Thank you for your custom & best wishes for 2016 !!

20151016blog4.jpg


2015年はリントンズジャパンにとって、ワクワクの多い年でした。

リントンズの貴重なアンティークやヴィンテージのグッズを
お客様にお届けしたい!という想いも実現し、
紅茶をお届けしていた本物のリントンズの馬車をいつか
日本のお客様に見ていただきたい!という夢も叶いました。

そして、1907年サミュエル・スミス氏によって創業された英国RINGTONS。
リントンズ4代目のサイモン・スミス氏と奥様のスー夫人も来日。
長い歴史で創業ファミリーが来日したのは初めてです!


20151023smithnew.jpg


想い以上に、素晴らしい経験が出来た一年でもありました。
それは沢山の方と過ごした時間があったからだと思います。
改めまして、皆様に沢山のありがとうをお伝えしたいです。

来年も変わらず、日本の日常に
英国の美味しい紅茶とグッズをお届けできるよう、
英国RINGTONSとリントンズジャパンと共に頑張ります!


20151105阪急集合


英国RINGTONSは、1907年創業の100年以上続く老舗の紅茶商です。
100年以上ずっと美味しい紅茶を皆様にお届けするために、
長年の伝統レシピをもとに、日々大切に作り続けています。

10月に初来日した英国RINGTONS4代目代表サイモン・スミス氏と
奥様のスー夫人からは、英国紅茶のあれこれをリアルに学ぶことも出来ました。

サイモン・スミス氏は、紅茶で大切なことは、
「Fresh tea is better tea」であると言っています。
これは、いままでもこれからもずっと言い続けたいと言っています。
「どんなに上質な茶葉を育てても、茶葉を摘採後、新鮮な状態で
保管・輸送・パッキング出来なければ、美味しい紅茶に出逢えない」と。


20151016blog3.jpg


リントンズは英国で、真面目な“老舗紅茶商”としても有名な企業です。
老舗紅茶商として、美味しい紅茶を作ることへの情熱と拘りは深く、
そのおかげで、私達は毎日、いつでも、気軽に、安心して
美味しい紅茶を楽しむことができるのです。

そこから私達が大切にすべきは【マイカラー(My Colour)】です。
自分が好きな紅茶の味は、自分が好きなカラーになります。
なので、何杯か淹れていると、好きな紅茶の水色が分かってきます。
リントンズみたいに1袋に200杯分の紅茶がたっぷり入っていたら、尚更。
ミルクティーの色(牛乳の量)も好きな茶色がそれぞれにあるはずです。
これが【マイカラー(My Colour)】です。自分が好きな紅茶です。


84cuptea84.jpg


紅茶の国・英国でも紅茶を淹れる時に大切にされているのは、
【マイカラー(My Colour)】なのです。
その家庭、その人の【マイカラー(My Colour)】で淹れた紅茶は、
淹れ方が正しい、正しくないというものではありません。

それよりも、自分にとって“お気に入りの一杯”があることで、
日常に豊かな時間が増えることを知っているのです。

英国のリントンズのお客様は親しみを込めて“リントニアン”と呼ばれています。
写真は、100歳のリントニアンのおばあさま!
関西のABC朝日放送「おはよう朝日です」という人気番組で
イギリスのリントンズが取材された時に登場してくれました^^

おばあさまのお気に入りの紅茶「コノシュア」を受け取り、
ハンパーに入った他の紅茶やビスケット等を選んでいるところです。
この後、番組のリポーターに
「リントンズ紅茶と他の紅茶との違いは何ですか?」と
聞かれて、おばあさまは「その質問には答えられないわ!
なぜなら、70年間リントンズ紅茶しか飲んだことがないんだもの!」
と答えていました。まさにロイヤルリントニアンです。

英国には代々リントンズ紅茶という家庭や
「一生涯、リントンズ紅茶しか飲まない」という家庭、
リントンズの中でも「エクストラフレッシュしか飲まない」等、
英国の家庭ごとに、“我が家の紅茶”がしっかりあるんです。


デボラさん


因みに、英国RINGTONS代表スミス夫妻が
“我が家の紅茶”にしているのは、「ケニアゴールド」です。

英国のご自宅でのティータイム・エピソードとして、
お手伝いさんが来てくれている日は、奥様のスー夫人が、
「みんな~集まって~!これからティータイムしましょう!」と
声をかけて、スーさん本人が大きなティーポットに
大好きなケニアゴールドを入れて、紅茶を淹れるそうです。
この時は、奥様、お手伝いさんと関係なく、
「最近、ご家族は元気?」「週末は何をするの?」と
色々な話ができて楽しいそうです。
「だから紅茶の時間って、素敵でしょう!」と言っていました。

スー夫人は、“紅茶は素敵なコミュニケーションツール”であると
私達にハッキリと気付かせてくれました。

これはリントンズジャパンの“2016年のテーマ”にしたいくらいです!!


20151105ミュージアム3


そんな私達の“我が家の紅茶”は「エクストラフレッシュ」です。
ケニアゴールドもアールグレイも常備していますし、
我が家は食事にも麦茶ではなく、リントンズ紅茶なので、
コノシュアを一年中毎日アイスティーにして常備しているのですが、
「“我が家の紅茶”はなに?」と聞かれたら、
迷うことなく「エクストラフレッシュ!」と答えると思います。
一日の始まり、毎朝のミルクティーは10年間もエクストラフレッシュなので!
我が家の定番があるということは、豊かな気持ちになれるのです。
毎日飲んでも、飽きずに美味しい紅茶です。


210エクストラ新鮮1


2015年の終わりと2016年の始まりに、
皆様の“お気に入りの一杯”で、ホッと出来る時間がありますように☆

それがリントンズ紅茶であれば、なお嬉しく思います^^
一年間ありがとうございました。2016年も宜しくお願い致します。
素敵なお正月をお迎え下さい!



【リントンズジャパンの年末年始営業について】

日頃よりリントンズジャパンをご利用いただきありがとうございます。
リントンズジャパンのOnline shop 配送業務/お問合せ対応等は、
1/1(元旦)~1/7(木)までお休みとさせていただきます。

オンラインショップは24時間365日ご注文いただけますが、
年内発送が可能な最終ご注文は12/30(水)までとなっておりますので、
年内最終発送分は終了となっておりますので、ご了承下さい。

年始休業中のご注文は1/8(金)より順次発送となります。
お休み中に頂いたお問い合わせに関しましても、
1/8(金)より順次ご対応させて頂きます。

リントンズでは、通常のご注文から配送まで
決済確認後2営業日以内で対応させていただいておりますが、
年始休業中のご注文・配送は運送会社の混雑が予想されますので、
発送・到着までに少々お時間を頂く場合がございますことを
予めご了承ください。



20151029newkennew100big.jpg
RINGTONS社代表のスミス夫妻が英国のご自宅で
普段にもおもてなしにも愛飲している「ケニアゴールド」
「ケニアゴールド」はフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この甘さを損なわないよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで飲んでほしいとスミス夫妻はいつも言っています。


コピー ~ new logo
英国で100年以上愛され続けている老舗の紅茶「リントンズ」。
リントンズは、いままでも、これからも、美味しい紅茶にこだわり続けている
英国を代表する「Tea Merchants(紅茶商)」の紅茶です。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR