台湾発!宮原眼科のビスケット缶

先日、台湾一周旅から帰ってきた母からお土産が届きました。

途中立ち寄ったという台中の〈宮原眼科〉のビスケット缶です。
眼科のビスケットとは何?となりそうですが・・・
〈宮原眼科〉とは台中で人気のスイーツショップです!
私もいつかは訪れてみたい憧れのショップです。

1927年、鹿児島県出身の日本人医師・宮原氏が台中で眼科を開業。
宮原医師が戦後の退去命令で日本へ帰国後、〈台中市衛生院〉
として引き継がれましたが、数年後移転、その後は数十年そのまま。
やがて地震や台風等で建物は大きく損壊し、取り壊されることに・・・

そこで、ちょっと待った!と手を差しのべたのが、元祖「土鳳梨酥」の
パイナップルケーキで有名な台中の日出グループでした。
台湾では古い建物を再利用し、ホテルやカフェ、お店、芸術スポット
として新たによみがえらせるリノベーション事業が活発です。
私たちも台湾を訪れる時は、リノベーションホテルやカフェをよく利用
します。個性的であり、センスも良く、何より伝統的でもあるのです。

新旧を融合させたハイカラなデザインで生まれ変わった〈宮原眼科〉。
お菓子だけでなく、その建物や内装も興味深いショップです。
スイーツショップなのに名前もそのままなんてユニークですね。

〈宮原眼科〉の三日月から満月の「月の満ち欠けのクッキー」。
台湾の料理やパン、菓子は素材の良さを大切にするものが多く、
こちらのビスケットも素朴な味で、絶妙なおいしさです。


20180701eye3.jpg


台中の日出グループといえば、有名なパイナップルケーキ!
日出のパイナップルケーキは、台湾でも台中でしか買えない、
そして、おいしい!と評判のケーキなので、
いつかは食べてみたいとずっと思っていました。

10年くらい前までは台湾のパイナップルケーキには冬瓜を加えて
作られるのが一般的でしたが、日出が台湾産パイナップル100%
のパイナップルケーキを作り始めた元祖といわれています。
いまでは“土鳳梨酥”と呼ばれ、様々なメーカーで作られるようになり、
パイナップルケーキの定番&人気です。
それでも台湾の人には、いまでも冬瓜入りも根強い人気だとか。

日出のパイナップルケーキは3種類あるそうで、
その中からオリジナル(土鳳梨酥)と品種改良で甘くなった
パイナップル使用(17号鳳梨酥)を食べ比べてみました。

オリジナルは、土鳳梨酥らしくフィリングの酸味が強い、
品種改良の17号は、酸味が弱く甘い、の違いはありますが、
どちらも生地を含め、おいしいパイナップルケーキでした。
この時期は、冷やしたほうがさらにおいしくなります。

パーケージも紙袋も台湾らしいデザインでおしゃれです。


20180702eye1.jpg


最初にご紹介したようなシンプルなビスケットであれば、あるほど、
その国ごとに味わいが異なるところが“ビスケットの魅力”です。

お茶大国・台湾メイドのビスケットは、やはりお茶に合う味わいです。
パイナップルケーキも、紅茶や烏龍茶にとても合います。
その国の郷土菓子は、その国で愛されている飲み物が合うようです。



チルアウト
紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ3包入れて、5~6時間冷やすだけで、
簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい。

★「本格ティーバッグで簡単アイスティー!」のブログはこちら♪


20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「GOLD」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、水色を楽しんでください。

もちろん!アイスティーにもおすすめのブレンドです♪

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト

英国定番のキャロットケーキが!

こんにちは休日。6月は大阪へ行ったり、
韓国へ行ったり、少しバタバタと過ごしていました。

韓国ネタで、前々からご紹介したいと思っていたことがあります。
実は、イギリスのティールームで愛されているケーキで、
お隣の韓国でも昔から愛されているケーキがあるんです。

それは〈キャロットケーキ〉です。

イギリスの人に「好きなケーキは?」と聞くと多くの人が
このケーキを挙げるほどの人気ぶりですが、
同じように、韓国でもこのキャロットケーキは人気&定番です。

韓国では愛され続けているだけあって、味わいも本格的!
日本ではなかなか味わえる場所も少ないので、
旅行で訪れたら、ぜひカフェで食べてほしいケーキの一つです。


201806korea2.jpg


キャロット・ケーキ(Carrot Cake)とは、その名の通り、
すりおろした人参を驚くほど大量に投入するケーキです。
そこにナツメグ、シナモンのミックススパイスやクルミ、
ドライフルーツ等を入れて風味豊かにします。
代表も私も子ども達も、このキャロットケーキ、大好きです。

キャロットケーキは、イギリスでは以前ご紹介した
ビクトリアサンドイッチケーキと並び、英国のティールームでの
定番中の定番。古くは中世から親しまれてきたといわれています。
そして、第二次世界大戦下、砂糖が高価だった時代、
甘いケーキを作れるほど砂糖は配給されず、砂糖の代わりに
たくさんのあま~い人参を入れたケーキやプディングのレシピが
イギリス中に広まり、メジャーなケーキとして定着しました。
いまでも、イギリスのティールームでも必ずある人気者です。


20180623carrot1.jpg


ちなみに現代、イギリスや韓国で見かけるキャロットケーキは
大抵クリームチーズのフロスティングでデコレーションされています。
これはアメリカで1960~70年代にかけて始まったといわれています。
韓国ではアメリカのようにキャロットケーキに珈琲を合わせる人も
多いのですが、イギリスではほとんどがミルクティーを合わせます。
伝統のミルクティーとの相性は最高レベルと言える見事な味わいです。

その場合、キャロットケーキの人参、スパイスの味わいと茶葉の甘み
を楽しむため、お砂糖は入れないミルクティーであることがポイント!

写真は、韓国のEマートというスーパーで見つけたキャロットケーキ。


201806korea4.jpg


1個がとても大きなカップケーキ型になっています。
冷凍ケーキですが、ふわふわした生クリームのような食感の
クリームチーズのアイシングもおいしいです。


201806korea1.jpg


今回ティータイムをしたカフェ入り口の看板で
“韓国でキャロットケーキが愛されていること”を裏付ける
面白いものを見つけました!

このカフェは世界のケーキが楽しめるコンセプトなのですが、
アメリカはレッドベルベットケーキ、ベルギーはチョコタルト、
イタリアはティラミスと定番の顔ぶれですが、
韓国はやっぱりキャロットケーキになっているんです。
キャロットケーキは韓国のケーキというイメージなんです。

ちなみに、日本は何だと思いますか?
日本はロールケーキでした^^


201806korea3.jpg


ちょっと楽しい!世界が意外なところで繋がる
ティータイム菓子のお話です。



チルアウト
紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ3包入れて、5~6時間冷やすだけで、
簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい。

★「本格ティーバッグで簡単アイスティー!」のブログはこちら♪


20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「GOLD」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

おいしく高品質な茶葉は、茶葉の香りが良いだけでなく、
お湯を注いだ後に茶葉本来の香りがより際立つのが特徴です。

「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、水色を楽しんでください。

もちろん!アイスティーにもおすすめのブレンドです♪

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




台湾で見つけた素敵なビスケット缶

台北の人気スイーツ店「Le Ruban patisserie(法朋烘培甜點坊)」。
地元の人で賑わうお店で、中のカフェでお茶しようと思ったら満席。
他にも待っている方もいたので、おいしそうなレモンアイシングの
ケーキや日向夏ケーキ、メレンゲケーキ等を持ち帰りにして、
ホテルのお部屋でリントンズと一緒にティータイム。どれもおいしい!

このお店は、ショーケースに並ぶ美しいケーキも魅力的ですが、
紅茶に合いそうな焼き菓子の種類が豊富なんです。
その焼き菓子のディスプレイも素敵で、選ぶのにワクワクします。

そして、生ケーキを日本に持ち帰るのは難しいけれど、
店内でとてもかわいいビスケット缶を見つけ購入しました。
台湾土産にもなりそうな素敵な缶を開けると、
これまた台湾メイドを感じられるビスケットがたくさん入っています。

TAIWANESE COOKIE COLLECTION
1缶 820元(約3,000円)です。


20180420twtin4.jpg


パイナップルが名産の台南關廟のパイナップルを使った
ジャムクッキーのように、台湾各地の名産品使用のクッキーです!
台南佳里の胡麻を使ったサブレや南投霧峰の龍眼メレンゲクッキー、
南投埔里のローズのうずまきクッキー、屏東九如のパレ・ブルトン、
烏來の馬告(台湾ペッパー)を使ったミルフィーユクッキーと、
この1缶で台湾各地の名産品をクッキーで楽しめてしまいます。

左下・右上のドーナツ型は、彰化鹿港の全粒粉の麺茶クッキー。
鹿港には何軒か麺茶の名店があるそうです。
麺茶とは、炒めた小麦粉とお砂糖、白ゴマに熱湯を注いで
作られたお茶です。実際はお茶というよりはおやつに近いような…
香ばしさの中に素材の甘さを感じられる味。

台湾は茶葉を使わない“お茶”が存在するのも興味深いですよね。


20180420twtin6.jpg


他にも、お茶好きにはたまらない嘉義阿里山の烏龍茶クッキーまで!
クッキーが茶葉の色、カタチなのもかわいいです。
これが驚くほど烏龍茶葉の味がしっかりしておいしいです。


20180420twtin8.jpg


ぎっしり詰まったクッキーを取り出すのに使うウッド棒入り。
お店のこんなちょっとした心遣いが嬉しいです。


20180420twtin7.jpg


レトロな雰囲気のデザインの缶には、材料に使われている
ローズやパイナップル、龍眼等の気球が描かれていてかわいい♪


20180420twtin1.jpg


淡いブルーの缶は同じデザインのピンクの箱に入っています。
もうすぐGWで台湾に行かれる方もいるかもしれませんが、
台北101からタクシーですぐなので、お茶休憩にも
お土産にもおすすめのスイーツ店です。
斜め前には行列も出来る有名なチョコレートショップもあります。


20180420twtin9.jpg


クッキーといえば、永康街の「手天品」も大好きなお店です。
ここのうずまきクッキーとビスコッティがおすすめです。
1袋にたっぷり入って、100元(約350円)ほど。
あと、カラフルなキャンディ型の包みは、
デーツ(なつめ)にクルミがはさまった台湾のおやつです。
迪化街にもよく売っています。昔から大好きな組み合わせです。
台湾土産の定番パイナップルケーキも売っています。


20180419twtea3.jpg


店内にはパイナップルケーキがぴったりと2個入る
こんなBOXも別売であり、これがまたおしゃれなんです。
たしか1箱5元(18円)くらいです。お土産で渡す時に良いです。

これは台湾でよく見かける漢字「囍」のデザインBOX。
幸せの象徴としても使われる縁起が良い漢字です。


20180420twtin2.jpg


この「手天品」のお菓子、滞在中に食べてしまったりもして、
もっとお土産にも買いたいなと思い、再び来店したら、
お店の方が「あら~!」と覚えていてくれて、
子ども達の分もお茶とおやつを出してくれたんです。
台湾の人って、本当にナチュラルで優しくて感動します。

こんなちょっとした出逢いも旅の醍醐味です♪



ワールドティ2018ロゴ
〈 ワールド・ティー・フェスティバル2018、出店情報! 〉

5月中旬、英国フェアでお馴染みの阪急うめだ本店9階に、
イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、オーストリア、
アメリカ、ニュージーランド、フィンランド、スリランカ、トルコ、
インド、マレーシア、ベトナム、中国、台湾、日本などなど
各国の人気ティーブランドが一堂に集結します!
伝統あるティーブランドから新進気鋭のティーブランドまで
世界の様々なお茶や飲み方のスタイルが楽しめます♪
ぜひ各国の違いにも注目してほしい貴重なお茶イベントです。
こんなに沢山の試飲を楽しめる機会もなかなかないと思います。

期間:2018年5月17日(木)~5月21日(月) 5日間
時間:10:00~20:00 ※金土は21:00まで ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階 祝祭広場&ギャラリー


20170518セミナー代表
〈 イギリスで愛される紅茶とティータイム雑貨の魅力 〉

速報! ワールド・ティー・フェスティバル 英国紅茶セミナー開催!!
阪急うめだ本店「ワールド・ティー・フェスティバル2018」内で、
去年好評だったリントンズのティーセミナーを内容を変えて、
初日17日(木)と18日(金)の午後に開催予定です。

今年は、イギリスの紅茶愛好家たちに、リアルに愛されている
紅茶の淹れ方や飲み方、選び方、愛されているティータイム雑貨を
リントンズジャパン代表・岡田がご紹介していきます。

阪急うめだ本店のイベント予約の申し込みサイトにて、
5月より先着で募集が始まるそうです。
募集日時等の詳細は、また日が近くなりましたらお知らせ致します。

参加費は無料です。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「GOLD」。
老舗紅茶商4代目社長のサイモン氏&スー夫人がイギリスの
ご自宅で普段にもおもてなしにも愛飲している紅茶。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!
「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りとまろやかさと甘みを楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
リントニアンに大人気の限定紅茶缶、好評発売中!
イギリス紅茶商から届いた新鮮な紅茶やグッズも揃います。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




台湾で愛される烏龍茶ミルクティー

20180410taiwantea.jpg


5月に開催されるワールド・ティー・フェスティバル2018にちなんで、
今日はイギリスの伝統的なお茶の飲み方〈ミルクティー〉は、
〈世界でも定番的に愛されているお茶の飲み方〉というお話です。
ミルクティーは邪道なものではなく、とても奥が深い飲み方です。

春になって、数日間訪れた台湾。
台湾は日常で気軽にお茶を飲む文化が根付いています。
意外に思うかも知れませんが、台湾でも定番的に愛されている
飲み物は〈ミルクティー〉です。
しかも、〈ミルクティー〉の種類は紅茶に限らないのが台湾流!

一番よく飲まれているのは、烏龍茶のミルクティーです。
これがとてもおいしいので、家族みんな大好きです。
台湾の烏龍茶ミルクティーがおいしい秘訣は、
発酵度の高い烏龍茶を使っていること。

そもそも台湾で有名な「東方美人」。
イギリスのヴィクトリア女王が感動し、“オリエンタルビューティー”と
名付けたお茶で、分類的には烏龍茶ですが、発酵度は
非常に高く、現実的には烏龍茶と言うよりも紅茶に近いです。
台湾では、「東方美人」のような発酵度の高いお茶を得意としており、
それが台湾の烏龍茶の魅力だと思います。

だからこそおいしい!烏龍茶ミルクティーは、
ただ烏龍茶を濃く抽出しても無理なんです。
発酵度の高い烏龍茶を使うことがポイントだとか!

台湾の朝食屋さんの烏龍茶ミルクティーと蛋餅(ダンピン)。
日常で愛されているお茶そのものです。


20180419twtea5.jpg


台湾のミルクティーの種類はまだまだあるのが面白いところ!

台湾のカフェでは、お茶の種類も多くテンションが上がります。
街の中には、お茶のドリンクスタンドも(お茶以外も)たくさんあり、
台湾の人はこのドリンクスタンドをよく利用しています。
種類豊富、お砂糖の量や氷の量も選べるのが特徴で、
中には茶葉からその場でお茶を淹れていくスタンドもあります。
コンビニのペットボトルと値段もあまり変わらないので、
私たちもドリンクスタンドで飲み物を買うことばかりです。
ペットボトルホルダーならぬ、ドリンクスタンド用の
カップホルダーを持っている人も至るところで見かけます。

ワールド・ティー・フェスティバル2018にも出店する〈天仁茗茶〉。
台北には至るところに〈天仁茗茶〉のドリンクスタンドがあります。

一般的なドリンクスタンドのお茶メニューはミルクティーだけでも、
紅茶のミルクティーから烏龍茶ミルクティー、ほうじ茶ミルクティー、
ジャスミン茶ミルクティー、抹茶ミルクティー、タピオカミルクティー
などなど沢山の種類があります。他にも、最近では
緑茶ミルクティーやチョコミルクティーというのも見かけます。
香港で定番の珈琲とミルクティーをMIXした鴛鴦茶もあります!

爽やかなフレーバーが特徴のジャスミン茶も
ミルクティーにして楽しむのも、台湾では一般的な飲み方です。
ミルクと合わせることで口当たりがまろやかになり、不思議ですが
ジャスミンティーの味わいを上品に、香りをより際立たせることも。
実はミルクティーにも合う茶葉なんです。

台湾の人は本当にミルクティーが大好きなのが伝わります。


20180419twtea2.jpg


台湾は烏龍茶に限らず、紅茶も有名でよく飲むそうです。
日月潭(にちげつたん)紅茶は、南投県魚池郷に位置する
台湾最大の湖「日月潭」の周辺地域で生産される紅茶ブランドです。
日本統治時代に台湾紅茶の父といわれる新井耕吉郎氏が
インドからアッサム種を台湾に持ち込んで栽培したのが始まりだそう。
標高が高く温度差の激しい日月譚付近の紅茶は、
最近は品質も見直され、台湾国内でもおいしいと人気があります。

なので、街のカフェでも気軽に楽しめます。
写真は、ホテルの朝食のカフェでいただいた日月潭紅茶。
機会があれば、台湾紅茶を味わってみるのも楽しいですよ。


20180419twtea4.jpg


泊まったホテルは朝食がおいしくて、朝食もドリンクも
毎朝カフェメニューから好きなものを選べたので楽しかったです。
写真は、味噌ポークとアップルとチーズのパニーニ。
サラダに入っていたスターフルーツが台湾らしくってかわいい!


20180420twtea2.jpg


カフェには、こんな台湾式ブレックファストもありました。
ゴロゴロとタロイモが入った台湾のお粥、焼魚には花椒塩。
そして、台湾はエリンギもおいしい!
夜市でもエリンギの醤油焼きの屋台もよく見かけます。


201800420twtea1.jpg


フルーツたっぷりのパンケーキも朝から楽しめました♪
台湾は世界でも有名なパン職人を輩出したり、
小麦粉を使った焼き菓子のレベルが高いと聞きます。
パニーニもパンケーキもとてもおいしかったです。


20180421twtea1.jpg


そして、カフェメニューにある紅茶や烏龍茶、ミルクティーと
いろいろ飲みましたが、ほうじ茶ミルクティーもありました!


20180419twtea.jpg


抹茶ミルクティーも飲みました。ちゃんと丁寧に作っています。
お砂糖は入っていないので、抹茶本来の甘みが楽しめます。
日常においしいお茶の種類がたくさんあるので、台湾好きです。

おいしい朝食とお茶があるおかげで?台湾滞在中の朝は
ほとんどカフェでおしゃべりして過ごしていました^^


20180419twtea1.jpg


余談ですが、少し高級なカフェや茶藝館、レストランでお茶を頼むと、
こんなティーポット&ティーウォーマーが出てくることも!
ゆらゆらとキャンドルを眺めながら、癒やされるティーグッズです。


20180404teapotwarmer.jpg


台北の食器屋さんでもよく見かける、このティーグッズ。
シンプルな白のティーポット、とくに形が気に入り購入しました。
下のティーウォーマーは日常では使いませんが、台湾土産に。
セットで300元だったので、日本円で1,000円くらいでした。

このティーポットで毎朝紅茶を淹れていますが、持ちやすくて、
驚くほど注ぎやすいです。家族分の紅茶をたっぷり淹れられます。
使うたびに“台湾旅”を思い出して、朝から少し楽しくなります。


20180419teapottw.jpg


台湾は蛋餅の朝食屋さんやサンドイッチの朝食屋さんから
街の軽食屋さんまで、本当にミルクティーを一緒によく飲みます。
ドリンクは豆乳とミルクティー(奶茶)の2種類だけのことも。

そのとき、紅茶のミルクティーだけでなく、発酵度の高い烏龍茶が
ミルクティーにされていることも多く、この烏龍茶ミルクティーを
飲みたくて、台湾に来ているのかもしれません^^



ワールドティ2018ロゴ
〈 ワールド・ティー・フェスティバル2018、出店情報! 〉

5月中旬、英国フェアでお馴染みの阪急うめだ本店9階に、
イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、オーストリア、
アメリカ、ニュージーランド、フィンランド、スリランカ、トルコ、
インド、マレーシア、ベトナム、中国、台湾、日本などなど
各国の人気ティーブランドが一堂に集結します!
伝統あるティーブランドから新進気鋭のティーブランドまで
世界の様々なお茶や飲み方のスタイルが楽しめます♪
ぜひ各国の違いにも注目してほしい貴重なお茶イベントです。
こんなに沢山の試飲を楽しめる機会もなかなかないと思います。

期間:2018年5月17日(木)~5月21日(月) 5日間
時間:10:00~20:00 ※金土は21:00まで ※最終日は18:00閉場
場所:阪急うめだ本店 9階 祝祭広場&ギャラリー


20170518セミナー代表
〈 イギリスで愛される紅茶とティータイム雑貨の魅力 〉

速報! ワールド・ティー・フェスティバル 英国紅茶セミナー情報!!
阪急うめだ本店「ワールド・ティー・フェスティバル2018」内で、
去年好評だったリントンズのティーセミナーを内容を変えて、
初日17日(木)と18日(金)の午後に開催予定です。

今年は、イギリスの紅茶愛好家たちに、リアルに愛されている
紅茶の淹れ方や飲み方、選び方、愛されているティータイム雑貨を
リントンズジャパン代表・岡田がご紹介していきます。

阪急うめだ本店のイベント予約の申し込みサイトにて、
5月より先着で募集が始まるそうです。
募集日時等の詳細は、また日が近くなりましたらお知らせ致します。

参加費は無料です。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


20170912gold.jpg
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「GOLD」。
老舗紅茶商4代目社長のサイモン氏&スー夫人がイギリスの
ご自宅で普段にもおもてなしにも愛飲している紅茶。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!
「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りとまろやかさと甘みを楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
リントニアンに大人気の限定紅茶缶、好評発売中!
イギリス紅茶商から届いた新鮮な紅茶やグッズも揃います。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




2018年も楽しいお茶ブログを!

2018年がスタートしました。今年も宜しくお願い致します。

元旦の朝にまずリントンズの紅茶をティーポットで淹れました。
いつもの朝の習慣ですが、いつもよりも丁寧に淹れました。
リントンズ紅茶とともに過ごして、もう10年以上になりますが、
2018年の朝も、心から「おいしい~」と思いながら、ホッとできる
大切な人生のパートナーである紅茶が日常にあることが幸せです。

リントンズの紅茶には不思議な魅力があります。

そんな紅茶の魅力を皆さんにもっともっと知ってもらうために、
ジャパン社長・岡田は来月にもイギリスへ旅立つ予定です。
毎年、本場・紅茶の国で110年続く老舗紅茶商であるリントンズで、
紅茶の在り方や最新の紅茶事情について学んでいますが、
今回は、4代目社長サイモン・スミス氏や専属ティーブレンダーから、
紅茶のあれこれについて、より深く学ぶスケジュールでいます。

2018年も皆様に、イギリスの紅茶事情をお伝えしていきます。

紅茶をより深く知るためには、いろんな紅茶(お茶)に限らず、
いろんな飲み物にも興味を持つようにしています。
紅茶のことばかり学ぶのでなく、いろんな飲み物の世界を見て、
初めて知る、見えてくる紅茶の魅力があります。

年末は、香港で愛されているお茶についてブログを書きましたが、
今日は韓国のお茶や飲み物事情について少し触れてみたいと思います。
冬期休暇はお買い物とおいしいものを食べに、
韓国にいつもよりも長めに、暮らすように滞在しました。

リントンズ専属の熟練ティーブレンダー・ジェームズ氏も言いますが、
お茶の世界は、国土や文化の違い、歴史背景が、
その国ならではの飲み方や楽しみ方に大きく影響しているものです。

例えば、韓国でのお茶は、過去に茶生産や消費が激減したり、
紅茶にサツマイモの葉を混ぜた粗悪品が出回ったり、良質な茶葉が
入手しにくかったこともあり、独自のお茶文化があります。

古くから伝統茶というものが愛されています。
有名なものでは、柚子茶や五味子茶などがあります。
伝統茶は茶葉を使わない“お茶”であることが多いのが特徴です。
韓国でのお茶と称される飲み物の文化は、
日本や中国とはかなりの違いがあり、それが興味深いところです。

どちらかと言うと、種類豊富な韓国の伝統茶は、
健康や美容のためというイメージでハーブティーのような感覚です。

写真は韓国「TEAZEN」というメーカーの伝統茶ティーバッグです。
向かって右下から、菊茶、ゴボウ茶、トラジ茶です。
菊茶は、疲れ目やリラックス効果、
ゴボウ茶は、利尿作用もありダイエット効果、
トラジ茶は、風邪や咳、痰など呼吸器系に効果があるそうで、
冬の寒く、乾燥する季節によく飲まれるお茶だとか。

韓国に古くからある「薬食同源」という食の概念が存在しています。

トラジ茶とはキキョウの根の茶で、少しスープのような味わいで、
お料理に使えそうだなぁと思っていたら、
キキョウの根は、ナムルやキムチにも使われる食材だそうです。


20180108koreatea.jpg


余談ですが、釜山の街をブラブラしていたら、驚く出逢いが!!!
ロンドン発のカメリアズティーハウスのティールームを発見!
韓国のカフェの一部に商品が取り扱われている感じでしたが、
イギリスのHPでは、ロンドン店と釜山店のみと紹介されていました。
ロンドン店は現在リニューアルで閉店中(2017年)のようなので、
世界でもカメリアズティーハウス直営ティールームを楽しめるのは、
ここ韓国の釜山店だけ!ということになります。とても貴重です!


20180108cafe2.jpg


韓国の日常では、紅茶等のお茶よりもコーヒーがよく飲まれます。
いまでも紅茶は遠い国の憧れの舶来品というイメージです。

飲み物は、歴史背景が嗜好に大きく影響しているものです。
韓国では、19世紀末にコーヒーが知れ渡るようになり、
当時高価な飲み物であったため庶民が味わうことは難しいものでした。
しかし、朝鮮戦争後に米軍が駐留したことで、インスタントコーヒーが
大量に出回り、コーヒーが最も大衆的な嗜好品となったそうです。
米軍の韓国駐屯とともに韓国のコーヒー文化が定着したそうです。

いまでも、韓国のそのコーヒー文化ははっきりと見て取れます。
スタバのような韓国独自のコーヒーチェーン店も多くありますし、
寒い日に市場で買い物をしていたらコーヒーを出してくれたことも。
韓国主流のインスタントのスティックコーヒーで!
日常では、このインスタントコーヒーを楽しんでいることが殆どです。


2016スティック3


日本や中国、イギリス等ではお茶を飲む文化が発展し続けましたが、
アメリカはコーヒー文化です。韓国はその文化を受け継いだ形です。

そんな歴史背景や関税の影響もあり、コーヒー文化は成熟しています。
コーヒーに限らず、カフェの種類も多く、トレンドも早く、
独自に進化し続けているところもアメリカ文化に近いものがあります。
韓国は、アジアの中でもファッション等のトレンドの感度も高く、
それが食べ物等にも影響し、流行りのインスタ映えするものもたくさん!

そんなものもちゃっかり、しっかり楽しむのも韓国旅の魅力です。

釜山発カフェ「ユーダリー」。飲み終えたらボトルは持ち帰りOK!
20180108cafe1.jpg

レインボーケーキはいまでは韓国定番のケーキ!
20180108cafe4.jpg

ココアクリームたっぷりのホットチョコ!これで350円!
20180108cafe3.jpg

韓国で人気のホットチョコ。新商品のHERSHEY'Sのホットチョコ!
20180108cafe6.jpg


ちょっと変わったものでは、韓国にはコーヒーバッグがあります。
日本でもよく見るドリップバッグコーヒーではなく、
紅茶のティーバッグのように淹れるコーヒーのことです。
コーヒーは1杯に使う豆の量も多いし、このコーヒーバッグの
大きさで大丈夫なんだろうか?と淹れてみたら・・・
案の定、驚くほど薄いです。
韓国はアメリカンコーヒーのように薄いコーヒーも主流ですが、
アメリカンの中でもアメリカン、というほどの薄い味わいです。


20180108koreacoffe.jpg


そしてなんと!98%がティーバッグで紅茶を淹れるイギリスでも、
最近“コーヒーバッグ”というものが登場したんです!
それは、韓国のコーヒーバッグとは全然違うものでした。
イギリスの“コーヒーバッグ”は、またブログでご紹介したいと思います。



20170524breakfastimage.jpg
イギリスで人気№1のブレンド「ブレックファスト」。
長年愛され続けている伝統ブレンドレシピはそのままに、
リントンズ紅茶は、独自のリーフロック製法により、
さらに新鮮な茶葉をお客様のティーカップにお届けします。
ティーバッグにお湯を注いだ瞬間のアッサム茶葉の香り、
ミルクティーにした時の味わいは「完璧な英国紅茶」です!

★「Breakfast」 100袋200杯分(茶葉300g) 税込2,000円


コピー ~ new logo

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR