FC2ブログ

魔法のミルクジャグを見つけてしまいました。

20191113ジャグ1


もう10年以上、毎日リントンズ紅茶でミルクティーを作っていますが、
ミルクは目分量、マイカラーの水色で楽しんでいました。

9月に開催された日本橋三越本店「英国展2019」で
世界初!紅茶商リントンズのミルクティースタンドをすることに決まり、
リントンズ社4代目のサイモン氏とリントンズジャパン代表の岡田で
沢山のお客様に“最高の一杯の英国ミルクティー”を
安定して提供するため、あれこれと研究しました。
そのために、イギリスのリントンズ社のティーブレンダー室で
使われているティーポットをわざわざ取り寄せたくらいです。

1日に1000杯ものミルクティーを提供する日もあったので!


20190823teapot.jpg


紅茶と水の関係、お湯の量、抽出時間等をまとめていく中で
“ベストなミルクの量”を提供するためにも、あれこれ考えました。
色んなミルクポットやミルクジャグ等も購入し、試作を重ねました。

そこで、素晴らしいミルクジャグを見つけてしまいました!!!
このミルクジャグなみなみ1杯の牛乳量が、リントンズのマグ
1杯の紅茶量に驚くほどピッタリの牛乳量なのです。
リントンズのミルクティースタンドでずっと愛用していました。

使っている写真も探したのですが、小さいミルクジャグが見えない・・・
それよりも、50代まで現役のラグビー選手(ラガーマン)だった
190㎝以上あるサイモン氏のムキムキの体格が気になる方も多いはず(笑)


20191108ミルクジャグ


話しはそれてしまいましたが、サイモン氏も「このミルクジャグは
本当に素晴らしい!」とイギリスに何個か持ち帰っていたほど。
スタッフさん達に「記念に欲しい!」といわれあげたりもしたので、
手元に残った2個をいまローテーションで使い続けています。
毎日、自宅でミルクティーを淹れる時も使うようになりました。

まず、リントンズのティーバッグ1包をティーポットに入れて、
リントンズのマグカップ2杯分(400cc)のお湯の量を注ぎます。
ティーポットで4分蒸らし、その間にこのミルクジャグ1杯の
冷たい牛乳をリントンズのマグにミルクインファーストで入れた後、
ティーポットからマグに出来上がった紅茶をすべて注ぎ淹れます。

ずっとこの淹れ方で10年以上ミルクティーを作り続けていますが、
一つだけ変わったのは、この“ミルクジャグ”を使うようになったこと。
それだけなのに、完璧なミルクティーが常に味わえるように。

上品な茶葉の味わい、薄くないのに濃くもないベストバランス。
茶葉の香りや味がいつまでも続き、おいしくて無限に飲めてしまいます。

おいしい紅茶って、どうしてこんなにも、紅茶を一口飲んだ後
口の中に香りや甘み、コクの余韻が続くのだろう、と毎回感動します。
リントンズに限らず、上質な茶葉は味に余韻があり深みがあります。
飲んだ後にすぐに味わいが消えてしまうような紅茶もあるので。

紅茶は淹れ方が難しくない、誰でも気軽に楽しめる飲み物ですが、
誰でもできるコツさえおさえていれば、さらにおいしく楽しめるもの。
サイモン氏直伝のミルクティーの淹れ方はこちらを参考に!
驚くほど簡単なので、なおさら紅茶が好きになると思います。

★ サイモン・スミス氏直伝のミルクティーの淹れ方はこちら♪


20191113ジャグ3


なんと!このミルクジャグ、1個100円なんです!!
日本の街中にどこにでもある100円均一で見つけたものです。
本当は、お客様にプレゼントしたいくらい気に入っています。

お客様の中には「どのくらいミルクを入れたら良いのかわからない」
「ミルクティーの牛乳はカップ半分くらい入れてしまっていた」とか
おいしいミルクティーに出逢うために迷ってしまっている方も多いので。

これは100円以上の特別な価値がある、めちゃくちゃ使える、本気の
「リントンズのミルクティー作りに使える計量用ミルクジャグ」です。
割れた時用にもっと買っておこうか・・・というくらい信頼しています。

このミルクジャグは1杯38ccとか計りづらい中途半端な量なのですが、
不思議なくらいベストな量!魔法のミルクジャグです。
他にも高級なミルクポットや違うミルクジャグでも色々と試した結果、
この100円のミルクジャグがベストだね!と盛り上がりました。

リントンズ紅茶のミルクティーが好きな方は要チェックです!
このミルク量を基準に好みを見つけるのも楽しいと思います。
おいしいキッカケは色んな所に転がっているのが面白いですね。


20191113ジャグ2


余談ですが、最近100円均一で見つけたクリスマス雑貨もご紹介。
イギリスのクリスマス雑貨でよく見かける
「 SANTA STOP HERE 」のサインのディスプレイ。

このサインは、子どものいる英国家庭では必ずといっても良いほど、
庭先や玄関、暖炉前や子ども部屋のドアノブ等に飾られているもの。
普通に雑貨屋さんやカフェのディスプレイに使われていることも。
この時期のイギリスでは見かけることの多い英国雑貨です。
それが日本の100円均一に売っているなんて!しかもブリキ製!!

「サンタさん、ここで止まって!」という言葉もかわいいんです。
こんなのを見たら、サンタさんも立ち寄らずにはいられないですよね。


20191113サイン


20190822マグ&缶s新
遂にリントンズ公式オンラインショップに新商品が入荷!
2019年新作紅茶缶、ユニオンジャック柄のマグカップ&
紅茶のスペシャルセット、イギリス直輸入のジュートバッグ等
英国展でも大人気だった商品を全国の皆様にお届けします。

★ リントンズの公式オンラインショップはこちら♪


20191101ビスケット3
スペシャルなプレゼントキャンペーン開催中!
1注文の商品合計1万円(税込)以上お買い上げの方に
日本未発売!貴重なリントンズのチョコビスケットを先着プレゼント。
たっぷり入った、丸ごと1箱をプレゼントしちゃいます-!!!

★ プレゼント商品「激レア!チョコビスケット」のページはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



ロンドンの本屋で50ペンスで見つけたお土産。

今日はイギリス・ロンドンで出逢った小さなお土産を紹介します。

2019年夏のロンドン旅行では、ノッティングヒル近くのホテルに滞在。
ホテル近くのポートベローマーケット界隈をブラブラしていたら、
小さな本屋さんを発見。その入り口の前に何やらBOXが置かれていて、
狭い店内に貼りきれないであろう雑誌の広告ポスターが
1枚50ペンス(70円)でたくさん売られていました。
「ちゃっかり売っている・・・」と思いながらも、どこでも売られている
ものではないし、1枚1枚、英国雑誌のポスターを見ているだけでも
楽しかったので子ども達と「このデザイン面白いね!」と見ていました。

自分が本屋さんならお土産にまとめて購入して、それぞれに額装して
店内の壁にいっぱい飾ったら楽しいだろうなぁと想像したり。

旅の記念に「モノクル(MONOCLE)」の広告ポスターを1枚購入。
ライフスタイル情報誌「MONOCLE」は、英国ライフスタイル誌
「Wallpaper」を立ち上げたタイラー・ブリュレ氏が2007年に創刊。
世界の最新情報を洗練された文章と写真、デザインと共に発信する、
感度の高い人たちに向けた雑誌です。建築・デザイン・ファッション・
ビジネス・ライフスタイル・旅行など興味が多岐にわたる英国雑誌です。

MONOCLE編集部がおすすめするホテル・グルメスポット・ショップを
始め、各国・各地の文化やちょっとしたエピソードなどは
世界的にも注目されており、MONOCLEセレクトの信頼も高いです。

そのMONOCLEの2019年夏のレストランガイド本の広告ポスターです。
本屋さんでおしゃれなマダムがこの本を購入しているのも見かけました。
子ども達との旅で見つけた小さな本屋、その風景を想い出せます。

50ペンスで買った雑誌ポスターを額装。楽しい英国旅のお土産です。


20191030雑誌ポスター


最近は旅に出ても、昔ほどお土産を山ほど買うこともなくなり、
出逢いを楽しみながら厳選して買い物を楽しんでいます。

紅茶もいまでは自分のお気に入りの紅茶があるので、
イギリスに滞在中はティールームやカフェで色んな紅茶を飲みますが、
お土産に紅茶をあれこれ買うこともなくなりました。
毎日の紅茶は自分が心から大好きな紅茶を飲みたいので!
むしろ、ロンドンではリントンズ紅茶が買えないので、ホテルの部屋で
飲む用に日本からリントンズ紅茶を持って行ったくらいです。

★ 「旅行の荷物にリントンズ紅茶」のブログはこちら♪



20190822マグ&缶s新
遂にリントンズ公式オンラインショップに新商品が入荷!
2019年新作紅茶缶、ユニオンジャック柄のマグカップ&
紅茶のスペシャルセット、イギリス直輸入のジュートバッグ等
英国展でも大人気だった商品を全国の皆様にお届けします。

★ リントンズの公式オンラインショップはこちら♪


20191101ビスケット3
スペシャルなプレゼントキャンペーン開催中!
1注文の商品合計1万円(税込)以上お買い上げの方に
日本未発売!貴重なリントンズのチョコビスケットを先着プレゼント。
たっぷり入った、丸ごと1箱をプレゼントしちゃいます-!!!

★ プレゼント商品「激レア!チョコビスケット」のページはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




英国展でお客様からいわれた「謎」の答え。

「リントンズの紅茶は適当に淹れても、いつでもおいしいのに、
先日、驚くほど値段の高い茶葉を買って淹れたのだけど、なぜか
どのように淹れても、渋味や苦味が出ておいしく淹れられないの。」

英国展で、あるお客様が抱いていた“謎”です。
実は、「リントンズの紅茶は適当に淹れてもおいしい・・・」というのは
いままで数え切れないくらいお客様の声としてよく聞く言葉です。

今日は実体験とともに、この“謎”をはっきりと解明したいと思います。


20190702パッケージ


私はリントンズ紅茶に出逢うまでは、「自分が心から好きになれる
おいしい紅茶に出逢いたい!」と常々思っていました。
そのために紅茶の勉強をしたり、淹れ方も学んでみたり、時には、
高級な茶葉を買うことで、おいしい紅茶に出逢えると思っていました。
そんなにおいしいと思っていなくても「紅茶はこんなものなのかな・・・」
と高い値段を出して買った自分を無理矢理に納得させたり、
沢山の紅茶を買っては、飲みきらないこともあったり・・・。
その頃の自分を“紅茶難民”と呼んでいます。

しかし、イギリス人の家へ遊びに行った時に、リントンズの
ティーバッグ紅茶で適当に淹れた紅茶がびっくりするくらいおいしくて!
リーフ派だったので、ティーバッグということにも衝撃がありました。
その後手に入れたリントンズのティーバッグ紅茶を
自宅で適当に淹れても、いつでもおいしいのです。
苦手だった紅茶の渋味やエグ味がなく、茶葉の味が存分に楽しめて。

リントンズの紅茶は1袋にティーバッグがたっぷり100個入り。
マグ用ではなく、1個がティーポット用なので、たっぷり茶葉300gが
入っているのに、すぐ飲みきってしまうことは不思議な気持ちでした。
100gしか入っていない紅茶ですら飲みきれないこともあったので。
そして、リントンズをおもてなしで出すと、老若男女、誰に出しても
皆「おいしい!」といい、「紅茶を淹れるのが上手い!」
「どうやって淹れているのか教えて!」と必ず聞かれるように。

自分自身も「紅茶は淹れ方」というイメージが強すぎたために、
冒頭のお客様の声のような「適当に淹れてるのに・・・」という
不思議でいっぱい。「どうしてなんだろう・・・」と混乱していました。
だから、そのお客様の声はよくわかります。共感する気持ちです。

この“謎”は何も難しいことではなかったのです。
おいしい理由は、“茶葉の品質と鮮度”だったのです。


20191103茶葉


新鮮で高品質な茶葉は、どのように淹れてもおいしいのです。
そして、お客様の元に届くまでに酸化してしまった茶葉は
どのように淹れてもおいしく淹れるのは難しいのです。

口に残る渋味や苦味、エグ味は茶葉酸化が原因です。
それをごまかそうと、蒸らし時間を短くしたり、お湯の温度を変えても、
茶葉の味がきちんと抽出されておらず、最初の一口は飲みやすくても
マグ1杯飲み進めることが難しいほど、口に違和感が残ります。
その紅茶にミルクを入れても、味気ないミルクティーになるだけ。

イギリスではおいしくない紅茶に出逢った時に、淹れ方が原因だと
考える人はいません。その紅茶の品質が良くないと考えます。

大切なのは、“茶葉の品質と鮮度”だと知ったのです。
誰が淹れてもおいしい紅茶が本当に素晴らしい紅茶なんだと。
新鮮で高品質な茶葉は、ストレートでもとてもおいしいのですが
ミルクを入れると、茶葉の香り、コクが増し、味わい深くなります。
本来、紅茶の茶葉はミルクとの相性がとても良いものです。

ミルクティーにしたほうが、茶葉の品質がわかりやすいともいいます。
まず最初に水色でパッとわかるようになります。
上質な茶葉は、ミルクティーの水色が鮮やかで明るいブライトカラー。
酸化している茶葉は、ミルクティーの水色が暗くくすみます。
いまではミルクティーの水色で味がわかり、外れることはありません。
おいしいミルクティーは、上質な茶葉でしか出逢えません。

だから、紅茶の国・イギリスの人は紅茶を淹れる時
98%がミルクティーにして楽しむ文化があるのです。

“ミルクティーに合う紅茶”というのは、最高の褒め言葉なんです。


20190820ミルクティー


イギリスで110年以上続く老舗の紅茶商リントンズの
4代目サイモン・スミス氏が9月の東京の英国展で来日し、
その時に世界初!リントンズのミルクティースタンドが登場しました。
彼も「イギリスの紅茶はミルクティー」とはっきりと語ります。

サイモン氏も5代目ダニエル・スミス氏もいつもこう語ります。
「私たちが紅茶商として、おいしい茶葉にこだわり続ければ、
お客様はティーバッグに新鮮なお湯を注ぐだけで
必ずおいしい紅茶に出逢える。」

「その優れた茶葉の味わい(スムース)は、お茶の専門家でなくても、
誰でも、この品質の違いを味わうことができるのです。」

「おいしい紅茶に出逢うためには、高品質な茶葉を育て、
その茶葉を新鮮な状態で輸送し、新鮮なままお客様に届ける、
とてもシンプルなことだが、そのシンプルなことがとても難しい。」と。


20180308teatasting5.jpg


老舗の紅茶商リントンズが、お客様のために、
世界中の農園で茶葉を生産し、最高の茶葉を最高の状態で
お届けできるよう、日々努力し、真面目に紅茶を作り続けています。
何よりも紅茶への情熱の熱さと愛情の深さをいつも感じさせてくれます。

いまでは高級な値段=上質なもの、とは結びつかなくなりました。
紅茶に限らずですが、高級な価格のものにはそれなりの
きちんとした理由があり、上質なものが多いのも事実あります。
ですが、必ずしもイコールではありません。
だから、上質なものをお手軽な価格で実現しているものには
感動と信頼があります。ずっと好きでいられる安心感があります。
紅茶なら、それが定番紅茶として愛されているのだと感じます。

そのことがわかった時に、すべての“謎”がすっきりしたのを
覚えています。そして、ティータイムがグッと身近になりました。
いつでも、どんな時でも、毎日紅茶を楽しむようになりました。
ティーバッグ、リーフというこだわりも、淹れ方にルールもなくなり、
自分が好きな紅茶を好きなように淹れる喜びを知りました。

私たちがリントンズ紅茶に出逢って15年くらいになりますが、
毎日飽きないどころか、日々おいしさに感動できる紅茶です。

紅茶が日常になると、紅茶の歴史だったり、紅茶に合うお菓子だったり、
ティータイムのグッズや陶磁器など興味の範囲が広がることも。
リントンズのお客様の中には、イギリスに全く興味がなかったのに、
いまではイギリスが大好きになった!という方も沢山います。
これは勉強ではなく、もっと自然と沸き上がる興味のようです。
その興味が趣味になることで、日常がさらに豊かになることも。
紅茶の魅力は“おいしい”だけではないから素晴らしいと思います。

毎日、楽しい時も辛い時も、生きていたら色んなことがありますが、
どんな時でも自分が心から大好きなおいしい紅茶が側にあることで、
気持ちをHAPPYにすることができる紅茶は最高の飲み物です!

難しく考えず、「おいしい!」「ステキ!」「HAPPY!」と自分の
素直な感覚をいつでも、どんな時も大切にしたいと思っています。



20190821リントンズ広告
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「Gold」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%の希少な存在。

「Gold」は、リントンズ4代目のサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が定番紅茶として愛し続ける紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


20191101リントンズロゴ
オンラインショップは全国一律送料600円+税です!

イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




英国フェアで購入したものをまとめてご紹介!

英国フェアの会場で販売をしながらも楽しむことは忘れません!
一年に一回、会場に溢れるグルメや雑貨を思いっきり楽しみます。

今日は、英国フェアの会場で購入したお土産をご紹介します。

● ロンドンのタクシードライバーが作る「ラム酒&ジン」

創業者のモーゼス氏は現役のタクシードライバーというから驚き。
ロンドンで初めてのラム蒸留所だそう。

イギリスでは趣味や夢を実現させたクラフト系フードが大人気!
このお酒もそうですが、後で紹介するチョコレート等
職人に負けない本気度で作っており、そのストーリーも興味深いのです。

まずは家でラムコークで楽しみました。正直すごくおいしかったです。

来日していたモーゼス氏がボトルにサインをしてくれました。
ご本人に会えるのも、こんなことをして貰えるのも英国フェアならでは。
飲み終えたボトルは綺麗に洗って、フラワーベースにしても素敵♪


20191017get3.jpg


裏のラベルに書かれているロンドンタクシーもかわいい!
現地ではタクシーで観光しながらお酒を味わえるツアーもあるとか。


20191017get4.jpg


このロンドンのタクシードライバーが作るラム酒のショップ近くに、
ピンクのロンドンタクシーが展示されていたのに気づきましたか?


20191018taxi.jpg


● 「メルローズ&モーガン」のジャム瓶&ピクルス瓶

ロンドンのディーン&デルーカのような存在「メルローズ&モーガン」。
おしゃれなプリムローズ・ヒルにあるデリカテッセン。
現地でも販売されている人気のジャムやピクルスを購入しました。

ベリー系のジャム「GOOD AFTERNOON」は、英国フェアの会場で
食べたヴィクトリアケーキに使われていておいしかったので購入。
おうちでは、このジャム&クロテッドクリームと英国フェアで購入した
リッツのスコーンと共に、リントンズのミルクティーとクリームティー。


20191017get2.jpg


● チップトリーのラズベリージャム

これは数年前の英国フェアで、ケンジントンパレスのヴィクトリア
ケーキに使われていておいしかったので、それから毎年購入です。
色々なラズベリージャムを食べていますが、これは定番のおいしさ。
このジャムを食パンに塗るだけでも英国の味になるから不思議です。


20191017get6.jpg


● SHIPTON MILL(シプトンミル社)の英国産の小麦粉

いまから5年以上前の英国フェアに、イギリス・ロンドンの5つ星
ゴーリングホテルのスコーンがやって来た時に、そのスコーンに
使われていたのが、この英国産のオーガニック小麦粉でした。

今回はベノアのスコーン売り場で見つけたのですが、この小麦粉を
使って家でスコーンを作ると、とてもおいしく出来上がります。
1袋の約半分量の小麦粉で6cm型スコーンが15個も作れます。

やはりスコーンや英国菓子には英国産の小麦粉が一番合います。
日本の小麦粉にはない味わいがあります。


20191018小麦粉


● イギリス生まれのチョコレート達

イギリスを旅行した時も、英国展や英国フェアの時も、
必ず買うものが Made in England のチョコレートです。

簡単にいうと、イギリスのチョコは本当においしいです。
ワックスを食べているようなネチャネチャ感はないのです。

メイホークは、イギリスのグロスターシャー州にある
チョコレート工房でカカオ豆から1枚づつ手作りされています。
どうしても手作りなので、イギリスでも数か月後まで
オーダー待ちになるほどの人気のチョコレートメーカーです。

パッケージにもこだわっていて、自分でデザインもされていて、
コロコロ変わるから、輸入も大変だそうですが、それだけ拘りの逸品。

メイホークもそうですが、イギリスではローチョコレートが人気です。
「ロー」とは、「生」という意味での「raw」です。
通常、チョコレートを製造する際に、原料を加熱します。実は、
ほとんどの栄養素はそこで飛んでしまうそうです。 ですが、
ローチョコレートは45度程度の低温で作られるため、栄養素は
ほとんどそのままなのです。味もカカオ70%でも苦くない!
興味深いフレーバーも多いイギリス製のチョコは大好きです。


20171017get1.jpg


● グレート・テイスト・アワード3つ星受賞のビネガー

3つ星受賞の「ウォムスリー」のビネガーは、一番人気のフレーバー
ラズベリー&チリビネガーを購入。サラダやマリネに使います。

最近はコンランショップでも、このグレートテイストアワード商品は
取り扱われるほど、イギリス食の確かな指標として知られています。
ちなみに、リントンズの定番ティーバッグ紅茶のゴールドも、
グレートテイストアワード最高金賞3つ星をいただいている紅茶です。

私たちもイギリスで買い物をするとき、ハズレたことがないので、
このグレートテイストアワードは意識して買い物します。
とくに3つ星だと「ぜひ味わってみたい!」と思ってしまうほどです。


20191017get5.jpg

グレートテイストアワード


● 「ニールズヤードデイリー」の人気のチーズ達

イギリス製の紅茶と並ぶくらい、おいしいと信頼しているのは、
チョコレートとチーズ!というほど、イギリス製チーズも大好き!
いまやフランス製に負けないくらいのクオリティの高さを感じます。

ニールズヤードデイリーは、イギリス国内の農家製にこだわり、
買い付けたチーズを熟練の熟成士によって熟成させ、
販売まで行う、ロンドンでも有名なチーズの専門店です。

イギリスといえばのスティルトンチーズやチェダーチーズ、
ドーストンチーズを購入しました。

オーナーに聞いたのですが、イギリスコスメの「ニールズヤード」
とは全く無関係だそうです。本格的なチーズ専門店だとか。


20191017get7.jpg


今年の阪急の英国フェアはイギリスのショップバッグが大集合!

● 「メルローズ&モーガン」のショップバッグ

このバッグ欲しさに英国フェアへ訪れる方もいたほどの人気モノ。

12種類揃う文字の中から「HONEY」をチョイス!
阪急限定だという「GOOD AFTERNOON」の文字入りも気になり、
「GOOD AFTERNOON」のジャムも買ったし…と迷ったのですが、
文字数が多いと文字も小さくなってしまい、文字が大きい方が
デザイン的にもバランス良く感じたので「HONEY」にしました。

M&Mのスタッフが教えてくれたのですが、このようなバッグは
洗わず(汚れを落とすくらいで)クタクタになるまで使ってこそ!
なんだそうですよ。ジーンズのように味が出るまで使う感覚なんだとか。

そんなところも、イギリスらしいファッション感覚で面白いです。


20191017bag2.jpg

20191018bag4.jpg


● 「ニールズヤードデイリー」のショップバッグ

現地のニールズヤードのショップバッグも販売されていました。
イギリスから招聘されていたニールズヤードのイギリス人女性が
二人とも、このバッグをまさにクタクタになるまで使っていて、
シンプルなファッションに合わせていて、とてもおしゃれでした。


20191017bag3.jpg


● 「ハロッズ」のフードホール限定のショップバッグ

こちらのハロッズのフードホール限定のジュートバッグは、
実は夏にイギリス・ロンドンのハロッズ本店で購入したものです。

発売されたばかりのフードホールのジュートバッグが
阪急英国フェアのハロッズショップに並んでいてビックリ!

この現地からのリアル感が英国フェアの魅力だと思いました。


20191018bag1.jpg


● 「リントンズ」のショップバッグ

2019年新発売のリントンズの紅茶商オリジナルのジュートバッグも
イギリスで発売されたばかりのものです!
現地でリアルに愛されている商品をリントンズはお届けしています。

英国フェアのお客様の中には、このリントンズのジュートバッグに
購入した紅茶缶や紅茶、ビスケット等を詰めて家に持ち帰る時間が
すごく幸せだったと後日言いに来てくれた方もいらっしゃいました。


20190922ジュート1


おうちで楽しめる英国グルメや雑貨の他にも、会場でも色々
楽しみました。必ず味わうのは、紅茶に合う本場の英国菓子です。

ロンドンの人気ティールーム「ピーターシャム・ナーサリーズ」の
キャロットケーキ、オレンジアーモンド、コーヒーケーキは
それぞれ2回ずつは食べたと思います。
ロンドンのデリカテッセン「メルローズ&モーガン」のヴィクトリア
ケーキも楽しみ、チーズスコーンサンドはオーガニックのルッコラと
ピクルス、クリームチーズをサンドしてクセになるおいしさで、
中に入っているピクルスも売られていたので瓶で購入。
「ザ・リッツ」のスコーン、イギリスでは新しい感覚のドーナツ、
「ハロッズ」のミルクティーやレモンケーキのセットも楽しみました。

そして、ウォーカーの4代目が来日し、ご本人がその場で焼いていた
英国フェア限定の塩キャラメル味の焼きたてショートブレッドも!

食事系ではヨークシャープディングラップもラム肉バンズも食べました。
ハンバーガーも美味しく、フィッシュ&チップス(3回は食べました)等
販売の休憩時やランチ時に紅茶仲間と順番に楽しんでいました。

日本橋三越本店「英国展」に来日していたサイモン氏&スー夫人も
会場のフィッシュ&チップスやスコーン、チーズ、英国菓子等を楽しみ
どれもイギリス人も納得の美味しさで「日本はどうなっているんだ!」
と驚いていました。そのくらい英国内でもクオリティの高いモノを
集めているのが英国展や英国フェアだと思います。

余談ですが、サイモン氏もスー夫人もスコーンや英国菓子だけでなく、
フィッシュ&チップスにも当然のようにミルクティーを合わせます。
この組み合わせを知っていたら、かなりのイギリス通です。

これら英国展や英国フェアで毎年バイヤーが探し求めるものは、
英国を旅しても、住んでいても、出逢えないまま終わってしまうものも
あります。そういう意味でも英国展・英国フェアは貴重な催事です。

10月30日(水)から始まる東京の伊勢丹新宿本店「英国展」でも
英国グルメやショッピングを思いっきり楽しみたいですね!

● 伊勢丹新宿店「英国展2019」

期間:2019年10月30日(水)~11月4日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場

★ 伊勢丹新宿店「英国展2019」の公式サイトはこちら♪



20190821リントンズ広告
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「Gold」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%の希少な存在。

「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


20191017ロゴ
オンラインショップは全国一律送料600円+税です!

イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




阪急の英国フェア2019のおいしい見どころ!

2019年の阪急英国フェアのテーマは「ラブリー ! ロンドン」。
テーマは「ロンドン」でも、ただのロンドンではなく、
伝統の中に新しい感性も加えた“いまのロンドン”がテーマだそう。
イギリスは伝統とトレンドを融合させるのがとても上手な国です。
そんな英国らしい感性に思いっきり注目して楽しんでほしいです。

毎年英国フェアの販売に立っていると「今年は何を買う予定ですか?」
「おすすめを教えてください!」とよく聞かれます。
なので今日は個人的に楽しみにしているものを紹介したいと思います。
私たちも1年に1回のお祭りがやってくるような感覚で楽しみなんです。
うめだのほうのサイトは情報がまだすべて解禁となっていないため、
博多もうめだも両方で必ず楽しめるものにフォーカスしてみました。

2019年は過去最高に“英国菓子”が揃っていると思います。

イギリスを訪れると、ティールームやカフェでも、スーパーでも、
英国菓子は何世紀も愛され続けているようなものがいつも並びます。
ヴィクトリアスポンジケーキ、キャロットケーキ、レモンドリズル、
コーヒーウォールナッツケーキ、スコーン、ビスケットなどなど。

それが昔のレシピを活かしながら愛され続けているものもあれば、
時代に合わせ、クリームに工夫したり、グルテンフリーだったり、
原型は変わらなくても、少しずつ進化しているものもあります。
どちらにしても時代が変わっても同じように愛され続けていくのです。
それこそが、英国の魅力、英国菓子の魅力だと思っています。


20190922キャロット


2019年はそんな英国菓子の魅力がリアルに味わえるチャンス!

ロンドンの人気ティールーム「ピーターシャム・ナーサリーズ」が
まるごとやってきて、日本でその人気ティールームの
英国菓子が食べられちゃうのです。しかも3種類です!!!

1つめは、英国ティールームの定番ともいえるキャロットケーキ。
英国菓子研究家の砂古玉緒さんが1番おいしいと思う
キャロットケーキだそう。これは絶対食べるしかありません。

2つめは、英国菓子の定番コーヒーウォールナッツケーキの
進化版のコーヒーケーキだとか。バタークリームではなく
マスカルポーネチーズのクリームを贅沢に使ったコーヒーケーキ。

3つめは、イギリスのグルテンフリーケーキの定番?先駆け?
ともいえる現代英国菓子オレンジ&アーモンドケーキまで味わえます!

私は全種類食べます(笑)。夏にロンドンを訪れた時に行こうと
思っていたけれど時間とタイミングが合わず行けなかったお店なので。
またイギリスのお店に行くことを考えたら納得の価格だと思います。

本場の英国菓子にはおいしいミルクティーを合わせてくださいね!


20190914阪急4


こちらもロンドンの人気店「メルローズ&モーガン」が日本初上陸!
おしゃれのアンテナの高いロンドナーには有名なデリカテッセン。
行きたくても住宅街にあり、少々行きづらい場所にあるお店です。
それが日本に来てくれるのだから、感謝の気持ちでいっぱいです♪

イギリスの人で食べたことがない人はいない?!というくらい定番の
ヴィクトリアケーキ。英国ミルクティーとの相性は最高です。

M&Mのヴィクトリアケーキが食べられます!たっぷりのバタークリーム
とストロベリーやラズベリーのジャムを挟むのが一般的ですが、
このお店オリジナルのグッドアフタヌーンジャム(こちらもベリー系)
バージョンもあるそう。人気ショップのヴィクトリアも食べてみたい!

2019年は皆さんも英国菓子の奥深い魅力にハマる年かもしれません。


20190914阪急3


英国菓子からは少しそれますが、しょっぱい系も食べたい!という
方のために、今年はおいしそうなイギリスのストリートフード?軽食?
も沢山揃っているので、私たちも食べてみたいものをご紹介します。

先ほどご紹介した「メルローズ&モーガン」ではスコーンの進化版
チーズのスコーンに、クリームチーズとお店オリジナルの
きゅうりのピクルスを乗せたチーズベイクドスコーンサンドも登場。
お食事系のスコーン、どんな味わいなんだろう、と楽しみです♪

他にも、違うお店ですが、こちらもイギリスから招聘者がやってきて
イギリス日曜の伝統料理“サンデーロースト”が片手で食べられる
ラップサンドのお店やイギリス人が大好きなラム肉を香り高い
ハーブと共に挟んだバンズのお店なども登場するそうです。

ランチに軽食に、ロンドンのストリートフード感覚で、
英国フェアの会場で味わってみるのも本場気分で楽しそうですね!


20190922スコーン


そして、英国菓子の定番ともいえる、スコーン。
2019年はロンドンの五ツ星ホテル「ザ・リッツ」のスコーンが上陸!

私は毎年、英国フェアで購入したスコーンを、翌朝の朝食で食べます。
スコーンにこちらも英国フェアで購入したストロベリージャムと
クロテッドクリームをのせて、リントンズのミルクティーと一緒に
いただくのが至福の時間なんです。出張中であれば、ホテルの朝食を
パスして、英国フェアで揃えたセットを食べてしまうくらい(笑)。

正直言って、英国展や英国フェアで食べられるイギリスのスコーンは、
イギリスの現地で食べる(よりも?)おいしいスコーンと
おいしいミルクティーの組み合わせだと思っています。
先日の英国展に来日したサイモン氏&スー夫人も、ミルクティー
スタンドのミルクティーと会場で買ったスコーンを一緒に食べて
「パーフェクト!日本はどうなっているんだ!」と驚いていました^^

イギリスではその組み合わせのことを「クリームティー」とよびます。
英国ティールームでは朝から食べている人もよく見かけます。
クリームティーとは、英国ティールームの定番メニューであり、
スコーン&クロテッドクリーム&ストロベリージャム、
そして、紅茶のミルクティーのセットのことをいいます。

スコーンに合う紅茶は?という質問も多いのですが、聞かれたら、
迷うことなく“ミルクティー”と答えています。イギリスのスコーンの
レシピはミルクティーに合うように作られているといわれているほど。
我が家も必ずミルクティーと一緒にスコーンを楽しみます。
現地でもリアルに愛されているものは素直においしいと思うからです。


20190914阪急6 - コピー


英国菓子といえば代表格ともいえる、ビスケット。

英国老舗紅茶商のリントンズでも、紅茶商が紅茶に合うように
レシピを考案した英国菓子のビスケットが2つ販売されます!
どちらも単品で販売する英国フェアは2019年が初めてになります。
家族やお友達のティータイムにも、紅茶にそっと1枚添えるだけでも
英国気分が盛り上がる、おいしい&イギリスな英国菓子です。
三越英国展ではあっという間に完売してしまった人気者です。

1つめは、ジンジャービスケット(現地ではジンジャースナップ)。
そのまま食べてもカリッ、ジュワッ、としたおいしさ。英国でも日本でも
初めて食べる食感&味わいとよくいわれます。これを紅茶に合わせると
その味わいはまた特別なものに!紅茶商のレシピ、恐るべし!です。

2つめは、ショートブレッド。
紅茶商のおしゃれな紋章の型で、昔の配合レシピをそのまま守り、
丁寧に焼かれたショートブレッド。高級なバターをたっぷり32%の
贅沢な配合で、クリーミーな味わいが人気の英国菓子です。

一般的なビスケットと違うのは、イギリスで110年以上愛され続けている
紅茶商が紅茶のために作り続けているビスケットであるということ。
世界中を探しても「紅茶商のビスケット」なんてなかなか出逢えません。
現地そのままサイズの大きなビスケットをぜひ味わってみてください。
本物の英国製のビスケット菓子が1枚50円~なんて太っ腹価格です!

★ 紅茶商リントンズ伝統レシピのジンジャービスケット
  英国感満載の1袋の中にたっぷり18枚入り(300g) 900円+税

★ 紅茶商リントンズ伝統レシピのショートブレッド
  英国感満載の1袋の中にたっぷり12枚入り(200g) 900円+税


20180811ショートブレッド4


これら紅茶の国・イギリスで愛され続けている英国菓子は、
間違いなく、紅茶に№1に合うお菓子、であることを伝えたいです。
英国菓子は、お茶好きが多い日本人も納得の味わいです。
そのおいしさは、ただ“おいしい”と思うだけではなく、
紅茶と味わうことで、その“おいしい”に目覚めてしまう感覚です。

イギリスの紅茶愛好家は、英国菓子にストレートティーではなく、
しっかり淹れたミルクティーを一緒に合わせて楽しみます。
そして実は、お砂糖を入れない人も多いのがイギリス流。
そのほうが、ミルクティーの茶葉の甘みや香りが楽しめ、
お菓子の小麦本来の甘みも味わえるからです。
コーヒーではダメなんだ、というイギリス人もいます。


20181109砂糖1


英国ティータイムにおいて大好きな紅茶とお菓子はセットです。
イギリスの人がなぜ?紅茶を何世紀にも渡って愛しつづけるのか?
なぜ?長年に渡り、同じような英国菓子を愛しつづけるのか?
片方が愛され続ける限り、なくてはならない存在で在り続けるのです。

98%がミルクティーにして紅茶を楽しむ理由もここにあります。
ミルクティーと英国菓子は、切っても切り離せない、「ニコイチ」で
相乗効果があります。このペアリングのおいしさを知ると、
イギリスのティータイムに潜む、伝統的な奥深さにも目覚めます。

他にも、フラップジャックやチョコブラウニー、英国版ドーナツ等
2019年の阪急の英国フェアは、イギリスで愛されている
本場の英国菓子がたくさん味わえるので注目です!



20190914阪急
日本一の伝統ある英国展「阪急百貨店の英国フェア」が
なんと!大阪だけでなく福岡でも開催されるのはご存知ですか?

リントンズは東京で昨年の倍以上売れてしまうほど大人気だった
新作の紅茶缶を全国に先駆けて英国フェア先行販売!他にも、新商品、
定番紅茶、ビスケット等を揃えて、大阪も福岡もどちらも出店します。

● 博多阪急「英国フェア2019」
期間:2019年10月2日(水)~6日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

★ 博多阪急英国フェア2019のWEBチラシはこちら♪

● 阪急うめだ本店「英国フェア2019」
期間:2019年10月9日(水)~15日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場

★ 阪急うめだ本店英国フェア2019のサイトはこちら♪


420Ringtons1.jpg
東京でも10月30日から英国展があります!

● 伊勢丹新宿店「英国展2019」

期間:2019年10月30日(水)~11月4日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場


20190821リントンズ広告
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「Gold」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR