FC2ブログ

英国老舗紅茶商4代目サイモン・スミス氏直伝のミルクティーの淹れ方

2019年9月4日から9日の6日間、Part1限定でオープンする
日本橋三越本店「英国展」のリントンズ紅茶のミルクティースタンド。

英国老舗紅茶商である4代目兼ティーブレンダーでもある
サイモン・スミス氏と奥様のスー夫人も来日し、
イギリスで愛される英国ミルクティーを英国展限定で楽しめます。

紅茶も作り置きとかではなく、イチから丁寧に淹れて提供します。
茶葉をしっかり蒸らし、ミルクもフレッシュなまま使います。
そのために、たっぷり淹れられる紅茶商専用のティーポットも使います!

サイモン氏が持っているのがなんと!紅茶商のティーブレンダー室で
使われているという、リントンズ刻印入りの大容量の専用ティーポット。
持ち手が2つあるのわかりますか?このティーポットにも注目です!
イギリスのティーブレンダー室で使うことが多いティーポットで淹れる
本場の英国ミルクティーは紅茶好きならワクワクする1杯です♪


20190806淹れ方1


今日はイギリスで飲まれている紅茶の淹れ方を
4代目サイモン・スミス氏に直々に伝授してもらいます!
紅茶の淹れ方は難しくないので、
ぜひおうちでリントンズ紅茶を淹れる時の参考にしてください。

現代、紅茶の国・イギリスでは紅茶を淹れる時、リーフではなく、
98%がティーバッグで淹れるのは、とても有名なお話ですが、
では、ティーバッグを入れるタイミングは・・・・・?

英国紅茶商推奨は「ティーバッグが先、お湯が後」です。

日本ではカップに先にお湯を入れてその中に、後からティーバッグを
入れるという話も聞きますが、これは茶葉の味が抽出されにくいそう。
ある意味、茶葉本来の味が抽出されにくいため、茶葉酸化による
茶葉の品質(渋味やエグ味等)をごまかせてしまうものでもありますが、
それはおいしく飲める秘訣やコツとはいえず、水色は紅茶色でも、
茶葉本来の香りや味わいをしっかりと楽しめていないことになります。
この紅茶にミルクを入れても味気ないミルクティーになってしまいます。

ティーポットに先にティーバッグを入れてください。


20190806淹れ方2


サイモン・スミス氏は2015年に来日した時にこのように語っています。
「日本の水は素晴らしい!」「おいしいリントンズ紅茶が淹れられる」
「ホテルの部屋で飲んだ〈GOLD〉の味が忘れられない!」
「日本はもしかしら世界一おいしい紅茶が飲める国かもしれない!」と。
とても素晴らしい新鮮で良質な水が溢れている日本。

私たちも先日のロンドン旅でたくさんの紅茶を飲みましたが、
日本のお水で淹れるリントンズ紅茶が一番好きかもしれません。
茶葉の香りが豊かで、しっかり奥行きのある味わいは特別なものです。

汲みたての新鮮な水をケトルで沸かし、お湯に含まれる空気が
たっぷりある状態の沸きたてのお湯をティーバッグの茶葉を
めがけて注ぎます。紅茶葉は必ず沸騰したてのお湯を使います。
そして、リボイル(2度沸かし)したお湯は、お湯に含まれる
空気の量が減ってしまうため、絶対NGです。

空気をたっぷり含んだ沸きたてのお湯をすぐ注ぐことが、
ティーバッグ内の茶葉がジャンピングする秘訣なのです!


20190806淹れ方3


あとは4分、しっかり蒸らしてあげてください。
紅茶葉はじっくり蒸らしてあげることもポイントです。

サイモン氏は4分蒸らしのリントンズ紅茶を
「TEA HEAVEN(極上の紅茶)が味わえる」と表現します。


20190806淹れ方4


4分待っている間に、カップに先にミルクを注ぎます!
これこそがイギリス紅茶愛好家に愛される“ミルクインファースト”です。

ただ最近はティーポットではなく、マグで紅茶を作るイギリス人も多く、
その場合はミルクは後に入れます。高品質で鮮度の高いティーバッグ
紅茶はどのように淹れてもおいしいというのが基本にあります。
自分の好きなように楽しんで良いのです。

そして、ここがポイント!ミルクは必ず冷たい新鮮なまま使います。
ミルクを温めると臭みが出てしまい、茶葉の繊細な味を損ないます。
本場の英国ティールームでもミルクは必ず冷たいままでサーブされます。

ミルクの量はお好みですが、マグで大さじ2~3程度のイメージです。

沸騰したてのお湯を使って淹れる紅茶の出来上がった時の温度は
人が飲むには熱すぎるくらいなので、
冷たいミルクを入れることで、アツアツの飲み頃の温度になります。
これらは、イギリス紅茶愛好家の間で有名なミルクティー理論です。


20190806淹れ方5


リントンズの熟練ティーブレンダーもサイモン・スミス氏も、
紅茶を淹れるうえで、ティーポットでもマグでも、
最後に出来上がった紅茶をティースプーン等で
“かき混ぜる”という行為は、とても大切なことだといいます。

均一に美しい水色になり、リントンズの紅茶なら
上質な紅茶の証“ブライトカラー”がミルクティーでも楽しめます。


20190806淹れ方6


ミルクが入ったカップに注ぎ分けます。
最後の1滴まで注ぎきるのもポイント。茶葉の旨みが詰まっています。


20190806淹れ方7


これで完璧な英国ミルクティーが楽しめます!

ミルクティーとは、渋い紅茶にミルクを入れるものでも、
茶葉の香りや味が消えてしまうものでもありません。
新鮮で高品質な紅茶の茶葉とミルクの相性はとても良く、
ミルクを入れることで、茶葉の水色、香り、深みが引き立つものです。

リントンズのミルクティーは茶葉の香りと味わいが深いです。
他との違いは、その余韻が長く続きます。
だから余韻を感じながらスルスルとあっという間に飲んでしまいます。
この感覚をぜひリントンズのミルクティーで感じてほしいです。


20190801cup2.jpg


日本橋三越本店「英国展2019」では、この特別なティーポットで
イギリス本場の英国ミルクティーを再現します。

太っ腹!サイモン氏お気に入りのジンジャービスケットも付いています!
イギリスで愛される完璧なミルクティーとジンジャービスケットの
黄金ペアリングをその場で楽しんでほしいからです。

サイモン氏はリントンズ紅茶の飲み方にもおすすめがあるそうです。

「リントンズの茶葉は鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶なので、
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないミルクティーで
新鮮な茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください!」と。


20190806淹れ方8


遂に今週21日(水)10:00に日本橋三越本店「英国展2019」の
専用サイトがオープンするそうです!全貌が明らかになります!!

それと同時に、リントンズでも、2019年新作の紅茶缶を発表!
紅茶好きにはたまらない素敵な紅茶缶なのでお楽しみに☆


20190801cup1
世界初!英国紅茶商リントンズのミルクティースタンドが登場!!
サイモン・スミス氏&奥様スー夫人も来日!!


◎ 日本橋三越本店「英国展2019」
期間:[Part1]9月4日(水)~9日(月)  ※リントンズはPart1に出店!
    [Part2]9月11日(水)~16日(月・祝)
時間:10:30~19:30
場所:日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場



20190726gold2.jpg
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「ゴールド」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「ゴールド」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

ミルクティースタンドの隣には、リントンズショップがあり、
定番ティーバッグ紅茶や人気のビスケットも購入できます!

★ 「ゴールド」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪
夏のイギリス・ロンドン旅の様子はインスタグラムでUPしています!


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト

イギリス本場のミルクティーとはどんなもの?

イギリスに多くの愛好家がいるRINGTONS(リントンズ)社の紅茶。
9月の三越英国展には、定番紅茶の他に、2019年限定の新作紅茶缶や
イギリスらしい新商品が盛り沢山に登場する予定ですが、
2019年はなんと!いつものリントンズショップの他にもう一つ、
世界初!日本橋三越本店「英国展2019」限定!
英国老舗紅茶商リントンズのミルクティースタンド
が登場します!!

メニューは1つだけ!【 紅茶商直伝のミルクティー 】です。
テイクアウトで気軽にイギリスで愛され続けている
本場のミルクティーをお届けします。ぜひ味わってみてください!

ミルクティーは流行りや廃りというものではなく、英国の永遠の定番。
紅茶の国イギリスでは紅茶を淹れる時、その98%がミルクティーにして
楽しむといわれています。その理由は純粋に「おいしいから」です。

英国紅茶の歴史とともに、100年以上もの間、紅茶文化を築いてきた
老舗の紅茶商リントンズの4代目サイモン・スミス氏も
「イギリスの紅茶はミルクティー」とはっきりと語ります。

ミルクティーとは、トレンドやブームだけでは簡単に語れない、
イギリスの紅茶文化を象徴する存在なのです。


20190801cup2.jpg


文化とは進化しつづけます。トレンドは次々に現れます。
イギリスにも日本茶やフレーバードティー等のトレンドもあり、
近年は中国茶の烏龍茶やジャスミンティーも流行っていますが、
サイモン氏はその移り変わりは驚くほど早いものだといいます。
ミルクティーは古いや新しいの土俵にすら乗らない深い存在。
イギリスにはミルクティーというお茶文化がしっかりと根付いています。

仕事中にも、休日にも、いつでもミルクティーを飲みます。
イギリスの人たちは紅茶とともに人生を歩んでいるのを感じます。
日本でも、イギリスのお茶文化のように、トレンドやブームではなく、
リントンズ紅茶は永遠の定番でありたい!と思っています。
イギリスで愛されている理由が“それ”だからです。

リントンズジャパンを創業当時、イギリスで愛され続けている紅茶を
リアルにお届けしようとした時、日本では、このイギリス=ミルクティー
を知らない方が多いことに本当にビックリしました。
イギリスの紅茶文化といえば「優雅、リーフ、アフタヌーンティー」の
ような偏ったイメージが強く「気軽、ティーバッグ、ミルクティー」と
いう、リアルに愛され続けているお茶文化は知られていないことが
ありました。英国紅茶の文化はこの30年で大きく進化したといわれ、
より高品質な茶葉、より鮮度の高い茶葉が求められるようになり、
さらに、イギリス国民の98%が紅茶はティーバッグで淹れる時代へ。

実は、このリアルな紅茶文化こそ、イギリス人が紅茶を愛するために
求めてきた、日常にお茶を根付かせるための秘訣だったりもします。

最近はイギリスで愛される「気軽、ティーバッグ、ミルクティー」という
素晴らしい紅茶文化が日本の多くの方に浸透してきているのも感じます。
お客様から「気軽、ティーバッグ、ミルクティー」の魅力に気づいた、
何よりもおいしいから、我が家の定番になった、とよくいわれます。
紅茶が日常になって毎日幸せ!という言葉はとても嬉しい言葉です。
古くから茶の湯の文化がある日本だからこそ、
長く愛されるには理由がある、そのお茶の魅力が伝わるのだと思います。

そんなイギリスの紅茶文化も感じながら、
本場イギリスで愛されているミルクティーを気軽に楽しんでほしいです。

イギリスの紅茶文化の歴史に興味がある方はぜひこちらのブログを!
★ 「イギリスの紅茶文化は進化しています」のブログはこちら♪



20190806uk2.jpg


英国展や英国フェアで招聘されたイギリス人がリントンズの紅茶を
気に入って、休憩時に飲みに来ることがよくあるのですが、その時に
紅茶の試飲をストレートで出していると、不思議そうに
「どうしてミルクを入れないんだ?」と聞かれることもあります。

イギリスのリントンズ社の会議前も必ず紅茶を淹れますが、
サイモン氏もティーブレンダーも何も聞かずにミルクティーで出します。
イギリス人にとって、ミルクティーは“完璧な紅茶”です。
紅茶愛好家は、新鮮で上質な紅茶の茶葉にはミルクを入れることで、
茶葉の香りや甘みが増し、さらに完璧な紅茶になりおいしいと語ります。
国民の98%が紅茶をミルクティーで飲む理由はここにあります。

サイモン氏もいいますが、国民はミルクティーを惰性で飲んでいるわけ
ではなく、最高においしい紅茶の飲み方だから飲んでいると。

このおいしいミルクティーは、上質な茶葉であることが求められます。
だから、紅茶愛好家は、新鮮で上質な紅茶の茶葉を求めるのです。

高品質な紅茶の茶葉本来の鮮やかな水色、香り、甘み、コクを味わう
ために、それを引き立たせてくれるミルクを入れて楽しんでいます。
逆にいうと、ミルクティーでおいしい紅茶は上質な茶葉の証です。

英国紅茶商ではミルクティーでのテイスティングも必須です。


20190307ティーセッション


タピオカミルクティーでもない、ロイヤルミルクティ-でもない、
これぞ、イギリス本場で愛されているミルクティーを
サイモン氏により日本橋三越本店「英国展2019」で再現します。

日本でも世界でも珍しい!
「ミルクティースタンド」という形で登場します。

高品質で鮮度の高い茶葉を使ったリントンズのミルクティーは、
茶葉酸化による渋味やエグ味がないので、
驚くほどスルスルと飲みやすい味わいを感じられます。
イギリス人はそのスペシャルな味わいを「スムース!」と表現します。
上質なミルクティーで茶葉の水色、香り、味わいを感じてください。
それは、イギリス人が思う“おいしいミルクティー”の特徴です。

この1杯をきっかけに、イギリスで愛されているミルクティーを知り、
家庭やおもてなしでも、本場の英国ミルクティーを楽しんでほしいです。



20190801cup1
世界初!英国紅茶商リントンズのミルクティースタンドが登場!!
サイモン・スミス氏&奥様スー夫人も来日!!


◎ 日本橋三越本店「英国展2019」
期間:[Part1]9月4日(水)~9日(月)  ※リントンズはPart1に出店!
    [Part2]9月11日(水)~16日(月・祝)
時間:10:00~19:00
場所:日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場



20190726gold2.jpg
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「ゴールド」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「ゴールド」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「ゴールド」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「ゴールド」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪
夏のイギリス・ロンドン旅の様子はインスタグラムでUPしています!


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




世界初!英国紅茶商リントンズのミルクティースタンドが登場!!サイモン氏も来日!!

日本橋三越本店「英国展2019」開催まで1ヶ月を切りました。
遂に本日、英国展2019のリントンズショップの情報解禁です!!!

9月4日(水)から開催スタートする日本橋三越本店「英国展2019」。
[Part1]9月4日(水)~9日(月)、[Part2]9月11日(水)~16日(月・祝)
の2期にわかれて開催。どちらも“英国”がテーマの盛り沢山の内容で、
催しや出店者が入れ替わり、それぞれ違った雰囲気を味わえます♪

◎ リントンズは [ Part1] 9月4日(水)~9日(月) に出店します。

イギリスに多くの愛好家がいるRINGTONS(リントンズ)社の紅茶。
三越英国展には、定番紅茶の他に、2019年限定の新作紅茶缶や
イギリスらしい新商品が盛り沢山に登場する予定ですが、
2019年はなんと!いつものリントンズショップの他にもう一つ、
世界初!日本橋三越本店「英国展2019」限定!
英国老舗紅茶商リントンズのミルクティースタンド
が登場します!!

お買い物の合間に、英国ミルクティーでホッと一息ついてくださいね♪


20190801cup1


そして、紅茶商リントンズの4代目であり、ティーブレンダーでもある
サイモン・スミス氏と奥様スー夫人が揃って英国展に来日しますー!!

スー夫人は、先日開催されたリントンズのアンティークマーケットの
アンティーク等の商品をイギリスで買い付けてくれているご本人です。

2015年に大阪で開催された阪急本店「英国フェア」に初来日された時、
当時、英国総領事であったマイケル・シアラー氏がリントニアンで、
スミス夫妻にお会いできるなんて光栄だととても興奮していました。
そのくらいイギリスのリントニアンでも会える機会のないお二人です。

日本にもイギリスのリントニアンのように、我が家の定番紅茶として
リントンズの紅茶を愛飲してくださるお客様もとても多いので、
全国のリントニアンの皆様に、ぜひ会いに来ていただきたい想いです。


20151117simonsue コピー


リントンズティーの素晴らしさは、創業者サミュエル・スミス氏の時代
から現4代目サイモン・スミス氏の現代まで受け継がれている伝統レシピ
と英国が誇る熟練ティーブレンダーによるテイスティングにもあります。

ティーブレンダーとは紅茶の職人。高度な知識と経験が必要とされます。
熟練の世界になると、1000種類以上の茶葉の違いを正確に判断したり、
茶葉0.15g程度の僅かな味や香りの違いがわかるほど奥が深い世界です。
リントンズのような老舗の紅茶商では、一日に数百種類もの紅茶葉を
毎日テイスティング、鑑定し、それを何年も何年も毎日続けて、
やっと正式にティーブレンダーと呼べるようなとても大変なものです。

今回は4代目であり、ティーブレンダーでもあるサイモン氏が来日し、
日本のお水、茶葉に合うお湯の量、ミルクの量もテイスティングして、
日本橋三越本店「英国展2019」のお客様に最高の1杯をお届けします。

イギリスを旅しても、英国紅茶商リントンズ4代目サイモン氏による
英国本場のミルクティーを飲める機会はないと思います。
日本でももちろん、この英国展Part1限定のスペシャルな体験です。

皆様にとって貴重な紅茶体験になると思いワクワクが止まりません♪


20190731サイモン


メニューは1つだけ!【 英国紅茶商リントンズのミルクティー 】です。
イギリスで愛され続けている本場のミルクティーをお届けします。

リントンズジャパンでは創業からずっとイギリスのミルクティーの存在を
お伝えしてきたので、日本初!いや世界初!となる英国紅茶商の
ミルクティー専門スタンドを実現できることは夢のような出来事です。

タピオカミルクティーでもない、ロイヤルミルクティーでもない、
これぞ、イギリスで愛され続けている本場・英国ミルクティーを
この機会に沢山の方にぜひ味わっていただきたいです。
きっとミルクティーのイメージや概念が変わると思います。

紅茶の国・イギリスでは、ミルクティーを“完璧な紅茶”とまでいいます。
サイモン氏は「ミルクティーは紅茶の茶葉本来の自然な味わいと
深いゴールデンカラーの水色を引き立ててくれる」と語ります。

UKサイズのカップなので、日本のダブルサイズくらいある大きさ!
おいしい本場の英国ミルクティーをたっぷり楽しんでいただけます。
たっぷり量でもスルスル飲めてしまう、最後まで渋味、エグ味なく
飲めるのが、高品質で鮮度の高い茶葉を使ったリントンズの魅力です。


20190801cup2.jpg


注目してほしいものはまだまだあります!!!
それは、このイギリス直輸入のリントンズのテイクアウト用カップです。
実際にイギリスのカフェやティールーム、ティースタンド等で
テイクアウトカップとして使われているものと同じ貴重なものです。
リントンズは創業当時、馬車で紅茶をお届けしていた紅茶商です。
カップは馬車のロゴ入りで、英国紅茶ファンにはたまらないですよね。

しかも!タダのカップではありません!現代のイギリスで注目される
カップは、バイオベースで生分解性があり、かつリサイクル可能なもの。
水に強く、耐熱性も兼ね備えている最新のカップです。
世界中でゴミ問題が懸念される昨今、持続可能な社会にするために考えて
作られた本当の意味で環境に優しいテイクアウトカップなんです。
これは社会に対する企業の姿勢を示す重要な意味も持っています。
カップの蓋もトウモロコシやジャガイモなどに含まれるデンプンなどの
植物由来の素材で作られています。プラスチック特有の臭いが
ないので紅茶の茶葉本来の香りや味わいが楽しめます。
エコ先進国のイギリスを感じられてしまうほど価値があります。

このカップ、イギリスからの輸入に手間とコストがかかり大変でした。
それでも、三越限定!リントンズのミルクティースタンドのお客様に
“本物”を楽しんでほしい想いで、“イギリス直輸入”にこだわりました。
とにかく持っているだけでもおしゃれで、素敵すぎるカップなんです!

紅茶を淹れるティーポットも実際にリントンズのティーブレンダー室で
使われている特別なティーポットを英国展のためだけに取り寄せます。
滅多にみることができないものなので、ぜひチェックしてくださいね。


20190731カップ


そして太っ腹!英国ミルクティーにはジンジャービスケット付き!!!
イギリスで愛される完璧なミルクティーとジンジャービスケットの
黄金ペアリングをその場で楽しんでほしいからです。
何よりも、サイモン氏もイチ押しの組み合わせでもあるからです。

英国製ジンジャービスケットには“イギリスならでは”が詰まっています。
簡単にいうと、最高にミルクティーに合うのです!
一緒に味わうと、紅茶の茶葉の香りが増して、ジンジャービスケットの
ジンジャーの香りや甘みが増す、という不思議な体験ができます。
イギリスの人はこのミルクティーと英国菓子のペアリングが大好きです。

3月のイギリス出張でサイモン・スミス氏も語っていましたが、
紅茶文化は依然として英国文化のトップに存在している、と。
イギリスでは、紅茶=ミルクティーというのも文化であると語ります。
最近はトレンドとして珈琲やフレーバードティー、中国茶、緑茶等も
昔よりは飲まれているが、それと紅茶とは全く比べる存在ではない、と。
紅茶はイギリスの日常に根付き、人々は紅茶とともに生き、
ミルクティーとともにビスケットでティータイムを楽しむ、と。
それが多くのイギリス人にとってHAPPYなことだといいます。

この“HAPPY”を日本橋三越本店「英国展2019」で体感してほしいです!


20180127teatimes2.jpg


★ 紅茶商リントンズの本場・英国ミルクティー
英国製の大きなジンジャービスケット付き 400円(+税)


世界初!英国紅茶商リントンズのミルクティースタンドで楽しめる
この1杯をきっかけに、イギリスで愛されているミルクティーを知り、
家庭やおもてなしでも、本場の英国ミルクティーを楽しんでほしいです。

英国展では定番のティールームやスコーン、フィッシュ&チップス等が
並ぶ中、イギリスで110年以上続く紅茶商のティースタンド、しかも、
英国本場のミルクティーはいままでになかった新しい試みだと思います。

三越英国展×リントンズでは、まだまだ楽しいお知らせがあります。
ミルクティースタンドの詳細やリントンズ新作紅茶缶や新商品の情報も
また日本橋三越本店の情報解禁とともに詳しくお知らせします!

皆様にとって想い出に残る素敵な英国展になりますように☆



20190726gold2.jpg
イギリスで110年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「ゴールド」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「ゴールド」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「ゴールド」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「ゴールド」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




リントンズのティーバッグ紅茶はすべて受賞!

実は、リントンズジャパンで取り扱っている定番ティーバッグ紅茶は
すべて、イギリスで信頼の高いグレート・テイスト・アワード受賞!

しかも!〈ゴールド〉は紅茶で滅多にとることができないといわれている
最高金賞の3つ星を受賞しています!!これは本当に名誉なことです。
リントンズのティーバッグ紅茶は、トラディショナル、カッパス、
ブレックファスト、アールグレイもすべて金賞2つ星を受賞しています。
3つ星、2つ星をこんなに受賞している紅茶メーカーは珍しいです。

エントリーした全ての商品が星をとれるということではないものなので、
英国紅茶業界でも、1つ星を取るだけでも栄誉なことといわれており、
3つ星になると、1万件以上ある食品出品の中から僅か1%だそう。
紅茶の国・イギリスの食通のプロフェッショナルな方々によって、
“最高においしい紅茶”に選ばれたことは、やはりとても嬉しいことです。

日本では、3つ星のフレーバードティーやハーブティーはあっても、
3つ星の英国紅茶(ブラックティー)を楽しめるのはリントンズだけ!

グレート・テイスト・アワード最高金賞3つ星の証も輝く〈ゴールド〉。
おしゃれなパッケージもキラキラとゴールドに輝いています☆


20180831ゴールド1


「Great Taste Awards(グレート・テイスト・アワード)」とは、
イギリスでは“食のオスカー”とよばれ、〈The Guild of Fine Food〉
という、上質な食品を提供する組合によって贈られる名誉ある賞。

日本で有名な食品の国際大会に「モンドセレクション」がありますが、
こちらは主に製品のパッケージ表示や技術的水準を審査する大会で
あるのに対し、「グレート・テイスト・アワード」は、商品の品質は
もちろん、最も重要とされるのは、シンプルに味のみという審査会。
消費者にとっても一番大事なのは、おいしいかどうかですから、
そういった意味でも興味深い国際大会なのです。

「Great Taste Awards」はイギリスで26年にもわたって開催。現在では
イギリスの高品質な食品の確かな指標として、広く認知されています。
毎年1万件以上のエントリーがあり、審査員として、特別に訓練を受けた
フードコーディネーターを含め、一流シェフや料理研究家、有名百貨店
の食のトップバイヤーも厳選して集められます。その審査員に選出される
ことも名誉であり、選ばれた500人以上の食品鑑定士で、1日ではなく、
なんと!65日以上の試食・試飲により、厳重審査のうえ選出されます。
プロの目で本気でおいしいものを選ぼうという趣旨が伝わってきます。

シンプルに品質、味に対する評価が重要視されている国際大会です。

紅茶商リントンズ、イギリスのリントニアンの間では紅茶だけでなく
ビスケットもおいしいと有名なのですが、リントンズのビスケットも
グレート・テイスト・アワードで賞をいただいています。


20190729マーク


定番ティーバッグ紅茶がすべて受賞しているリントンズの紅茶。
何度もお伝えしていますが、イギリスにはリーフとティーバッグ、
どちらが高品質か?という概念はないのです。
大切なのは、茶葉の品質と鮮度です。

リントンズのティーバッグの中に入っている茶葉は、小規模農園で
大切に育てた高品質な茶葉をすべて手摘みで摘採。摘採後、新鮮な
状態で48時間以内に空気に触れないように真空にしイギリスへ輸送。
そこから48時間以内にリントンズの熟練の専属ティーブレンダーに
よりブレンド、パッキングして、商品化している紅茶です。
製造工程にたった4日間以内しか費やされていない希少な紅茶です。
そのため茶木から摘んだ茶葉そのままの味わいをカップで楽しめます。

そして、リントンズが嬉しいのは、その新鮮茶葉が1包に3g入り!!
このティーバッグの中の茶葉量も重要なチェックポイントなんですよ。
一般的なティーバッグは1包に茶葉2~2.5gが多いのですが、
紅茶愛好家のイギリス人は贅沢に茶葉が1包に3gくらい入っていないと
満足しません!!おいしく紅茶を抽出するのに大きく関わるからです。

この茶葉がたっぷり3gティーバッグは、イギリスで愛される
ティーバッグでないとなかなか出逢えなかったりするのです。

リントンズは1袋に贅沢3gティーバッグが100包も入っているので、
高品質な茶葉が300gも楽しめます。これは本当に魅力的なことです。


84リントンズティーバッグ


最近はティーバッグのほうが人気が高いからと、ホールリーフのまま
紙パック等に詰めてしまう英国ティールームや商品もありますが、
紅茶商などプロの職人の間では「簡単にやってはいけないこと」だそう。
袋の中で茶葉がきちんとジャンピングする空間がなく、
茶葉本来の香りや味わいを抽出するのが難しくなるからです。
ティーバッグは簡単には作れない、職人の技術が必要なものです。

なぜ、リーフを袋にそのまま詰めてはいけないのか?

それは、ティーバッグの袋の形状と茶葉量は密接な関係にあり、
ティーバッグに合う茶葉の選定、形状もプロの技術が必要だからです。
上質なティーバッグは茶葉を上手に抽出できるよう計算されています。
だから誰が淹れても気軽においしく楽しめるから愛されています。

そして何より、現代はケニア茶葉のように、ホールリーフのままよりも
ティーバッグにしたほうが、紅茶の茶葉本来の自然な味わいや
深い水色が楽しめる茶葉が存在することもわかっています。

紅茶先進国でもあるイギリスでは、いま国民の98%が紅茶は
ティーバッグで淹れる時代です。イギリスで何世紀も変わらず
愛され続けている紅茶は時代に合わせて上手に進化しています。

リントンズ紅茶は、伝統を守りながらも、日々進化している紅茶です。
わたしたちがのんびりとティータイムを楽しんでいる間にも
紅茶商リントンズがおいしい紅茶のために世界中の農園で茶葉を生産し、
本物のティーブレンダーが毎日、数百種類の茶葉をテイスティングし、
職人の技術でブレンドし、最高のお茶に仕上げてくれているのです。


20190301ティーブレンダー


リントンズ4代目CEOであり、熟練のティーブレンダーでもある
サイモン・スミス氏は「老舗の紅茶商(Tea Merchants)として、
おいしい茶葉にこだわり続ければ、お客様は新鮮なお湯を注ぐだけで
必ずおいしい紅茶に出逢える」と語ります。
これは、英国紅茶商であることの“誇り”あっての言葉です。

グレート・テイスト・アワードに関しても、お客様がおいしい紅茶を
いつでも楽しめるようにと、110年以上もの間、変わらずに
真面目に紅茶を作り続けた結果が沢山の賞に繋がったのだと思います。

ぜひ本物のティーバッグが揃う英国紅茶商の紅茶を楽しんでください!



20190726gold2.jpg
イギリスで110年以上愛され続けているリントンズ紅茶。
グレート・テイスト・アワード最高金賞の3つ星受賞のブレンド
「ゴールド」は、リントンズ4代目CEOのサイモン・スミス氏や
奥様のスー夫人が日常の定番紅茶として愛する紅茶です。
スー夫人は「ゴールド」を一日に7杯以上飲むこともあるそうですよ。

「ゴールド」は茶葉の鮮度が高く、雑味のない甘みの深い紅茶。
この茶葉の甘みを楽しめるよう、お砂糖は入れないで
ミルクティーで茶葉の香りと甘み、鮮やかな水色を楽しんでください。

★ 「ゴールド」50個×2袋 ティーバッグ100個200杯分 税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




素敵なイギリスを沢山お届けします!

日本橋三越本店「英国展2019」の日程が発表されました!!!

★ 三越英国展 British Week ~英国愛が止まらない!~ 2019
[ Part1 ] 9月4日(水)~9日(月) ※リントンズはこちらに出店
[ Part2 ] 9月11日(水)~16日(月・祝)


情報解禁日とされる1ヶ月前までカウントダウンに入りました!
紅茶商リントンズからもお知らせがありますのでお楽しみに。

そして、夏休みにはイギリスへ。
またSNS等で現地の様子もお伝えできたらと思っています♪

8月はリントンズから素敵なイギリスを沢山お届けします!!!


20190721イギリス


伝統の国・イギリスでもトレンド発信の多いロンドンは、
新しいものがどんどん生まれていく、流行の街になりつつあります。
イギリスは伝統とトレンドを融合されるのがとても上手な国です。

注目は、紅茶の国・イギリスらしく、ティールームでもおうちでも、
時代に合わせて、とても上手に紅茶を日常で取り入れていること。
110年以上続く老舗紅茶商リントンズ4代目CEOサイモン・スミス氏は
「紅茶文化は依然として英国文化のトップに存在している」と語ります。

だからいまも、お茶文化やティータイム文化が深く根付いています。
イギリスから素敵なティータイムのヒントを学び、
リントンズジャパンから日本の皆様にありのまま発信していきます。

リントンズが発信したいのは、最新のトレンド紅茶事情ではなく、
イギリスで何世紀も変わらず愛され続けている紅茶が
時代に合わせて上手に進化している最新の紅茶事情です。
それがリアルにイギリスで愛されている紅茶事情だからです。


20190722イギリス4


27日(土)10:00から開催された「英国アンティークマーケット」。
リントンズのアンティークマーケットは全国からのリピーターの
お客様も多く、イギリスのリントニアンのように、リントンズグッズ
との出逢いを少しずつ楽しんでいるように感じました。

年々、アンティークマーケットのお客様も増えており、今回は
過去最高の売り上げとなり、大盛況のマーケットとなりました!

夏の休日、マーケットに訪れていただき誠にありがとうございました。
そして、たくさんのお買い上げ、心より感謝申し上げます。


2019年7月マーケット


イギリスのアンティークマーケットやショップで、スー夫人が
奇跡的に出逢ったリントンズのアンティーク・ヴィンテージグッズが
遠く日本の皆様のもとに届くことは“運命”を感じずにはいられません。

運命的に皆様のもとに届いた貴重なイギリスのリントンズグッズの
ストーリーを感じながら、ヴィンテージ、アンティークと大切に育てて、
ゆくゆくは大切な誰かに受け継ぐ・・・そんな風に
イギリス暮らしの豊かさを日常で楽しんでいただけたら嬉しいです。

いまもイギリスで着々と買い付けをしているスー夫人。
また皆様に素敵なリントンズのアンティークグッズをお届けします!



20170912gold.jpg
英国グレート・テイスト・アワード最高金賞3つ星受賞の「GOLD」。
1つ星から3つ星までランクがある中で、
最高金賞の3つ星を受賞できるのは、全応募の中から
たった1%の希少価値の高い紅茶が日本で楽しめます。

「GOLD」は茶葉がフレッシュで、雑味のない甘みの深い紅茶。
ミルクティーはもちろん、ストレートでもアイスティーでも
新鮮で高品質な紅茶はどのように飲んでもおいしいのが特徴です。

★ 「GOLD」50個×2袋、ティーバッグ100個で税込2,300円


チルアウト
イギリス紅茶商の伝統、高度な加工技術やノウハウで作られた
リントンズのティーバッグは、無添加&保存料不使用の
100%英国ブレンド紅茶のアイスティーが1L 60円前後で楽しめます。
しかも!水1L にティーバッグ2~3包入れて、5~6時間そのまま
冷やすだけで、簡単!水出しアイスティーが作れてしまいます!!
ペットボトルの紅茶を買うより断然おいしくお得です。
本物の紅茶の茶葉で作るアイスティーは格別な味わい♪

★ 「水出し紅茶の概念が変わるおいしさ!」のブログはこちら♪


コピー ~ new logo
イギリス老舗紅茶商が厳選した茶葉でブレンドした定番紅茶。
販売は高品質を守るために、100年間もの間、イギリスのみでした。
それが日本でも楽しめるようになった幻の英国紅茶でもあります。

★ リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様のリアルな声」を見ることができます!

★ リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


2019instagram.jpg
★ リントンズジャパン公式のInstagramページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★ リントンズジャパン公式のtwitterページはこちら♪


2019フェイスブック
★ リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR