなに美味しい紅茶になってくれるから、
毎日、一日何回も紅茶を楽しめるのです。

まるでイギリス人のように、ティータイムが日常に溢れる。
不思議な紅茶です。だから大好きな紅茶なのです。
本場の英国紅茶が大きなマグカップで1杯10円というのも魅力です。


113milktea.jpg


“ティーポット用ティーバッグ”が
日本では、なかなか馴染みのなかった商品ということは、
イギリスの日常に当たり前のようにあって、
日本の日常にはあまりないもの・・・それは、ティーポットです。

「おうちにティーポットがないんです・・・」
リントンズ紅茶を初めて知るお客様によく言われること。
しかも「どんなティーポットが日常に良いのか、分かりません」と
言われることもあります。

リントンズ常連のお客様は、紅茶歴60年以上という紅茶のベテランさんや
何十年も毎朝、朝食にはミルクティー!という方から、
初めて紅茶でティータイムしようと思いましたという方や
普段は紅茶の渋味が苦手だから、珈琲しか飲まなかったという方まで
幅広い層の方に「美味しい紅茶!」と支持していただいているのが、
楽しく、嬉しく、ありがたいことです。

リントンズ紅茶を愛飲しているけれど、お気に入りのティーポットが
見つからないという方や初めて紅茶を日常ティーにしてみようという方
にオススメの「日常で楽しめるティーポット」を見つけました。

このティーポットをキッカケに、ティータイムの時間が増えますように。


113teapot3.jpg


デザインは、イギリス日常の家庭にありそうなティーポットです。
イギリスのヴィンテージにありそうなモダンな印象で、
スモークグレーのシンプルなカラーが
どんなテーブルにも合わせやすいと思います。

このようなカタチや質感のティーポットは、
イギリスで長年愛されているヴィンテージのティーポットに
よくある雰囲気なので、毎日のティータイムで
飽きずに使っていただけると思います。

写真は英国ヴィンテージのティーポットです。
英国ヴィンテージには、こんな北欧のような、和のようなデザインの
食器も存在していて、イギリスのマーケットに限らず、
フランス等ヨーロッパでの人気も高いです。


929英国ポット


この日常使いにピッタリのティーポットは、
600ccまで淹れられるティーポットで、2~3人分淹れられます。
日常で使うのに丁度良いサイズです。
まさにリントンズのティーバッグ1包を入れて、
大きなマグカップ2杯分にピッタリのティーポットです!
ティーバッグ2包入れて、濃い目のブラックティーにして、
ミルクティーにするのもオススメです。チョコレートとの相性もバッチリ!


113teapot2.jpg


毎日飲んでも飽きない紅茶“リントンズ(Ringtons)”。
私達も10年以上、リントンズ紅茶を毎日、一日何回飲んでも飽きません。

毎日飲んでも飽きないどころか、飲めば飲むほど、魅力のある紅茶で、
味のバランス、コク、深み、そして後味まで美味しい紅茶は
なかなかないと思っています。
リントンズ紅茶の魅力は、英国リントンズ社の代表やティーブレンダー、
スタッフ達と仕事をしたら尚更感じるのです。

「美味しい紅茶は茶葉の品質、ブレンドの技術、鮮度の管理」と
ずっと真面目に、毎日美味しい紅茶を作り続けているのです。
その企業姿勢は、イギリスでも有名なんですよ^^

英国紅茶の善し悪しは、茶葉の品質はもちろん
ブレンド力が大きく影響します。

長年のレシピによるブレンド技術で、イギリスで大切に作られている
正真正銘の英国紅茶・リントンズの
“ティーポット用ティーバッグ”をぜひ楽しんでください!


17ティーポット3


リントンズの「日常で楽しめるティーポット」は、
バラエティーに富んだ紅茶と
「英国紅茶のティーポット・セット(1,600円~)」として販売されます。
発売は本日、1月23日(金)です!
同時に「リントンズの2015年ダイアリーセット」もSALE中!

イギリスの日常と同じように、自然とティータイムが増え、
皆様の日常にワクワクや豊かな時間が増えますように!



ケニアゴールドが80包→100包になりました!!
1216ケニア100
■Ringtons 【KENYAN GOLD ケニアゴールド】 100包200杯分 300g

最高級ティーバッグ紅茶100包200杯分(茶葉300g)が税込2,300円!
80包160杯分税込2,100円より40杯分以上増えて、
とってもお得な値段になっています!!
1杯のお値段も以前よりもお安くなっています♪
円安の影響で、続々と値上げが進む中、実質の値下げです~^^
ますますリントンズ紅茶が皆様の日常ティーになりますように。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、英国の家庭で代々飲まれている“我が家の紅茶”です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR