FC2ブログ

さようなら!長年愛されてきたコノシュア

この度、イギリスで、リントンズで、
長年愛され続けてきたブレンド〈コノシュア〉が引退します。

理由は1つです。
リントンズの定番紅茶がすべてリーフロック製法になったことで、
高品質なケニア茶葉のみを使用していたゴールドとコノシュア
2つのブレンドに、品質、味わいに違いがなくなってきたからです。
数年前は、ゴールドとブレックファストがリーフロック製法でしたが、
いまはどのティーバッグ紅茶もリーフロックでお届けしています。
そのため、どのブレンドも前よりもさらにおいしくなっているのも事実。

赤いパッケージで長年愛されてきたブレンド〈コノシュア〉、
現在の在庫終了をもって、皆様とお別れとなります。


goodbyecon - コピー


コノシュアを長年愛してくれた、100歳のリントニアンのおばあさま!
このブログでも何回も登場している有名人?!です。
関西のABC朝日放送「おはよう朝日です」という朝の人気番組で
阪急百貨店「英国フェア」特集がTV放送された時に、
イギリス現地のリントンズ紅茶宅配が取材されて登場してくれました^^

おばあさまの“パートナーの紅茶”であるコノシュアを受け取り、
紅茶のお供に、ハンパーに入ったビスケット等を選んでいるところです。
この後、番組のリポーターに「リントンズ紅茶と他の紅茶との違いは
何ですか?」と聞かれて、おばあさまは誇らしげに
「その質問には答えられないわ!なぜなら70年間、リントンズ紅茶しか
飲んだことがないんだもの!」と答えていました。

おばあさまのように、コノシュアを選んでくれていたリントニアンは、
現在、ゴールドだったり、他の定番ブレンドに移行していますが、
リントンズ紅茶から他のメーカーの紅茶に変更する人はいません。
イギリスでは信頼できる紅茶商の紅茶を生涯をかけて決めるからです。

自分にはパートナーの紅茶がある。それがイギリス紅茶の魅力なんです。


デボラさん


赤いパッケージ、コノシュア=目利きというステキなネーミングの
ブレンドで愛され続けてきた定番紅茶〈コノシュア〉。

我が家はブレックファストとゴールドを基本ストックしていますが、
コノシュアも10年以上愛飲している紅茶です。

コノシュアは一年中、毎日、水出しアイスティーで楽しんでいました。
家族みんながコノシュアで作るアイスティーの味わいが大好きでした。
和洋食問わず食事の時や子ども達が小さな時から、学校にも遠足にも
毎日水筒の中にはコノシュアのアイスティーがお決まりでした。
コノシュアがなくなるとリントンズ社から告知がきた時に、子どもの
成長とともに人生を歩んできた分、とても寂しい気持ちになりました。
子ども達も「え~!!!なんかショック。」と嘆いていました^^
ただ「確かにゴールドと似てきた」と思う部分もあり、最近は自然と
ゴールドでもアイスティーを作るようになっていたのも事実です。

イギリスでも紅茶商のお気に入りのブレンド紅茶が消える(変わる)と
いうことは衝撃的なことで、その前にまとめ買いする人も続出するとか。
今回のコノシュアはゴールドと品質、味わいに違いがなくなってきたと
いうことで、イギリスでも惜しまれつつも受け入れられている部分も。

きっと私たちのように、コノシュアとたくさんの想い出がある
リントニアンのお客様もいらっしゃると思います。
いままで、たくさん愛していただき、感謝の想いでいっぱいです。


20190214さようならコノシュア


今回、さようならコノシュア記念のお試し企画で、
イギリス1番人気のブレックファスト50包100杯分を限定販売します!
ぜひこの機会に、イギリス1番人気の定番紅茶をお試しください。

【 数量限定!Breakfast ブレックファスト 50包100杯分 1,080円 】

コノシュアはストレート向き、ブレックファストはミルクティー向きと
いうイメージがあると思いますが、ブログでも何度も語っていますが、
鮮度の高い上質な茶葉は、どのように飲んでもおいしいのです。

マスターティーブレンダーのジェームズ氏はコノシュアのミルクティーが
好きですし、ブレックファストのストレートが好きというリントニアンも
沢山います。淹れ方や飲み方に正解はなく、お客様の好みの問題です。

リントンズ4代目サイモン氏も熟練ティーブレンダー達もいいますが、
紅茶は世界一気軽に楽しめるお茶だから世界中で愛されていると。
「イギリスの老舗紅茶商として、新鮮でおいしい茶葉に拘り続ければ
お客様は新鮮なお湯を注ぐだけでおいしい紅茶に出逢える。」とも。

コノシュア一筋だったリントニアンの方も、1番人気のブレックファスト
を飲んだことがない方も、リントンズ紅茶を飲んだことがない方も、
リーフロック製法で届く新鮮なリントンズの定番紅茶をお試しください!
紅茶商リントンズは紅茶に限らず、中国茶や緑茶、フレーバードティー、
リーフティーと沢山販売していますが、イギリスのリントニアンの
ほとんどがこの定番ティーバッグ紅茶を選んでいるといいます。

リントンズのティーバッグ紅茶は、茶木から摘んだ茶葉そのままの
味わいをお客様のティーカップで楽しめるようになったといいます。
それは生産された農園で飲まれるのと同じ味わいだと。

高品質なアルミパック保存の1袋にティーバッグ50包入っており、
1包でカップ2杯分の紅茶が淹れられるので、
たっぷり100杯分の紅茶が楽しめて、税込1,080円です。

イギリス紅茶がカップ1杯約10円というリーズナブルな価格で
本物の紅茶の味わいが楽しめます!!!


20170922book3.jpg


さようならコノシュア記念企画に、感謝の気持ちを込めまして、
明日2019年2月16日(土)10:00~
どの商品でもお買い上げの方1注文につき1個、
イギリスのティールーム等で愛されているビスケットをプレゼント!

イギリスのホテルでは、アメニティに紅茶とビスケットが
置いてあることが多いのですが、湖水地方やイングランド北部、
スコットランド等ではリントンズ紅茶とこのビスケットをよく見ます。
現地でリアルに愛されている紅茶とビスケットなんですよ!

紅茶商リントンズが紅茶に合うために伝統レシピで作っている
イギリス菓子のビスケットもぜひ味わってみてください!!

※1注文ごとに必ずカート(無料)に入れてください。
※先着順で在庫がなくなり次第終了となりますのでご了承ください。
※輸送時に生じた割れや欠けがあります。
※1注文につき1種類となります。
※どのイギリス菓子のビスケットが届くかはお楽しみです♪



20190204ホテル朝食
20170816Rbiscuit2.jpg
紅茶商では次から次に新しいブレンドが生まれることもありません。
1度生まれたブレンドは、何年も何十年も愛されていくものです。
そのくらい最高のブレンド紅茶をお届けすることは簡単ではないのです。

紅茶商やティーブレンダーの技術により作られたブレンド紅茶は、
英国の芸術品と呼べるほど素晴らしいものです。

今回、リントンズが「茶葉の品質と鮮度が紅茶の味を決めるもの」と
リーフロック製法で紅茶をお届けすることにこだわった結果、
ゴールドとコノシュアのブレンドに違いがなくなってきたことで、
コノシュアは引退することになりました。

いままで、本当にありがとうございました。

さようならコノシュア記念企画、2月16日(土)10:00~始まります!
今回の在庫をもって、皆様とお別れのブレンドとなります。
幻のブレンドとなる〈コノシュア〉、最後の機会に味わってみませんか。
コノシュアの味わいが皆様の記憶に残りますように。

さようならconnew2018
Thank you to all our Ringtonians for CONNOISSEUR!
★ コノシュア50包×2袋 ティーバッグ100包200杯分 税込2,100円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった貴重な英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
2019年から公式のインスタグラムを始めました!
リアルなイギリスのティータイム事情をお届けします。

★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR