FC2ブログ

イギリスの最新紅茶事情をお届けします!

世界中の厳選農園から新鮮な状態で届く茶葉を
イギリスの伝統のレシピと専属ティーブレンダーによって
丁寧に作られていくリントンズ紅茶。
高品質を守るために、100年間、イギリス国内のみの限定販売。
それが100年以上の時を超えて、世界で初めて
日本でも楽しめるようになったレアな英国紅茶です。

イギリスの中でも、日本と同じ軟水地域のイングランド北東部や
湖水地方、スコットランド等でしか出逢えない紅茶でもあります。
1907年の創業当時は馬車で「Your tea madam !」と紅茶をお届けし、
いまでもバンで各家庭に紅茶をお届けする販売方法を守っています。
そのため、ロンドン等どこでも買える英国紅茶ではなく、
スーパーで簡単に買えるものでもない、幻の英国紅茶です。
イギリスではとても有名な、伝統ある老舗紅茶商なのに、
日本ではほとんど知られていなかったのは、そんな理由もあります。

この日本で、イギリスで愛され続けているリントンズ紅茶が
気軽に楽しめることは、私たちにとっても夢のようなことです。
そのくらい、入手困難な英国紅茶だったということもあります。

いまイギリス人も日本人も老若男女問わず、愛飲している紅茶です。
小さなリントニアンもリントンズのミルクティーとビスケットが大好き!


20190221リントニアン女の子


もうすぐイギリス出張を控えているリントンズジャパン社長・岡田。
先日、リントンズ社からアジェンダと呼ばれる予定表も届きました。

今年もイギリスのリントンズ社は日本のリントニアン達に、
ありのままのリントンズの紅茶事情、イギリスの紅茶事情を伝えたいと、
忙しい中、あれこれ提案をしてくれるのが本当に有り難いです。

毎年、イギリス出張のたびに思うことは、イギリスの老舗紅茶商から
リアルな紅茶事情が届けられることは貴重な機会だと思っています。
紅茶商の人々も、日本からの近況報告を楽しみにしていて、
リントンズ紅茶をデイリーに楽しむ日本のリントニアンも多いこととか、
紅茶にホッと癒やされ、お茶の時間を純粋に楽しんでいること等を
伝えると、互いのお茶文化に共通点が多いことに喜びを感じています。

イギリス人の家に遊びに行くと、まず紅茶が出てきますが、
同じように、リントンズ社での会議もまず1杯の紅茶から始まります。
しかも、ゴールドのミルクティーと決まっています。
会議中の4代目サイモン氏や5代目ダニエル氏、ティーブレンダー、
スタッフ達の片手には皆リントンズのマグにミルクティーなんですよ。
それが当たり前で、やっぱりイギリスだなぁと感じる瞬間。

大切な会議の他にも、岡田社長は、久しぶりにリントンズ紅茶の
ティーマン(紅茶宅配)に同行させてもらいたいとお願いしたそう。
イギリスのリントニアン達がどんなティータイムを楽しんでいるか、
あなたにとってリントンズ紅茶とは?等を聞いてみたいとも。


20190222宅配


余談ですが、リントンズ伝統の紅茶宅配バンも素敵なんです。
車種はフォルクスワーゲンの〈CADDY〉。その車種名に
〈Tea〉の文字を付け加えて、〈Tea CADDY〉にしています!!!

〈Tea caddy=ティーキャディー〉とは、紅茶缶のことです。
リントンズといえば伝統的にデザインの変わる紅茶缶も魅力ですから。

最近はイギリスのカントリーサイドを訪れた日本のお客様が
「本物のリントンズの紅茶宅配バンを見かけた~!!!」という
目撃情報もちらほら。それが英国紅茶リントンズの日常なんです。
見かけた時はこの〈Tea CADDY〉もぜひチェックしてみてくださいね。


20190222バン


この〈Tea CADDY〉と書かれた紅茶の宅配バンにも同行予定ですが、
別の日にはリントンズ紅茶とゆかりのある場所を訪れてみたり、
地元で愛されているティールームにも行こう!という話になっています。
スケジュールにはアフタヌーンティーとも書かれていました。

もちろん!「リーフロック製法」を学べる紅茶のファクトリー見学や
熟練の専属ティーブレンダーと岡田でティーテイスティング等の
最新のティーセッション企画も考えているそうです。

仕事のあとのディナーも色んな意味で勉強になる素敵な時間だとか。


20180308teatasting5.jpg


そして、イギリス出張では、リントンズのレアなアンティークグッズの
買い付けやティーコジーの生地の買い付けも待っています。

写真はイギリスのリントニアンがアンティークショップで見つけたという
私たちもあまり出逢ったことがないリントンズグッズ。1960年の作品。
1960年代といえば紅茶宅配が馬車からバンに移り変わった時代です。
1962年の最後の馬モンティのラストランまで、馬車の配達は
行われていました。このグッズ達も馬車で届けられたグッズかも?

英国老舗紅茶商リントンズのグッズは100年以上の伝統があり、
イギリス人の中にもコレクターがいるほど人気のグッズです。
現存する英国老舗紅茶商の限定グッズはとても珍しいものだからです。
アンティークとしても、その価値は年々高まっているのも事実です。
さらに、当時馬車やバンで紅茶を宅配していた限定された地域の
アンティークマーケットやショップでしかなかなか出逢えないグッズ。
ロンドンへ行かれたお客様が「アンティークマーケットに行くたびに
リントンズグッズを探したけれど、1個も出逢えなかった」という話も。

このような貴重なリントンズグッズも一つ一つ丁寧に買い付けます。


20190219ヴィンテージグッズ


とても忙しいイギリス滞在の予定ですが、
これで一年間頑張れるくらい充実した幸せな時間でもあるそう。

しっかり学んで、またイギリスの最新紅茶事情をお届けします!
イギリスの滞在中は、今年から始めたインスタグラムを中心に、
リアルタイムな風景もお届けできたらと思っています。

イギリスに滞在中も、帰国後も、
皆様にとって貴重な話題がたくさんお届けできますように☆



20181019wicker-hamper-style-tea-caddy-.jpg
イギリスでも日本でも大人気!
リントニアンが愛して止まないビスケット〈ショートブレッド〉も
楽しめる限定紅茶缶ハンパーティーキャディー。

ヴィクトリア時代に普及したバスケット“ハンパー”をイメージした
大きなサイズのブリティッシュなバスケット型の缶に、
イギリスで1番人気の「Breakfast」ティーバッグ50個100杯分と、
伝統の英国菓子ショートブレッドがたっぷり200gも入っています。
缶1つで、本物の英国ティータイムをまるごと楽しめてしまいます。

この限定缶もゆくゆくは英国紅茶商のアンティークに♪

★ リントンズ限定紅茶缶「ハンパーティーキャディー」 2,970円


20181124p3.jpg
赤いリボンなど、お好きなリボンを蓋にかけてあげるだけで、
英国発祥のハンパーギフトにもなりますよ!
イギリス紅茶とビスケットを大切な方への贈り物にいかがですか♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
2019年から公式のインスタグラムを始めました!
リアルなイギリスのティータイム事情をお届けします。

★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR