イギリスのバレンタイン事情!

日本とは少し違う、イギリスのバレンタイン。
イギリスのクリスマス=日本のお正月、
イギリスのバレンタイン=日本のクリスマスイブ、という感覚です。
恋人または男女どちらから等関係なく、愛を確かめる日です。
チョコレートを贈る習慣は、19世紀後半のイギリスで始まったと
言われています。日本のように義理チョコは存在しません。

バレンタイン当日は、
恋人達がレストランで食事をしたり、
プレゼント交換したり、日本のクリスマスイブと一緒です。
カード文化・イギリス、もちろんバレンタインカードも必須です。

このバレンタインカードが面白いのです。
バレンタインカードにイギリス流愛の伝え方が詰まっています。


【100年前のアンティークのバレンタインカード】
鳥のはがき


カードには自分の名前を書きません。
「From Admirer(あなたを思う者より)」
「From Secret Admirer(ひそかにあなたを思う者より)」
とミステリアスな署名を書くのです。

受け取った人は、相手が誰なのか
大体見当がつく場合もありますし、全く分からない場合もあります。
そして見当がついていても、それが意中の人なのか
ドキドキワクワク、イギリス人は恋のスリルを楽しむ日です。
時には周りで、「あのカード、送ったんだろ~」
「いや、そっちが送ったんだろ~」なんてからかい合う姿が見られたり。

バレンタインカードはまさにラブレターのようなもの。
イギリスではクリスマスカードの次2番目に
送り合うことが多いカードとされていますが、
クリスマスカードのような定型文ではいけないとか。
恋文ですから、中身が自分の想いと合うかがとても大切になります。

恋人同士や夫婦の場合は、男性が当日レストランを予約し、
花束などのプレゼントと共に、バレンタインカードを贈ります。
イギリス紳士は詩を贈る人も多いそう。
その時も、カードの差出人は必ず「From Admirer」!

イギリスならでは!興味深いバレンタインの習慣です。



トラディショナル80
リントンズ社ロングセラーブレンドの“TRADITIONAL”!
英国の紅茶といえば、ブレンドのブラックティー
英国らしいブレンド感が味わえ、英国らしいミルクティーにも合うように、
リントンズ専属のプロのブレンダーにより絶妙に配合されています。
ティーバッグの気軽さとクオリティを兼ね備えた、
英国老舗のリントンズ紅茶をたっぷりとお楽しみください!


ringtonsLogo.gif
英国の日常で100年以上愛され続けている紅茶「リントンズ」。
長い歴史で、英国以外では世界初!日本に上陸しました♪
日本で買えるのは「リントンズジャパンのオンラインショップ」だけです。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


fbnew.jpg
Ringtons Japanのfacebookページを作成しました!
ブログには書いていない、ちょっとした“こぼれ話”も
ご紹介していきます♪皆様のご参加を心よりお待ちしております!




スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR