阪急百貨店「英国フェア2017」

2017年の今年、阪急の伝統催事「英国フェア」は50回記念です!
阪急うめだ本店の「英国フェア」は、1970年から続いています。
売り上げも日本一!という、いわば阪急百貨店の顔とも言えるフェア。

普通の催事と何が違うのかというと、この英国フェアのために、
一年間、英国フェア専属バイヤーが存在して、イギリスに何度も渡英し、
探し求めた商品やお客様に届けたいものを厳選して揃えているのです。
業界では話題にもなり、専属バイヤー・桑原氏は本も出版しています。

そのため毎年、この日を楽しみにしているファンも多く、遠方の方は
ホテルを予約してまで、全国から訪れるテーマパークのような存在。
初日は毎朝ダッシュ!長時間の行列必至!のとにかくスゴイ催事です。

全国ではうめだ本店博多店の2ヶ所のみで開催されています。

● 博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)

● 阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)


20170922title.jpg


実は、博多店オススメです^^

福岡では、博多阪急が2011年にオープンしてからの開催なので、
今年で7回目。知名度もこれからで、比較的ゆったりとスタートします。
というよりも、うめだ本店が全国の催事で見たことがないくらいの
普通ではない盛り上がりなので・・・そんな大人気の催事がそのまま
博多にやってくることは、本当に、本当に、衝撃的なことなのです!!

ただ、ここ数年はこれを知ってか、関西方面からホテルを予約したり、
新幹線などで先に開催される博多店にも訪れるお客様も増えています。
うめだ本店では買えなかったとか食べられなかったとかもあるからです。
そのくらい熱烈なファンがいるほどの人気催事なんです。
年々博多店でも「普通の催事とは何かが違う」と
毎年この英国フェアだけは必ず訪れるというリピーターも増えています。

博多店の規模はうめだ本店級とはいかないまでも、
阪急百貨店の伝統催事「英国フェア」そのものです。
この日のためにイギリスを何度も訪れた桑原氏もやってきます。
英国関連の著名人が「英国フェア」限定でお店を出したりもします。
今年は写真のキャサリン妃がカレッジ時代に通ったティールームも
2017年全英No.1店のフィッシュ&チップスも英国からの招待者も、
メインとなるものは、うめだも博多も両店舗に揃います!!

こんなに素晴らしい大人気の催事が、福岡でも開催されることは
ワクワクします。福岡の方も、少し遠い方も、一年に一度のレア催事
阪急百貨店「英国フェア2017」はぜひ訪れてほしい催事です。
とくに今年は50回記念!スペシャルな企画、お店が集まります。
うめだ本店は言うまでもなく、皆さん楽しみにされていると思います!


20170922tea_03_01.jpg


2017年の今年、創業110周年記念の紅茶商リントンズは、
うめだ本店も博多店もどちらも出店します。
阪急百貨店「英国フェア」先行販売の限定グッズも登場します!

リントンズでは、毎年、あらゆるデザインで登場する紅茶缶が
今年は110周年記念のスペシャルBOXに!

なんと、リントンズ創業からの110年の紅茶の歴史とともに、
英国紅茶の歴史が描かれたヒストリーブック型のBOXです。
読み応えのある紅茶の歴史が裏表紙に描かれています。
これは、美しいヒストリーブックを開けてからのお楽しみです♪


20170922英国フェアBOOK


とてもしっかりした作りの、収納BOXの中には
リントンズ1番人気のブレンド、ブレックファストの
ティーバッグが100袋も入っています!
1包カップ2杯分抽出できる茶葉量なので、200杯分の紅茶入り。

2017年、「進化しつづける紅茶」であるリントンズ紅茶の
定番ブレンドはすべて、【 Leaf Lock True Taste 】になっています。
紅茶の茶葉が確実に、さらに美味しくなっています。

セットの「Breakfast(ブレックファスト)」は、リーフロック製法で
インド産のアッサム茶葉とケニア産のナンディヒルズの茶葉を
とにかく新鮮な状態でブレンドし、お客様の元にお届けしています。

リントンズブレンドの中では、最もミルクティーに合うブレンドで、
98%がミルクティーにして紅茶の茶葉を味わうイギリスで
人気No.1のブレンドです。日本でもリピーターの多いブレンドです。
茶葉についても、一番良いアッパーの部分だけを贅沢に使用している
非常にクオリティーの高い、高品質な紅茶です。

新鮮なアッサム茶葉は、ティーポットにお湯を注いだ瞬間、
驚くほど香り豊か。コクがあって、甘みもあり、美味しいんです。
それが一緒にブレンドされているケニア茶葉のフレッシュで
芳醇な香りと相まって、毎日飲んでも飽きない美味しさです。
「ブレックファスト」で朝食に美味しい英国ミルクティーを!


20170922book3.jpg


さらに!いま英国ティータイムの必需品?日本では
入手困難な英国のティーバッグスクイーザーも入っています!!

英国紅茶を見てもらうと、その嗜好がわかりやすいのですが、
今回、英国フェアにやって来るティールームの紅茶等も、
英国紅茶はティーバッグ紅茶の販売が多いのです。

イギリスでは、国民の98%がティーバッグで紅茶を淹れるからです。
紅茶の国は時代とともに、紅茶はリーフからティーバッグに、
楽しむ器もティーカップからマグカップに、変化しています。
このように、古くからある紅茶の歴史の中で、
様々なティーグッズが時代とともに登場しています。
イギリスはティーもティーグッズも大切に考えています。
そこで、いまイギリスの紅茶愛好家の間で注目されているのが、
ティーバッグスクイーザーです。

実は、私も以前、どうしても欲しくてイギリスで買ったことがあります。
その名の通りティーバッグを絞る道具です。

イギリスの人は、リントンズのように茶葉がたっぷり入った
紐なしティーバッグで紅茶を淹れる人がほとんどです。
そんな時に役立つのが、このティーバッグスクイーザー。

ティーポットやマグのティーバッグを取り出す時に、
このティーバッグスクイーザーでギュッと絞って取り出します。
日本ではティーバッグを絞ると渋味やエグ味が出てしまうと
思われていますが、美味しい良質な茶葉はギュッと絞ったくらいで、
渋味もエグ味も出ません。イギリスでは思いっきり絞っています。
イギリスの人は茶葉の旨みが大好きですから、絞り出す人も^^
でも本当は、ギュッとつかんで取り出すくらいが理想です。
ティーバッグを取り出すのは、ティースプーンでも良いのですが、
つかみやすく、液だれもしにくく、何よりも、イギリスの人は
このようなティー周辺のグッズが大好きです。
ティータイムがちょっとHAPPYに楽しくなりますから。

紅茶の国で98%ティーバッグで紅茶を淹れるティースタイルに
合わせて生まれた、とても可愛いティーグッズです。

しかも!“TEA”の文字にくりぬかれた、
スプーン型ティーバッグスクイーザーで素敵です。


20170922book2.jpg


イギリスの老舗紅茶商から数量限定で発売された
創業110周年記念限定「ヒストリー・オブ・ティー」BOOK
収納BOX、ブレックファスト50袋×2(100袋200杯分)、
ティーバッグスクイーザー1個 全てセットで税込3,800円。

入手できるのは、世界でもイギリスと日本のみです。

阪急百貨店「英国フェア2017」で先行販売します!

● 博多阪急「英国フェア」 限定50個
● 阪急うめだ本店「英国フェア」 限定350個(各日限定50)


20170922book1.jpg


英国紅茶商として110年の歴史があるからこその商品です。

2015年の英国フェアでは、カントリーサイドがクローズアップされ、
リントンズでは、英国紅茶商リントンズの世界観が
まるごと「英国フェア」にやってきたような、素敵な空間でした。

110年前の1907年創業当時から半世紀は
馬車で各家庭に紅茶をお届けしていた紅茶商。

創業者のサミュエル・スミス氏は故郷のリーズをでて、
ニューカッスル・アポン・タインで馬車で紅茶の販売を始めました。

1954年、たった1台の馬車を除いてリントンズ配達は全てバンに。
リントンズ最後の馬「モンティ」は1962年まで現役で走り続けました。
白黒写真は、その「モンティ」のラストランの日です。

そのように、イングランド北部限定で、紅茶宅配に実際使われていた
本物のリントンズ馬車がはるばるイギリスからやってきたのです!
紅茶商の紋章が入った馬具なども、全て本物です。
いまではイギリスでもなかなか見られない、それが海を越えて日本へ。


コピー ~ モンティラストラン

20151016blog4.jpg


この阪急百貨店の「英国フェア」の凄さはここにあるのです。

舞台裏をお話すると、英国フェアの会場に、紅茶を宅配していた
本物の馬車を簡単にポンッと置いてディスプレイできるものではなく、
馬車は特殊な乗り物なので、配送するのにも、わざわざ梱包する
入れ物を職人さんに特注で作ってもらわないといけないですし、
大きさもあるので、百貨店の会場までどうやって運ぶのか...
何よりも、イギリス内に大切に保管されているような貴重なものを
英国フェアのために国外に持ち出してもらえるように交渉もします。
いろいろな課題を少しずつクリアして持って来なくてはいけないので、
とても大変ですし、それだけの膨大なコストもかかるので、
普通やらない、というか、出来ないことだと思います。

それを実現させる!こだわってとことんやってしまう!というところが、
阪急「英国フェア」に虜になるファンの多さなんだと思います。


921新聞JS72265889


そして、馬車だけでなく、英国紅茶商リントンズ現4代目代表の
サイモン・スミス氏と奥様のスー夫人ご本人達も初来日しました。

ティーブレンダーでもあるサイモン・スミス氏は、とても忙しい方なので
実際、英国フェアに来日する直前までケニアの農園にいました。

イギリスの長年のリントニアンでも、お目にかかれない人達が
「英国フェア」のリントンズショップにずっといました!
遠く東京や福岡から会いに来てくれた日本のリントニアンもいました。
2人の存在感に感動して、泣いているお客様もいました。
毎日リントンズショップに通って、ほとんどの時間を過ごすという方も。

英国では有名な紅茶商だと感じたエピソードもありました。
当時、英国総領事館・総領事だったマイケル・シアラー氏が会場で
スミス夫妻に「私はずっとリントニアンです」と嬉しそうに、
お話しされていました。本当に会えるのは貴重な機会だったようです。


20151117simonsue コピー


リントンズショップでは、お洒落が大好きなスー夫人が、
馬車で紅茶を宅配していた時代の英国マダムのファッションを
再現イメージして、楽しませてくれました。
ヴィンテージショップを探してみたり、あれこれ悩んだのよ、と。

サイモン氏は身長が190cm以上ある長身なので、
馬車の隣で、スミス夫妻が2人並んで、話している様子を眺めて、
英国映画のワンシーンを見ているみたいとお客様も大喜びでした。
まさに紅茶をお届けする「Your tea madam !」の世界観です。


20151023smithnew.jpg


創業110周年記念のリントンズショップは、
今年はいままでに見たことがない豊富なラインナップで、
魅力的な売り場になる予定です!

2017年の今年しか手に入らない限定グッズがイギリスから届き、
他にも定番紅茶、紅茶缶、新柄にわとり型TeaCosyとともに、
英国フェアにたくさん並びます。

阪急百貨店「英国フェア2017」には、うめだ本店、博多店ともに
ジャパン代表も私も揃って販売に立つ予定でいます。
また沢山の初めてのお客様や久しぶりのリントニアンと
お話できること、お会いできることを楽しみにしております。
美味しい紅茶を淹れて、お待ちしております。

もうすぐ第50回記念!阪急百貨店「英国フェア2017」が始まります!!
先日、阪急うめだ本店「英国フェア」のスペシャルサイトもオープンし、
英国フェア専属バイヤーでもある桑原渉氏が衣装を着て登場し、
今年の見所をあれこれご紹介しているので、ぜひご覧ください。
見ているだけでも楽しくなってしまう素敵なサイトです♪

★ 阪急百貨店「英国フェア2017」のスペシャルサイトはこちら♪

★ リントンズ紅茶の掲載ページはこちら♪


20151105阪急集合


リントンズは“馬車のロゴ”が目印です!
馬車のロゴは最後の馬“モンティ”がモチーフになっています。


2016921ロゴ新


また博多阪急、阪急うめだ本店と商品の詳細等は
後日ゆっくりとお知らせします。
取り急ぎ、日程のチェックを宜しくお願い致します^^

● 博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
場所:8階 催場

● 阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)
時間:10:00~20:00
※金・土のみ21:00まで営業
※最終日は18:00閉場
場所:9階催場・祝祭広場

【リントンズから大切なお知らせです】

いつもリントンズのオンラインショップをご利用いただき
誠に有難うございます。
リントンズでは、阪急「英国フェア」期間をオンラインショップの
お問合せ対応と配送業務の臨時休業とさせていただきます。

●阪急「英国フェア2017」出店のため、配送休業期間
2016年10月4日(水)~10月18日(水)の2週間

なお、通常のご注文は土・日・祝を除いた営業・発送となっております。
休業中も24時間ご注文は受付けておりますが、
臨時休業、土・日・祝の休業中の発送業務ならびにお問合せへの対応は
行っておりませんので、ご注文に関しましては、十分お気をつけ下さい。
この期間のご注文は、10月19日(木)以降順次対応となります。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。


コピー ~ new logo
ずっと在庫切れだったブレンド紅茶がすべて
リントンズのオンラインショップに入荷しています!
ケニアゴールドも新しいブレンド名「GOLD」になっています。
アールグレイもルイボスティーも入荷しています!!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪
これからイベント盛りだくさんのリントンズの最新情報
(新商品や英国フェア出店等)をチェックすることができます!


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪




スポンサーサイト

世界を旅するスミスファミリー

20170525スミスブラザーズ1

20170525スミスブラザーズ2


今年、創業110周年記念の紅茶商リントンズは、世界を旅して、
最高の紅茶を伝えるスミスファミリーの伝統を継承しています。

茶葉は農作物です。長い年月や天候で土壌も変わり、
同じ茶葉が毎年できるわけではありません。
当然、その年によっての茶葉の出来不出来もあり、
味わいも大きく変わります。

現在進行形で、毎年、毎年、世界中の農園を訪れ、
美味しい茶葉を求め、生産管理からブレンドまで行っています。
私たちがのんびりとティータイムしている間にも、
紅茶商リントンズの人々は、そのティータイムのことを考え、
毎日、毎日、美味しい紅茶のために情熱を注いでいます。


20170525リントンズ茶園 - コピー


熟練ティーブレンダーでもあるスミスファミリーや、
専属のティーブレンダー達は、世界中の農園を飛び回っているので、
表舞台になかなか出ることのない、本当に忙しい方々です。

リントンズのような伝統ある紅茶商のティーブレンダーは、
世界中の農園から戻り、ブレンドルームにいる間も、
一日に数百種類もの紅茶葉をほぼ毎日テイスティング、鑑定し、
それを何年も何年も毎日続ける、紅茶にとって重要な職人です。

長年の修行を続けて、やっと正式にティーブレンダーと呼べるような
大変な仕事です。そして、修行をしたから終わりではなく、
変化していく茶葉に合わせ、進化し続けなければなりません。
お酒やたばこ、香辛料などの刺激のあるものもやめなければいけません。
彼らの世界は、1000種類以上の茶葉の違いを正確に判断したり、
茶葉0.15g程度の僅かな味や香りの違いがわかるほど奥が深い世界です。
人間業とは思えない繊細な五感です。

ジャパン社長の岡田は、渡英の際には、このテイスティングに
何度も参加しています。そして、農園から届いたばかりの新鮮な茶葉から
貴重な茶葉も、珍しい茶葉もテイスティングさせてもらいます。
ティーブレンダーは、そんな茶葉を含め、世界中を飛び回り、
産地の茶葉を知り、世界中の厳選農園の茶葉生産から茶葉鑑定、
テイスティング、ブレンドを毎日、一日中、行っている紅茶のプロです。

美味しい紅茶は簡単に作れるものではありません。


2016516紅茶商ブレンド

20151104Ringtonsteatasting.jpg


現在、次期5代目を継ぐダニエル・スミス氏も、ティーブレンダーとして
紅茶に関する世界中の有用な知識を習得するため、
世界の農園を旅し、リントンズ紅茶への情熱を受け継いでいます。


2016117ケニア農園

20168164.jpg


ダニエル氏の父、現4代目経営陣であるサイモン氏や
兄弟のナイジェル氏、コリン氏のスミスファミリーは、
この30年間で、英国の紅茶業界に多くの変化をもたらしました。

その一つが、リントンズ独自の製法【 Leaf Lock True Taste 】。

リントンズは、世界中を旅する伝統を守り、厳選農園で茶葉を生産。
その厳選農園の中から、旬の新鮮で高品質な茶葉を摘採後、
48時間以内に真空。農園からの輸送に使う、リントンズ独自開発の
真空アルミパックで、茶葉をイギリスへ空輸します。
「イギリスに空輸せず、現地で紅茶にすれば良いのでは?」と
言われることもあります。もちろん、その方がコストも抑えられます。
でも、現地ではなく、わざわざイギリスへ空輸するのには、
はっきりとした理由があります。
英国伝統の熟練の技術で紅茶に仕上げるためです。
イギリスでは、この英国内の伝統レシピと熟練ティーブレンダー
により作られた紅茶を“英国紅茶”と考えています。
英国紅茶愛好家はその紅茶を仕上げた国やブレンドした国に、
驚くほどこだわります。それが“英国”であることに、です。

そして、リントンズはイギリスに茶葉が届いてから、48時間以内に、
専属の熟練ティーブレンダーにより紅茶に仕上げる徹底ぶりです。
新鮮茶葉のために、世界中の農園を訪れ管理すること、
茶葉を48時間以内に真空にすること、その茶葉を空輸すること、
専属のティーブレンダーの技術で48時間以内に紅茶に仕上げること、
この全てが技術とコストのかかることですが、
これこそが、リントンズが“美味しい紅茶”を作りたい情熱なのです。

なんと!リントンズ紅茶のパッケージには、“紅茶になった日”が
時間とともに、印字されているのです!!
この“紅茶になった日”までの製造工程は、茶葉摘採されてから、
たった4日間しか費やされていないのです。
いかに茶葉が摘まれてから、空気に触れている時間が少ないか、
新鮮な状態で商品化されているかということがわかります。

その結果、お客様は本物の紅茶の味を楽しむことができます。
カップに茶木から摘まれた茶葉そのままの味わいを。


2016824サイモン紅茶シーン


リントンズが製造工程をお伝えしているように、皆さんは、
“紅茶になった日”までの流れを気にしたことはありますか?

もし、紅茶を深く知ろうとするのであれば、
産地や農園、茶葉の種類を学ぶことも大切ですが、
その紅茶のリアルな製造過程を知ることも大切です。
これは、各紅茶メーカーや販売者によって、大きく違うものです。

どのような農園で茶葉が摘採され、その茶葉がどのように保管され、
どのように輸送され、誰の手によって紅茶に仕上げているのか、
そして“紅茶になった日”まで、どのくらいの時間が費やされているのか
“紅茶になった日”までの製造過程は、
紅茶の品質を左右する、とてもとても重要なことです。

そして、紅茶には賞味期限というものがあります。
賞味期限は“紅茶になった日”から決められるものです。
これも、各紅茶メーカーが決めるので、メーカーによって全く違います。
紅茶の賞味期限は、メーカーによって2年~4年と幅広いのですが、
リントンズは、新鮮茶葉の“ベスト”の状態を“賞味期限”と
考えているので、一番長くても1年半ほどです。

でも実際は、リントンズの紅茶はとにかく新鮮で高品質な茶葉であり、
パッケージ自体も茶葉が新鮮な状態で保存できるように考えられた
特別なアルミパックなので、間違いなく、普通よりも
茶葉酸化のスピードが遅い紅茶でもあります。
賞味期限を大きく過ぎても、本当に変わらず美味しい紅茶です。

賞味期限が長くて安心するのは、紅茶の世界では難しいです。
逆に、賞味期限に余裕がある紅茶でも、“紅茶になった日”までの
保管や輸送が良くなく、すでに茶葉酸化が進んでいる紅茶もあります。
とても素晴らしい農園で茶葉が摘まれているはずなのに、
残念に思ってしまうこともあります。
だから、“紅茶になった日”までの製造過程を知ることも大切なのです。
茶葉を摘んでから、一体どのような流れで紅茶になっているのか・・・

茶葉が酸化している紅茶は、茶葉をじっくり蒸らした時に、
口の中に残るような渋味やエグ味が強く、少し埃っぽい香りもします。
中には、その紅茶を紅茶の香りや味と思っている方もいるようです。
その渋味やエグ味を恐れて、茶葉をしっかり蒸らさないと、
渋味が消えたとしても、茶葉本来の香りや味わいもありません。

美味しい紅茶の淹れ方のポイントは、
“茶葉をじっくり蒸らしてあげること”です。
紅茶の茶葉本来の香りや味わいが充分に抽出されるのを待ちます。
難しいことは何もなく、誰でも出来ることです。
紅茶の国・イギリスの人も紅茶を淹れる時大切にしていることなのです。

この紅茶を蒸らしている待ち時間も好きですが、
その紅茶をカップに注いでいる時間はもっと好きかもしれません。


201622紅茶淹れるイメジ


世界を旅するスミスファミリーが“我が家の紅茶”として、
自宅でもオフィスでもおもてなしでも
毎日楽しんでいる紅茶は「GOLD(ゴールド)」です。

リントンズジャパンを立ち上げて、7年目になりますが、
初めてのイギリス本社打ち合わせの時から、
出てくるブレンド紅茶はずっと変わらず「GOLD(ゴールド)」です。
そして、日本で飲む「GOLD(ゴールド)」の味と一緒です。

紅茶商リントンズのティーブレンダーでもあるスミスファミリーが
毎日のように飲んでいる紅茶も、リントンズのティーバッグ紅茶。
自分たちも毎日飲みたいと思える紅茶作りをしているところが
信用できる紅茶商だと思います。

ティーポットのティーバッグにお湯を注いだ瞬間、
ゴールドの芳醇で新鮮なケニア茶葉の香りが広がります。
そして、じっくり蒸らした新鮮茶葉の上質な甘みは特別な味わいです。

スミスファミリーや専属ティーブレンダーは、
いつもミルクティーにして、その茶葉の甘みを楽しんでいます。
茶葉の甘みを味わうために、お砂糖は入れません。


20170912gold.jpg


いろいろとお話させていただきましたが、
“紅茶になった日”までの製造過程を知ることは、
実はとても大変なことです。
いままで大切と言っておきながら、どういうことなの?
と思われるかも知れませんが、
だからこそ、イギリスの紅茶愛好家は紅茶を飲むうえで、
信頼できる紅茶商を選び抜くのです。
大げさかも知れませんが、一生をかけて、選び抜きます。
紅茶は、毎日の日常に必要なものだからです。

美味しい紅茶は簡単に作れるものではありませんが、
信頼できる紅茶商が作った紅茶があれば、
誰でも、簡単に、美味しい紅茶は淹れられるものです。

紅茶商リントンズは美味しい紅茶のために、
いま、この時間も、世界中を旅して、真面目に紅茶を作っています。
100年以上伝統である“世界を旅するスミスファミリー”に頼って、
私たちは、その茶葉でゆっくりティータイムを楽しみませんか。

とても贅沢なティータイムです。



10月に開催される「英国フェア2017」

2017年の今年、阪急百貨店「英国フェア」は50回記念です!
一年に一回、毎年この日を楽しみにしているお客様も多く、
全国から訪れるテーマパークのような存在。
うめだ本店はもちろんですが、博多店でも開催されます。
リントンズでは、阪急先行販売の限定グッズも登場します!

★阪急百貨店「英国フェア2017」のスペシャルサイトはこちら♪

● 博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)
時間:10:00~20:00
場所:8階 催場

● 阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)
時間:10:00~20:00
場所:9階催場・祝祭広場

● 伊勢丹新宿店「英国展2017」
期間:2017年10月25日(水)~30日(月)
時間:10:00~20:00
場所:新宿伊勢丹 本館6階・7階=催物場 



コピー ~ new logo
★ リントンズから大切なお知らせです ★
ずっと在庫切れだったブレンド紅茶がすべて
リントンズのオンラインショップに入荷しました!
ケニアゴールドも新しいブレンド名「GOLD」になっています。
アールグレイもルイボスティーも入荷しています!!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪
これからイベント盛りだくさんのリントンズの最新情報
(新商品や英国フェア出店等)をチェックすることができます!




西宮阪急「英国物語」  

9月13日(水)~19日(火)まで兵庫・西宮阪急にて
「英国物語」という英国イベントが開催されています。

リントンズは明日からの16日(土)~19 日(火)の期間限定出店。
今回、多くのご縁があり、リントンズ初出店となります。
週末は台風が心配ですので、お天気と相談しながらご来店ください。


グラフィックス1


リントンズ初日の16日(土)16:00からは、
ジャパン社長・岡田による対談式のトークショーがあります。
テーマは「美味しい紅茶の淹れ方」です。

トークショーは20分程度の予定で、参加費は無料です。
ショッピングの合間に、ぜひお立ち寄りください。


20170914広告


12日(火)まで開催された東京・日本橋三越本店「英国展」で
初日で完売してしまったリントンズのビスケットも販売します。

リントンズの魅力は、美味しい紅茶、歴史やストーリー、
創業から伝統のオリジナルのティーグッズ製作、
そして、そのグッズ達のヴィンテージ・アンティーク商品等
いろいろと他にはないものが揃っている紅茶商であるところ。

もう一つ、紅茶と同じくらい、私たちが大好きなのが、
リントンズのビスケットです。本当に美味しいんです。
2017年、遂にビスケットも日本初上陸です!
一番テンションが上がっているのは、自分たちかも知れません(笑)
イギリスのリントニアンの間では、リントンズといえば、
「美味しい紅茶と美味しいビスケット」というくらい、
定番のブレンド紅茶と並ぶ人気商品がビスケットです。


20170816Rbiscuit1.jpg


この「紅茶とビスケット」2つのコンビには、
英国ティータイムの知られざる深い味わいが存在しています。
この味わいを知ってしまうと、なぜ、イギリスでこんなに
紅茶が、ビスケットが、愛され続けているのか
はっきりわかってしまいます。ちょっと驚くほどです。

新鮮茶葉のリントンズの紅茶は、ストレートでも美味しいです。
紅茶そのもののコクや香りが豊かです。
ミルクを入れると、さらに茶葉の甘みが引き出されます。
これはよく、ミルクの甘みと思われている方も多いのですが、
ミルクティーにすると茶葉の深い甘みが増します。
イギリスの人は、この茶葉の甘みを好きな方が多く、
だから、98%がミルクティーにするということもあります。
この茶葉の甘みを味わうために、お砂糖は入れない人も多いです。

そして、そのミルクティーとリントンズのビスケットを
一緒に味わうと、もっと茶葉の香りと味わいが増すのです!
ビスケットは、小麦の香りと味わいが増します。
互いに素材の良い部分が引き立てられるのです。
紅茶の茶葉の香りが増すなんて、信じられないような本当の話です。

頭で考えるのとは違う、想像とも違う、
味わってみるとよくわかる、すごく美味しい組み合わせなのです。


20170914bis1.png


英国定番ビスケットのチョコチップやオーツクランブルビスケット、
ヴィクトリア時代も愛されていたといわれるジンジャービスケット、
英国伝統のお菓子シュルーズベリービスケットも入っています。

老舗紅茶商のリントンズが、数ある英国ビスケットの中から、
紅茶に合うビスケットとして厳選したビスケットアソートです。

紅茶に合うように1枚ずつ丁寧に英国老舗菓子メーカーで焼かれた
リントンズレシピの大きめのビスケットがたっぷり入っています。

★紅茶商リントンズのビスケットBOX 1個 1,000円(税込1,080円)


20170828biscuit.jpg

20170914bis2.jpg


そして、先日の三越英国展で100個以上も売れた隠れ人気商品が
リントンズのにわとり型ティーコジーです。

西宮阪急「英国物語」にも新柄のにわとり型ティーコジーが
豊富なラインナップで登場します!

イギリスのティーコジーサイズなので大きい!と言われるのですが、
リントンズのティーコジーのキルト芯は、目が詰まってしっかりした
上質なキルト芯を1枚や2枚ではなく、贅沢に6枚も使っているので、
小さなティーポットから大きなティーポット、マグカップでも、
にわとりは、本気で紅茶をあたためて、蒸らしてくれます^^
そこまでティーポットのサイズを気にしないで良いのも魅力です。

これ1個あるだけで、紅茶の美味しさが全然違うといわれます。
実際、茶葉はじっくり蒸らしてあげると、茶葉本来の味わいが出ます。

オンラインショップでも入荷してもすぐ売り切れてしまい、
品切れが続いてしまう商品でもありますが、
どうしても大量生産や海外生産で作れるような商品ではありません。
毎回違う柄の生地を買い付け、裏地やボタン1つ1つ組み合わせて
製作してもらうことは、業界でもあまり例を見ない製作スタイルです。

リントンズジャパン創業から1000種類以上の生地で作られており、
生地もまた出逢えるか分からない、二度と見つからないかも知れない、
とても貴重な生地で作られたティーコジーです。中には数点しか
作れないものも沢山あるので、出逢った時にぜひGETしてくださいね!

★「新柄豊富!にわとり型ティーコジー販売!」の詳細はこちら♪


20170901teacosy.jpg


2017年の今年、創業110周年記念の英国紅茶商リントンズ。
昔から変わらない伝統レシピとブレンド技術を守り、
英国内で専属ブレンダーにより本物の英国紅茶を作り続ける
リントンズのような英国紅茶商は貴重な存在です。

その創業110周年を記念し、リアルに英国のティータイムで使える
オリジナルのティーグッズを数量限定で発売しました。

西宮阪急のリントンズショップでは、そのティーグッズも並びます。
すべてご紹介させていただきます。

創業110周年記念限定ティースプーン 6本セット(ギフトBOX入り)

イギリスの紅茶商(Tea Merchants)限定のティースプーンが
入手できるのは世界でも英国と日本だけです。
イギリスでは定番の本物のティースプーンサイズです。

★「創業110周年記念限定ティースプーン」の詳細はこちら♪


20170816Rspoon1.jpg


リントンズのイングリッシュガーデン柄“Victoriana”
限定マグカップ2個×ブレックファスト100杯分の紅茶セット


マグのデザイン“Victoriana”は、蝶や花々をモチーフに、
英国伝統の美しい自然からインスピレーションを受けたもの。
素敵なガーデンマグ2個と紅茶がセットになっています。

★「紅茶商から英国本場のティーセット」の詳細はこちら♪


20170816Rmug1.jpg


英国から届いたガーデニンググッズ4点
(バケット、ハンドスコップ、ハンドフォーク、グローブ)
×ブレックファスト100杯分の紅茶セット


これまで紅茶屋さんでは見たことが無いアイテムで、
紅茶とガーデニングのグッズがセットになっています。
限定グッズの証に、バケットの底にはリントンズのロゴ入り。

★「英国から届いたガーデニングセット」の詳細はこちら♪


20170816Rgardening1.jpg


リントンズの伝統バスケット柄のバッグ

紅茶商リントンズのトレードマークでもある
“バスケット”柄のデザインの大きなバッグが新登場!
三越英国展でも、おしゃれな方に大好評のバッグです。

★「伝統のバスケット柄バッグが登場!」の詳細はこちら♪


20170902bag4.jpg


1938年紅茶缶を完全復刻!トラディショナルティーキャディー

いまから80年前、1938年に作られた紅茶缶を完全復刻した
貴重な紅茶缶「トラディショナルキャディー」も販売します。
この紅茶缶も根強い人気があり、英国フェア等でも毎回完売します。

★「人気のトラディショナルキャディー(紅茶缶)」の詳細はこちら♪


2016823トラディショナル


最後に、世界中を旅して、素晴らしい茶葉をお届けする
スミスファミリーの伝統を受け継ぐ、正真正銘の英国紅茶について。

世界中のこだわりの農園から、旬の高品質な茶葉を摘採後、
48時間以内に真空パックし、イギリスへ空輸します。
新鮮茶葉のために、空輸することはとてもコストもかかります。
そこまでしても、現地ではなく、わざわざイギリスへ
空輸するのには理由があります。
英国伝統の熟練の技術で紅茶に仕上げるためです。
イギリスでは、この英国内の伝統レシピと熟練ティーブレンダー
により作られた紅茶を“英国紅茶”と考えています。

そして、リントンズはイギリスに茶葉が届いてから、48時間以内に、
専属のティーブレンダーにより紅茶に仕上げる徹底ぶりです。
その結果、お客様は本物の紅茶の味を楽しむことができます。
カップに茶木から摘まれた茶葉そのままの味わいを。

そのカップ1杯の紅茶が、リントンズは10円なのです。


20170524breakfastimage.jpg


いままで、安価な茶葉はそれなりの味であることがほとんどでした。
かと言って、高価な茶葉が必ず美味しいわけでもありませんでした。
私たちはリントンズに出会い、高価な茶葉が美味しいわけではない、
高品質な茶葉が美味しい紅茶であることを知りました。

熟練ティーブレンダーでもある4代目スミスファミリーも
「リントンズが紅茶商として、美味しい茶葉にこだわり続ければ、
お客様は新鮮なお湯(軟水)を注ぐだけで美味しい紅茶に出逢える」
「その優れた味わいは、お茶の専門家でなくても、誰でも、
この品質の違いを味わうことができるのです。」と語ります。
1杯10円とは思えない、素晴らしい高品質な紅茶が味わえます。

これはいまでも、リントンズ紅茶だけ、の強みだと思っています。

イギリスの日常で愛されている本物の英国紅茶を
この日本の日常で同じように楽しんで欲しいと思っています。
お互いに古くから、茶の湯の文化を大切にしてきた国だからです。

スーパーに売っている紅茶とほとんど変わらない値段で、
本物の英国紅茶が楽しめる、いままでにはなかった英国紅茶です。

★110年愛されているリントンズの紅茶の歴史はこちら♪


20170525リントンズ茶園 - コピー


リントンズのショップでは、ジャパン社長・岡田が
そんな英国で愛されている紅茶の美味しさ、
楽しさ、素晴らしさが皆さまに届きますように、
美味しい紅茶を淹れてお待ちしております!

紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをせず、
毎回ティーポットから1杯1杯、丁寧に淹れています。
新鮮な茶葉本来の香り、甘みをじっくり味わってみてください。

リントンズの試飲の淹れ方は英国日常の淹れ方であり、
ご自宅での淹れ方と同じになるので、参考にしやすいかと思います。

英国老舗紅茶商「リントンズ」は馬車のロゴが目印です!



2016229ロゴ



● 西宮阪急「英国物語」

本日から開催されている英国展です!
開催期間は9月13日(水)~19日(火)になりますが、
リントンズは期間限定16日(土)~19 日(火)で初登場!
2階 トップステージに定番紅茶や限定商品がたくさん並びます。

リントンズジャパン社長・岡田による対談式トークショー
「美味しい紅茶の淹れ方」は、16日(土)16:00~となっております。

期間:2017年9月13日(水)~19日(火)
時間:10:00~20:00 ※催し最終日は17:00終了
場所:1階 催場 ・2階 トップステージ

★西宮阪急のサイトはこちら♪


10月に開催される「英国フェア2017」
※英国老舗紅茶商「リントンズ」が出店予定の英国展情報です。
※イベント内容、営業時間等の詳細は各店のサイトでご確認ください。

● 博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)
時間:10:00~20:00
場所:8階 催場

● 阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)
時間:10:00~20:00
場所:9階催場・祝祭広場

● 伊勢丹新宿店「英国展2017」
期間:2017年10月25日(水)~30日(月)
時間:10:00~20:00
場所:新宿伊勢丹 本館6階・7階=催物場 



コピー ~ new logo
★ リントンズから大切なお知らせです ★
ずっと在庫切れだったブレンド紅茶がすべて
リントンズのオンラインショップに入荷しました!
ケニアゴールドも新しいブレンド名「GOLD」になっています。
アールグレイもルイボスティーも入荷しています!!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪
これからイベント盛りだくさんのリントンズの最新情報
(新商品や英国フェア出店等)をチェックすることができます!




英国展ご報告&出店情報!

昨日で日本橋三越本店「英国展2017」 Part1は終了しました。
本当に毎年、沢山のお客様にお越し頂きまして、初日は行列になり、
お忙しい中の多くのご来店、誠にありがとうございました。

日本初上陸のリントンズのビスケットは初日で完売してしまったり、
数量限定の完売商品に関しましては、申し訳ありませんでした。
リントンズに年々お客様が増えていることは心から嬉しいことです。
たくさんのお買い上げ、お言葉、感謝の気持ちでいっぱいです。

リントンズのお客様は、イギリスの紅茶愛好家のように、
毎日の日常に紅茶がかかせない紅茶愛好家の方が多いようです。
「いつも飲んでいます」「この紅茶がないと生きていけない~」と
お気に入りのリントンズ紅茶のブレンドを何パックも
購入していく様子は、本当に紅茶が大好きなことが伝わります。

そして、初めてリントンズ紅茶を口にしたお客様の反応も
老若男女問わず、「美味しい!!」とビックリさせることも多く、
まさに紅茶商リントンズの4代目スミスファミリーが語る
「その優れた味わいは、お茶の専門家でなくても、誰でも、
この品質の違いを味わうことができるのです。」を
見事に目の当たりにする瞬間でもありました。


20170912三越新


私たちはリントンズ紅茶に出逢って15年ほどになります。
それまでは、自分が“コレ”と思える紅茶に出逢えず、
言葉はおかしいかも知れませんが、こだわりながらも、
あらゆる紅茶を飲みあさるような状態でしたが、
もう10年以上、リントンズ紅茶が“我が家の紅茶”です。
飽きない味で、飲めば飲むほど美味しく、毎年大好きになります。
この紅茶があれば、自分の人生が豊かになると思えるくらい
すっかり“リントニアン(Ringtonians)”です。

イギリスではリントンズ紅茶愛好家のことを親しみを込めて、
“リントニアン(Ringtonians)”と呼んでいます。
イングランド北部だけでも30万世帯のリントニアンがいます。

今回、三越英国展のリントンズショップのお客様に、
「私は毎日紅茶を飲むの。でも、5杯とか6杯とか飲むわけでも、
紅茶に詳しいわけでもないから、リントニアンとは言えないと
思うのだけれど、リントンズ紅茶が美味しくて大好きなのよ。
家にリントンズがなくなってしまったら、落ち着かないの。
こんな紅茶は初めて」といわれました。

はっきり申し上げたいのですが、立派なリントニアンです!
紅茶は1日5杯飲むとか、たくさんの種類の紅茶を飲んだから、
素晴らしい紅茶愛好家というわけではありません。
人それぞれライフスタイルもありますから。
自分が心から美味しいと思える紅茶に出逢え、
その紅茶がリントンズ紅茶であれば“リントニアン”
です。

自分の紅茶は“コレ”とはっきり言えるくらい
美味しくて、大好きな紅茶があることは、とてもHAPPYなことです。
むしろ紅茶の国・イギリスでは誇らしいことと思っているくらいです。

「70年以上、リントンズ紅茶しか飲んだことがないのよ」
と誇らしげに語ったのは、100歳のリントニアンのおばあさま。
とてもイギリスらしい、紅茶のお話です。


1980リントンズ

新201601121156278bb


紅茶の魅力は、不思議と日常に溶け込む飲み物であることです。

イギリスでは、淹れ方に技術がいるコーヒーとは違い、
紅茶は淹れ方が難しくないから、日常で誰からも愛されています。

ホッと一息つきたい時に淹れて、疲れている時にも淹れて、
家族や夫婦、友人とのおしゃべりの間に淹れて、
“紅茶を淹れる”を意識しないくらい自然と淹れてしまうもの。
それが紅茶です。これはリントンズだから、かもしれません。

私たちは忙しいと、リントンズ紅茶を朝しか飲めない日もあれば、
のんびり家にいると、1日7杯くらい淹れてしまう日もあります。
淹れてしまう・・・というくらい、自然とそこにあるものです。

最近は、我が家の子ども達も成長し、小さな頃から飲んでいる
リントンズ紅茶の美味しさを実感して、話題になることも多いです。
「紅茶、飲む?」と聞くと、「飲む!」ということも増えています。
子ども達もたっぷり飲むので、10年以上毎日大切に使っていた
ティーポットも遂には小さくなり、いまはもっと大きなティーポットに。
そんな風にリントンズ紅茶とともに、家族の成長も感じています。

紅茶は家族にとってパートナーのような存在なのです。
“我が家の紅茶”があれば、日常がちょっぴり楽しくなるものです。
この魅力は、イギリスの紅茶愛好家であれば皆思うことのようです。

紅茶をいっぱい淹れてしまう日もあれば、そんなに淹れない日もある、
あまり意識しないで暮らしていますが、
リントンズがなければ自分の紅茶ライフが始まらない、
日常にかかせない、とはっきり言えるのがリントンズ紅茶です。

大げさでなく、紅茶とともに人生を歩んでいる感覚でもあります。

英国のティータイムはイベントでもステイタスでも何でもなく、
毎日の日常でかかせないものが紅茶であり、ティータイムです。
どんな日常でも、紅茶やティータイムを大切にしている人が
紅茶愛好家であり、そんな人達が“リントニアン”なのです。
イギリスでは親子代々“リントニアン”という家庭も多くあります。

イギリスの人々が紅茶を飲むとホッとするのは、
そんな“我が家の紅茶”の味が、小さな頃から家族と楽しんだ
ティータイムを蘇らせ、あたたかい気持ちになったり、
人生を共に過ごしてきた存在だからかも知れません。


毎年、日本にもリントニアンと呼べる紅茶愛好家が増えていることは、
4代目スミスファミリーもとても感動していることです。
日本にも古くから茶の湯の文化があり、イギリスと同じように
お茶の時間を必要とするDNAが存在しているように感じています。

日本に来日したことのある現4代目社長サイモン・スミス氏も、
そんな日本のリントニアンは特別な存在と感じ、いつか一緒に
ティータイムをして、素敵な紅茶時間を共有したいと考えています。

★サイモン・スミス氏による「イギリス流ティーレッスン」


20151117simonsue コピー


イギリスと日本、お茶の時間の共通点は他にもあります。

お茶業界ではとても有名なお話だそうですが、
“イギリスと日本は茶葉本来の香りや味わいを楽しみ、
フランスは香水のように着香した香りを楽しむ”
とお茶の楽しみ方の違いが語られているそうです。
だから、英国紅茶の良さは日本人には伝わりやすいと思います。
実際、フレーバーの香りが苦手という方も多いです。

イギリスは古くから、高品質な茶葉に恵まれた国です。
紅茶の文化が発展し、紅茶の国と言われるまでになりました。
イギリスで愛飲されているお茶のほとんどは、
フレーバーティーではなく、この紅茶(ブラックティー)です。
そのため、小さな頃から茶葉を味わうことに慣れています。
ロンドンは硬水ですが、実はイギリスは軟水地域が多く、
リントンズのあるイングランド北部も軟水です。ヨーロッパでは
「イギリスは軟水だから紅茶がおいしい」といわれています。
茶葉本来の香り、コクや甘みを楽しむ文化があるのです。

日本もイギリスと同じように茶葉を楽しむ文化といわれています。
例えば、緑茶にフレーバーの香りをつけて楽しむよりは、
やはり茶葉本来の香りや水色、旨味を味わいたい文化があります。
日本もイギリスも軟水で“茶葉”に合う良質な水がある国で、
美味しい茶葉が味わえる、茶の湯の文化が根付いた国なのです。

日本やイギリスの軟水で、上質な紅茶(ブラックティー)を淹れると、
茶葉の繊細な風味を味わえ、口あたりが柔らかく、飲みやすく、
紅茶の茶葉本来の美しい水色が楽しめます。
硬水地域のヨーロッパ諸国も憧れてしまう、贅沢な環境なのです。

そして、美味しい茶葉を味わうと、
ホッと幸せな気分になるのは、イギリスも日本も一緒です。


20170913tea.jpeg


2017年、リントンズ紅茶のブレンド名やパッケージが変わりました。
でも英国展では皆さん、“我が家の紅茶”を色で覚えている方も多く、
迷わず買われていきます。イギリスのリントニアンも、宅配時、
「ブルーパッケージ」「ゴールドパッケージ」とカラーで言うことも。

英国〈Great Taste Awards 2016〉で最高評価3つ星金賞を
受賞したゴールドカラーの「ケニアゴールド」は、
ブレンド名が「GOLD(ゴールド)」に変わりました!!!
金賞をとった紅茶がゴールドって覚えやすいですね^^

3つ星を受賞したのは、紅茶、ハーブティー、フレーバーティーと
ありますが、紅茶部門で3つ星を受賞したのは、リントンズともう1社、
たった2社だけです。しかも!両社ともティーバッグ紅茶です。
英国紅茶業界でも、1つ星を取るだけでも栄誉なことと言われ、
3つ星になると、10.000件ある食品エントリーの中から僅か1%。
パッケージに〈Great Taste Awards〉の貴重な3つ星マークの入った
紅茶を購入できるのは、日本では紅茶商リントンズだけです。

紅茶の国・イギリスの食通のプロフェッショナルな方々によって、
最高に美味しい紅茶に選ばれた「GOLD(ゴールド)」。

スミスファミリーも“我が家の紅茶”として、
自宅でもオフィスでもおもてなしでも毎日楽しんでいる紅茶です。

ティーポットのティーバッグにお湯を注いだ瞬間、
ゴールドの芳醇で新鮮なケニア茶葉の香りが広がります。
そして、新鮮茶葉の上質な甘みは特別な味わいです。
ぜひ多くの方に味わっていただきたい素晴らしいブレンドの紅茶です。


20170912gold.jpg


そして、今週末のリントンズ出店情報です。

リントンズは2017年、創業110周年になる英国老舗の紅茶商です。
長年の伝統レシピと世界中を旅して、素晴らしい茶葉をお届けする
スミスファミリーの伝統を受け継いで、丁寧に大切に作られた
「GOLD(ゴールド)」等の定番ブレンド紅茶、
今年しか手に入らない110周年記念の限定グッズとともに、
西宮阪急に初出店します!

西宮阪急「英国物語」は本日から開催されています♪
リントンズは週末の16日(土)~19 日(火)の期間限定出店です。
16日(土)1600~、2階トップステージにて
ジャパン社長岡田によるトークショーもあります。参加費無料です。

リントンズは日本に上陸するまでは、英国内のみの販売でした。
販路を世界に拡大することは高品質を保持するのが困難です。
そのため、いまでも100年以上続く伝統の紅茶宅配にこだわり、
確実に美味しい紅茶を“リントニアン”に届けています。

日本でも、ジャパン創業からずっと大切にお届けしている紅茶です。
今回多くのご縁があり、西宮阪急に初出店させていただきます。

リントンズでは、紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをせず、
毎回ティーポットから1杯1杯、丁寧に淹れています。
そんなことが出来るのも、リントンズが誰でも、美味しく淹れられる
高品質なティーポット用ティーバッグだからです。
どんな人数でも、丁寧に美味しい紅茶を淹れられます。
「リントンズが紅茶商として、美味しい茶葉にこだわり続ければ、
お客様は新鮮なお湯(軟水)を注ぐだけで美味しい紅茶に出逢える」
と語り、英国老舗紅茶商として誇りを持って紅茶を作っています。
私たちは紅茶商に甘えられる贅沢を感じながら紅茶を淹れています。

新鮮な茶葉本来の香り、甘みをじっくり味わってみてください。

リントンズの試飲の淹れ方はイギリス日常の淹れ方であり、
皆さんのご自宅での淹れ方と同じになるので、
参考にしやすいかと思います。
皆さんも、必ず美味しい紅茶を淹れられる紅茶です。

神戸の皆様に、英国で100年以上愛され続けている紅茶や
110年の伝統の貴重なグッズ達をお届け致します。
お近くの方も、少し遠い方もぜひ英国気分を味わいに来てください!

100年前の創業から半世紀は馬車で紅茶をお届けしていた
英国紅茶商リントンズは、馬車のロゴが目印です!



2016229ロゴ



● 西宮阪急「英国物語」

本日から開催されている英国展です!
開催期間は9月13日(水)~19日(火)になりますが、
リントンズは期間限定16日(土)~19 日(火)で初登場!
2階 トップステージに定番紅茶や限定商品がたくさん並びます。

リントンズジャパン社長・岡田による対談式トークショー
「美味しい紅茶の淹れ方」は、16日(土)16:00~となっております。

期間:2017年9月13日(水)~19日(火)
時間:10:00~20:00 ※催し最終日は17:00終了
場所:1階 催場 ・2階 トップステージ

★西宮阪急のサイトはこちら♪


10月に開催される「英国フェア2017」
※英国老舗紅茶商「リントンズ」が出店予定の英国展情報です。
※イベント内容、営業時間等の詳細は各店のサイトでご確認ください。

● 博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)
時間:10:00~20:00
場所:8階 催場

● 阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)
時間:10:00~20:00
場所:9階催場・祝祭広場

● 伊勢丹新宿店「英国展2017」
期間:2017年10月25日(水)~30日(月)
時間:10:00~20:00
場所:新宿伊勢丹 本館6階・7階=催物場 



コピー ~ new logo
★ リントンズから大切なお知らせです ★
ずっと在庫切れだったブレンド紅茶がすべて
リントンズのオンラインショップに入荷しました!
ケニアゴールドも新しいブレンド名「GOLD」になっています。
アールグレイもルイボスティーも入荷しています!!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪
これからイベント盛りだくさんのリントンズの最新情報
(新商品や英国フェア出店等)をチェックすることができます!




日本橋三越「英国展2017」スタート!

いよいよ明日9月6日(水)10:30から
日本橋三越本店「英国展2017」がスタートします♪

年々盛り上がりを見せており、リピーターも多い人気の催事です。
今年はさらにパワーアップし、2週間にわたって開催されます。
Part1(9/6~12)・ Part2(9/13~18)で
出店者が大きく入れ替わり、また違った英国の雰囲気を味わえます。

リントンズは明日からのPart1(9/6~12)に出店します!
すでに、沢山のお客様からお電話やお問合せをいただき、
とても楽しみにしていると言っていただくと心から嬉しく思います。
ジャパン社長・岡田も皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

英国老舗紅茶商「リントンズ」は2017年の今年、創業110周年記念。
110周年記念限定の新商品がイギリスより続々と届いています。

今日は、発売される商品(価格を含む)をまとめてご紹介します。
沢山の方にお届けしたいと思い、日本での販売も準備しておりますが、
新商品等はイギリスでも日本でも数量限定のアイテムになります。
三越本店「英国展2017」分の品切れの際は御了承ください。
※お電話等での予約・お取り置きは出来ませんので予め御了承ください


創業110周年記念限定ティースプーン
6本セット(ギフトBOX入り) 3,241円(税込3,500円)

英国老舗の紅茶商であるリントンズ(RINGTONS)から
2017年の創業110周年を記念して、
豪華なオリジナル箱に入ったティースプーン6本セットが登場!

イギリスの紅茶商(Tea Merchants)限定のティースプーンが
入手できるのは世界でも英国と日本だけです。

ティースプーン一本一本に、
紅茶商リントンズの「Ringtons Tea」の「RT」の紋章、
そして、裏側には、“JUNE.2017(2017年6月)”と
創業110周年記念の年月まで刻まれています。

歴史の長い紅茶商のリントンズグッズは、英国の
アンティークマーケットでもコレクターがいる人気商品。
大切に使っていれば、ゆくゆくはヴィンテージ、
アンティークになっていく、そんなお楽しみもあります。

★「創業110周年記念限定ティースプーン」の詳細はこちら♪


20170816Rspoon1.jpg


リントンズのイングリッシュガーデン柄“Victoriana”
限定マグカップ2個×ブレックファスト100杯分の紅茶セット
4,167円(税込4,500円)


リントンズのオリジナルデザイン“Victoriana”のマグ2個と
英国一番人気のブレンド“ブレックファスト”100杯分がセット。

“Victoriana”は、蝶や花々をモチーフに、英国伝統の
美しい自然からインスピレーションを受けたデザインです。
イギリス人が大好きなデザインのイングリッシュガーデン!
その素敵なマグがなんと!2個セットです!!

驚くほど持ちやすい、飲みやすい紅茶商のデザインです。
マグの底には、リントンズ限定のデザインの証、
リントンズの馬車のロゴが入っています。

★「紅茶商から英国本場のティーセット」の詳細はこちら♪


20170816Rmug1.jpg


英国から届いたガーデニンググッズ4点
(バケット、ハンドスコップ、ハンドフォーク、グローブ)
×ブレックファスト100杯分の紅茶セット
5,000円(税込5,400円)


これまで紅茶屋さんでは見たことが無いアイテムで、
紅茶とガーデニングのグッズがセットになっています。

長い歴史、あらゆるグッズ製作にこだわってきた
英国紅茶商のガーデニング4点セットです。
アイテムそれぞれにもこだわりのある本物ばかりです。
「大切に長く使い続ける」というイギリス人の精神に見合った
ガーデニングセットは、イギリスらしい質実剛健なアイテムです。
限定グッズの証に、バケットの底にはリントンズのロゴ入り。

英国一番人気のブレンド“ブレックファスト”100杯分がセット。
ガーデニングの休憩や、完成した庭や鉢を眺めながらの
ティータイムにホッと一息つけるオススメのブレンドです!

★「英国から届いたガーデニングセット」の詳細はこちら♪


20170816Rgardening1.jpg


紅茶商リントンズのビスケットBOX 
1,000円(税込1,080円)


イギリスでは定番紅茶と並ぶくらいの大人気商品
紅茶商リントンズの“ビスケット”が遂に日本初上陸です!

英国リントニアンに、大人気のビスケット4種類がアソートになり、
リントンズ創業当時、馬車で紅茶をお届けしていた
イギリス日常の紅茶シーンが描かれたBOXに入って届きました。

紅茶に合うように1枚ずつ英国で丁寧に焼かれている
チョコチップビスケット、オーツクランブルビスケット、
シュルーズベリービスケット、ジンジャービスケットがたっぷり。
リントンズのビスケットはどれも本当に美味しいです。

★「あの英国で人気のビスケットが遂に入荷!」の詳細はこちら♪


20170828biscuit.jpg

20170816Rbiscuit1.jpg


リントンズのにわとり型ティーコジー
1羽 3,241円(税込3,500円)

三越本店「英国展2017」の老舗紅茶商リントンズのショップでは、
新柄のにわとり型ティーコジーがいままでに見たことがない
50種類以上の豊富なラインナップで登場します!!!
毎年買い足すのを楽しみにしてくださる方も多いと思います。

毎回違う柄の生地を買い付け、裏地やボタン1つ1つ組み合わせて
製作してもらうことは、業界でもあまり例を見ない製作スタイルです。
オンラインショップでも入荷してもすぐ売り切れてしまい、
品切れが続いてしまう商品でもありますが、
どうしても大量生産や海外生産で作れるような商品ではありません。

リントンズジャパン創業から1000種類以上の生地で作られており、
生地もまた出逢えるか分からない、二度と見つからないかも知れない、
とても貴重な生地で作られたティーコジーです。中には数点しか
作れないものも沢山あるので、出逢った時にぜひGETしてくださいね!

★「新柄豊富!にわとり型ティーコジー販売!」の詳細はこちら♪


20170901teacosy.jpg


リントンズの伝統バスケット柄のバッグ
500円(税込540円)

紅茶商リントンズのトレードマークでもある
“バスケット”柄のデザインの大きなバッグが新登場!

環境を大切にする意識が高いイギリスのように、
普段のお買い物等にもぜひ使って欲しいという想いから、
スペシャル価格の500円(税込540円)で販売します。

紅茶商伝統のバスケット柄のバッグは、環境に優しく、
素材はPP、繊維リサイクル促進によく使われているものです。
この素材は、イギリスのエコバッグとしても人気です。

マチもたっぷりで、持ち手もしっかりと重さに耐えられるように、
ミシン糸でクロスで縫い付けてあるのもポイントが高いです。
撥水加工されているので、水滴や汚れにも強く便利です。
持ち運びも軽く、丈夫なので、日常のお買い物はもちろん、
これから秋のレジャーやピクニックにも重宝します。

★「伝統のバスケット柄バッグが登場!」の詳細はこちら♪


20170902bag4.jpg


定番5ブレンド スペシャル紅茶セット
1,389円(税込1,500円)


イギリスのバスケット柄のギフトバッグに、
英国リントニアン定番のリントンズの5ブレンド紅茶が入った
数量限定スペシャルセットは日本橋三越、初登場です!!!
他の英国展等でもいつも早々に完売してしまう人気商品です。

リントンズ熟練ブレンダーによる定番ブレンドのトラディショナル、
コノシュア、ゴールド、ブレックファスト、アールグレイが
1種類につき10包20杯分、それが全種類入っているので、
たっぷり約100杯分の紅茶が入っています!

ギフトに、自分のお気に入りの紅茶を見つけるのに、
ピッタリのリントンズ紅茶の数量限定スペシャルセットです。

★「伝統のバスケット柄・定番紅茶ギフト」の詳細はこちら♪


20170323hamper5.jpg

20170323hamper6.jpg


1938年紅茶缶を完全復刻!トラディショナルティーキャディー
2,300円(税込2,484円)

いまから80年前、1938年に作られた紅茶缶を完全復刻した
貴重な紅茶缶「トラディショナルキャディー」も販売します。
この紅茶缶も根強い人気があり、英国フェア等でも毎回完売します。

この紅茶缶のカラーは、紅茶商創業者サミュエル・スミス氏が
考案したカラー“リントンズグリーン”です。紅茶をお届けしていた
リントンズの馬車にも、このリントンズグリーンが使われています。
グリーンのような、イエローのような、この絶妙なカラーが
4代目社長サイモン・スミス氏もお気に入りの紅茶缶なのです。

限定紅茶缶のように、毎年デザインの変わる紅茶缶とは別に、
リントンズではトレードマークとも言える、特別な紅茶缶に
カップ100杯分の紅茶がたっぷり入っています。

★「人気のトラディショナルキャディー(紅茶缶)」の詳細はこちら♪


2016823トラディショナル


ブレックファストブレンド ティーポット用ティーバッグ100包200杯分
1,852円(税込2,000円)


リントンズは、英国で110周年つづく老舗紅茶商の紅茶で、
世界中を旅して、素晴らしい茶葉をお届けする
スミスファミリーの伝統を受け継ぐ、正真正銘の英国紅茶。

世界中のこだわりの農園から、旬の高品質な茶葉を摘採後、
48時間以内に真空パックし、イギリスへ空輸します。
新鮮茶葉のために、空輸することはとてもコストもかかります。
そこまでしても、現地ではなく、わざわざイギリスへ
空輸するのには理由があります。
英国伝統の熟練の技術で紅茶に仕上げるためです。
イギリスでは、この英国内の伝統レシピと熟練ティーブレンダー
により作られた紅茶を“英国紅茶”と考えています。

そして、リントンズはイギリスに茶葉が届いてから、48時間以内に、
専属のティーブレンダーにより紅茶に仕上げる徹底ぶりです。
その結果、お客様は本物の紅茶の味を楽しむことができます。
カップに茶木から摘まれた茶葉そのままの味わいを。

そのカップ1杯の紅茶が、リントンズは10円なのです。


20170524breakfastimage.jpg


いままで、安価な茶葉はそれなりの味であることがほとんどでした。
かと言って、高価な茶葉が必ず美味しいわけでもありませんでした。
私たちはリントンズに出会い、高価な茶葉が美味しいわけではない、
高品質な茶葉が美味しい紅茶であることを知りました。

熟練ティーブレンダーでもある4代目スミスファミリーも
「リントンズが紅茶商として、美味しい茶葉にこだわり続ければ、
お客様は新鮮なお湯(軟水)を注ぐだけで美味しい紅茶に出逢える」
「その優れた味わいは、お茶の専門家でなくても、誰でも、
この品質の違いを味わうことができるのです。」と語ります。
1杯10円とは思えない、素晴らしい高品質な紅茶が味わえます。

これはいまでも、リントンズ紅茶だけ、の強みだと思っています。

価値は値段にあるわけではなく、そのものに存在します。
それは紅茶に限らず、アンティークでも人生でも何でも、です。

イギリスの日常で愛されている本物の紅茶を
この日本の日常で同じように楽しんで欲しいと思っています。

スーパーに売っている紅茶とほとんど変わらない値段で、
本物の英国紅茶が楽しめる、いままでにはなかった英国紅茶です。

★110年愛されているリントンズの紅茶の歴史はこちら♪


20170525リントンズ茶園 - コピー


リントンズでは、そんな英国で愛されている紅茶の美味しさ、
楽しさ、素晴らしさが皆さまに届きますように、
ショップで美味しい紅茶を淹れてお待ちしております!

紅茶の試飲を保温ポット等での作り置きをせず、
毎回ティーポットから1杯1杯、丁寧に淹れています。
新鮮な茶葉本来の香り、甘みをじっくり味わってみてください。

リントンズの試飲の淹れ方は英国日常の淹れ方であり、
ご自宅での淹れ方と同じになるので、参考にしやすいかと思います。

英国老舗紅茶商「リントンズ」は馬車のロゴが目印です!



2016229ロゴ



9月・10月に開催される〈英国フェア2017〉
※英国老舗紅茶商「リントンズ」が出店予定の英国展情報です。
※イベント内容、営業時間等の詳細は各店のサイトでご確認ください。

①日本橋三越本店「英国展2017」
リントンズは明日からの Part1(9/6~12)に出店します。
期間:2017年9月6日(水)~18日(月)
※ Part1(9/6~12)・ Part2(9/13~18)で開催
時間:10:30~19:30
場所:日本橋三越 本館・新館7階催物会場
★三越英国展スペシャルサイトはこちら♪

②西宮阪急「英国フェア2017」
リントンズは期間限定9/16~19 で初登場!
期間:2017年9月13日(水)~19日(火)
時間:10:00~20:00
場所:1階・2階 催場

③博多阪急「英国フェア2017」
期間:2017年10月4日(水)~8日(日)
時間:10:00~20:00
場所:8階 催場

④阪急うめだ本店「英国フェア2017」
期間:2017年10月11日(水)~17日(火)
時間:10:00~20:00
場所:9階催場・祝祭広場

⑤伊勢丹新宿店「英国展2017」
期間:2017年10月25日(水)~30日(月)
時間:10:00~20:00
場所:新宿伊勢丹 本館6階・7階=催物場 


コピー ~ new logo
★ リントンズから大切なお知らせです ★
ずっと在庫切れだったブレンド紅茶がすべて
リントンズのオンラインショップに入荷しました!
ケニアゴールドも新しいブレンド名「GOLD」になっています。
アールグレイもルイボスティーも入荷しています!!

★リントンズジャパンのHP、オンラインショップはこちら♪


20151016宅配
初めてリントンズ紅茶を購入された方からリントンズ紅茶愛好家まで、
「お客様の声」はショップページでいつでも見られます。

★リントンズ紅茶を愛飲しているリントニアンのリアルな声はこちら♪


fbnew.jpg
★リントンズジャパン公式のfacebookページはこちら♪


20170903twitter.jpg
★リントンズジャパン公式のtwitterを始めました♪
これからイベント盛りだくさんのリントンズの最新情報
(新商品や英国フェア出店等)をチェックすることができます!




sidetitleプロフィールsidetitle

ringtons japan

Author:ringtons japan
「リントンズ(RINGTONS)」は英国で1907年創業の老舗紅茶商です。2011年世界初!日本初上陸した「リントンズジャパン」の公式ブログです。いまでも英国で愛され続けている美味しい紅茶をお届けします。ブログでは、お店の情報を中心に、英国のコトや紅茶のコト、日常のコトを色々見つけて、ご紹介していきたいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR