FC2ブログ

イギリス滞在の近況報告をアップしています!

20200128ringtons2.jpg


現在、イギリスに滞在中のリントンズジャパン代表の岡田。
インスタグラムTwitterで近況をアップしてくれています。

2020年もイギリスのRINGTONS社は、日本のリントニアンの皆様に、
リントンズの紅茶事情、イギリスの紅茶事情を伝えたいと、
忙しい中、あれこれ提案をしてくれるのが本当に有り難いです。

いよいよ月曜日からRINGTONS社での仕事がスタートしました。
先日インタビューに答えていたティーテイスターであり、5代目でもある
ダニエル・スミス氏と岡田のテイスティング研修も行われたそうです。
これは毎日最大300種類の茶葉を味わう紅茶商ならではの体験です。
毎年渡英のたびに行われ、世界の最新の農園事情やテーマを決めた
ティーセッション、ミルクティーのテイスティング等が行われたそう。
そして“レアティー”と呼ばれる貴重なお茶もたくさん味わったそうです。
この様子は帰国後またゆっくりご報告したいと思います。
※下記の写真は2年前に行われたティーセッションの様子です。

「次回は時間をとって、アフリカのケニア農園へ行ってみないか?」
「イギリスからナイロビはそんなに遠くない」という話も出たそうで、
いま注目されているケニア農園、これは実現したいと語っていました。

他にも明日も、会議や工場見学なども毎年恒例で時間を多く取りますが、
「いまニューカッスルで人気のティールームがあるから行かないか?」と
午後は最新のアフタヌーンティースポットやリントンズ紅茶が楽しめる
ティールームへ案内してくれるそうで、それもHAPPYな体験です。

そんなことも含めて、日本の皆様にお届けしていきたいです。

★ 「初公開!テイスティングルームの決まりごと」のブログはこちら♪


20180308teatasting5.jpg


毎年、イギリス出張のたびに思うことは、イギリスの老舗紅茶商から
リアルな紅茶事情が日本に届けられることは貴重な機会だと思います。
紅茶商の人々も、日本からの近況報告を楽しみにしていて、
リントンズ紅茶をデイリーに楽しむ日本のリントニアンも多いこととか、
紅茶にホッと癒やされ、お茶の時間を純粋に楽しんでいること等を
伝えると、互いのお茶文化に共通点が多いことに喜びを感じています。

リントンズ社での会議はまず1杯のミルクティーから始まります。
いつも4代目CEOであるサイモン氏が皆の分の紅茶を淹れてくれます。
秘書やスタッフとかではなく、直々に淹れてくれるところが素敵です。
イギリスのスタッフは、紅茶は心を落ち着かせて、
穏やかに会議(仕事)を始めるのに欠かせない存在だといいます。

しかも、もう10年近く会議に出ていますが、毎回「ゴールド」の
ミルクティーと決まっています。会議中の4代目サイモン氏や
5代目ダニエル氏、ティーテイスター、スタッフ達の片手には皆
リントンズのマグにミルクティーなんですよ。あとビスケットも!
それが当たり前で、やっぱりイギリスだなぁと感じる瞬間。


20200128ringtons.jpg


同じように、イギリス人の家に遊びに行くと、まず紅茶が出てきますが、
イギリスの休日、サイモン氏&スー夫人のご自宅に招待された時も
お二人の我が家の紅茶「ゴールド」のミルクティーが出てきたそう。

そして、雑談で「昨日カフェのアフタヌーンティーで久しぶりに
リントンズ紅茶を飲んだ」とサイモン氏とスー夫人に話をしたら、
「もしかしてリントンズ紅茶を日本から持ってくるのを忘れたのか?!」と
驚かれたそうです。すぐスー夫人がキッチンのストックへ行き、
自宅でいつも飲んでいるゴールドの半分を分けてくれたそうです。

イギリスの人にとってお気に入りの紅茶は旅の必需品なのです。
代表も「これでホテルでもリントンズが飲める」とホッとしていました。

★ 「旅行の荷物にティーバッグ紅茶」のブログはこちら♪


20200127ゴールド


実は代表もいつもの出張や旅にはリントンズを必ず持参するのですが、
今回は「リントンズ社でも飲めるし…」と軽い気持ちで旅立ったら、
ホテルやレストランでリントンズ以外の紅茶を飲み続けることになり、
カフェのアフタヌーンティーで数日ぶりにリントンズ紅茶を飲んだら、
「美味しい…15年も毎日飲んでいるのに、たった数日ぶりでこの感動。
やっぱり日本の家で飲む味と同じ…これは飲み慣れているとかではなく
確実に美味しい…!なんでここまで違うのか」と語っていました。


20200126ミルクティー


イギリスに着いた日から帰国日まで仕事三昧でもある岡田ですが、
英国紅茶に触れる旅、リントンズ紅茶を知れる旅、
ティールーム巡り、アンティーク探しetcは自分の楽しみでもあるそう。
これで一年間頑張れるくらい充実した幸せな時間でもあると語ります。

しっかり聞いて、学んで、またイギリスの紅茶事情をお届けします!
皆様にとって貴重な話題がたくさんお届けできますように☆


20200128ringtons3.jpg
※100年以上前、英国の紅茶商リントンズが生まれた町・ニューカッスル



20190710ゴールド
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞した紅茶(ブラックティー)はなかなか出逢えない存在です。
紅茶商リントンズ4代目オーナーのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の紅茶”でもあります。

サイモン氏やリントンズ専属ティーテイスターは、
「新鮮で高品質な茶葉は、ミルクとの相性がとても良いものです。
ゴールドは茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。」
と語っています。英国で愛されているミルクティーをぜひ!

★ 「ゴールド」 ティーバッグ100個200杯分(茶葉300g) 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR