FC2ブログ

英国フェアでいままでにないコーナーを発見!

いよいよ明後日9日(水)から開催50回以上の歴史のある
本家・阪急うめだ本店「英国フェア2019」が大阪で開催されます!

楽しかった博多阪急「英国フェア2019」は昨日で開催終了しました。
今年は東京でも福岡でもお客様のほうから「私、リントニアンです~!」
と教えてくださる方も多くて、時には、紅茶談義に花が咲いて、
とても嬉しく、楽しい時間を過ごしました。心より御礼申し上げます。
昨年以上に紅茶もお買い上げいただき、土日には完売してしまった商品
も多くありましたが沢山のご来店、お買い上げありがとうございました。

そして、今年の阪急「英国フェア2019」では新しいコーナーを発見!
イギリスの「Great Taste Awards(グレート・テイスト・アワード)」
を受賞した商品を集めたショップが登場していました。
私はビネガー好きなので、3つ星ウォームスリーのビネガーを購入。

「Great Taste Awards(グレート・テイスト・アワード)」とは、
イギリスでは“食のオスカー”とよばれ、〈The Guild of Fine Food〉
という、上質な食品を提供する組合によって贈られる名誉ある賞。
私たちもイギリスへ行った時は、このグレート・テイスト・アワードは
食料品を購入する上で、1つの大きな目安となっています。

その特徴は、シンプルに味のみという審査会。
消費者にとっても一番大事なのは、おいしいかどうかですから、
そういった意味でも興味深い世界中から集まる国際大会なのです。

「Great Taste Awards」はイギリスで26年にもわたって開催。現在では
イギリスで高品質な食品の確かな指標として、広く認知されています。
毎年1万件以上のエントリーがあり、審査員として、特別に訓練を受けた
フードコーディネーターを含め、一流シェフや料理研究家、有名百貨店
の食のトップバイヤーも厳選して集められます。その審査員に選出される
ことも名誉であり、選ばれた500人以上の食品鑑定士で、1日ではなく、
なんと!65日以上の試食・試飲により、厳重審査のうえ選出されます。
プロの目で本気でおいしいものを選ぼうという趣旨が伝わってきます。

シンプルに品質、味に対する評価が重要視されている国際大会です。


20190729マーク


実は、リントンズジャパンで取り扱っている定番ティーバッグ紅茶は
すべて、イギリスで信頼の高いグレート・テイスト・アワード受賞!

1~3つ星までランクがあり、全エントリーのうち、この1~3つ星を
受賞できるのは、40%弱。中でも最高金賞の3つ星は全エントリーの
上位1~2%といわれているほど、なかなか出逢えない貴重な存在です。

なんと!〈ゴールド〉は紅茶で滅多にとることができないといわれている
最高金賞の3つ星を受賞しています!!これは本当に名誉なことです。
リントンズのような英国紅茶(ブラックティー)の3つ星は珍しいです。
4代目サイモン氏も「3つ星は滅多に貰えない」とはっきりといいます。

グレート・テイスト・アワード最高金賞3つ星の証も輝く〈ゴールド〉。
おしゃれなパッケージもキラキラとゴールドに輝いています☆


20180831ゴールド1

グレートテイストアワード


リントンズのティーバッグ紅茶は、トラディショナル、カッパス、
ブレックファスト、アールグレイもすべて金賞2つ星を受賞しています。
3つ星、2つ星をこんなに受賞している紅茶メーカーは珍しいです。

定番ティーバッグ紅茶がすべて受賞しているリントンズの紅茶。
なぜこんなにも金賞を受賞しているのかには理由があります。

紅茶商のリントンズがこだわっているのは、茶葉の品質と鮮度です。

リントンズのティーバッグの中に入っている茶葉は、小規模農園で
大切に育てた高品質な茶葉をすべて手摘みで摘採。摘採後、新鮮な
状態で48時間以内に空気に触れないように真空にしイギリスへ輸送。
そこから48時間以内にリントンズの熟練の専属ティーブレンダーに
よりブレンド、パッキングして、商品化している紅茶です。
製造工程に実質4日間しか費やされていない希少な紅茶です。
そのため茶木から摘んだ茶葉そのままの味わいをカップで楽しめます。

そして、リントンズが嬉しいのは、その新鮮茶葉が1包に3g入り!!
このティーバッグの中の茶葉量も重要なチェックポイントなんですよ。
一般的なティーバッグは1包に茶葉2~2.5gが多いのですが、
紅茶愛好家のイギリス人は贅沢に茶葉が1包に3gくらい入っていないと
満足しません!!おいしく紅茶を抽出するのに大きく関わるからです。

この茶葉がたっぷり3gティーバッグは、イギリスで愛される
ティーバッグでないとなかなか出逢えなかったりするのです。

リントンズは1袋に贅沢3gティーバッグが100包も入っているので、
高品質な茶葉が300gも楽しめます。これは本当に魅力的なことです。


84リントンズティーバッグ


最近はティーバッグのほうが人気が高いからと、ホールリーフのまま
紙パック等に詰めてしまう英国ティールームや商品もありますが、
紅茶商などプロの職人の間では「簡単にやってはいけないこと」だそう。
袋の中で茶葉がきちんとジャンピングする空間がなく、
茶葉本来の香りや味わいを抽出するのが難しくなるからです。
ティーバッグは簡単には作れない、職人の技術が必要なものです。

なぜ、リーフを袋にそのまま詰めてはいけないのか?

それは、ティーバッグの袋の形状と茶葉量は密接な関係にあり、
ティーバッグに合う茶葉の選定、形状もプロの技術が必要だからです。
上質なティーバッグは茶葉を上手に抽出できるよう計算されています。
だから誰が淹れても気軽においしく楽しめるから愛されています。

そして何より、現代はケニア茶葉のように、ホールリーフのままよりも
ティーバッグにしたほうが、紅茶の茶葉本来の自然な味わいや
深い水色が楽しめる茶葉が存在することもわかっています。
上質なティーバッグには技術だけでなく、そのような知識も必要です。

紅茶先進国でもあるイギリスでは、いま国民の98%が紅茶は
ティーバッグで淹れる時代です。イギリスで何世紀も変わらず
愛され続けている紅茶は時代に合わせて上手に進化しています。

リントンズ紅茶は、伝統を守りながらも、日々進化している紅茶です。
わたしたちがのんびりとティータイムを楽しんでいる間にも
紅茶商リントンズがおいしい紅茶のために世界中の農園で茶葉を生産し、
本物のティーブレンダーが毎日、数百種類の茶葉をテイスティングし、
職人の技術でブレンドし、最高のお茶に仕上げてくれているのです。


20190301ティーブレンダー


リントンズでは、英国フェア先行で新作の限定紅茶缶を販売します。
2019年の今年の紅茶缶は、その名も「ティーチェストキャディー」。
紅茶商で昔使われていた“茶箱(ティーチェスト)”がモチーフ。

人気の限定紅茶缶の中に入っている紅茶は
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞を受賞しているゴールドが
100包200杯分(茶葉300g)も丸ごと入っています!!!

「茶箱のミニチュアとかかわいすぎる!」「紅茶缶の大ファンです!」
「毎年英国フェアでリントンズ紅茶や缶を買うのが楽しみなんです!」と
紅茶や缶を手にして嬉しい~!と語る笑顔を見るとHAPPYになります。

世界でも、入手できるのは本場イギリスと日本だけ!!!

★ 2019年新作紅茶缶「ティーチェスト」の紹介ブログはこちら♪


20190929缶


リントンズ4代目CEOであり、熟練のティーブレンダーでもある
サイモン・スミス氏は「老舗の紅茶商(Tea Merchants)として、
おいしい茶葉にこだわり続ければ、お客様は新鮮なお湯を注ぐだけで
必ずおいしい紅茶に出逢える」と語ります。
これは、老舗の英国紅茶商であることの“誇り”あっての言葉です。

グレート・テイスト・アワードに関しても、お客様がおいしい紅茶を
いつでも楽しめるようにと、110年以上もの間、変わらずに
真面目に紅茶を作り続けた結果が沢山の賞に繋がったのだと思います。

ちなみに、リントンズは英国リントニアンの間では紅茶だけでなく
ビスケットもおいしいと有名なのですが、リントンズのビスケットも
グレート・テイスト・アワードで賞をいただいています。

ぜひイギリス人もおいしい!と絶賛する
紅茶とビスケットで英国ティータイムを楽しんでくださいね♪



20190917阪急新
● 阪急うめだ本店「英国フェア2019」

英国フェアの魅力は、会場に漂うスコーンの香りが「イギリスで香る
スコーン」と同じ香りでワクワクしますし、その香りをかいでいると
ミルクティーと一緒にティータイムしたくてウズウズします。
イギリスでリアルに愛されているモノ・コト・ヒトが会場に一堂に
これだけ集まるということは本当にすごいなぁと思います。
本物のイギリスを感じられながらも、イギリスを旅しても
体験できないものもあるのは特別感があります。
だから、毎年どころか毎日通ってしまう方が多いのにも納得です。

期間:2019年10月9日(水)~15日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場

★ 阪急うめだ本店英国フェア2019のサイトはこちら♪


420Ringtons1.jpg
東京でも10月30日から英国展があります!

● 伊勢丹新宿店「英国展2019」

期間:2019年10月30日(水)~11月4日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



ロンドンのテート・モダンでクリームティー

イギリスでは、どこでもクリームティーが楽しめます!
ティールームやカフェはもちろん、美術館のカフェでもです。
アフタヌーンティーよりも身近なもので、気軽に楽しんでいます。
イギリス人が死ぬまでに食べたい!ランキングに入るほど。

クリームティーとは、英国ティールームの定番メニューであり、
スコーン&クロテッドクリーム&ストロベリージャム、
そして、紅茶のミルクティーのセットのことをいいます。
※イギリス流に拘るならミルクティーを合わせるのがポイントです!

今回はテート・モダンのカフェで15:00から楽しめるクリームティー。
テート・モダンとは廃墟となっていたバンクサイド発電所が
再利用されて生まれ変わった近現代美術館です。
テート・モダンは展望台も人気です。

テムズ川の対岸にセントポール大聖堂を眺めながら、
クリームティーを楽しめる贅沢な空間。でも価格はリーズナブル!
観光客だけでなく、地元の人々も集う人気スポットです。


20190916ロンドン1


実は、このテート・モダンでお茶した後の散歩コースが楽しいのです。
テムズ川沿いにタワーブリッジを目指して歩くコースです。

テート・モダンを出て、すぐ目の前にあるのは、セントポール大聖堂の
横にかかる歩行者専用の“ミレニアム橋”。
有名な建築家ノーマン・ファスター郷と彫刻家アントニー・カーロが
デザインしたことで話題となったアートな橋です。

この風景を眺めながらの散歩コース。


20190916ロンドン2


しばらく歩くと、かつての海賊船ゴールデン・ハインデ号が現れたり、
ロンドン最古のゴシック建築のサザーク大聖堂や
世界的に有名な食材マーケット「バラ・マーケット」などもあります。
寄り道にロンドンのストリートフードも思いっきり楽しめます。

そして、遠くから見ると、こんな風景はなかなかない!と思える
ピラミッドを近代化したような美しいビル「ザ・シャード」が!下には
世界で最も古い鉄道駅の1つ「ロンドン・ブリッジ駅」が見えます。
歴史ある建物と近代ビルの融合が楽しめるのもロンドンならでは。


20190916ロンドン3


そして、テムズ川にかかるタワーブリッジに到着!
ロンドンのティータイム&風景を思いっきり楽しんでも、
半日もかからないおすすめのロンドン散歩コースです。

このあたりは夜景も本当に美しく、なかでも
ライトアップされたタワーブリッジの姿は絶景です。


20190916ロンドン4


この日は日曜日。午前中は週末ロンドンのマーケット巡りを♪

ロンドンのコロンビアロードで開催されるフラワーマーケットから
スタートして、ヴィンテージ揃うブリックレーンマーケット周辺を歩き、
そして、近くのオールドスピタルフィールズマーケットを楽しんだら、
ダブルデッカーでテムズ川を渡り、テート・モダンへ向かいました。

花は買うわけではないけれど、やっぱりイギリスといえばお花。
ロンドンの色んな顔のマーケットを巡るのが目的でしたから。
ラベンダーのドライフラワーが£5。美しい色、部屋に飾りたい!


20190920花2


ロンドンガール達にどんどん売れていたカラフルな花束。
たっぷりボリュームでなんと£2!!!


20190920花5


ひまわりの花束も見ているだけで元気が出てきます。


20190920花4


コロンビアフラワーマーケットでは、マーケットの周りのお店も素敵で
ヴィンテージショップやインテリアショップ、ティールームもあります。
ここでももちろんクリームティーが楽しめます♪


20190920花3


お花は買わず、コロンビアフラワーマーケットのバッグを購入。
ちょうどビッグサイズのエコバッグが欲しかったので!丈夫なので
にわとり型ティーコジーの買い付けた生地を入れるのに使っています。


20190920花1


阪急百貨店の英国フェア2019のテーマは「ロンドン」!
まずは英国フェアでロンドン気分を味わいに来てみませんか?



20190914阪急
日本一の伝統ある英国展「阪急百貨店の英国フェア」が
なんと!大阪だけでなく福岡でも開催されるのはご存知ですか?

リントンズは東京で昨年の倍以上売れてしまうほど大人気だった
新作の紅茶缶を全国に先駆けて英国フェア先行販売!他にも、新商品、
定番紅茶、ビスケット等を揃えて、大阪も福岡もどちらも出店します。

● 博多阪急「英国フェア2019」
期間:2019年10月2日(水)~6日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

★ 博多阪急英国フェア2019のWEBチラシはこちら♪

● 阪急うめだ本店「英国フェア2019」
期間:2019年10月9日(水)~15日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場

★ 阪急うめだ本店英国フェア2019のサイトはこちら♪


420Ringtons1.jpg
東京でも10月30日から英国展があります!

● 伊勢丹新宿店「英国展2019」

期間:2019年10月30日(水)~11月4日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場



20190821リントンズ広告
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「Gold」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




ロンドンのウォルズリーでアフタヌーンティー

日本橋三越「英国展」のリントンズのミルクティースタンドの準備や
サイモン氏&スー夫人の来日準備、日々の仕事のあれこれで、
夏のロンドン旅のことをブログで紹介する時間がありませんでしたが、
10月に開催される阪急百貨店「英国フェア2019」のテーマが
“ロンドン”なので、紅茶にまつわることを少しだけ紹介します!

イギリスのデザイナー、ポール・スミス氏もロンドンに訪れたら
必ず行くべき、と語っているアフタヌーンティースポットへ。
私たちが行きたいアフタヌーンティーは観光客向けではなく、
イギリス人がリアルに楽しんでいるアフタヌーンティースポットです。
続々とお客様がやってくる人気店なので、HPで事前予約がベスト!

「ザ・ウォルズリー(The Wolseley)」のアフタヌーンティー。
1921年、かつて英国最大の自動車メーカーであったウォルズリー・
モーターズのショールームとして、建築家ウィリアム・カーティス・
グリーンによりアール・デコ様式をベースにした建物です。
後にバークレイ銀行の支店を経て、アールデコ・スタイルの内装を
残したまま、2003年にヨーロピアンレストランとしてオープン。
トラディショナルなブリティッシュカフェという感じでもあります。

床の黒×白デザインがザ・ウォルズリーの象徴的デザインで、
オリジナルのジャムラベルやビスケット缶にも使われています。


20190916w3.jpg


イギリスの人にも人気のお店で、周りも皆アフタヌーンティーを
楽しんでいました。いままで色々な英国ティールームに行きましたが、
こんなに周りのお客様が老若男女、当然のようにアフタヌーンティーを
しているのも珍しい光景です。イギリス人は紅茶とサンドイッチ、
紅茶とスコーン、紅茶と英国菓子だけを食べていることも多いので・・・
ここは一人で新聞読みながらアフタヌーンティーをしている女性も!


20190916w1.jpg


イギリスのティールームやカフェの紅茶メニューを見るポイントは、
だいたい紅茶(ブラックティー)のメニューで最初に書かれているのは
基本的に“ミルクティー”に合うブレンドであることが多いです。

よくメニューの一番はじめにあるのは“イングリッシュブレックファスト”
または“ティールームブレンド(お店オリジナルブレンド)”。
これは基本的に“ミルクティー”に合うようにブレンドされています。
紅茶に迷ったら、これらの紅茶をチョイスして、
ミルクティーにしたら、間違いなく本場のザ・英国紅茶を楽しめます。


20190916w5.jpg


紅茶は磨き上げられた銀のティーポットでサーブしてくれます。


20190916w6.jpg


アフタヌーンティーのサンドイッチもスコーンも英国菓子も
基本的には英国ミルクティーに合うメニューを揃えています。
紅茶とフードのペアリングを楽しむのがアフタヌーンティーですから。

上段のスコーンはあたたかく、銀のフタで冷めないようにサーブ。
こだわっているお店はスコーンはちゃんとあたたかいのもポイント!
たっぷりのクロテッドクリームとストロベリージャムでいただきます。
ここだけを切り取れば、クリームティーのセットと同じです。

中段の英国菓子のバッテンバーグケーキはおしゃれなパープルに♪
最近のロンドンのホテル等では、アフタヌーンティーに
ファンシーなフランス風のお菓子が乗っていることもありますが、
地元のイギリス人が集うアフタヌーンティースポットでは、
アレンジされながらも、やっぱりザ・英国菓子が乗っています。
ウォルズリーはバッテンバーグケーキもおいしいと有名なのですが、
ポール・スミス氏はバニラチーズケーキがおすすめなんだとか。
イギリスではチーズケーキも英国菓子といえるほど愛されています。
どちらの英国菓子もアフタヌーンティーのプレートに乗っています。

下段のサンドイッチはイギリス定番のおいしさ!
イギリスはM&S(スーパー)のサンドイッチでもおいしいのですが♪
ここはなくなると「お替わりはいかがですか?」と聞いてくれます。
高級ホテルのアフタヌーンティーと変わらないサービス。


20190916w7.jpg


空間は特別な雰囲気もありましたが、日常にナチュラルに
溶け込んでいるアフタヌーンティーはとても心地よかったです。

イギリスの人々のおしゃべりの喧騒、窓の外に走るダブルデッカー、
訪れたら「ロンドンにいる~!」と感じられる素敵なスポットです。
お値段も£29.75なので、ロンドンホテルの半分以下の良心的な価格。


20190916w8.jpg


ザ・ウォルズリーはアフタヌーンティーだけでなくクリームティーも
あります。そして、朝食もとても有名なレストランなんです。
ウォルズリーの朝食のレシピ本も出版されているほど!

そして、“アーノルド・ベネット”というオムレツが最高におすすめです。
英国の小説家ベネットが執筆のためにサボイホテルに滞在していた際に、
西洋料理で著名な料理人であるエスコフィエが彼のために考案した料理。
フワフワの卵の中に潜むホクホクのタラがたまらない一品。

いまでは「イギリス料理はおいしい!」とハッキリといえる時代です。
紅茶もお菓子もおいしいのだから最高なのです。


20190916オムレツ


ザ・ウォルズリーの紅茶やビスケット、銀のティーポットは
在庫があればお店でも買えますが、紅茶やジャム、ビスケットは
百貨店セルフリッジズやハロッズのフードホールにも置いてありました。


20190916w4.jpg


お店を出ると左側に、ホテルのザ・リッツ・ロンドンがあります。
ザ・リッツのスコーンは、今年、阪急百貨店「英国フェア」に登場!

反対の右側に進むと、すぐフォートナム&メイソンがあります。
フォートナム&メイソンはいつ行っても観光客でいっぱいです。

そんなピカデリーに佇む素敵なアフタヌーンティースポットです。


20190916w2.jpg


実はイギリス・ロンドンは、リントンズの販売地域ではありません。
ロンドンは硬水、リントンズの宅配地域は軟水ということもあり、
イングランド北東部や湖水地方、スコットランド等でしか出逢えません。
高品質を守るために、販売地域を厳選しているため、
スーパーの棚には置いていないので、どこでもは手に入りません。
そのため、ロンドン中を探しても出逢えないため、
ロンドンに20年いた方も、何度もロンドンを旅した方でも、
知らない日本人がいるほど幻の英国紅茶です。
ただ、イギリスでは110年以上続く有名な老舗紅茶商の紅茶です。

毎年何回もイギリス中を旅している女性が面白いことを言っていました。
「スコットランドなど北のほうを旅すると、ホテルに置いてある紅茶も
リントンズ、ビスケットもリントンズなのに、ロンドンだと全然違って
トワイニングの紅茶とウォーカーのビスケットになるのよ~」と。
ロンドンの紅茶商トワイニング、ニューカッスルの紅茶商リントンズで
リントンズを知っていると出身地や旅したことがある地域がわかります。

先日の英国展で出逢った日本在住のイギリスの人がマンチェスター出身で
「リントンズはお母さんがよく飲んでいた紅茶で自分も初めて飲んだのが
この紅茶だった」と話していました。「懐かしい味を楽しみます」と購入
してくれました。なんか紅茶の国らしい素敵な話だなぁと思いました。
他にも、「イギリス中を旅した時になんてことないティースタンドで
飲んだ紅茶がすごくおいしくて、お店の人に聞いたら“リントンズ”だと
教えてくれて・・・」「英国展にリントンズが来ると聞いて、あの紅茶を
また飲みたい!絶対買いたい!と思って来ました」と
イギリスで撮ったというリントンズ紅茶の写真を見せてくれた女性も♪

今回の英国展でも沢山のお客様に「リントンズの紅茶は一度飲むと
忘れられない紅茶の味。また飲みたくなる!」といわれました。
だからお客様は「嬉しい~!」といって、幸せそうに購入されるので、
こちらまでニコニコ、HAPPYな気分になってしまいます。
おいしいはもちろん、リントンズの不思議な魅力だと思います。

ロンドンでも数え切れないくらい様々な紅茶を飲みましたが、
日本のお水で淹れる“リントンズ紅茶”が一番大好きです。
軟水は紅茶のもつ特徴をそのまま味わうことができ、茶葉本来の水色、
茶葉の香りや味の奥行きまでしっかりと抽出してくれます。
紅茶を飲んだ後の余韻は新鮮で上質な茶葉と水が揃った時に楽しめます。

ブログを書いていたら、英国フェアでスコーンや英国菓子を買って
リントンズのミルクティーでアフタヌーンティーをしたくなりました^^



20190914阪急
日本一の伝統ある英国展「阪急百貨店の英国フェア」が
なんと!大阪だけでなく福岡でも開催されるのはご存知ですか?

リントンズは東京で昨年の倍以上売れてしまうほど大人気だった
新作の紅茶缶を全国に先駆けて英国フェア先行販売!他にも、新商品、
定番紅茶、ビスケット等を揃えて、大阪も福岡もどちらも出店します。

● 博多阪急「英国フェア2019」
期間:2019年10月2日(水)~6日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

★ 博多阪急英国フェア2019のWEBチラシはこちら♪

● 阪急うめだ本店「英国フェア2019」
期間:2019年10月9日(水)~15日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場

★ 阪急うめだ本店英国フェア2019のサイトはこちら♪


420Ringtons1.jpg
東京でも10月30日から英国展があります!

● 伊勢丹新宿店「英国展2019」

期間:2019年10月30日(水)~11月4日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場



20190821リントンズ広告
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「Gold」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




イギリス本場のミルクティーとはどんなもの?

イギリスに多くの愛好家がいるRINGTONS(リントンズ)社の紅茶。
9月の三越英国展には、定番紅茶の他に、2019年限定の新作紅茶缶や
イギリスらしい新商品が盛り沢山に登場する予定ですが、
2019年はなんと!いつものリントンズショップの他にもう一つ、
世界初!日本橋三越本店「英国展2019」限定!
英国老舗紅茶商リントンズのミルクティースタンド
が登場します!!

メニューは1つだけ!【 紅茶商直伝のミルクティー 】です。
テイクアウトで気軽にイギリスで愛され続けている
本場のミルクティーをお届けします。ぜひ味わってみてください!

ミルクティーは流行りや廃りというものではなく、英国の永遠の定番。
紅茶の国イギリスでは紅茶を淹れる時、その98%がミルクティーにして
楽しむといわれています。その理由は純粋に「おいしいから」です。

英国紅茶の歴史とともに、100年以上もの間、紅茶文化を築いてきた
老舗の紅茶商リントンズの4代目サイモン・スミス氏も
「イギリスの紅茶はミルクティー」とはっきりと語ります。

ミルクティーとは、トレンドやブームだけでは簡単に語れない、
イギリスの紅茶文化を象徴する存在なのです。


20190801cup2.jpg


文化とは進化しつづけます。トレンドは次々に現れます。
イギリスにも日本茶やフレーバードティー等のトレンドもあり、
近年は中国茶の烏龍茶やジャスミンティーも流行っていますが、
サイモン氏はその移り変わりは驚くほど早いものだといいます。
ミルクティーは古いや新しいの土俵にすら乗らない深い存在。
イギリスにはミルクティーというお茶文化がしっかりと根付いています。

仕事中にも、休日にも、いつでもミルクティーを飲みます。
イギリスの人たちは紅茶とともに人生を歩んでいるのを感じます。
日本でも、イギリスのお茶文化のように、トレンドやブームではなく、
リントンズ紅茶は永遠の定番でありたい!と思っています。
イギリスで愛されている理由が“それ”だからです。

リントンズジャパンを創業当時、イギリスで愛され続けている紅茶を
リアルにお届けしようとした時、日本では、このイギリス=ミルクティー
を知らない方が多いことに本当にビックリしました。
イギリスの紅茶文化といえば「優雅、リーフ、アフタヌーンティー」の
ような偏ったイメージが強く「気軽、ティーバッグ、ミルクティー」と
いう、リアルに愛され続けているお茶文化は知られていないことが
ありました。英国紅茶の文化はこの30年で大きく進化したといわれ、
より高品質な茶葉、より鮮度の高い茶葉が求められるようになり、
さらに、イギリス国民の98%が紅茶はティーバッグで淹れる時代へ。

実は、このリアルな紅茶文化こそ、イギリス人が紅茶を愛するために
求めてきた、日常にお茶を根付かせるための秘訣だったりもします。

最近はイギリスで愛される「気軽、ティーバッグ、ミルクティー」という
素晴らしい紅茶文化が日本の多くの方に浸透してきているのも感じます。
お客様から「気軽、ティーバッグ、ミルクティー」の魅力に気づいた、
何よりもおいしいから、我が家の定番になった、とよくいわれます。
紅茶が日常になって毎日幸せ!という言葉はとても嬉しい言葉です。
古くから茶の湯の文化がある日本だからこそ、
長く愛されるには理由がある、そのお茶の魅力が伝わるのだと思います。

そんなイギリスの紅茶文化も感じながら、
本場イギリスで愛されているミルクティーを気軽に楽しんでほしいです。

イギリスの紅茶文化の歴史に興味がある方はぜひこちらのブログを!
★ 「イギリスの紅茶文化は進化しています」のブログはこちら♪



20190806uk2.jpg


英国展や英国フェアで招聘されたイギリス人がリントンズの紅茶を
気に入って、休憩時に飲みに来ることがよくあるのですが、その時に
紅茶の試飲をストレートで出していると、不思議そうに
「どうしてミルクを入れないんだ?」と聞かれることもあります。

イギリスのリントンズ社の会議前も必ず紅茶を淹れますが、
サイモン氏もティーブレンダーも何も聞かずにミルクティーで出します。
イギリス人にとって、ミルクティーは“完璧な紅茶”です。
紅茶愛好家は、新鮮で上質な紅茶の茶葉にはミルクを入れることで、
茶葉の香りや甘みが増し、さらに完璧な紅茶になりおいしいと語ります。
国民の98%が紅茶をミルクティーで飲む理由はここにあります。

サイモン氏もいいますが、国民はミルクティーを惰性で飲んでいるわけ
ではなく、最高においしい紅茶の飲み方だから飲んでいると。

このおいしいミルクティーは、上質な茶葉であることが求められます。
だから、紅茶愛好家は、新鮮で上質な紅茶の茶葉を求めるのです。

高品質な紅茶の茶葉本来の鮮やかな水色、香り、甘み、コクを味わう
ために、それを引き立たせてくれるミルクを入れて楽しんでいます。
逆にいうと、ミルクティーでおいしい紅茶は上質な茶葉の証です。

英国紅茶商ではミルクティーでのテイスティングも必須です。


20190307ティーセッション


タピオカミルクティーでもない、ロイヤルミルクティ-でもない、
これぞ、イギリス本場で愛されているミルクティーを
サイモン氏により日本橋三越本店「英国展2019」で再現します。

日本でも世界でも珍しい!
「ミルクティースタンド」という形で登場します。

高品質で鮮度の高い茶葉を使ったリントンズのミルクティーは、
茶葉酸化による渋味やエグ味がないので、
驚くほどスルスルと飲みやすい味わいを感じられます。
イギリス人はそのスペシャルな味わいを「スムース!」と表現します。
上質なミルクティーで茶葉の水色、香り、味わいを感じてください。
それは、イギリス人が思う“おいしいミルクティー”の特徴です。

この1杯をきっかけに、イギリスで愛されているミルクティーを知り、
家庭やおもてなしでも、本場の英国ミルクティーを楽しんでほしいです。



20190801cup1
世界初!英国紅茶商リントンズのミルクティースタンドが登場!!
サイモン・スミス氏&奥様スー夫人も来日!!


◎ 日本橋三越本店「英国展2019」
期間:[Part1]9月4日(水)~9日(月)  ※リントンズはPart1に出店!
    [Part2]9月11日(水)~16日(月・祝)
時間:10:00~19:00
場所:日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場



20190726gold2.jpg
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「ゴールド」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「ゴールド」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「ゴールド」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「ゴールド」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪
夏のイギリス・ロンドン旅の様子はインスタグラムでUPしています!


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




イギリスのアフタヌーンティーで出逢える紅茶

リントンズは、イギリスの家庭で定番紅茶として愛されていますが
実は家庭に限らず、古城ホテルや老舗ホテル、高級ホテル、B&B、
街のティールームでも使われ続けている本場の英国紅茶です。
その数は数え切れないほど。

そして、ホテルやティールームで使われている紅茶のほとんどが
いま日本でも販売されている定番ティーバッグ紅茶と同じものです。

最近はイギリスへ行かれたリントニアンのお客様から、「バーレイの
ティールームでリントンズ紅茶でアフタヌーンティーしました!」等
リントンズ紅茶のリアル情報が入ってくることが増えて楽しいです♪

写真はそのストーク・オン・トレントにあるバーレイ併設ティールーム
「Totally Delicious - Middleport Pottery」で楽しめるリントンズ紅茶!


20190606リントンズ紅茶


他にも「湖水地方のホテルの部屋にリントンズ&ビスケットが
ありました!」といわれたことも何度かあります。

イギリスではお部屋のアメニティに紅茶やビスケットが置いてある
ことが多いのですが、リントンズの紅茶とビスケットがあるのを見て
「興奮するくらい、とても嬉しかったんです~!!」という報告も!

湖水地方のバセンスウェイト湖を見下ろす歴史あるホテル
「Armathwaite Hall Hotel & Spa」では、
リントンズ紅茶でアフタヌーンティーを楽しめます!


20190125湖水地方


こちらは、リントンズ社のあるニューカッスルの人気ティールームで、
実際、リントンズ紅茶が楽しめるアフタヌーンティーです。
そして、メニューには詳しく「Ringtons Tea」を謳うこだわり様。

イギリスの紅茶愛好家の間では、ある説があるそうです。
〈アフタヌーンティーで、紅茶がおいしいお店はフードもおいしい〉
紅茶にこだわるお店はフードにもこだわるということのようです。

これは実体験からしてもそれほど的外れでもないような気がします。


20171109英国ティールーム2


私たちはニューカッスルを訪れると
いつも必ず行く大好きなティールームがあるんです。
そして毎回アフタヌーンティーも楽しみます。

ここの紅茶もリントンズ。ティーポットに〈GOLD〉が入っています。
「GOLDの紅茶なら日本の家でも毎日飲めるんじゃないの?」と
思われそうですが、リントンズの〈GOLD〉と、このお気に入りの
ティールームのアフタヌーンティーのフードとスコーン等を
一緒に楽しみたいから、そのために訪れるティールームです♪
大好きなミルクティーと一緒に味わえることが最高の喜びなんです♪
この最強ペアリングが味わいたくて・・・ブログを書いている今も
イギリスへ旅立ちたくなるくらいです(笑)

定番のサンドイッチのパンも具も一捻りされていておいしいですし、
毎回焼き立て?というくらい温かいスコーンも大きくてしっとり。
ジャムもクロテッドクリームももちろんお替わりし放題!
アフタヌーンティーによっては、紅茶のお替わりをお願いすると、
足し湯や差し湯のみのティールームもありますが、ここは、
また新しく淹れたてのおいしいリントンズ紅茶を持ってきてくれます。
ほんのちょっとが丁寧!おいしい!って大切だと思っています。

見てください!上質ミルクティーの証“ブライトカラー”も楽しめます。
これで一人£12、二人でも£20ほど!!素敵です。


20180721tea3.jpg


代表の岡田がこの話をリントンズ4代目サイモン氏としていたら、
そのティールームはニューカッスルでもとても有名な人気シェフ
「Terry Laybourne」が経営しているお店なんだと知りました!

レストランからカフェ、ティールームまで幅広く経営しており、
代表がはじめてサイモン氏に連れて行ってもらったレストランも
彼が経営するお店だったそう。とてもおいしかったのを覚えていると。

どの店舗もファンの多い人気店で、料理も本当においしいんです。
嬉しいことに選ばれている紅茶や珈琲が「リントンズ」なんです。


20190610シェフ


余談ですが、イギリスのアフタヌーンティーも多様化しています。

3月に代表が渡英した際には、リントンズ社のスタッフに連れられて
トラディショナルなアフタヌーンティーだけでなく、
ジェントルマン・アフタヌーンティーも楽しんでいました。
簡単に言うと、男性向けのアフタヌーンティーです。
イギリスでは定番になりつつあります。

男心をくすぐるハンバーガーにポテト、ポークパイ、ピカリリ等に
スイーツはレモンメレンゲパイ、チョコムース等おいしかったそう!
観光客向けではなく、地元の方で賑わっていたとか。

おいしい紅茶はもちろん!ティーバッグ紅茶だったそうです。


20190309ジェントルマン2


こちらはなんと!シネマ鑑賞付きアフタヌーンティー!!
映画や舞台を鑑賞しながらアフタヌーンティーができるのです。
こんな珍しいスポットでもリントンズ紅茶が楽しめるんですよ。


20190606シネマ2


そして、このようにイギリス人が集うティールームやスポットでは、
ティーポットの中にティーバッグが入っていることがほとんど。

紅茶の国・イギリスでは、現在は紅茶を淹れるとき、
98%がティーバッグで淹れるのです。この数字、驚きますよね?
これは紅茶の歴史を見てきた英国紅茶商リントンズ
4代目CEOサイモン・スミス氏から直接聞いた数字です。
2000年には90%を超えて、そこから約20年、どんどん増えているそう。

この数値、家庭に限らず、ティールームやカフェを含めても、です。
イギリスは〈紅茶=ティーバッグ〉といっても良いと思います。

昔、英国旅行でホテルやティールームでアフタヌーンティーをした時に、
「ティーポットの中の紅茶がティーバッグだったことにガッカリする」
という日本の方も多かったと聞きました。そこに固執してしまうと、
せっかくのイギリス旅行の紅茶の世界が広がず、もったいないです。
この30年で、英国紅茶の歴史は大きく進化していますから。
それでも観光客向けのホテルでは、「観光客(外国人)はリーフが好き」
というイメージから、あえてリーフで対応することも多いそうです。

本場のイギリスでは、おいしい紅茶(茶葉)は絶対条件ですが、
それがリーフかティーバッグか?にこだわる概念はありません。
これは紅茶愛好家にも紅茶商の熟練ティーブレンダーにもありません。
逆に、紅茶にとてもこだわっているお店では、観光客が多かろうと
お店こだわりのティーバッグ紅茶を出すこともあるくらいです。
98%ティーバッグで紅茶を淹れる、真の英国のおもてなしですから。

たとえティーバッグだったしても、それがホテルやティールームの
こだわりの紅茶であり、おいしい!ということが多いと思います。
実は、リアルな英国紅茶のおもてなしに出逢えたということです。

紅茶の国・イギリスでは、いま、気軽に簡単においしい紅茶が
淹れられるような“上質なティーバッグ”であることを求められます。
高品質なティーバッグ紅茶は、素人には作れない職人技です。
だから、紅茶商のレシピと英国熟練のブレンダーの技術で作られる
“英国ブレンド”や“MADE IN ENGLAND”の紅茶を選ぶのです。
紅茶にこだわる紅茶愛好家ほど、ここには驚くほどこだわります。
そうすれば、神経質にならず、必ずおいしい紅茶に出逢えるからです。
いまや紅茶を淹れるのは難しいという概念すら過去のものなのです。

大切なのは、ティーバッグでもリーフでも茶葉の品質と鮮度です。

写真は、イギリスのティールームのアフタヌーンティーで出てきた
リントンズ紅茶の〈GOLD〉です。ティーバッグが1包入っています。
リントニアンの方ならよく見る光景だと思います^^
イギリスで飲んでも、日本で飲む〈GOLD〉の味と一緒です!


20170303hon6.jpg


本場・英国ティールームの紅茶が、アフタヌーンティーの紅茶が、
この日本でも気軽においしく楽しめるなんて、ワクワクしませんか♪

高品質を守るために100年以上イギリスでしか販売してこなかった
リントンズ。いまでも、イギリス国内でもスーパーや量販店で
簡単に購入できる紅茶ではなく、確実にリントニアンのもとに、
厳選してお届けしている貴重な英国紅茶です。
それが、この日本のお水(軟水)にとても合う希少な紅茶です。

老舗紅茶商リントンズ4代目CEOであり、熟練ティーブレンダーである
サイモン・スミス氏は2015年に来日した時にこのように語っています。
「日本の水は素晴らしい!」「おいしいリントンズ紅茶が淹れられる」
「ホテルの部屋で飲んだ〈GOLD〉の味が忘れられない!」
「日本はもしかしら世界一おいしい紅茶が飲める国かもしれない!」と。
それを聞いた時に、日本に住んでいるのなら、紅茶好きにならないと
もったいない?!と思ってしまったほど素晴らしい環境にいるようです。

ぜひイギリスのアフタヌーンティーでリアルに愛されている
リントンズのティーバッグ紅茶をご家庭で楽しんでみませんか?


20180109cafe2.jpg



20170912gold.jpg
英国グレート・テイスト・アワード最高金賞3つ星受賞の「GOLD」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、
最高金賞の3つ星を受賞できるのは、全応募の中から
たった1%の希少価値の高い紅茶です。

「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、水色を楽しんでください。

★ 「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR