ネイチャーリゾート・アラスカ②

0916マッキンリーハガキ


夏休みに訪れた“アラスカ”。
なかなか旅ブログの続きをアップできませんでしたが、本日更新です!

★「ネイチャーリゾート・アラスカ①」のブログはこちら♪

前回のブログでは、ツアー目的①②をご紹介しました。
①ツンドラ(永久凍土)の登山(ハイキング)をすること。
②デナリ国立公園で大自然と動物に出会うこと。

今日は続きの③④をまとめてみました~。

③6000mを超えるマッキンリー山を眺めること。

デナリ公園の“ツンドラ・ウィルダネスツアー”の続きです。
小雨で始まったツアーも、太陽が昇るにつれて、晴れ間も見えてきて、
天候が悪ければ行くことすら出来ない、マッキンリー展望台まで
足を運べることになったわけですが、その車内は
運転手さんもガイドさんも私達もドキドキ、ワクワク、少し興奮状態でした。

そして...
ガイドさんが大声でさけびます「見えましたー!マッキンリー!!」

“なかなか姿を現さない山”と言われているマッキンリーが、
くっきり、はっきり見えます!


916マッキンリー


感動でした。
まさかこんなにはっきりと見られるとは思っていませんでした...

マッキンリー山はパワースポットとしても有名ですが、
普通のパワースポットのエネルギーと一次元違う感じがします。
現実じゃないような、神々しい、不思議な山でした。

「マッキンリーの山頂が見られたら、幸運が訪れる」と
言われているそうですが、それは、アラスカでは曇りや雨の日も結構多く、
晴れてマッキンリーが見られたら、幸運なこと、というものらしいです。

写真で見るだけでも、運気が上がるそうですよ♪


916草紅葉とマッキンリー


おまけですが、帰国の飛行機から見たマッキンリーです!
上空からなので、マッキンリーの山頂がよく見えます。


916機内マッキンリー


マッキンリーと氷河。

マッキンリーは、5本の巨大な氷河が山から発しているそうで、
写真はそのどれかのようです。氷河のスタート地点がわかります。


916機内氷河


デナリ公園のツアーのあとは、
アラスカ鉄道でデナリ~フェアバンクスに向かいました。
鉄道ファンでなくっても楽しい!4時間の鉄道旅です。
終点のフェアバンクスは、オーロラを観測する場所として有名です。


916アラスカ鉄道


④北極圏ギリギリで、オーロラ観測をすること。

フェアバンクス上空では、年間約240日(3日に2回も)
オーロラ現象がおきていると言われています。

オーロラは太陽活動の大きさと深く関わっています。
太陽活動が活発になればオーロラ活動も活発になるため、
太陽活動の最盛期がオーロラの「当たり年」になります。
当初は2012年と言われていましたが、少し遅れて、
2013年~2014年が最盛期と言われています。
太陽活動は約11年周期で、活発化と沈静化を繰り返しているので、
2020年はオーロラより東京オリンピックが熱くなるようです?!

現象が起きていることと、実際見えることは、また別のお話。

オーロラが現れるには、太陽から噴き出す微粒子の流れ(太陽風)
の条件がいいこと、その時が、暗い夜であること、
空が晴れていること等、難しい条件が、全て揃っていることが必要だとか。

秋が訪れはじめたアラスカですが、それでも21時頃までは明るいので、
22時ホテル出発で、バスで北極圏に近いロッジに移動し、
オーロラ観測スタートです。

「実際見えなくても、この上空ではオーロラ現象が起こっているのかなー」
と思うだけで、感動していました^^

すると、しばらくして夜空に異変が...
はじめて見るオーロラは白い色をしていました。
空に薄いレースのカーテンがゆらゆらしているような...

そして肉眼でもハッキリ!緑色に見えてきましたー!!
普通のデジカメで、三脚もなかったのですが、
頑張って、北斗七星も一緒に撮ってみました。


916オーロラ3


時間が経つにつれて、白色から薄い緑色になり、
オーロラ爆発があると、明るい緑で、動きも早くなり、
たまーに赤色のオーロラも見えたりしました。


916オーロラ2


夢中で見続けていたオーロラ。
3時間ほどの観測は、あっという間に終了し、帰りのバスに乗ろうと、
ロッジの庭から見上げた空に、オーロラが広がっていました^^


916オーロラ4


後日、旅で出会った方が同じ時に見ていた
オーロラの写真を送ってくれました。とっても立派なカメラをお持ちで、
「どんな写真が撮れたのか見てみたい!」と言っていたのを
覚えていてくださって。本当に嬉しかったです。
それにしても、さすがです!


0927オーロラ


遥か彼方まで続く草もみじに、浮かぶマッキンリー。
幻想的な輝くオーロラ。

すべてが非日常な光景で、雄大。

そんな場所でたまたま出会った人々とのお別れは、少し寂しく。
でも皆さん「またどこかの旅先でお会いしましょう」と声を掛け合い、
素敵なお別れだと思いました。

そして、目に焼きつく光景と、心に残る感動は、
いままでの旅とは少し違うものでした。



107クリームスコーン3
★10月30日(木) 一日限定“小さな英国カフェ”をオープン!

リントンズオフィスのご近所さんのお花屋さんで、
英国日常のカフェメニュー人気№1の“クリーム・ティー”、
スコーン、クロテッドクリーム、ジャム&紅茶のセットが500円で
楽しめちゃいますよー!お気軽にお立ち寄りくださいね♪

【期間】10月30日(木)
【時間】OPEN 13:00 ~ CLOSE 17:00
【場所】「PeGon Flower Studio」 福岡市南区長住3-1-12
【お問合せ】092-210-8187

★「紅茶とスコーンと花のカフェ」の詳細ブログはこちら♪


1016train.jpg
★11月3日(祝) 伊万里スイーツとれいん運行!

【参加人数】40名様限定(応募先着順)
【料金】3,000円/おひとり様 (数種類のスイーツ・お飲物・お土産付!)
【集合】12:50 
【出発】13:10 
【解散】16:30頃
※公共の交通機関での運行となりますので時間厳守でお願い致します。
※時間厳守でお願い致します。
※集合・解散はMR伊万里駅券売機前です。
※車内にトイレ完備しています。
※途中下車はできません。

【ご予約】伊万里まちなか一番館 0955-25-9802

★「伊万里スイーツとれいん」の詳細HPはこちら♪


新エクストラ
英国で1番人気のブルーパッケージ!エクストラフレッシュ!!
日本でもリピート率№1のブレンドです。
お得な100包200杯分(茶葉300g)入って、2,000円!
大きなマグカップに淹れて、1杯10円なので、
本場の英国紅茶をデイリーに楽しめるのが魅力です♪


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、英国の家庭で代々飲まれている“我が家の紅茶”です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR