FC2ブログ

明日10時からリントンズのマーケット開催!

2019530アンティーク


ご紹介してきた商品は明日6月1日(土)10:00~開催される
オンラインショップ限定「英国アンティークマーケット」に登場!


2019年は、イギリスと協力してアンティーク事業を立ち上げたことで、
バリエーション豊かにリントンズグッズが集まったので、
ギリギリまで販売予定のアンティークグッズもご紹介していきます。

今日ご紹介するジャグセットは、昔のリントンズの紅茶パッケージや
広告宣伝に使われていた紙もの等、様々なリントンズのアンティーク
&ヴィンテージデザインがちりばめられた陶磁器製ジャグ。

こちらは、リントンズがWade Ceramicsに特注依頼したものです。
1810年創業のストーク・オン・トレントにあった、
英国老舗の窯元「Wade Ceramics(ウェイド窯)」は、
1900年代後半、リントンズと多くのコラボ製作をしていました。
残念なことにWADE窯は2010年に閉鎖し、現在は存在しないのですが、
人気があった窯元で、2000年代の新しいものでも、
すでにヴィンテージの品として、それなりに価値が認められています。

このジャグ、見たことがある方もいらっしゃるかも?
英国フェアで4代目オーナーのサイモン・スミス氏と奥様のスー夫人が
来日し、ティーレッスンを開催した時に使っていたジャグとお揃いです。
アンティークマーケットでは、バラバラで1個ずつ見つかることが多く、
セットで見つかることは珍しいので、大小の2個セットで販売します。


20190525jug.jpg


実は、リントンズグッズといえば、フィギュアカーも有名です。

リントンズは、イングランド北東部や湖水地方、スコットランド等の
軟水の地域限定で各イギリス家庭に紅茶をお届けしている紅茶商です。
創業当時は馬車で、最後の馬モンティが引退してからもバンで、
いまでもイギリスの日常に紅茶をお届けしています。
その歴史はもう100年以上になります。


20190530馬車 - コピー


それら宅配するにあたって大切な存在、馬車やバン等の
フィギュアカーは時代ごとに種類豊富に発売されてきました。
今回は過去最高の種類を販売できそうでワクワクしています。


20190525van8.jpg


多くは英国老舗ミニカーメーカー「LLEDO社(レド社)」により
特別に製作された、コレクターにも人気のフィギュアカーです。
パーツによって素材に鉄を使っているので、重厚な作りがたまりません。
たまにイベント等で飾っていると、お客様から欲しい!と大人気で、
リントンズオフィスまでお問合せいただくこともあるほどです。


20190525van3.jpg


ただ現在、製作・販売されている商品ではありませんので、
手に入れるには英国のアンティークマーケットで
コツコツ探すしか方法はありません。


20190525van6.jpg


リントンズフィギュアカーの魅力は、これら馬車やバンが
英国の昔、紅茶をお届けするために、実際に街を走っていた
というストーリーがきちんと存在していることです。


20190525van5.jpg


毎回オンライン限定のマーケットでも販売していますが、
今回も頑張って集めました!なかには三輪自動車も!!
イギリスで出逢った貴重なリントンズのフィギュアカー達です。


20190525van7.jpg


このようなフィギュアカーは、すべて「MADE IN ENGLAND」で、
男の人のほうがさらにワクワクするのではないでしょうか。

スチールの重厚感と精巧な作りで鑑賞するだけでも楽しめます。
ジャパン代表の岡田も歴代のバンを全部揃えたい!といいます。


20190525van4.jpg


今回は珍しく、こんなBOX入りで入手できたレアものも!
ヴィンテージならではの傷んだBOXも味わい深いと思います。
この雰囲気のまま楽しんでほしいので、BOXセットで販売します。


20190525van1.jpg


リントンズ伝統の紋章が目立つ宅配バン型のマネーBOXも登場!
代表も持っており、オフィスのデスクの上にいつも置いています。
置いておくだけでも、インテリアになる陶磁器製の宅配バン。

車のナンバープレートが【TEA 4U】となっているんですよ。
【TEA FOR YOU】、ナンバーとメッセージをかけている言葉遊び。
こんなところにもイギリスらしさを感じられると思います。


20190525van2.jpg


こんなかわいいリントンズ馬車のティーバッグトレイも登場です。
使用済みのティーバッグやティースプーンを置くことが出来る
こちらのトレイは、ティータイムにあると意外と便利なグッズです。

よく見るのはティーポット型などですが、馬車型というのは
イギリス紅茶商リントンズならではのティーバッグトレイです。

実は小皿として使ったり、インテリアとして飾っても素敵です。

描かれているのは、1962年に引退した、最後の馬モンティです。
モンティは、リントンズのロゴにもなっています。


20190525tray.jpg


まだまだご紹介しきれないリントンズのグッズもあるので当日まで
お楽しみに!イギリスのアンティークマーケットに訪れた気分で
宝探しをおもいっきり楽しんでほしいです♪


★ 貴重なチンツ柄のティーポットを販売します!
20190522chinz1.jpg


★ イギリスのハウス型ティーポット勢揃い!
20190414rg4.jpg


★ 人気のウィロー柄がこんなに集まりました!
20190523wi3.jpg


★ リントンズは王室グッズも魅力的!
20190523pot1.jpg


★ 記念のアニバーサリーグッズも登場!
20190524100周年


さらに!リントニアン垂涎の過去の完売商品までも続々登場。

Everydayティーポットと同じクラシックデザインのミルクチャーン。
古くから農場で使われていたような
アンティークスタイルのホーローミルク缶をイメージした、
陶器製「ミルク缶(Milk Churn)」です。

陶器製というのが上品な雰囲気。木製ハンドルもキュートです。
お花をサッと活けるだけでも、
ブリティッシュ・スタイルのディスプレイになります。


20190316クラシック1


花瓶や鉢としてだけでなく、
キッチンカトラリー入れとして使うのもおすすめです!
いかにも、ザ・ブリティッシュ・キッチンになりますよ。
キッチンに置いておくだけでもディスプレイになる収納です。


20190524ミルクチャン


ティーポットやマグ、紅茶缶とお揃いで並べてみませんか。


20190531ティーセット


そして、いまでも「欲しい!」とお問合せがあるほど人気の紅茶缶も♪
2016年の限定紅茶缶はティータイマー(砂時計)が内蔵!

このティータイマーにも英国紅茶商ならではのこだわりがあります。
紅茶の茶葉は1分刻みで味が変化するほど繊細なものです。
そのため紅茶用の砂時計は3分ではなく1分が便利なのだとか!!!
より自分のおいしい紅茶に出会うための1分刻みのティータイマーです。

「なんで、エジプトデザインなの???」

それは、砂漠と砂時計という、“砂”繋がりだけで、
“ザ・エジプト”デザインの紅茶缶に仕上げてしまう紅茶商の楽しさです。


2016823Egytian Caddy


他にも完売紅茶缶、マグ、ティータオル等も登場予定です♪
※紅茶缶のみの販売。中身の紅茶は入っておりません。


20190524tin3.jpg


そして、明日6月1日(土)10:00~リントンズのオンラインショップは
もっと盛り上がります!先日のワールドティーフェスティバルや
オンラインショップでも完売してしまった新商品のティーポットや
人気のジンジャービスケット、ショートブレッド、限定紅茶缶の
ハンパーティーキャディー等もまとめて再入荷します~!!!

新商品のEverydeayティーポットは「イギリスのティールームや
家庭で見るようなコロンと丸いティーポットがずっと欲しかった!」と
何年も探していたという方も多く、想定以上に人気の商品です。
大きいのに驚くほど注ぎやすく、冷めにくい優秀なティーポットです。

英国から届いた紅茶商伝統のティーグッズをぜひGETしてください♪
大切に使えば、ゆくゆくはヴィンテージ、アンティークになるグッズ達。


20190427dunk.jpg


リントニアンに人気No.1「ジンジャービスケット」が再入荷!
ワールドティーフェスティバルにも紅茶に負けないくらいの
十分すぎる在庫を持っていきましたが、それでも完売した人気者。
食べると虜になるほど、最高にミルクティーに合う味わいです。


20190221リントニアン女の子


リピーター続出!紅茶商が紅茶に合うレシピで丁寧に作った本格的な
ショートブレッドも再入荷。リントンズの紋章の型で焼かれています。
贅沢にバターを使っているのに、上質な材料で焼き上げているので、
しつこくない味わいで、何個でも食べられてしまいそうなおいしさ!


20190131ショートブレッド


ヴィクトリア時代から愛される英国伝統“ハンパー”をイメージした缶に、
イギリスでミルクティーに合うと1番人気のブレックファスト100杯分と
英国菓子のショートブレッドが詰まった宝箱のようなインテリア紅茶缶!


20190511缶1


さらに!イギリス家庭で愛されるにわとりの形をしたティーコジー。
最新柄のにわとり型ティーコジーも入荷します!!!

イギリス柄の生地もいくつか入荷するので注目です。
珍しい外国の生地で作られた新柄がたくさん登場します。


20190514ティーコジー7


アンティークマーケット開催は明日の6月1日(土)10:00~です。

イギリスの人々の古いものを大切にし、受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」に訪れたような気分で、
リントンズグッズの宝探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。

在庫切れとなっておりました新商品のティーポット&マグカップや
人気の英国菓子ジンジャービスケットやショートブレッド、
限定紅茶缶や最新柄のにわとり型ティーコジーなども再入荷します。

イギリスで愛され続けている紅茶やお菓子、グッズ達も
アンティーク・ヴィンテージのグッズから最新のグッズまで勢揃い!
すべて6月1日(土)10:00から販売スタートです。



20170912gold.jpg
イギリスで110年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★「本格ティーバッグで簡単アイスティー!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪





スポンサーサイト

貴重な英国アンティークマーケット開催

20190522chinz1.jpg


リントンズのオンラインショップ限定の人気企画
6月1日(土)10:00~「英国のアンティークマーケット」開催です!

代表も私も昔からアンティークやヴィンテージが大好きです。とくに
イギリスの歴史を感じられるリントンズグッズは素敵なものが多く、
リントンズのアンティークやヴィンテージのコレクターでもあります。
キッチンに飾られたリントンズの歴代紅茶缶やグッズを眺めながら、
リントンズ紅茶を淹れている時がとてもHAPPYな時間です。

同じく、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏の奥様スー夫人も
アンティークやヴィンテージが好きで、リントンズグッズを集めている
コレクターでもあります。ご自宅や別荘に飾っているほど!
スー夫人は紅茶もリントンズのゴールドをミルクティーで楽しむので、
奥様自身が「私はリントニアン!」というのがかわいいですよね♪
スー夫人はアンティークのオークションハウスでも買い付けるほど、
リントンズグッズにとても詳しく、目利きでもあります。
サイモン氏やスー夫人とのディナーでは「このリントンズのグッズ、
素敵!」「これは持ってる?」といつも盛り上がります。

写真は現4代目サイモン・スミス氏&スーザン・スミス氏。


SS.jpg


2019年、リントンズジャパンでは新プロジェクトが始動します!
なんと!イギリスのリントンズ社のスー夫人とジャパン代表の岡田で、
リントンズのアンティーク事業を立ち上げることになりました!!!
スー夫人ご本人が日本のためにイギリスで直接買い付けをしてくれます。
代表から話を聞いた時、私は嬉しくて興奮してしまいました(笑)
イギリスのリントンズ社はもちろん、サイモン氏も楽しみにしています。
歴史あるリントンズグッズの魅力をもっともっと広めたい想いです。

実はすでに始動しており、やっと発表できる日がきて嬉しいです。
とても価値があることだと思うので、ワクワクしています♪

先日、スー夫人から届いた郵便を開けると、イギリス陶磁器ブランド
「Maling」の陶磁器図鑑が入っていました。とても珍しいものだそう!
こんなものまで発掘して送ってくれるスー夫人がとても頼もしいです。

この図鑑が深くリントンズグッズと関わっているものなのです。


20190522chinz2.jpg


1762年~1963年まで生産を続けた「Maling」。
16世紀にイギリスに定住したフランス人のMalinファミリーが、
イングランド北東部のニューカッスルで立ち上げた
200年以上続いた老舗の英国陶磁器メーカーです。

いまから50年前に閉鎖してしまったものの、
なんと!2世紀にわたり16,500種類もの作品を算出した、
イギリスを代表する名門陶磁器メーカーでした。


20190522chinz3.jpg


20世紀前半に「Maling」の最盛期を迎えており、
その「Maling」が最盛期、同郷ニューカッスルにて1907年に
創業されたイギリス紅茶商リントンズがデザインを依頼して
1920年代に誕生したのがリントンズの花柄のチンツデザインです。

リントンズとのダブルネーム・ティーポットは当時大人気でした。

アンティークのMalingの陶磁器は、欧州のアンティークコレクターに
人気があるものですが、リントンズコラボのMalingのティーポットは、
その中でも馬車で紅茶をお届けしていた販売地域も限られており、
数量も限定だったため、貴重なコレクターズ・アイテムとなっています。


20190314グッズ2


このリントンズオリジナルの花柄チンツデザインが
200年以上続いた「Maling」の陶磁器図鑑の表紙になっています!!!


20190522chinz4.jpg


チンツとは、インド更紗の大流行をきっかけに、イギリスで生まれた
更紗の総称です。イギリスの自然を題材にロマンティックで
気品に富んだ文様が特徴。古いチンツ柄は現代でも人気があります。
このリントンズのチンツ柄が誕生したのは、いまから約100年前のこと。

いかにリントンズのグッズ製作の歴史が長いか、
時代ごとにこだわって製作しているか、わかっていただけると思います。


20171204チンツ1


1920年代の発売後半世紀経った1980年代、このチンツ柄の復刻版の
ティーポットやマグカップ、ジャグ等が発売されました。
それも40年前の英国ヴィンテージとして愛されているものです。
このようにリントンズはオリジナルのティーセットも販売し
アンティークになるまで大切に使うリントニアンが沢山います。
いま販売されているティーポット&マグもそんな価値あるグッズです。

イギリスには、これらのリントンズのアンティーク・ヴィンテージを
集めるリントニアンも沢山います。私たちやスー夫人もその一人です。

このチンツ柄の復刻版ティーポットは、大きさも2種類あり、
写真のものは大きいほうで、マグ2~4カップ用。
復刻版は老舗の英国陶磁器メーカー1882年創業のブラウンベティの
製造で有名な「James Sadler and Sons」社製造のものです。


20190315グッズ2


リントンズ紅茶が大好き!リントンズのビスケットが大好き!
リントンズのグッズが大好き!というリントニアンは私たちに限らず、
イギリスにはたくさんいます。日本にもたくさんいると思います。
だからイギリスではリントンズ紅茶愛好家のことを親しみを込めて、
昔からリントニアン(Ringtonians)と呼ぶそうです。

阪急で開催されたワールド・ティー・フェスティバルでも、
日本にも素敵なリントニアンがたくさんいることを実感しました。

これらのリントンズの紅茶缶やグッズが、古いものも、現在のものも、
いずれアンティーク・ヴィンテージとして価値が出る理由は、
リントンズの紅茶商としての歴史があり、毎年あらゆるデザインで
登場するグッズは、他にはない珍しいイギリスの伝統だからです。
イギリス国内の博物館に飾られているものもあるほどです。

紅茶商リントンズのティーグッズがこんなに揃う機会は
なかなかないと思います!ぜひお見逃しなく!!


20190414アンティーク2


アンティークマーケット開催は2019年6月1日(土)10:00~です。

イギリスの人々の古いものを大切にし、受け継いでいく...
伝統でもある「英国のアンティークマーケット」に訪れたような気分で、
リントンズグッズの宝探しを楽しんでいただけたら嬉しいです。

これから開催日まで、アンティークマーケットに登場予定のグッズを
楽しいイギリスのストーリーとともに、ご紹介していきます。スー夫人や
ジャパン代表が直接買い付けているからこそ伝えられるストーリー!
貴重なリントンズのアンティークやヴィンテージを楽しんでください。




20170912gold.jpg
イギリスで110年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




ティーフェスティバル終了のご報告。

昨日で「ワールド・ティー・フェスティバル2019」も終了しました。
2018年よりもティーブランドは1.5倍、約70ブランドが揃い大盛況!
これだけ世界の人気のお茶ブランドが集まる機会もないので
お気に入りのお茶に出逢えた方も多かったと思います。

それだけのブランドが出店されている中、リントンズは昨年にも
増してお客様にご来店&ご購入いただきました!
試飲を一口飲んで「おいしい!」と購入される方も多いのですが、
リピーターや毎日飲んでいるというお客様も年々増えていきます。
最終日にはティーポットやビスケット、紅茶等の完売商品も多くあり
ましたが、最終日までたくさんのご来店ありがとうございました。

催事の嬉しいことは、お客様からたくさんの生の声が聞けることです。
「茶葉の香りがとても良いし、紅茶の味がしっかりするのに渋くない!」
「すごくスルスルと飲みやすい!こんな紅茶は初めてです。」
「リントンズは家族の定番。孫の代までも親子代々飲み続けます!」
「いっぱいいっぱいリントンズ紅茶から幸せな時間をもらっています!」
「リントンズ紅茶が飲めなくなったら困るくらい大好きなんです!」
「やっと自分が“コレ”という紅茶に出逢えた。本当に嬉しいです!」等
皆さん、笑顔で買って帰ってくださることに感動でした。

日本でも、イギリスと同じように“我が家の定番紅茶”として、
リントンズ紅茶が愛されていくことは、一番嬉しいことです。
心から笑顔にするリントンズ紅茶・・・イギリスの老舗紅茶商リントンズ
のスミスファミリーや専属ティーブレンダー達の想いは、
この日本でもしっかりと伝わっているのだと実感しています。

中には、リントンズショップの前を通ったお客様が「英国フェアじゃない
のにリントンズが来てるー!ラッキーすぎる!」と喜んでくださったり、
紅茶に限らず、ビスケットに関しても「ビスケットも絶対買いたかった」
「うちの娘はリントンズのミルクティーとショートブレッドが好きで、
とくにオーブントースターであたためたショートブレッドが大好きなの。
学校から帰ってきた時に、トーストであたためたショートブレッドの
バターの香りが部屋に充満しているとやったー!と喜びます♪」とか
日本の日常ティータイムでリントンズの紅茶や英国菓子のある風景が
目に浮かぶお話は、とてもHAPPYな気分になれる時間でした。

たくさんのご来店、お買い上げ、誠にありがとうございました!
次の大阪は「英国フェア2019」でお会いできたら嬉しいです♪


20190521ウィロー


そして最近は、このブログについて声をかけられることが増えました。

「リントンズブログを読んでいると、素直にお茶ってステキと思える!」
「読んでいる途中に、我が家のリントンズを無償に飲みたくなる(笑)」
「どこかで聞いたことがあるような情報やガイドブックの情報ではない」
「情報にオリジナル性があって面白い。しかも楽しい情報が多い!」
「まるで本を読んでいるかのような情報量で、読むのがいつも楽しみ♪」
「リントンズ紅茶がある暮らしって幸せだなと思えちゃう!」等
幅広い世代の女性に限らず、男性からも「楽しいブログですね!」と
いっていただけて光栄です。絶対続けてくださいね!やめないで
くださいね!私の人生の楽しみでもありますから!とまで^^

これは本当に嬉しいことで、リントンズ紅茶のブログでは、
イギリスで110年以上続く老舗紅茶商リントンズから直接聞いたり、
実際にイギリスで感じたリアルな紅茶事情を皆さんと共有したい!と
いう想いだけで書いているブログです。そして、私たち自身も毎日
リントンズ紅茶と共に人生を歩んでいる中で感じたことだったり、
時には日々の生活の中で見つけたステキなコトやモノを共有したり。
それはきっと皆さんの日常でも楽しめるものだと思っているので、
今回、沢山のお客様からの嬉しい言葉でさらにやる気が(笑)
お茶は、人と人を繋ぐ、心を通わす、とても素敵な飲み物ですね。

「これだけの量、丁寧に書くのは大変ですよね?」とよく聞かれます。
実は、ブログを書いていて大変と思ったことがありません。
むしろ、ワクワクしながら書いています(笑)
リントンズには伝えたい魅力やストーリーがありすぎて!

これからもイギリスのリントンズ社から教えてもらった紅茶事情や
私たちが見つけたコトやモノを出来る限り丁寧に発信していきます。
ちょくちょくブログに遊びに来ていただけたら嬉しいです。


20190518ワールド


そして、会期中に2回開催されたリントンズ紅茶のティーセミナー。
お客様から「すごく楽しかった!」「またどこかで開催されますか?」
と喜んでいただき、代表も楽しい時間だったと語っていました。

リントンズの「ティーポットとマグで楽しむ英国ミルクティー」では、
参加していたリントニアンの方は、いつもリントンズのティーバッグで
紅茶を淹れているけれど、実際目の前で代表がティーポットとマグで
リアルに淹れている様子をみることで「本当に簡単なんだ!」と再認識
できたり「それでこんなにおいしいんだ!」と改めて実感できた、とも。

他にも、イギリスで永遠の定番であるミルクティーのお話や
実際に「おいしいミルクティーの色はどんな色?」ということで、
高品質な茶葉で淹れるミルクティーの水色等を見ていただきました。

そのティーセミナーでお話したことを少し抜粋すると、
下の写真はティーブレンダーが、全く同じ条件(茶葉量、茶葉の
形状、抽出時間、お湯の温度、牛乳の種類等)で淹れたのに、
こんなにもミルクティーにした時の水色が違うという比較です。

向かって左側が、品質が良くない茶葉で淹れたミルクティーで、
色はくすみ(どす黒く)、暗いミルクティー色。
右側が、新鮮で高品質な茶葉で淹れたミルクティーで、
色は明るく、鮮やかなミルクティー色になるのです。

この美しいミルクティー色を“ブライトカラー”といいます。
イギリスの紅茶愛好家はこの水色“ブライトカラー”にこだわります。
そのお話をしたうえで、実際に淹れたリントンズのミルクティーの
水色(ブライトカラー)を目でじっくりと確認していただきました。


20180308teatasting2.jpg


その後、代表が淹れた英国ミルクティーとジンジャービスケットの
「ゴールデンコンビ」を味わっていただいたり、ダンクしてみたり、
ワークショップの形で英国ティータイムを体感していただきました。

なんと!サプライズ企画で日本未入荷のリントンズのイギリス菓子も
取り寄せて楽しんでいただきました。それはフラップジャックです。
英国ティールームやホテルで出すため用に作られた英国菓子で、
イギリスでも1個売りはされていないため、現地のリントニアンでも
気軽に購入できるものではない“レアなリントンズ菓子”なんです。

フラップジャックは食べ方に特徴があるので面白いかなぁと。
イギリスでは、chewy(柔らかい噛み応え)でgooey(ねっちりした)な
ものが好まれ、かみ締めるほどにゴールデンシロップのやさしい
甘さが広がるものが「おいしいフラップジャックだ!」といいます。
まさに!リントンズ社製のフラップジャックが“それ”なんです!!
チューイングガムのようにかみ締めながら味わう英国菓子も
リントンズのミルクティーと一緒に楽しんでいただきました。


20190427dunk.jpg


さらに!リントンズジャパン代表・岡田からの粋な計らいで?
新商品のマグカップをお一人様に一個ずつプレゼントされました。
それもあえてセミナー募集には書いていなかったサプライズです。

「参加費1,080円で、楽しいお話が聞けたうえに、紅茶や英国菓子、
日本未入荷のレアなお菓子でも英国ティータイムができて、お土産に
リントンズのマグカップももらえるなんて、嬉しすぎて、ラッキーすぎて
なんて表現して良いかわからない!」と興奮するお客様も!
スタッフの方々も「私が参加したかった」とおっしゃっていました^^

これも、お忙しい中お申し込みをしてくださった方々への感謝の想いや
ワクワクするティータイムを楽しんでほしい、という代表の気持ちです。

近年は様々な方から「セミナーをぜひ各地で開催してください!」と
いわれることが本当に多くなりましたが、代表には想いもあります。
それは、セミナーは限られた方しか来られない、と。
どうしても行きたくても、遠方だったり、仕事や都合が合わなかったり、
子育てや家庭の事情等で来られない方達もいっぱいいるからです。
現代は発信者次第で、ブログやSNS等で、お客様がいつでも、お金を
払わなくても、イギリスの紅茶事情等を共有することができる時代です。

むしろ、どんなご事情がある方にも、ブログやSNSで出来る限り、
全国の皆さんに丁寧に情報を発信していくので、セミナー料金の分は、
リントンズの紅茶を買って、ご自宅で、ご自分で淹れてみてほしいです。
そのほうが、ずっと、もっと、紅茶の魅力に気づくからです。
現4代目CEOであり、熟練ティーブレンダーでもあるサイモン氏も
「イギリスの老舗紅茶商として、新鮮でおいしい茶葉にこだわり続ければ
お客様は新鮮なお湯を注ぐだけでおいしい紅茶に出逢える。」
「その優れた茶葉の味わい(スムース)は、お茶の専門家でなくても、
誰でも、この品質の違いを味わうことができるのです。」と語ります。

そして「実際にお会いして色々とお話を聞きたい!」ともいわれますが、
毎年行われる各地の英国フェア等ではどんなに忙しくても
必ず代表の岡田自身が毎日販売に立ち、休憩にもほとんど行かず(笑)、
1杯1杯のリントンズの紅茶を試飲で淹れて、お客様と交流したり、
直接お届けできることに創業からずっとこだわってやっています。

そのほうがセミナーよりも、幅広いお客様やリントニアンに
気軽にお会いでき、リアルな情報を常にお届け出来ると思っています。
そんな場で沢山のリントニアンにお会いできたら私たちもHAPPYです。

紅茶は限られた人のものではなく、誰もが楽しめるのが魅力ですから♪


20190514紅茶


リアルなイギリスの紅茶事情をお伝えするのにも想いがあります。
私たちにとっても、紅茶が好きな理由はイギリスの人と同じであり、
シンプルに毎日おいしくて、ホッとするリントンズ紅茶から
たくさんの元気や幸せをもらっているからです。

それが、リントンズ紅茶を輸入したいという原動力となったからです。
イギリスのお土産にもらったリントンズ紅茶のおいしいさに魅了されて、
紅茶パッケージに書かれたメールアドレスにメールしたのが始まりです。
代表・岡田が4代目CEOサイモン氏と何度も何度もメールを交わし、
無理だと諦めなければならない時もあり、それでもビジネスプランを
提出したりと、やっとの想いでアポが取れて、単身渡英。
直談判した時に、リントンズ会長ナイジェル氏やCEOサイモン氏に、
正しい、正しくない関係なく、自分の紅茶への率直な想いを伝えた時に、
イギリスの紅茶のこと、リントンズ紅茶のことを深く理解していると、
その通りだ、と嬉しそうに何度もうなずき、
あなたの想いは私たちと同じ気持ちだと喜んでくれたのです。

そして、その代表の想いはリントンズジャパンを立ち上げる上で
彼らを説得する、最も重要なことだったといいます。
高品質を守るために100年以上イギリスでしか販売してこなかった
リントンズ。いまでも、イギリス国内でもスーパーや量販店で
簡単に購入できる紅茶ではなく、確実にリントニアンのもとに、
厳選してお届けしている貴重な英国紅茶が、イギリス以外では
世界で初めて日本のみに上陸することが許されました。
素敵な紅茶を日本の皆様に届けられる!と興奮したことを覚えています。
その時と変わらない想いで、英国紅茶の魅力を伝えていきたいです。

現在、イギリスで110年以上老舗の紅茶商として、紅茶の歴史をずっと
見続けているリントンズのスミスファミリーや専属ティーブレンダー達の
生きた言葉がそのまま日本に伝わる機会も増え、
リアルなイギリスの紅茶事情が広まりつつあるのを感じます。

紅茶は98%がティーバッグで淹れ、98%がミルクティーで飲む、と。
イギリスで上質なミルクティーは日常にかかせない定番だと。

★ 「イギリスのミルクティーは永遠の定番。」のブログはこちら♪


201694スミスブラザーズ


紅茶先進国のイギリスでは、紅茶の技術は進化しつづけています。
それはリーフからティーバッグであったり、ブレンド技術であったり、
世界で見てもトップクラスの技術でおいしい紅茶に拘り続けています。
国民もとても自然に、時代の変化を信頼できる紅茶商に委ねています。

本当に紅茶を必要とする日常があり、愛し続けているからこそ
進化していくのです。それが淹れ方に拘らなくても、ティーバッグで
おいしい紅茶が淹れられるステキな時代が訪れた証でもあります。

ただ唯一、何世紀も変わらないイギリス紅茶の歴史があります。
それは、紅茶の愛され方です。
その愛され方とは、紅茶はパートナーのような存在であること。
幸せな時も、楽しい時も、疲れた時も、悲しい時も、
どんな日常でも紅茶は寄り添ってくれる大切な存在であること。
素敵なコミュニケーションツールとして、会話の傍らに置き、
自分の心や言葉(喜びや感謝、励まし等)を表現するのも紅茶です。
人生を豊かにするためのツールが“紅茶”なのです。
これは、いまも何一つ変わらず、イギリスの日常に存在しています。
とても優しく、温かく、豊かなお茶の文化です。

この“お茶”に求める精神性のようなものは、少し忘れかけていた
日本にも古くから存在している文化だと思います。
おいしい茶葉を味わうことだけでなく、“お茶”に潜む素敵な力を
日本の人はとても深く理解し、楽しめることができるものです。
これは茶の湯の国・日本とイギリスの大きな共通点だと思っています。
だから、イギリスで愛されている紅茶を日本の日常に、
という想いは、リントンズジャパン創業当時から変わっていません。

これからも、紅茶の国の紅茶商として、進化している紅茶のこと、
そして、英国で変わらず愛され続けている紅茶の存在をお伝えします。

皆様に、紅茶の魅力がたっぷりと伝わりますように☆


2016824サイモン紅茶シーン


余談ですが、戻ってきた代表のワールドティーフェスティバル土産。
試食しておいしかったという「カカオニブ」。
インドネシアの紅茶ブースで売られていたそうです。

カカオニブとは、カカオ豆を砕いて発酵、乾燥、焙煎したあとに、
粗く粉砕したもので、チョコレートと違うのは
砂糖やバター等の添加物が入っておらず、加工もしていないそう。

黒のパッケージは、カカオニブを食べやすく
ダークチョコレートでコーティングしたものだとか!
これはポリポリ、ポリポリと、やめられない&とまらないおいしさ!

オレンジのパッケージは、シナモン、ジンジャー、ナツメグ、クローブ等
ミックススパイスでカカオニブをコーティングしたものだそうです。
リントンズの濃く淹れたミルクティーと一緒に食べると、
チャイを楽しんでいるようなおいしさ♪

ポリポリとした食感とカカオ豆のビターな酸味がおいしいお土産です。


20190521カカオニブ


阪急うめだ本店「ワールドティーフェスティバル2019」の
イギリス老舗紅茶商のリントンズでは、
沢山の出逢い、そしてお買い上げ、ありがとうございました。

リントニアンの皆様には、2019年、ワクワクするようなお話が沢山
お届けできると思いますので、これからも宜しくお願い致します!

早速のお知らせですが、2019年6月1日(土)10:00~
リントンズのオンラインショップ限定で
「第8回 イギリスのアンティークマーケット」が開催されます!

リントンズの紅茶缶やグッズが、古いものも、現在のものも、
いずれアンティーク・ヴィンテージとして価値が出る理由は、
リントンズの紅茶商としての歴史があり、毎年あらゆるデザインで
登場するグッズは、他にはない珍しいイギリスの伝統だからです。
英国内の博物館に飾られているものもあるほどです。

英国にもコレクターの多い、紅茶商リントンズのティーグッズが
こんなに揃う機会はなかなかないと思います!ぜひお見逃しなく!!

また登場するグッズはブログで楽しくご紹介していきます♪


20190414アンティーク3



20170912gold.jpg
イギリスにお茶文化として根付いている“ミルクティー”。
そのイギリスで100年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞のブレンド「Gold」は、
紅茶商リントンズ4代目オーナーのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常でもおもてなしでも愛する紅茶です。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




ワールド・ティー・フェスティバル開幕です

いよいよ明日の16日(木)10:00から阪急うめだ本店9階で
「ワールド・ティー・フェスティバル2019」がはじまります!

今年で開催3回目となるワールド・ティー・フェスティバル2019は、
昨年まで祝祭広場がメインだった会場も、催場まで拡大されます!

◎ 9階祝祭広場の2019年のメインテーマは「アジアのお茶」
◎ 9階催場の2019年のメインテーマは「世界のお茶」

イギリスのミルクティーに、フランスのフレーバードティー、
フルーツティーにハーブティー、日本茶、中国茶etc
お茶の魅力に引き寄せられて毎日通ってしまう方もいるほど!
会場にいるだけで幸せな気分になれる素敵なお茶の祭典です。


20190515ワールドティー


初開催からずっと祝祭広場に出店していたリントンズは、今年は
「世界のお茶」がテーマの催場に出店となりますのでお間違いなく!
エスカレーターを上がった正面左にすぐリントンズショップがあります。

このフェアにも毎年訪れてくれるリピーターのお客様も多いので、
たくさんのお客様にお会いできることを楽しみにしています♪

リントンズでは紅茶の国・イギリスのティータイムで愛されている
素敵な商品をたくさん持っていきます!
今日はまとめてご紹介するので、ぜひCHECKしてくださいね♪

※商品名をクリックすると、詳細がCHECKできるようになっています!


20190427dunk.jpg


★ 新発売!Ringtons Everyday Teapot 4,500円(+税)

「イギリスのティールームや家庭で見るようなコロンと丸い
ティーポットがずっと欲しかった!」と探している方におすすめ!

20190301ティーポット1 - コピー


★ 新発売!Ringtons Everyday Beakers 2個set 3,000円(+税)

リントンズのマグカップは1個の値段ではなく、2個でこの値段!!!
英国から届いた紅茶商伝統のティーグッズをぜひGETしてください♪

20190301マグ1 - コピー


★ ハンパーティーキャディー(紅茶缶)
リントンズ伝統のレシピ・英国菓子ショートブレッド200g
Breakfastティーバッグ50包約100杯分入り 2,750円(+税)


ヴィクトリア時代から愛される英国伝統“ハンパー”をイメージした缶に、
紅茶100杯分と英国菓子が詰まった宝箱のようなインテリア紅茶缶!

20181019wicker-hamper-style-tea-caddy-.jpg


★ トラディショナルティーキャディー(紅茶缶)
GOLDティーバッグ50包約100杯分入り 2,300円(+税)


ずっと在庫切れで、お問合せも多かった人気紅茶缶も販売!
1938年のリントンズ紅茶缶を完全復刻したアンティーク感が素敵。

20180822缶2


★ 新登場!ジンジャービスケット 1袋(300g) 900円(+税)

リントニアンに人気No.1「ジンジャービスケット」が新登場!
食べると虜になるほど、最高にミルクティーに合う味わい。

20190410Ginger snap


★ 紅茶商リントンズのショートブレッド 1袋(200g) 800円(+税)

リピーター続出!紅茶商が紅茶に合うレシピで丁寧に作った
本格的なショートブレッド。紅茶商の紋章の型で焼かれています。

20181123ショートブレッド


★ 紅茶商リントンズのビスケットBOX 1箱4種入り 1,000円(+税)

リントンズが紅茶に合うイギリス菓子のビスケットをセレクトした
スペシャルBOX。人気商品がフェアに数量限定で登場します!

20170816Rbiscuit1.jpg


★ にわとり型ティーコジー 1羽 3,241円(+税)

イギリス家庭で愛されるにわとりの形をしたティーコジー。
珍しい外国の生地で作られた新柄がたくさん登場します。

20190514ティーコジー7


★ Goldティーバッグ100包約200杯分入り 2,130円(+税)

グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞の「Gold」。
定番紅茶はどれも、飽きないおいしさで愛され続けています。

高品質を守るために100年以上イギリスでしか販売してこなかった
リントンズ。いまでも、イギリス国内でもスーパーや量販店で
簡単に購入できる紅茶ではなく、確実にリントニアンのもとに、
厳選してお届けしている貴重な英国紅茶です。

20170912gold.jpg


★ REDBUSH TEA(ルイボスティー) 40包40杯分入り 1,000円(+税)

「紅茶も、ルイボスティーもリントンズ以外飲めなくなりました。」
という方が続出の隠れ人気商品。紅茶商のノンカフェインティーは
新鮮な天然ルイボス使用だから飲みやすくて、上質な味わいです。

20180510ルイボス


★ スペシャル紅茶セット(ハンパー柄ペーパーギフトバッグ付き)
定番4ブレンド ティーバッグ40包約80杯分入り 1,112円(+税)


リントンズの定番紅茶の中から“自分のお気に入りの紅茶”を
見つけたい!という方におすすめのフェア限定の紅茶セットです。

20170323hamper5.jpg


「ワールドティーフェスティバル2019」のリントンズショップにて
商品総額6,000円(税込)以上お買い上げのお客様には、
なんと!リントンズのハンパー柄ショッピングバッグに
商品を入れてお渡しします♪先着のプレゼントになります!

紅茶商リントンズのトレードマークでもある
ハンパー柄のデザインのショッピングバッグ。

このハンパー柄はただの柄ではなく、現在も実際に
各家庭に紅茶やビスケットをお届けする時に使われている
本物のハンパーからデザインをおこしたバッグなんです!
イギリス紅茶商の紅茶をお届けしている様子が伝わり、
バッグから「Your Tea Madam !」と聞こえてきそうですね。

紅茶商の歴史の中で、沢山のグッズとしても登場してきた
リントンズのハンパー。そんなリントンズ紅茶とハンパーは、
現在も、イギリスで愛され続けている、最高のコンビネーション。
普段のお買い物やピクニック等のレジャーにも大活躍のバッグです。

このおしゃれなハンパー柄バッグは、ワールドティーフェスティバルで
終了となります。後にも先にも手に入れるのは今回がラストチャンス!
ぜひお買い物を楽しんで、貴重なショップバッグをGETしてくださいね!

★ 「ワールドティーフェスティバル2019」のリントンズショップにて
商品総額6,000円(税込)以上お買い上げのお客様に、なんと!
素敵なリントンズのハンパー柄ショップバッグをプレゼント!!

※先着順の数量限定のため、なくなり次第終了となります。


20180408バスケットバッグ

20190222宅配


「ワールド・ティー・フェスティバル2019」限定!
イギリス紅茶とお菓子のティーセミナーのお知らせ in 9階催場

5月17日(金)に2回、リントンズジャパン代表・岡田のセミナー
(1つは英国菓子研究家・砂古玉緒さんとのコラボセミナー)が
開催されます!オープンスペースでの開催となりますので、
お時間がある方はぜひお立ち寄りください!

◎ 5月17日(金) 11:00~11:30 9階催場
ミルクティーと英国菓子のマッチングレッスン ※コラボセミナー


◎ 5月17日(金) 15:00~15:30 9階催場
ティーポットとマグカップで楽しむ英国ミルクティー


20190507ダンク


ワールド・ティー・フェスティバル2019のリントンズショップでは、
イギリスで愛されている紅茶のおいしさ、楽しさ、素晴らしさが
皆さまに届きますように、リントンズジャパン代表・岡田が
毎日ショップでおいしい紅茶を淹れてお待ちしております!!

リントンズでは紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをしません。
新鮮なお湯で、毎回ティーポットから丁寧に淹れています。
このリントンズの試飲の淹れ方はイギリスのリアルな淹れ方であり、
おうちでの淹れ方と同じになるので、ぜひ参考にしてください!


20180308teatasting1.jpg


2016921ロゴ新
イギリス老舗紅茶商リントンズは馬車のロゴが目印です!

2019年は素敵な英国ティーセットやビスケットも届き、
おうちで本格的な英国ティータイムが楽しめる商品が盛りだくさん!
ぜひイギリスの紅茶商リントンズへ遊びに来てください♪

20190426ワールドティー2
〈 ワールド・ティー・フェスティバル2019 〉

期間:2019年5月16日(木)~5月20日(月) 5日間
時間:10:00~20:00 ※金土は21:00まで ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階
● 祝祭広場 「アジアのお茶」
● 催場 「世界のお茶」 ※リントンズはこちらに出店!

★ ワールド・ティー・フェスティバル2019のWEBサイトはこちら♪


コピー ~ new logo
ワールド・ティー・フェスティバル期間中も休まず営業しています♪
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




ワールド・ティー・フェスティバル2019へ!

20190426ワールドティー


令和初日に、阪急うめだ本店で開催される、年に一度のお茶の祭典
「ワールド・ティー・フェスティバル2019」のお知らせです。

今年で第3回目となるワールド・ティー・フェスティバルの魅力は
世界各国で愛されている“お茶”が集まるので、
その国で愛されているお茶の種類や飲み方がまとめて知れることです。
同じ紅茶でも、嗜好や飲み方はいろいろです。
ぜひ各国の違いにも注目して、楽しんでほしいです。

昨年まで祝祭広場がメインだった会場も、催場まで拡大されます!
9階祝祭広場のメインテーマは「アジアのお茶」
中国茶や台湾茶はお茶だけでなく、東方美人茶や台湾青茶の
ソフトクリームやタピオカ入りの烏龍茶ミルクティーも楽しめるそう。
さらに日本茶はもちろん、リントンズのブログでもご紹介したことが
あるタイのお茶“バタフライピー”も登場するそうです!

★ 青いお茶「バタフライピー」のブログはこちら♪

9階催場のメインテーマは「世界のお茶」です。
イギリスやフランス、ドイツ、オーストリア、北欧、ロシア等のお茶が
一堂に集まります。それぞれの国のお茶文化の違いを楽しめます。
催場でも、紅茶、フレーバードティー、フルーツティーに限らず、
本場イギリスの英国菓子などなどティータイム菓子も楽しめます!

ここで、ワールド・ティー・フェスティバル開催にちなんだ
紅茶の国・イギリスのお茶文化クイズです♪

実は、この写真の中にイギリスらしいティータイムが
“5つ”隠されています!写真をよーく見て考えてみてください!!


20190427dunk.jpg


答えは…

① イギリス家庭にかかせないティーポットとマグカップ!
※マグで紅茶を楽しむ、「紅茶の国」で定番のティースタイルです。

② ミルクティー!(ティー・ウィズ・ミルク)
※国民の98%が紅茶はミルクティーで飲む文化があります。

③ お供にジンジャービスケット!
※紅茶のお供にかかせない英国菓子No.1はビスケットです。

④ ダンク! 
※イギリスで愛されるダンクとは紅茶にビスケットを浸して食べること。

⑤ ブラックティーのティーバッグ!
※98%が紅茶を淹れる時、リーフではなくティーバッグを使います。

皆さんはいくつわかりましたか?

これらイギリスで長年愛され続けている定番の紅茶やビスケット、
新商品のティーポットやマグカップ、新柄のにわとりティーコジーなど
今年も英国ティータイムを感じられる商品が盛りだくさんに並びます。
初開催からずっと祝祭広場に出店していたリントンズは、今年は
「世界のお茶」がテーマの催場に出店となりますのでお間違いなく!

1907年創業の老舗の紅茶商リントンズ。創業当時から半世紀は
馬車で「Your Tea Madam !!」と紅茶をお届けしていました。
そのため、イギリスを感じられる馬車のロゴが目印です♪


2016921ロゴ新


阪急うめだ本店「ワールド・ティー・フェスティバル2019」では、
国内外問わず、それぞれの分野で活躍されている方々によって
開かれる各国のティースタイルをテーマにしたセミナーも注目です。

毎年人気のセミナーで申し込みが始まってからすぐに満席と
なってしまう回も多いので、気になるセミナーは早めにチェック!

5月8日(水)10:00から阪急うめだ本店のイベント予約の
申し込みサイトにて、先着で募集が始まるそうです。

イギリス老舗紅茶商リントンズのジャパン代表・岡田による
ティーセミナーも毎年開催され、今年も5月17日(金)に開催します。
2019年はもう一つ、英国菓子研究家・砂古玉緒さんとの
コラボセミナーも同日開催予定なので、こちらもぜひお越し下さい!

● ティーポットとマグカップで楽しむ英国ミルクティー

リントンズ4代目サイモン氏は「紅茶はミルクティー」と語ります。
なぜミルクティーなのか?イギリスで紅茶とはどんな存在なのか?
先日のイギリスでティーセッションした最新紅茶事情を交えながら、
リアルな英国ティータイムを五感で楽しめてしまう紅茶セミナーです。

日時:5月17日(金) 午後3時~
講師:リントンズジャパン代表 岡田直也
定員:先着10名
参加費:1,080円 ※試飲や試食あり ※嬉しいお土産付き

★ ティーセミナーの詳細はこちら♪


20190426セミナー2


● ミルクティーと英国菓子のマッチングレッスン

イギリスで愛されているミルクティーと英国菓子の最強のペアリングを
砂古さんが作る英国菓子とジャパン代表・岡田が淹れるミルクティーで
何種類かの組み合わせを体感できてしまう貴重なコラボセミナー。
きっと英国ティータイムの奥深さに目覚めてしまう人続出です!

日時:5月17日(金) 午前11時~
講師:英国菓子研究家 砂古玉緒 
リントンズジャパン代表 岡田直也
定員:先着10名
参加費:2,160円 ※試飲や試食あり

★ ティーセミナーの詳細はこちら♪


20190426セミナー1


参加した後、イギリス人のように、おうちでティータイムをしたくなる
そんな楽しいティーセミナーにしたいと思っています。

詳細は、ワールドティーの公式サイトをチェックしてくださいね。

どちらも、5月8日(水)10:00から申し込みが始まります。
先着順で満席になり次第、お申し込み終了となります。
たくさんのお客様にお会いできること、楽しみにしております!


20190426ワールドティー2

〈 ワールド・ティー・フェスティバル2019 〉

期間:2019年5月16日(木)~5月20日(月) 5日間
時間:10:00~20:00 ※金土は21:00まで ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階
● 祝祭広場 「アジアのお茶」
● 催場 「世界のお茶」 ※リントンズはこちらに出店!

★ ワールド・ティー・フェスティバル2019のWEBサイトはこちら♪



20170912gold.jpg
イギリスにお茶文化として根付いている“ミルクティー”。
そのイギリスで100年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞のブレンド「Gold」は、
紅茶商リントンズ4代目オーナーのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常でもおもてなしでも愛する紅茶です。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「Gold」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


コピー ~ new logo
ワールド・ティー・フェスティバル期間中も休まず営業しています♪
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR