FC2ブログ

必読!リントンズ紅茶の保管方法で「やってほしいこと」と「絶対やらないでほしいこと」。

現在、オンラインショップを利用されるお客様が増えており、
はじめてリントンズ紅茶を飲まれる方も多いのではないかと思います。

紅茶は食品なので、保管方法で味も変わってしまうほど
大切なことなのに、意外と知られていない正しい紅茶の保管方法。
今日は、届いたリントンズ紅茶の保管方法で「やってほしいこと」と
「絶対やらないでほしいこと」をわかりやすく教えたいと思います。

リントンズの紅茶パッケージは世界でも類を見ない唯一無二の包装。
これを聞いて「えっ?!ただの簡易的なパッケージではないの?」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
英国老舗紅茶商が何十年とこだわって開発してきたもので、
茶葉が酸化しにくいように徹底的に考えられた包装なんです。

しかも!嬉しいことに、お客様に難しいことは何一つなく、
このアルミパック袋のまま保管するだけ!!でOKなのです。
英国紅茶業界でも高く評価されており、最近はイギリスでも見た目だけ
似たような包装を取り入れているメーカーも増えていますが、
リントンズの包装はプロの技術で作られている唯一無二の包装です。

リントニアンの方はすでにご存知の方も多いと思います。ただお客様の
中には、このパッケージの凄さを知らないまま、缶や瓶に移し替えたり
してしまう方もいるようですが、それは絶対にやらないでください!!!

缶と比べものにならない保存力があるのに、もったいないのです。
むしろ「中身のティーバッグがなくなったら、この袋を再利用して
他の茶葉もこのリントンズの袋で保管したいくらい!」というお客様も
いるほど、知っている方はこのレアな保管力の凄さに驚いています。


20200307ゴールド


まず中身のリントンズの茶葉の特徴は、とにかく新鮮!
製造工程に実質4日間しか費やされていない紅茶なんです。

ピンと来ない方もいるかもしれませんが、茶葉を摘んでから
商品化されるまで、どのくらいの時間がかかり、どのように保管され、
どのように紅茶になっているのか知らないままの方も多いと思います。
もしかしたら茶葉摘採後、商品化されるまでに
半年~1年以上も経っている茶葉もあるかもしれません。

リントンズは厳選した契約農園の高品質な茶葉を摘採後48時間以内に
真空にし英国へ、そこから48時間以内にブレンド・加工・パッキング
して商品化されている稀な紅茶です。これも本当に凄い技術なんです。
摘採後、茶葉が空気に触れた時間が4日間以内ということですから。
農園との長年の信頼関係、現地にも英国にも専属の熟練ティーブレンダー
など紅茶のプロがいないと、ここまで徹底することはできないのです。
そして何よりもコストがかかり、他メーカーはやりたがらないそうです。

リントンズのパッケージを開けると、中にはアルミパック包装が
2袋入っています。リントンズの表の紅茶パッケージには
ティーバッグ100包と書かれているので「開けたら飲みきれるかしら?」
と不安に思う方もいるのですが、ティーバッグ50包ずつに
2袋にわけてアルミパック保存されています。
これは、開けていないほうの茶葉酸化をできるだけ抑えるためです。

このアルミパック内の茶葉は、人体に無害の窒素充填により、
アルミパック内の酸素濃度を極限までゼロに近づける、
英国老舗紅茶商の唯一無二の技術で守られています。
だから中身のティーバッグ紅茶は新鮮な状態でお客様に届きます。

それがリントンズ独自の紅茶製法「リーフロック」です。


202004031.jpg


リントンズ独自のアルミパック袋は特殊な素材で、パッキングする際も
“ダブルシーリング”と呼ばれる2重密閉の技術で保存されています。
通常であれば薬局等で使用されているレベルの気密性なんです。
この保存力は、缶や箱、紙袋、透明袋と比べものにならないものです。

茶葉は繊細なものなので、酸化を抑制する目的もありますが、
茶葉本来の香りや味わいを楽しむために、香りが移るのも防ぎます。

そのため、リントンズの紅茶缶に入っている紅茶も、
必ず、このアルミパックで密閉された状態で缶に入っています。
お客様から「これは珍しい!」といわれるのですが意味があるからです。

一般的な紅茶缶は、缶を開けると(たとえ中蓋があったとしても)、
リーフやティーバッグがそのまま入ってしまっていることがほとんど。
缶の中にはどうしても空気が入ってしまうため、購入したては良くても、
茶葉の酸化スピードは早く、賞味期限内であっても、開封1ヶ月後には
口の中に残るエグ味が強くなって、おいしく紅茶が楽しめないことも。

現代では、紅茶の技術も進化し、紅茶缶以上の保管力のある
このアルミパック袋が優秀です。おしゃれな紅茶缶で保管する時も
必ず、このアルミパック袋に入れたまま、缶で保管してください。


20200407パッケージ


このアルミパック袋を開ける時、老舗紅茶商リントンズ4代目
サイモン・スミス氏からお願いされたことが2つあります。

まず1つは、アルミの袋をビリビリに破かず、口を上手に開けて。

そして2つめは、リントンズは封を切った瞬間に、茶葉のとても
いい香りがします。サイモン氏もいつも封を切った瞬間の香りを
「新鮮な茶葉の香り」と誇らしそうに、満足げに語ります。
ぜひ、この農園で味わうかのような新鮮な香りを楽しんでほしいと。

フレーバー等で着香していない本物の茶葉のフレッシュな香りを
楽しめるのは、リントンズのスペシャル感です。
普段から着香したフレーバーに慣れている方は意外とこの天然の香りを
感じにくいそうですが、本物の茶葉を味わい続けていると、
その茶葉本来の香り、味わいに感動すると思います。
とくにゴールドは華やかな香り高く、これが新鮮な茶葉の香りなんです。

お客様がこの新鮮な茶葉の香りとおいしい紅茶に出逢うためには、
紅茶商のリントンズが茶木にある状態からティーバッグまで、
いかに茶葉をケアしてあげるかが大切なことなんだと語っています。
それは、ティーバッグが入っている商品のパッケージまで必要だ、と。

ぜひ毎回、封を切った瞬間の茶葉の香りを楽しんでみてください。
我が家は15年、リントンズ紅茶を飲み続けているのですが、
この封を開ける瞬間が楽しみすぎて、家族が集まることもあるほど(笑)


202004033.jpg


ここからが大切なポイントです。

ティーバッグを取り出した後は、アルミ袋の空気を抜くようにして、
(※なるべく空気を抜くのは、パック内の酸素濃度を低くするため)
ダブルクリップ等でしっかり口を閉じて保管してください、と。
紅茶缶だけでは、この空気を抜くことができないのが難点なのです。
袋を止めるものは、輪ゴムやパッチンなど何でも良いですが、
サイモン氏はこの事務用品のダブルクリップがベストだといいます。

ポイントといっても、これだけです!!!

缶以上の保存力なので、この状態でキッチンに置いて大丈夫です。
よく「その後、ジップロック等に入れたほうが良いですか?」とか
「紅茶缶に入れたほうが良いですか?」と聞かれますが、
アルミパック袋だけで充分です!このアルミパック袋が重要です!
おしゃれな缶で保管する場合も必ずこのまま缶に入れてください。
だから絶対!絶対!中身を移し替えたりしないでください!!

そして、紅茶は必ず常温保管です。
冷蔵庫や冷凍庫での保管も、茶葉に光が当たるのもNGです。
常温できちんと茶葉を新鮮な状態で保管できるように老舗紅茶商が
発明した、唯一無二の素晴らしい包装(茶葉保管方法)なんです。
おかげで最後の1杯まで新鮮でおいしい紅茶を楽しむことができます。


202004034.jpg


今日は紅茶の保管方法の具体的なNG集もまとめてみました。
絶対やってはいけない!茶葉の酸化スピードの早い保管方法です。

① 空気に触れ続けることはNGです。✖

そのまま、茶葉をはだかで置いておくのはもっての他ですが、
紅茶缶や紙箱、紙袋などにリーフやティーバッグを
そのままガサッと入れておくのは茶葉酸化してしまいます。
茶葉に紙箱や紙袋の香りもうつり、紅茶を淹れた時に紙臭いことも。

イギリスのスーパー等に売っている紅茶でも
紙箱を開けると、そのままティーバッグが100包もガサッと
入っていることも多いのですが、これは茶葉酸化が早くなります。
購入後すぐに、紅茶の保管方法を考えなくてはいけません。


20200406ティーバッグ2


余談ですが、リントンズは英国のスーパーでは買えない紅茶です。
新鮮で高品質な紅茶を確実にリントニアンにお届けするために
販売地域や販売方法を限定しているイギリスの紅茶です。
だからこそ、こだわりのある英国の紅茶愛好家に愛されている紅茶で
あり、そのような紅茶愛好家は“リントニアン”と呼ばれているのです。

イギリスの家庭ではそれぞれ“我が家の紅茶”が存在します。
リントニアンなら「我が家はゴールド」「我が家はブレックファスト」と
だいたい決まっているので、その紅茶を長年愛し続けます。
中には80年以上飲み続けているロイヤルリントニアンも存在します。


20190307teaman3.jpg


英国リントニアンにも信頼されている老舗紅茶商のアルミパック袋。
そのリントンズの貴重なアルミパック袋を捨ててしまい、
紅茶缶にガサッと移し替えてしまうのはもったいないNGです!

せっかく新鮮な状態で自分の手元まで茶葉が届いて、
紅茶愛好家は再利用してまで使いたい!という保存袋から
移し替えてしまうのは、本当に本当にもったいないことです。


20200406袋2


② 実は、繊細な茶葉は光も苦手です。✖

透明な瓶や袋で、リーフやティーバッグが丸見えの状態も
茶葉には良くありません。私はこれを見るとドキドキしてしまいます。

おしゃれな密閉性のある透明瓶などでの保管は
一瞬見た目は良いのですが、紅茶缶だけの保管と同じ発想です。

むしろこちらは、空気だけでなく光に触れてしまう機会も多く、
さらに不安です。茶葉が丸見えになるような透明な入れ物は
瓶でも袋でもNGと覚えておくことが大切です。


20200406ティーバッグ3


よくラッピング等に使われる透明袋に茶葉丸見えもこのままではNG。
これは包装されているようで、どんどん酸化が進んでしまっています。
茶葉をはだかで置いておくのとあまり変わりません。

紅茶を購入するときも、見栄えだけじゃなく、本当に茶葉のことを
考えたパッキングなのか自分の目で確認することも大事です。


20200406袋1


③ 温度の変化、湿度もよくありません。✖

茶葉を冷蔵庫・冷凍庫に入れるのは、絶対NGです!
紅茶は必ず常温保管で、冷蔵庫や冷凍庫に入れてはいけないのです。
茶葉には脱臭・消臭効果があるので、人間が感じない程度の
冷蔵庫の香りを少しずつ吸い取って、香りや味が変わっていきます。

そして、繊細な茶葉は温度の変化にも弱く、冷え切った茶葉に、
いきなり沸騰した高温のお湯を注ぐことは、
大きなストレスになり、茶葉が上手に抽出されることを妨げます。

紅茶は常温保管がベストです。
ただ、完全発酵で乾燥させた紅茶は湿度もNGです。

空気、光、温度(湿度)、この3つから、鮮度の高い繊細な茶葉を
ご自宅で本気で守るのは意外と難しいことです。
そこで考えられたのが、リントンズのアルミパック包装です。

お客様のことを考えて生まれた「誰でもできる紅茶の保管方法」です。
それだけ茶葉を大切に想い、お客様のティータイムに真剣なのです。
簡易的に見えますが、実はコストが非常にかかっている高級な包装です。
そして、世界でも唯一無二の紅茶商の高度な技術です。


202004032.jpg


このアルミパックの保存力を裏付ける出来事がイギリスで起きました。

昨春、リントンズジャパン社長・岡田が渡英した時、
ティーブレンダー達とアフリカの茶葉が中心に運ばれてくる大きな港へ。

一般客は決して入れない珍しい場所だそうですが、
リントンズ5代目ダニエル・スミス氏やティーブレンダーたちと共に、
港の担当者の方に1つ1つ案内してもらったそうです。

そこで休憩をとった時、ダニエル氏が港の担当者に、
「いまストックにリントンズ紅茶はあるか?」と尋ねると、
担当者が「封を開けていないゴールドがちょうどあるよ!」と
持ってきてくれたそうです。
しかし!それは賞味期限が切れていたのです・・・。

すると、ダニエル氏が封を開けてスーッと香りを吸ったあと、
「とてもフレッシュな香りだ」といい、その紅茶を淹れ出したのです。
岡田も担当者も一口飲んで「・・・おいしい!」と。
正直、賞味期限切れなのに変わらない香りと味わいだったそうです。
ダニエル氏もティーブレンダーたちも「やっぱりおいしい!」と。

「これがリントンズのアルミパックの素晴らしい保存力なんだ!」
と嬉しそうに、誇らしそうにしていたそうです。


20180309teatasting.jpg


リントンズの紅茶は高品質で鮮度が高いだけでなく、
パッキング状態も素晴らしいので、賞味期限が過ぎたものでも、
正直ほとんど茶葉が酸化していないという衝撃的な事実。

「リントンズはなぜ冷めても、ティーバッグを入れっぱなしでも
渋くならないのですか?」とお客様からよく聞かれますが、
それは茶葉が新鮮だからです。空気やお湯に触れても、
もともと酸化していない上質な茶葉は、渋味、エグ味がないのです。
だから、驚くほどスルスルと飲めてしまいます。
新鮮で上質なミルクティーは冷めてしまってもおいしく飲めるのです。

こんなに鮮度の高い紅茶はなかなか存在しないので、「初めて飲んだ
紅茶の味わい」といわれることも。渋味やエグ味がないので
「いままでの紅茶のイメージと違う」と感じる方も多いと思いますが
それが、イギリスの紅茶愛好家が絶賛し、愛して止まない、
新鮮で上質な茶葉の証「スムース(スルスル飲める味わい)」なんです。

あの舌に残るような渋味や喉ごしにひっかかるようなエグ味など
茶葉酸化による渋味やエグ味は味わってはいけないものです。
新鮮で高品質な茶葉は、渋味やエグ味、雑味がなく、
純粋に茶葉の香りや甘み、コクがしっかりと味わえる紅茶になります。

簡単には真似のできない、英国老舗紅茶商リントンズ独自の技術で
茶葉を新鮮な状態で守るパッキング方法「アルミパック袋の保管」は、
イギリスのただのおしゃれで簡易的なパッケージではないのです。
最後のティーバッグ1包まで、新鮮な状態で保管できてしまいます。

おうちにリントンズ紅茶がある方もこれから届く方も、
必ずリントンズ紅茶はアルミパック袋で保管してくださいね!
サッと出せてサッと淹れられるので、ティータイムが身近になります。
それでいて紅茶の茶葉にとって、最高の保管方法ですから。

焦って飲まなくても大丈夫なのに、おいしくて、飲みやすいから
毎日スルスルと飲んでしまうのがリントンズの魅力です。



20190710ゴールド
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞した紅茶(ブラックティー)はなかなか出逢えない存在です。
紅茶商リントンズ4代目サイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の定番”でもあります。

サイモン氏やリントンズ専属ティーテイスターは、
「新鮮で高品質な茶葉は、ミルクとの相性がとても良いものです。
ゴールドは茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。」
と語っています。英国で愛されているミルクティーをぜひ!

★ 「ゴールド」 ティーバッグ100個200杯分(茶葉300g) 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。
在庫切れだった定番紅茶も紅茶缶もビスケットもすべて入荷中!

★ リントンズジャパン公式オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト



イギリスで活躍するティーテイスターから直々に学んだミルクティーの話。

今日は1月の英国出張で行われたティーテイスティング研修で学んだ
“本場ミルクティー”のお話を皆さんにもお伝えします。

このティーテイスティング研修は、毎日最大300種類の茶葉を
テイスティングする紅茶商のリントンズならではの体験です。
毎年渡英のたびに行われ、世界の最新の農園事情や
テーマを決めたティーセッション、今回はレアティーと呼ばれる
貴重なお茶もたくさん味わえましたが、毎回、必ず行われるのが
“ミルクティーのテイスティング”です。それだけ英国の日常だからです。

紅茶商であるリントンズには専属のマスターティーテイスターが存在し、
おいしい紅茶のために、毎日最大数百種類の茶葉を味わうだけでなく、
世界中の農園を訪れて、「茶」に関することをすべて学び、
表舞台に出る暇もないほど忙しい本物の「英国の職人」です。

ただ一つ、“おいしい紅茶を作るため”に頑張っている人達です。
その仕事ぶりを目の当たりにすると、心から紅茶を愛している、
シンプルにおいしい紅茶を届けたいだけなんだと感動します。
彼らに会うと、リントンズ紅茶をますます大好きになると思います。

その彼らが「ミルクは紅茶の茶葉を魅力的に引き立ててくれる
紅茶に不可欠な存在」だと語りますが、上質なミルクティーに
出逢うためには、ミルクティーの水色はとても大切だと語ります。

紅茶のティーテイスティングでは必ず、ミルクティーにして
茶葉の香り、水色、味わいも確認します。


20200126ringtons5.jpg


皆さんは、ミルクティーの水色をじっくり見たことはありますか?

私たちは数年前、プロのティーテイスターからミルクティーの
水色の話を学んでから、意識して見るようになりました。
いまではミルクティーの水色で紅茶の味わいが分かってしまうほど。

きっと皆さんも今日からイギリス人のようにチェックするように。
イギリス人はカップの中の水色に驚くほどこだわる人も多いんですよ。

日本では、ストレートで紅茶の水色を見るイメージもありますが、
実はミルクを入れたほうが、紅茶の水色はわかりやすくなるといいます。
紅茶の国・イギリスでは、ミルクティーにすることで茶葉の香り、
茶葉の甘み、そして、茶葉の水色を楽しんでいるそう。

今回、イギリスで110年以上続く紅茶商のティーテイスターが伝えたい
純粋においしい!上質なミルクティーに出逢うポイントは、
必ずミルクティーの水色を意識してほしいということです。

茶葉の品質の善し悪しが、紅茶の水色に必ず現れます。そして、
高品質な茶葉はストレートでも明るく、キラキラした美しい水色ですが、
ミルクを入れると、より鮮明に分かりやすいのが興味深いところです。

ティーテイスティング研修で確認したミルクティーの水色。
まさに!これが美しいミルクティー色です!!じっくり見てください。


20200117ゴールド2


新鮮で上質な茶葉のミルクティーの水色は、ひと言で言うと、
くすみの全くない、しっかりとした明るいブライトカラー。
色味は茶葉によりブラウン色系、オレンジ色系といろいろありますが、
どの紅茶色でも明るく、鮮やかなミルクティー色になるのが特徴です。

写真は英国ティールームで飲んだリントンズの〈ゴールド〉。
明るいミルクティー色で、どす黒さやくすみが全くありません。
もう、このミルクティー色を見るだけで幸せな気分になれるように。


20180721tea3.jpg


下の写真はティーテイスターが、全く同じ条件(茶葉量、茶葉の
形状、抽出時間、お湯の温度、牛乳の種類等)で淹れたのに、
こんなにもミルクティーにした時の色が違うという比較です。
しっかりと濃く抽出することで、より分かりやすくなります。
このミルクティーのテイスティングは渡英のたびに毎回行われます。
それだけ英国のミルクティーの世界の奥深さを感じるのです。

なかなかミルクティーの水色について、紅茶商のプロの視点から
じっくり教えてもらえる機会も少ないので、貴重な体験です。
そのままお伝えするので、ぜひ皆さんも一緒に感じてほしいです。

この2杯は、元々はどちらも高品質な茶葉を使っています。
ではなぜ?こんなにも水色に違いが出るのでしょう?
違いは、茶葉の鮮度です。
どんなに高品質な茶葉でも、摘採した茶葉の管理や製造工程を
細かく管理しないままだと、せっかくの茶葉が酸化してしまいます。
古くなり酸化した茶葉を使用した紅茶の水色はくすんでいきます。
味わいも、渋味やエグ味が強く、おいしい紅茶とはいえません。

酸化している茶葉は冷めれば冷めるほど渋味やエグ味が増します。
その理由は、すでにお湯を注ぐ前から茶葉が酸化しているため、
お湯を注ぎ、紅茶になった後の酸化のスピードも早いのです。
リントンズは紅茶になっても、冷めても、酸化した茶葉特有の
口の中に残る渋味やエグ味がないため、スッキリした飲み心地に
感じますが、それが新鮮な茶葉の証です。むしろ新鮮茶葉の
甘みや香りの余韻が続き、飲めば飲むほど、おいしさが重なります。
冷めたリントンズのミルクティーを飲んでも全然渋味がありません。

向かって左側が酸化が進んだ茶葉で淹れたミルクティーで、
色はくすみ(どす黒く)、暗いミルクティー色。
酸化してしまった茶葉に多く見られる水色だそうです。
紅茶の国イギリスでも割とよく見られるミルクティー色です。

右側が新鮮な茶葉で淹れたミルクティーで、
色は明るく、鮮やかなミルクティー色になるのです。
この美しい紅茶の水色を“ブライトカラー”というそうです。
つまり、ブライトカラーの水色が酸化していない新鮮な茶葉の証。

「高品質で、新鮮な茶葉」という条件が揃わなければ、
イギリスの紅茶愛好家が愛するブライトカラーに出逢えないそう。

だからティーテイスターは、紅茶の水色がより鮮明にわかりやすくなる
ミルクティーの水色はとてもとても大切だといいます。
まるで魔法のように、ミルクを入れると、茶葉本来の姿があらわに。

こうやって見比べると、よくわかると思います。
色だけでなく、味も全然違います。おいしそうな色はおいしいのです。


20180308teatasting2.jpg


何かと不安な日々が続き、いつもより家にいる時間が長い方も多いので
少し気分を変えて、おいしいミルクティー作りを楽しんでみませんか。

もし家にリントンズ紅茶があるのなら、どの定番ブレンド紅茶も
上質な茶葉をリーフロック製法で新鮮な状態でお届けしている紅茶なので
ぜひミルクティーを作って、リアルにブログと見比べてみてください!
写真で見るよりも、自分の目で直に確認したほうがより感じられます。

リントンズなら日本でもこの美しいミルクティーの水色を感じられます。
水色は硬水、軟水のお話ではなく、そもそも硬水は紅茶に合いません。
紅茶は軟水で淹れると茶葉本来の水色が楽しめます。
日本のお水だからこそ、美しい鮮やかなミルクティー色を楽しめます。
余談ですが、イギリスにも軟水の地域は多くあります。
その水色がイギリスの紅茶愛好家が愛する“ブライトカラー”です。

★ 「イギリスで愛されるミルクティーの淹れ方」はこちら♪


201911042.jpg


ただ「ミルクティーの水色をじっくり見る」という簡単なことですが、
知っておくと日常の紅茶シーンで役立つもの。
ティーテイスターが日々意識していることを少し教えてもらうだけで
紅茶の世界が広がる楽しい知識です♪

リントンズではこれからも皆さんの日常が楽しくなるような
紅茶の話やイギリスの話を肩肘張らず伝えていきたいと思います♪

紅茶の本場・イギリスで紅茶は、
誰もが肩肘張らずにおいしく楽しめるものですから。



20200304ティースタンド
● 初開催!神戸阪急「英国フェア2020」
期間:2020年 3月18日(水)~24日(火)


あの阪急の英国フェアが神戸でも開催決定!!
「阪急の英国フェア」は1970年から続く伝統の秋の催事。
春にも楽しめるようになったのは嬉しいニュースです。

リントンズからは紅茶商のミルクティースタンドが登場!
そして、初開催記念!スペシャルBOXも限定販売します。
他にも人気の定番紅茶やビスケット、紅茶缶、
イギリス気分満載の新作ティーコジーやマグカップも登場。

神戸阪急の英国フェア専用のウェブサイトも
ぜひCHECKしてみてください♪

★ 「神戸阪急英国フェア2020」のWEBチラシはこちら♪


20190710ゴールド
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「ゴールド」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞した紅茶(ブラックティー)はなかなか出逢えない存在です。
紅茶商リントンズ4代目サイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が愛する“我が家の定番”でもあります。

サイモン氏やリントンズ専属ティーテイスターは、
「新鮮で高品質な茶葉は、ミルクとの相性がとても良いものです。
ゴールドは茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで、
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。」
と語っています。英国で愛されているミルクティーをぜひ!

★ 「ゴールド」 ティーバッグ100個200杯分(茶葉300g) 税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。
在庫切れだった定番紅茶も紅茶缶もビスケットもすべて入荷中!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




英国直伝!クリスマスのミルクティーのレシピ

イギリスのリントンズ社から教えてもらった
クリスマスのアレンジティー!
その名も〈アールグレイとバニラのミルクティー〉。
我が家は別名〈クリスマスのミルクティー〉と呼んでいます^^

イギリス伝統のフレーバードティーである、アールグレイ。

英国紅茶愛好家のほとんどは毎日紅茶(ブラックティー)を飲み、
そんなに頻繁には飲まないというフレーバードティーですが、
イギリス発祥のアールグレイだけは普段から愛されているもの。
そして、アールグレイもミルクティーで楽しむ人が多いです。
朝からアールグレイのミルクティーを飲む人も!
だから、リントンズの定番ティーバッグ紅茶の中でも、
唯一のフレーバードティーがアールグレイなんです。

リントンズのアールグレイには大きな特徴があります。
天然のベルガモットのみで香りをつけています。
実は天然のベルガモットは高級品です。そして、
香りが優しい分、茶葉に香りがつきにくい特徴があります。

でも、それがいいんです。
リントンズは茶葉がとてもおいしい紅茶なので、
その茶葉もしっかりと味わっていただくために、着香度の低い
天然のベルガモットの香りの優しさはちょうど良いのです。

香りの強いフレーバードティーに慣れている方だと、
リントンズのアールグレイは香りが弱いとビックリすると思います。
それがしばらく飲み続けていると、驚くほど香り高いベルガモットに!
フレーバーは強くなくても、このくらいで良いんだとわかります。

逆に、本物のベルガモットの香りを知ってしまうので、
人工的に着香されたフレーバーに敏感になってしまいます。
例えば、本物のイチゴを食べたことがあると、
人工香料のストロベリーの香りをわざとらしく感じてしまいませんか。
本物のベルガモットは上品でミルキーな柑橘系の香りがします。
そのため、ベルガモットはミルクと相性がとても良いといわれています。

リントンズのアールグレイにミルクを入れると、とてもおいしいんです!


20171212アールグレイ


そして、クリスマスの時期や冬になると、スパイスの入った紅茶や
アレンジティーを楽しむのもイギリス流です。
今日はリントンズ伝統のアールグレイのティーバッグを使った
冬のアレンジティー〈アールグレイとバニラのミルクティー〉をご紹介。

冬に似合うエキゾチックなバニラ風味をプラスして、
甘いバニラの香りと優雅な天然のベルガモットの香りに包まれて、
ホッとする冬のイギリスのアレンジティー、ぜひ試してみてください!


20180811teatime1.jpg


★ アールグレイとバニラのミルクティー(クリスマスのミルクティー)

用意するもの ※カップ1杯用
・リントンズのアールグレイのティーバッグ 1個
・沸騰したお湯 100ml
・牛乳 100ml
・MONIN(モナン)等 天然バニラシロップ 大さじ1
・お好みで砂糖
・小さめの鍋(ミルクパン等)

作り方
① 小さめの鍋(ミルクパン等)に水100mlを入れて
沸騰直前に火を止めて、ティーバッグ1包を入れる

② 3分ほど抽出し、牛乳100mlを入れる

③ 極弱火で2分ほど煮出したら、ティーバッグを取り出しカップに注ぐ
 
④ お好みの量で砂糖、バニラシロップを入れてかき混ぜたら完成♪
※我が家はバニラシュガーを作り、それを入れることも。

そのままでもおいしいのですが、チョコレート系の焼き菓子や
スパイスたっぷりのクリスマスプディングやシュトーレンにも合います。
驚くほど簡単ですが、とてもおいしいアレンジティーなので、
冬のおもてなしやクリスマスティーパーティーにもおすすめです。
いつものアールグレイのミルクティーが英国クリスマスティーに!



2016911アールグレイ
イギリスで100年以上愛され続けている“我が家の紅茶”のリントンズ。
グレート・テイスト・アワード金賞受賞の「アールグレイ」です。

イギリスの紅茶愛好家は、リントンズのアールグレイを飲んで、
こんな風に例える人もいます。
「はじめは、着香されたベルガモットの香りも弱く感じた。
しかし、2週間飲み続けていたら、とても華やかなベルガモットの
香りに変わり、ブレンドされた茶葉の香りも感じられるようになり、
このアールグレイの素晴らしさを深く知ることになった」と。
「いまでは、強く着香されたフレーバードティーや不自然なほど
人工的なフレーバードティーには敏感になってしまった」とも。

天然のベルガモットのフレッシュなフレーバーを感じながら、
新鮮な茶葉の香りと味わいも一緒に楽しめます。
だから、ミルクティーにしてもおいしいアールグレイなのです!
英国熟練のティーブレンダーの真骨頂を見せる味わいです。

★ リントンズ「アールグレイ」 ティーバッグ50個 税込1,200円


20191018伊勢丹3
2019年の伊勢丹の英国展は「英国のクリスマス」がテーマ。
まだハロウィンも終わっていないのに?と思う方もいらっしゃるかも
しれませんが、イギリスでは9月頃からハロウィングッズとともに
クリスマスグッズが並ぶんですよ。何ヶ月も前からクリスマスの
準備をしている人もたくさんいます。料理やテーブルセッティング、
プレゼントのこといろいろです。その時間もHAPPYだと語ります。
そのくらい“クリスマス”はイギリス人にとってHAPPYなイベントです。

「英国のクリスマス」を楽しめる場所はなかなかないと思います。
ぜひ伊勢丹の英国展で体感してみませんか。

リントンズが出店する今年最後の英国展になります。

● 伊勢丹新宿店「英国展2019」

期間:2019年10月30日(水)~11月4日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場

★ 伊勢丹新宿店「英国展2019」の公式サイトはこちら♪


20191017ロゴ
オンラインショップは全国一律送料600円+税です!

イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




英国のクリスマスでも楽しまれるミルクティー&ジンジャービスケットのペアリング!

9月にイギリスから老舗紅茶商「リントンズ」の4代目である
サイモン・スミス氏と奥様のスー夫人が来日し、
日本橋三越本店「英国展」で期間限定のティースタンドが登場!

そこで、スミスご夫妻が愛して止まないゴールドのミルクティーと
ジンジャービスケットのティーセットを楽しんでいただきました。
サイモン氏は1日に1000杯近く淹れていたこともあるほど好評でした。

商品を渡す時に、スー夫人がお客様一人一人に、イギリスで愛される
“ダンク(ミルクティ-にビスケットを浸すこと)”を教えていたので、
日本のリントニアンにもこの“ダンク”が広く認知されたように感じます。

イギリス人がおいしいと推奨する英国ティータイムです。


20101021dunk.jpg


このリントンズのミルクティー&ジンジャービスケットのペアリングを
楽しんだ多くのお客様が驚きの声で隣接のショップにやってきました。

「おいしくて飲みやすいから、スルスル、ゴクゴク、飲めてしまった!」
「初めてこんなにおいしい紅茶に出逢って心臓がバクバクしてます!」
「渋味やエグ味なくってビックリ!飲めば飲むほどおいしい紅茶!」
「ジンジャービスケットは初めて食べた味なのに、どこか懐かしい!」
「ダンクしてカリッ、ジュワッのビスケットの食感は生まれて初めて!」
「紅茶はすっきりなのにコクがあって、香りや甘みを感じられる!」
「砂糖入っていますよね?」「牛乳は半分くらい入れているんですか?」

実は、砂糖や牛乳の甘みではなく、それが新鮮茶葉の甘みなんです。
そして、牛乳はカップに半分も入れず、大さじ3程度です。
イギリスのミルクティーは、牛乳を入れることで、
茶葉の水色、香り、甘み、コクを引き立たせているからおいしいのです。
これは、高品質で鮮度の高い茶葉でないと味わえないものです。

このティースタンドで提供された、イギリス本場のミルクティーの淹れ方
はこちらのブログで紹介しているので、ぜひ参考にしてください!
阪急の英国フェアでリントンズを初めて購入された方も要チェックです!

★ 4代目サイモン・スミス氏直伝のミルクティーの淹れ方はこちら♪


20190910サイモンスー


その好評ぶりから、日本橋三越本店の英国展のリントンズショップでは、
このゴールドやジンジャービスケットの他にも、すべての定番紅茶や
ビスケットが金曜日には完売。土・日・月と来られた多くのお客様が
リントンズ紅茶やビスケットを購入することができず申し訳ありません
でした。完売してしまって出逢えなかった方も多い定番紅茶や
ビスケットを伊勢丹英国展でぜひ手に取ってご覧ください。


20190827ジンジャービスケット


この組み合わせ、英国のクリスマスでも定番なんです。

ジンジャービスケットは実際には年柄年中食べられているのですが
よくクリスマスの手土産やプレゼントに使われます。
イギリス発祥のギフト「クリスマスハンパー」の定番品でもあります。
ギフトに使われる理由はわかりやすくいうと2つあります。

① 英国民なら子どもから大人まで大好きなビスケットであるから。

② ジンジャービスケットは古くから病気予防、魔除けのような意味合い
もあり、風邪にきくショウガを食べて、寒い冬の無病息災を願ったとも。

とにかく家族の集まるクリスマスのティータイムの定番でもあります。
英国クリスマスでは、ジンジャーやシナモンといったスパイスは
食べ物に入れると日持ちがするため、ビスケットをはじめ、
プディングやミンスパイなどに多く使用されているのが特徴です。

シンプルに焼き上げたジンジャービスケットなので、
クリスマス仕様にデコレーションしてもかわいいですよ!
ビスケットにジンジャーブレッドマンの顔を描いても楽しいです♪
いつも食べ慣れた大好きな味だと安心してアレンジも楽しめます。


20181124ジンジャーデコ2


イギリスの百貨店等では、この時期クリスマスティーも販売されており、
こちらもショウガやシナモン等やドライフルーツを使った紅茶です。
さすが98%が紅茶はミルクティーで楽しむイギリス人らしく、
クリスマスティーも主にミルクに合うようにブレンドされているそう。
どちらかというと、その味わいはチャイのミルクティーに近いです。

そして!リントンズのジンジャービスケットはミルクティーと味わうと
チャイのような味わいでクリスマスにもピッタリのコンビネーション!
このペアリングを味わうだけで、クリスマスティーのような楽しさ♪

リントニアンの家には紅茶とビスケットは必ず常備されています。
英国ミルクティーと一緒に味わうとジンジャーの香りがより華やかに。
ジンジャーの香りとともにクリスマスを感じてみませんか?


20191021ジンジャー


実は英国の家庭では、クリスマスティーを自分達で作ることも多いそう。
毎年オリジナルのクリスマスティーを作り、それが我が家の味だったり。
「やっぱりママが作るクリスマスティーが一番ね!」といわれたり♪

私も昔は市販のクリスマスティーを購入していたこともありますが、
紅茶は毎日飲んでも、クリスマスティーは毎日は飲まないので
クリスマスを過ぎても余らせてしまうことも多く、ここ数年は
いつもの定番紅茶にスパイス等を入れて自分で作っています。
茶葉のブレンドではないので難しいこともなく気軽に誰でも楽しめます。

普段はブラックティー(フレーバーで着香していない茶葉)を愛して、
あまりフレーバードティーやアレンジティーを好まないイギリス人も、
この時期だけは、いつもの“我が家の定番紅茶”に、好きな
ドライフルーツやドライジンジャー、シナモン、クローブ等を入れて、
オリジナルのクリスマスティーにして楽しむこともあります。

自宅においしいブラックティーのベースがあれば、
クリスマスティーは難しくありません!今日はジンジャーを使った
ベーシックな英国クリスマスティーをご紹介します!
人工的なフレーバーが苦手な方にもおすすめです。

手作りのクリスマスティーでおもてなししてみませんか?


★「ベーシックな英国クリスマスティー」の作り方

【材料】
リントンズのティーバッグ1包(ゴールドがおすすめです)、
砂糖、ジンジャースライス、シナモン、クローブ(※写真のもの全て)

1、鍋に水400ccを沸騰させ、リントンズのティーバッグ1包と
  写真の材料を全て入れます。

2、よく抽出しながら3~4分。砂糖が完全に溶けたら出来上がりです。

3、お好みで、オレンジやレモンなどのスライスを浮かべたり、
  水の量を減らし、その分牛乳を入れてチャイにしても美味しいです。

※紅茶の代わりに、鍋にワイン(ハーフボトル)と一緒に入れて、
ゆっくり温めたら、おいしいクリスマスのグリューワインにもなります。
冬の時期など、おいしく飲んでココロもカラダもポカポカです。


20181109砂糖1

2016118ジンジャーティー


イギリス家庭のクリスマスは、家族や親戚、友人が集まる機会も
多い時期なので、いつもの“我が家の定番紅茶”で
変わらずにおもてなしすることが多いのも事実だそう。

スパイスを多く使ったクリスマス菓子にも合わせやすいのです。

そして何よりも、イギリス人は“我が家の定番紅茶”を
大切なコミュニケーションツールと考えています。
ミルクティーでティータイムしながら、久しぶりの再会にも、
リラックスして話したいこと、聞きたいこと、いっぱいだからです。
そのためにいつもの定番紅茶は一役買ってくれるのです。


20190806uk1.jpg


ミルクティーは流行りや廃りというものではなく、英国の永遠の定番。
紅茶の国イギリスでは紅茶を淹れる時、その98%がミルクティーにして
楽しむといわれています。その理由は純粋に「おいしいから」です。

英国紅茶の歴史とともに、100年以上もの間、紅茶文化を築いてきた
老舗の紅茶商リントンズの4代目サイモン・スミス氏も
「イギリスの紅茶はミルクティー」とはっきりと語ります。

ミルクティーとは、トレンドやブームだけでは簡単に語れない、
クリスマスの時でもイギリスの紅茶文化を象徴する存在なのです。


20190820ミルクティー


ミルクティーとジンジャービスケット、
我が家はこのコンビが家にないとクリスマスを迎えられません・・・。

リントンズが出店する2019年の英国展は伊勢丹が最後です。
クリスマスや冬の定番紅茶もビスケットもこの機会にGETしてください。


20191018伊勢丹3
2019年の伊勢丹の英国展は「英国のクリスマス」がテーマ。
まだハロウィンも終わっていないのに?と思う方もいらっしゃるかも
しれませんが、イギリスでは9月頃からハロウィングッズとともに
クリスマスグッズが並ぶんですよ。何ヶ月も前からクリスマスの
準備をしている人もたくさんいます。料理やテーブルセッティング、
プレゼントのこといろいろです。その時間もHAPPYだと語ります。
そのくらい“クリスマス”はイギリス人にとってHAPPYなイベントです。

「英国のクリスマス」を楽しめる場所はなかなかないと思います。
ぜひ伊勢丹の英国展で体感してみませんか。

● 伊勢丹新宿店「英国展2019」

期間:2019年10月30日(水)~11月4日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場

★ 伊勢丹新宿店「英国展2019」の公式サイトはこちら♪


20190821リントンズ広告
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「Gold」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星の最高金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%の希少な存在。

「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


20191017ロゴ
オンラインショップは全国一律送料600円+税です!

イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




ミルクティーの牛乳は何を使っていますか?

20190820ミルクティー


限定ショップだったリントンズのミルクティースタンドのミルクティーは
1日に約1000杯も提供する日があるほど、予想を上回る大好評でした。
4代目のサイモン氏も毎日ほとんど休憩に行かずに作り続けました。

飲み終えたあと、「こんなにおいしいミルクティーは初めて飲んだ!」と
隣のショップに紅茶&ビスケットを購入しに来るお客様も多かったです。
そして、「どうやって作っていますか?」という質問も沢山ありました。
おいしいミルクティーの作り方に関しては、リントンズのブログでも
サイモン氏直伝のミルクティーの淹れ方としてご紹介したことが
ありますので、ぜひ参考にしてみてください!
ミルクティースタンドで提供していた淹れ方と全く同じなので!

★ 紅茶商4代目サイモン氏直伝のミルクティーの淹れ方はこちら♪


20190806淹れ方7


もう一つ、「ミルクティーの牛乳は何を使っていますか?」という質問も
多くありました。これはお話すると「目からウロコです!」「おいしさの
秘密がわかりました!」と喜ばれる方も多かったのでご紹介します。

「イギリスは日本と牛乳が違う。」と聞くことはありませんか?
確かに、日本のスーパーで売られている多くは高温殺菌牛乳であり、
イギリス人が飲んでいるミルクのほとんどは低温殺菌牛乳です。
低い温度でゆっくりと殺菌するので、ミルクの風味がいかされます。
そのため、イギリスといえば、低温殺菌牛乳!
「低温殺菌の牛乳でミルクティーを作る」と思われている方も多いです。

しかし!実際は、イギリスの紅茶愛好家がミルクティーに
よく使っているのは、意外にも高温殺菌牛乳なのです!!!!!
こだわる方は飲む用は低温殺菌、紅茶用は高温殺菌とわけるほど。

高温殺菌は、高い温度で数秒のうちに殺菌するので、
牛乳独特の風味は控えめになり、サラサラとした飲み心地になります。
なので、紅茶の茶葉の香りや甘みの邪魔をせず、高温で淹れる茶葉と
相性がよく、イギリスの紅茶愛好家が愛するあっさりとまろやかで
スルスルと飲める優しい飲み心地のミルクティーに出来上がるのです。

低温殺菌はそのまま飲むのはおいしいけれど、ミルクティーに使うと
牛乳の存在感が強すぎるという声が多くあるそうです。
そして沸騰したお湯で作る紅茶では、紅茶液と牛乳がうまく混ざらず、
統一感のあるミルクティーが出来上がらないというイギリス人も。
ただ、牛乳のミルキー感が好きな人もいるので、どちらの牛乳で
作るのかは正しい、正しくないではなく、それぞれの好みです!

1ついえるのは、イギリスの紅茶に多く使われているのは高温殺菌牛乳。
サイモン氏も「それがベストだ!」といっていたため、
ミルクティースタンドでは高温殺菌牛乳を準備しました。
嬉しいことに、日本では新鮮な高温殺菌牛乳がどこでも手に入ります。
イギリスで愛されるミルクティーを作ることができる牛乳そのものが
日本で手軽に購入できる高温殺菌牛乳であるなんてHAPPYです♪

※写真は三越英国展の開店前、毎朝恒例!スタッフの分の
ミルクティーを淹れているサイモン氏の様子です。


P_20190909_132256_vHDR_Auto.jpg


イギリスで110年以上続く老舗の紅茶メーカーの4代目である
サイモン氏から聞いた“目からウロコ”の話は山ほどあります。

ミルクティーに使われている牛乳の話の他には、水について、
日本のお水は高品質な軟水で素晴らしいといいます。
「世界一おいしい紅茶が淹れられる国かもしれない」と語ります。

いままで「イギリスの紅茶がおいしいのは硬水だから」
「日本とお水と違うから」と聞いたことはありませんか?
イギリスは硬水、日本は軟水と大きく違うのは事実ですが、
正式には、ロンドン等はハードな硬水ですが、リントンズの宅配地域の
イングランド北東部や湖水地方等は日本と同じ軟水です。

「硬水だから紅茶がおいしい」は違います。
硬水にはミネラル分が多く含まれるため、紅茶の成分が抽出されにくく、
茶葉の香りや風味が出にくいのです。基本的には飲料に向きません。
紅茶の水色も黒くくすんだようになって、美しい水色も楽しめません。
英国王立化学協会は「一杯の完璧な紅茶の淹れ方」をプレリリースし、
その中で、紅茶をおいしくするのは“軟水”だとはっきりと宣言しました。

逆にいうと硬水は、茶葉の品質がわかりにくく、茶葉酸化による渋味や
エグ味が出にくいため、一瞬「飲みやすい」と感じるかもしれませんが
茶葉の香りや味わいの奥行きがなく、すぐ味が消えてしまう印象です。
日本の軟水は茶葉本来の成分を抽出するのにピッタリなので、
上質な茶葉で淹れると、茶葉本来の香り高く、味に余韻が残ります。
この余韻でスルスルと飲めば飲むほどおいしいが重なっていきます。

その分、品質の良くない茶葉を軟水で淹れると、渋味、エグ味が強く
現れてしまい、「イギリスで飲んだ時はおいしかったのに・・・」となる
のですが、これは茶葉の品質が硬水によって隠されていただけで、
軟水で淹れる茶葉の味が本来の姿です。
日本の軟水はどのような茶葉でも、その茶葉そのものを味わえます。

紅茶の特徴をそのまま味わうことができ、美しい水色も楽しめる、
日本のお水はおいしい紅茶を淹れるのにピッタリすぎる水なのです。
高品質で鮮度の高い茶葉であれば、軟水でじっくり蒸らしても、
渋味やエグ味なく、スルスルと飲みやすい味わいを感じられます。
それがサイモン氏も大切に思う「スムース」な飲み心地のミルクティー。

サイモン氏はミルクティースタンドで紅茶を淹れるたびに、出来上がった
ミルクティーの水色を見て「Good colour !!」と言っていました。


20190801cup2.jpg


ここまで、牛乳やお水のことを詳しく書いてきましたが、
一番こだわってほしいものは、茶葉の鮮度と品質です。
簡単にいうと、新鮮で高品質な茶葉があれば、牛乳に細かくこだわる
必要はないということです。日本のスーパーで気軽に手に入る
牛乳でも、おいしい英国ミルクティーは作れるということです。

ティースタンドの牛乳は普通に手に入る牛乳です。
こだわっていることがあるとすれば、「誰でもどこでも購入できる
牛乳にこだわった」ということです。
その牛乳でおいしいミルクティーを作ることができるかが大切で、
皆さんの日常で再現できないと意味ないからです。

今回のリントンズのミルクティースタンドでは、紅茶商4代目により
完璧な一杯の英国ミルクティーを味わってもらうことが目的でしたが、
一番こだわったのは「そのミルクティーはおうちでも誰でも淹れること
ができる一杯」ということでした。だから、ブログでも淹れ方から
牛乳のことまで丁寧に紹介してきました。この1杯をきっかけに、
イギリスで愛されているミルクティーを知り、家庭やおもてなしでも、
本場の英国ミルクティーを楽しんでほしいと思っています。

サイモン氏が紅茶商の4代目としていつも伝えてくることがあります。
「イギリスの老舗紅茶商として、新鮮で上質な茶葉にこだわり続ければ
お客様は新鮮なお湯(軟水)を注ぐだけでおいしい紅茶に出逢える。」
「その優れた茶葉の味わい(スムース)は、お茶の専門家でなくても、
誰でも、この品質の違いを味わうことができるのです。」と。

牛乳も水もどちらも日本には最高の材料が揃っています!
せっかく素晴らしい材料が揃っているので、クリーミングパウダー等
ではなく、スーパーに売っている新鮮な牛乳を使ってほしいです。
あとは、鮮度の高い、上質な茶葉で作り上げた紅茶商リントンズの
紅茶さえあれば、誰でもおいしいミルクティーに出逢えます。



20190914阪急
日本一の伝統ある英国展「阪急百貨店の英国フェア」が
なんと!大阪だけでなく福岡でも開催されるのはご存知ですか?

リントンズは東京で昨年の倍以上売れてしまうほど大人気だった
新作の紅茶缶を全国に先駆けて英国フェア先行販売!他にも、新商品、
定番紅茶、ビスケット等を揃えて、大阪も福岡もどちらも出店します。

● 博多阪急「英国フェア2019」
期間:2019年10月2日(水)~6日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

★ 博多阪急英国フェア2019のWEBチラシはこちら♪

● 阪急うめだ本店「英国フェア2019」
期間:2019年10月9日(水)~15日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場

★ 阪急うめだ本店英国フェア2019のサイトはこちら♪


420Ringtons1.jpg
東京でも10月30日から英国展があります!

● 伊勢丹新宿店「英国展2019」

期間:2019年10月30日(水)~11月4日(月)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:新宿伊勢丹 本館6階催物場



20190821リントンズ広告
グレート・テイスト・アワード3つ星金賞受賞の「Gold」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、3つ星金賞を
受賞できるのは、全応募の中からたった1%です。
英国ティールームでもNO.1に飲まれている紅茶です!!

「Gold」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「Gold」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「Gold」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR