FC2ブログ

ほかとは少し違う台湾土産

20190427宮原眼科


台湾では、いつも台北の街をぶらぶらしてばかりなので、
「新幹線に乗ってどこかに行こうか?」と急遽決まって台中へ。

台北から新幹線で1時間の台中は日帰りもOK!台湾国内では
若手クリエイターが集まるアートな街として有名なんだとか。
そして、台湾の茶芸文化発祥の地としても知られています。

私たちが一番行きたかったのは、台中の「宮原眼科」
ずっと行ってみたかった台中発の人気のスイーツショップです。
ここでティータイムのお菓子を探してみたかったのです。

そして出逢った、宮原眼科オリジナルのビスケット缶。
はじめ、この缶を遠くから見て「花柄なのかな?」と思っていたら、
なんと!昆虫たちが描かれている、斬新なデザインでした!!

缶を開けると…いまにも飛び出しそうな蝶のビスケットがギッシリ!
蝶も1種類や2種類ではなく、いくつかの種類が入っています。
羽が開いていたり、閉じていたり、様々な蝶が詰まっているのです。

アーティスティックな感性が光る上質でおいしいスイーツでした。


20190421eye13.jpg


この長方形の缶、一見不気味なんですが、なぜかとても美しく見えます。
昆虫は古い中国画でもよく見るモチーフでもあるから伝統的にも見え、
漆で絵を描く蒔絵のようにも見えるからだと思います。オシャレです。


20190421eye10.jpg


もう一つ、子ども達が宮原眼科で選んだビスケット缶はこちらです。
この缶の中には…かわいいくまさん達が、アーモンドを抱きしめて
焼き上げられたビスケットがたっぷり詰まっています。
この発想ありそうでなかった!今度ビスケットを焼く時にやってみたい!
ジンジャーブレッドマンでもできそう!と思える楽しいアイディアです。

何より宮原眼科のスイーツはおいしい!材料にもこだわっているので、
賞味期限は短いのですが、とても優しい凝った味わいです!

かわいくて、おいしい!は誰もが喜ぶ組み合わせです♪


20190421eye12.jpg


宮原眼科はいままで見たことがあるコンセプトショップの中で、
店作りから商品構成、デザイン、味わい、接客の細部に至るまで
こんなに徹底しているショップは初めてかもしれません。

ヨーロッパの図書館を彷彿とさせる店内はため息がでるような美しさ。
年に8回も大きく模様替えをするという店内。今回はカウンターが
赤いリボンでラッピングされていましたが、クリスマスの時期が一番
きれいなのだとか。店内に足を踏み入れるだけでも価値があります。

美しいインテリアや商品パッケージとともに、
台湾の宮原眼科の世界観をつくり上げているのを感じます。


20190421eye7.jpg


美術品のように見た目も華やかなお菓子の数々が陳列されていて
置いてあるスイーツも1つ1つにオリジナル性があって興味津々。
本当に博物館に来てしまったかのような感覚になります。


20190421リボン


購入したスイーツのラッピング用のリボンもインテリアに。
他にはないオリジナルの世界観が広がります。


20190421eye2.jpg


商品を購入して、ラッピング用のリボンを選ぼうとした時に、
「このオリジナルのリボンも美しいですね!」という話を
店員さんとしていたら、「実はリボンは購入できるんですよ!」と
教えてくれました。嬉しくて迷わずに購入しました。

ラッピング以外にも、台湾茶や台湾ご飯のおもてなし等で、
カトラリーやナプキンにリボン巻きにしても楽しいと思います。


20190421eye8.jpg


宮原眼科といえば、アイスクリームも有名です。
開店前から行列ができるらしく、絶えず行列が続いていました。
アイスに、ご紹介した蝶のクッキーやくまさんのアーモンドクッキー、
パイナップルケーキ等をトッピングできるようで、ボリュームがすごい!

そして、穴場のお茶のドリンクスタンド「宮原珍奶」もあるんです。
東方美人、阿里山金萱茶、日月潭紅玉紅茶などのお茶もありますが、
注目はお店の名前にもなっているタピオカ入りのミルクティー!
面白いのが、ミルクティーの種類だけでも、10種類近くあるんです。
スリランカ茶葉ベースのクラシックミルクティー、
アッサム茶葉と東方美人のブレンドの宮原ミルクティー、
高山烏龍茶とリュウガン茶のミルクティー、鉄観音ミルクティー、
キーマン紅茶とラベンダーのミルクティー等ひと味変わったものも。

台湾にいると、お茶の楽しみ方の自由さに刺激を受けます。


20190421eye6.jpg


宮原眼科ではお茶を楽しめるだけでなく茶葉の販売もありました。
ティーバッグ茶葉のセットがレコードジャケットに見立てられています。
我が家のインテリアにポスターのように飾りたい!となり選びました。

我が家が選んだ天天天藍は、“天”が3つ並ぶ文字デザインが楽しい!
それぞれブレンドが違うのですが、天天天藍は烏龍茶の東方美人を
ベースにジャスミン、ミント、バラのセンティッドティーです。
まだ試していないのですが、ミルクティーにも合うそうですよ。
初夏の爽やかな烏龍茶ミルクティーを楽しんでみたいです。


20190429レコード


宮原眼科を楽しんだ後は、地元の方が憩いの場として休憩している
川沿いの道を散歩しながら、タピオカミルクティー発祥の地へ!

タピオカミルクティーは、台中の「春水堂」発祥なんです。
「春水堂」は、もとは老若男女、人種を超えて中国茶や台湾茶を
飲みやすい雰囲気で提供するというお茶スタイルで成功したそうです。
その後、タピオカミルクティーが生まれ人気を博したそうです。

せっかくなら訪れて、元祖タピオカミルクティーを飲もう!となり…
お店に入るのに少し待つくらい、地元のお客様で賑わっていました。


20190421eye5.jpg


元祖タピオカミルクティーはジョッキサイズで出てきました(笑)
「春水堂」のタピオカの特徴は、粒が小さいこと。
そして、ミルクティーは烏龍茶や鉄観音茶ではなく、
上質な紅茶(アッサム茶葉)で作るのがポイントなんだとか。


20190421eye4.jpg


台中では、子ども達の希望でカラフルな彩虹眷村にも寄りました!
知らなかったのですが、「EasyCard(悠遊卡)」を持っていると、
台中市内の10㎞以内のバス移動は無料だったのです。
駅のインフォメーションで色々聞いてみるものですね。
台湾の「EasyCard」は、イギリスの「Oyster Card」のようなもの。
いつも使う家族分の「EasyCard」があったので移動は無料でした。


20190421eye1.jpg


ここではお土産にド派手な彩虹眷村柄のレジャーシートを購入♪
ピクニックやキャンプ、子どもの行事にも使えるので。
レジャーシートを広げるだけで、鮮やかな彩虹眷村を思い出せます。


20190427虹村


帰国後、仕事の合間に、宮原眼科のスイーツ等と
烏龍茶のセンティッドティーでティータイムを楽しみました。
以前の台湾旅で出逢ったティーポットとリントンズのマグで♪

最近は旅に出ても、あれもこれもと買うことはなくなりましたが、
帰国後も楽しめるティータイム菓子は
旅の後のお楽しみがまだまだ続くのが嬉しくて必ず探します。


20190421eye14.jpg


阪急うめだ本店で5月16日(木)~5月20日(月)に開催される
「ワールド・ティー・フェスティバル2019」。

2019年は、祝祭広場だけでなく、催場まで拡大しての開催!!!
祝祭広場のメインテーマがまさに「アジアのお茶」です。
中国や台湾のお茶をはじめ、日本茶やタイのお茶まで登場です。

リントンズが出店する催場のテーマは「世界のお茶」です。
イギリスやフランス、ドイツ、オーストリア、北欧、ロシア等のお茶が
一堂に集まります。それぞれの国のお茶文化の違いを楽しめます。

ぜひ、世界のお茶ツアーに出かけた気分で楽しんでみませんか。

阪急うめだ本店のワールドティーのサイトもオープンしています!
様々なティーイベントも開催されるのでぜひチェックしてくださいね。

〈 ワールド・ティー・フェスティバル2019 〉

期間:2019年5月16日(木)~5月20日(月) 5日間
時間:10:00~20:00 ※金土は21:00まで ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階
● 祝祭広場 「アジアのお茶」
● 催場 「世界のお茶」 ※リントンズはこちらに出店!

★ ワールド・ティー・フェスティバル2019のWEBサイトはこちら♪



20170912gold.jpg
イギリスにお茶文化として根付いている“ミルクティー”。
そのイギリスで100年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞のブレンド「Gold」は、
紅茶商リントンズ4代目オーナーのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常でもおもてなしでも愛する紅茶です。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR